夢占い-鏡の夢の意味は?

鏡の夢について

自分の姿が他のものに映っているというその神秘性において、鏡は古くから魔法の道具として扱われてきたりと、特別な扱いを受けてきました。そのため、夢占いにおいて鏡が持つ意味は非常にメッセージ性が強く、重要視される夢でもありました。

 

鏡は、自分がどのような姿になっているかを確認するのにはちょうどいいアイテムです。そのため、一日一度は鏡を見る機会があるかと思いますし、女性であればメイクをチェックしたりしますのでその回数も多いことでしょう。
自分の姿というのは自分ですべて見ることができませんが、鏡を通してみれば自分がどのように人に見られているかということを客観的に見ることができます。そのため、第三者の目線を間接的に手に入れることができるアイテムであるともいえますね。

 

鏡の夢は夢占いにおいて「他者があなたに対して持つイメージ」を表しています。自分がどのように人に思われているかというのはあくまでも想像でしか知ることができませんが、夢占いを通してであれば具体的に知ることができます。
自分がどのような印象を抱かれているかということは、気にしないようにしててもどうしても意識の片隅にあり気になることと思います。夢占いを通して、自分が抱かれているイメージをしっかりと知り、今後のあなたの身の振る舞いに生かしていきましょう。

鏡の中に別人(特に幽霊)が映る夢

自分が鏡の前にいるのであれば、鏡に映るのは自分以外ありえないはずなのにも関わらず、別人が鏡に映り込んでいた・・・となるととても怖い気持ちになることと思います。夢とはいえその恐ろしさが強く印象として残り、起きて鏡を見るのが怖くなってしまうというケースも多いですが、実際には夢と同じ現象が起きる訳ではないのでご安心くださいね。
鏡に別人が映るというのはホラーで扱われやすい題材でもありますので、そういった話の影響かな?と思いがちですが、ちゃんと夢占いには意味がありますので、きちんと調べておくことが大事です。

 

鏡の中に別人が映る夢は夢占いにおいて、他の人が持つあなたのイメージが噂話によって変化しているということを表しています。
あなた自身の振る舞いではなく、他の人が流す噂話によりイメージが変わってしまうというのは、自分の意思が介入していないため不快な気持ちになってしまうことと思います。ありのままのあなたを知ってほしいのであれば、そのイメージを他の人に知ってもらうことができるよう、多くの人に自分から積極的に接していくようにし、イメージを変えていきましょう。

 

また、特に注意しておかなければいけないのが、鏡の中に映ったのが「幽霊」だったという夢だった場合です。
この夢の場合、他の人が持つあなたのイメージが噂話によりマイナスなものになってしまっているということを表している夢だからです。今まであなたが積み上げてきた信頼が噂話によって崩れてしまうのは悲しいことですし、他の人からうがった目で見られてしまうのはやはり残念ですよね。ですがあなたが誠実に行動してさえいれば、そのイメージを払拭していくことができますので、諦めずに頑張りましょう。

鏡を割る夢


鏡が割れてしまうと、もうその鏡に自分を写したりすることも出来なくなってしまいますし、何より破片が飛び散ってしまい大変危険です。怪我をしてしまう可能性も十分にありますのでできるだけ早く後片付けをしなければなりません。夢の中とはいえ、割れてしまった鏡で怪我をしてしまうと痛みを感じることもあります。

 

鏡が割れてしまうというのは、昔から不吉なことが起こる前兆とされていました。この夢もその流れを汲んでおり、やはり良い夢とは言えません。しかも、事故や不注意などにより鏡が割れてしまったのではなく、「自分の意思で」鏡を割っている夢というのは、より問題視される夢であるということがなんとなくでも分かっていただけるかと思います。

 

鏡を割る夢は夢占いにおいて、今まで作り上げてきた他者の中の自分のイメージを、自分の失敗によりめちゃくちゃにしてしまうということを暗示しています。先ほどの「鏡の中に別人が映る夢」と違い、自分自身の手で今までのイメージを壊してしまう夢ですので、自分自身の行動によく注意しておくことが大切です。今まで築き上げてきた信頼関係や「あの人はこういう人だから大丈夫だ」というプラスなイメージが全てだめになってしまわないよう、気を引き締めて行動するようにしましょう。悪いイメージを持たれないかということを考えつつ判断するようにしてください。

鏡をもらう夢

「自分の顔を鏡で見て見ろよ」という嫌みに受け取められかねないため、人から鏡をもらうという経験はあまりないかもしれません。ですが夢だからこそ、そういった現実ではなかなかないようなシチュエーションを夢に見ることもありますよね。実際に経験がないので、不思議な気持ちを感じる夢になったことと思います。
なお、鏡をもらう夢を見たからと言って上記のような嫌味だというわけではないのでご安心くださいね。

 

鏡をもらう夢は、他者が持つ自分のイメージを人から教えてもらうということを暗示しています。そのイメージを教えてくれるのは、夢の中であなたに鏡をくれた人です。
自分自身で考えるあなたが思われているイメージと、他人が感じるあなたへのイメージが、ちぐはぐになってしまうということは意外と多いです。それを正してくれる、いわば貴重な意見をくれる人でもありますので、あなたは夢の中で鏡をくれた人を大事にするべきですし、その人の意見はしっかりと聞くようにしましょう。
自分がどう思われていたかを知ることで、喜ぶこともあれば驚くこともあるかと思いますが、それをしっかりと受け止めることも忘れてはいけません。

鏡を探す夢

自分の姿を鏡で映したくなるときというのは意外と多いです。服装が変じゃないか、髪型やメイクがくずれていないか・・・など自分の見た目がふと気になることは誰にでもありますよね。そんなとき、肝心の鏡がないと気になった気持ちは残ったままですし、もやもやしてしまいます。ですのでより必死に鏡を探すことになるのではないでしょうか。

 

鏡を探す夢は夢占いにおいて、他者から思われたいあなたの理想のイメージを、今あなた自身が模索している最中であるということを表しています。「こう思われたい」という理想のイメージがちゃんとしていれば、それに向かって努力すればいいだけですので、努力の仕方も決まってきます。ですがそのイメージ自体があやふやなままだと、どう努力すればいいのか分からず、自分の身の置き方も決めることができません。

 

ですのでまずは、自分がどう思われたいかということを真剣にじっくりと考えてみましょう。「優しい人」「仕事ができる人」「かわいい人」など、イメージと言うのは無限にあります。その中で、自分にはどのイメージが合っているかと自分自身をしばるのではなく、自分がどのように思われたいかという願望だけに焦点を当てて考えてみると、意外とすんなりと答えは出てくるものですよ。

鏡開きをする夢


鏡という名前がついているものの、鏡開きは鏡餅を割って食べるものですので、ここで紹介している「鏡」の夢とは全く別物なのですが、鏡関連ということでここで紹介させていただきますね。
鏡開きは一般的には1月11日に行われるものですので、お正月後に行われる1月の代表的なイベントだというイメージが強いかと思います。
なぜ鏡開きというものが行われているのか?ということが気になる方もいらっしゃるかと思います。鏡開きは神様のお供え物をいただくという意味合いが込められていますので、その後の健康にご利益があると言われているのです。

 

夢占いでもその流れを少しくんでおり、鏡開きをする夢は夢占いにおいて、これからしばらくの間は健康な状態でいることができるということを表しています。鏡の夢との関連はほぼありませんので、他者が抱くあなたへのイメージはここでは関係ありません。

 

鏡開きをして神様に力をもらうように、あなたも夢の中でよい運気を受け取っています。それが夢から覚めた後も続くことによって、あなたは日々健康に暮らしていくことができるのです。今までは体に不調があったという方も、この夢を見た後は調子がよくなり、毎日楽しく過ごしていくことができるようになります。今までは体力がなくてできない・・・と諦めていたことも、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

他者が持つあなたへのイメージというものに振り回され過ぎてしまうのは確かによいことではありません。自分自身を見失いかねないので、気を付けなければいけないことでもあります。ですが、他人にどう思われるかということをあまりにも気にしすぎないままでいると、傍若無人な態度だと人に思われてしまいますし、時には人を傷つけてしまうことだってあるのです。
ですので、適度に「他者が持つあなたへのイメージ」というものを考えて気を付けておく、ということは非常に重要なことなのです。

 

どう思われているかということを知らないままだと、「このままの身の置き方でいいのかな」と不安になることもあるかと思います。「自分ではこう思われていると予想しているけど、実際はどうなんだろう」と疑問に思うこともあるでしょう。
そんなときはこの夢占いを通し、他者が持つあなたへのイメージに対し、どうしていけばいいのかという道筋を立てる手掛かりにしていただければと思います。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する