夢占い-ダンスの夢の意味は?

ダンスの夢について

「ダンス」は音楽に合わせて動くことですが、かつては神々にささげられる儀式などに用いられていたほど神聖なものでしたが、今でははるか昔に比べると垣根も低くなり、大衆にも親しまれています。
公の場では、華やかで遠くから見ても分かるような派手な動きが多いため、大きなセレモニーのプログラムの一つに組み込まれていたりすることも多いです。
また、人々の心を朗らかに楽しい気持ちにさせてくれることから、お祭りなどでもダンスを踊ることがあるのは世界中で共通なのが面白いところですね。

 

このように多くの人に愛されているダンスはその身近さから夢に見ることが多いです。
ダンスの夢は夢占いにおいて、「自己表現」を表しています。人間だけでなく鳥などの動物でも求愛行動のためにダンスを踊ることがあるのですが、これは自分の熱い思いを相手に伝えるための手段としてダンスを使っているわけです。つまりダンスが自己表現において重要な役割を担っているということですよね。
これが夢占いにおいても同じことがいえるため、ダンスの夢の夢占いの結果も同じ「自己表現」となっているのです。ですのであなた自身がどのくらい自己表現ができているのかを、この夢占いのまとめを通して知っていただければと思います。

 

ちなみにダンスの夢というのは、現実世界でダンスができる・できないに関わらず見ることができます。
現実ではダンスはあまり得意ではないという人も夢の中では俊敏に踊ったりすることも出来たりしますので、見る分にも非常に楽しい夢になったことと思います。
ポジティブな感想を抱くことができる夢は記憶にも残りやすいですので、ぜひダンスの夢の記憶が鮮明なうちに夢占いの結果と照らし合わせてみていただけたらと思います。

ダンスの練習をする夢

ダンスはぶっつけ本番でできるものではありません。
日々のトレーニングに裏打ちされた筋力があるからこそダイナミックな動きや、逆に繊細な動きを表現することができます。また振付を完璧に覚えて自分のものにすることによって、ダンスの表現力も上がります。
ダンスは地道に練習をするからこそ輝くことができるといっても過言ではありません。・・・と、このように考えるとダンスの練習の大事さが分かるかと思いますが、これは夢占いにおいても同じことです。
ダンスの練習をする夢を見たときは、その地道さに「退屈な夢だった」という印象を抱いてしまうことが多いのですが、夢占いにおいては大事な意味合いがありますので、しっかりと覚えておいていただければと思います。

 

ダンスの練習をする夢は夢占いにおいて、今が「的確な自己表現をするための準備期間である」ということを示しています。
筋トレや振り付けの確認などの地道な作業を重ねることで完璧なダンスをすることができるように、様々なものに触れて自分の価値観を養ったり、他者の自己表現を見て自分が自己表現をする上での参考にしたり・・・と、「準備期間」だからこそできる柔軟な思想や、他の人の目を引くような発想力をしっかりと培っていくようにしてください。なお、ダンスの練習をする夢を見たときというのはあなた自身の心がスポンジのような吸収力を持っていますので、ぜひこれからのあなた自身の自己表現に役立つようなものを探してみることをオススメします。

 

集団でダンスを踊る夢

一人で踊る「ソロ」や、社交ダンスのように二人で踊る「ペア」のダンスもありますが、大勢の人が同じ振り付けをしたりちょうどいい具合に違う振付を組み合わせたりするのもまた圧巻です。
そんな集団のダンスを見るのも楽しいものがありますが、自分も踊る側になり集団の一員としてダンスを完成させるのは、夢の中とはいえ非常に達成感や爽快感を得ることができたことでしょう。
集団のダンスは練習も大変ですが、その中でたくさんの人たちと信頼関係を結ぶことができます。「この人ならきちんとやってくれる」というお互いへの信頼があるからこその振り付けというのもありますよね。

 

集団でダンスを踊る夢は夢占いにおいて、「他者と関わりあう中で自己表現をすることによって、たくさんの人に自分の事を奥深くまで知ってもらうことができる」ということを示しています。集団でダンスを踊るということは、一緒に踊るメンバーやそれを見てくれる観客の人に、自分のダンスを見てもらうことができるということです。たくさんの人に自分の踊りを見てもらうことは緊張することと思いますが、それ以上に自分に対する注目や期待に気持ちが引き締まりますよね。
夢占いにおいてもそれと同じで、あなたはこれから多くの人と関わり、自分を知ってもらうこととなります。自分を恥ずかしがらずにさらけ出すことで、あなたのことを深く理解してもらうことができるのです。このチャンスを逃すことのないように、内向的な自分でいるのをやめ、他者と関わりあう積極性を身に着けていきましょう。

 

ダンスを踊る有名人の夢


ダンスを踊る有名人の数は非常に多いです。ダンス界隈で有名なダンサーはもちろんのこと、アイドルや歌手もダンスを踊ることはありますし、ダンスを専門としないタレントさんも趣味でダンスをしている場合もあります。
こうやって考えてみるとダンスを踊る有名人の数というのは意外と多いことが分かりますね。
現実世界ではテレビで見ているような有名人が自分の目の前でダンスを踊っている夢というのは、何だかワクワクした気持ちになったのではないでしょうか?

 

ダンスを踊る有名人の夢は夢占いにおいて、「その人が自己表現が非常にうまく、また、その人に対してあこがれを持っている」ということを示しています。
ダンスができるところにあこがれを抱いているというわけではなく、「こんな見た目になれたらなあ」という外見に対するあこがれや「こんな考え方ができる人になりたいなあ」という内面に対するあこがれを表しています。

 

ですのでダンスを踊る有名人の夢を見た場合は、その有名人のことを一度しっかりと調べてみましょう。その人に対して詳しく知っているという場合でも、外見においても内面においても研究し、自分がどんなところにあこがれを持っているかを一度見つめ直してみてください。
どういった自己表現をしているかというところにも着目してみましょう。そのうえで自分がどのような努力をすればその人に近づけるかを計画立てて行動してみましょう

歌いながらダンスを踊る夢


歌いながらダンスを踊る・・・というとやはり最初に思い浮かべるのはミュージカルだという方も多いと思います。歌の音程を外さず、歌詞も間違わず、その状態でダンスを踊らなければいけないので、非常に難易度が高いです。だからこそ歌もダンスも同じように練習しなければいけませんので、歌いながらダンスを踊る夢を見たときは体力面でも精神面でも消耗したことと思います。
ですがそれ以上に達成感を得ることもできたことと思います。どちらも慣れていないうちは難しいですしどこか恥ずかしく感じてしまうものですが、練習に裏打ちされた自信があれば、そのうちに恥ずかしさもなくなりますし難しいと感じるハードルも低くなっていくことでしょう。

 

歌いながらダンスを踊る夢は夢占いにおいて、あなたが「自己表現において新しい手法を見つけることができる」ということを示しています。この夢の場合は、他の夢の項目に出てきたような「踊る」という動作に加えて「歌う」という動作も入ってきています。ダンス以外の表現方法が夢に出てきているということですよね。
そのため、自分が今までバリエーションとして持っていなかった新しい自己表現方法をあなたが自分のものとすることができた、ということが示されているのです。今まで以上に自己表現の仕方に幅が広がるため、多くの人にあなた自身を伝えていくことができます。そのため、「自分の事を分かってくれない・・・」と他者に思う回数もぐっと減るためストレスも軽減しますよ

まとめ

今回はダンスが成功していることを前提にして夢占いの項目を作ったのですが、ダンスの夢はいつも成功しているものとは限りません。もちろんダンスを失敗する夢を見ることもあると思います。
夢の中でダンスを失敗している場合は、あなたが自己表現において行き詰っていることを示していますので、自分を他者に知ってもらう方法を一度見つめ直してみましょう。
冷静で客観的な視点をもって自分自身を見てみることで、改善点がすっと出てくることも多いです。

 

自己表現というのは様々な場面で必要になってきます。自分を知ってもらうことができないままでは、他者と深くかかわりあうことはなかなか難しいです。
言葉で、態度で、ファッションで、趣味で・・・人は様々な方法で自己表現をすることができますので、ぜひ自分に合った自己表現の方法を模索してみてください。そしてそれがうまくいっているかどうかを、この夢占いのまとめを通して推し量ってみましょう。

ライターの最新記事

    • 夢占い
    • 2017/11/17

    夢占い-花の夢の意味は?

    • 夢占い
    • 2017/11/13

    夢占い-肉の夢の意味は?

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する