夢占い-撃たれる夢の意味は?

撃たれる夢について

?撃たれる夢というのは、銃社会ではない日本においては、日常生活ではほとんどといっていいほど体験しないようなことですし、夢に見てしまったときはびっくりした気持ちになることと思います。夢の中とは思えないほどの衝撃や痛みをリアルに感じてしまったり、「自分が何か悪いことをしたのだろうか」と今までの行動を思い返してみたり、と寝ているのにもかかわらず精神的にもかなりストレスとなり、負担がかかってしまいます。

そのため、起きてからの気分もあまり良いものではなく、むしろどっと疲れが押し寄せた状態で目覚めることも多いです。

 

夢占いにおいて、銃は「男性」、攻撃されることは「相手の敵意」を表しています。

これらが組み合わさっている「撃たれる夢」は夢占いにおいて、男性からの敵意、つまり「恋愛におけるトラブル」を表しています。

 

どんなに男性関係に気を付けている人であっても、思わぬところから恋愛のトラブルは発生してしまうものです。自分では男性に不快な思いをさせていないはずだと思っても無意識のうちに相手を傷つけている場合もありますし、あなたには非がないところで男性が勝手に不愉快になっていることだってあります。そんなあなたに夢占いは警告してくれているのです。

どのような暗く黒い気持ちを向けられているのかなどが、夢の内容と照らし合わせることで分かるようになっていますので、自分の体と心を守るためにぜひ役立ててみてくださいね。

 

撃たれそうになるが逃げる夢

?この夢の場合は「撃たれそう」というわけですから未遂のまま無傷で終わる夢ですので、結果としては無事にすむわけです。ですが撃たれないからこそ相手も「撃ち損ねた、早く撃たなきゃ」と焦りが生じることによって、あなたは追いかけられることになってしまいます。撃たれるというダメージは負わないものの、追いかけられるという精神的な圧迫感を感じなければいけなくなってしまいますので、やはりストレスを感じる夢には変わりありません。

 

撃たれそうになるが逃げる夢というのは夢占いにおいて、「男性が一度あなたに攻撃性のある敵意を持ったものの、何らかのきっかけで許してくれた」ということを表しています。ということは結果としてあなたと男性の間にははっきりとしたトラブルは起きなかったというわけではあるのですが、一度敵意を持たれたということを軽く流してはいけません。

もし男性に敵意を持たれてしまうような行動に心当たりがあるのであれば、それを改善していくようにしてください。心当たりがないという場合でも、知らない間に男性の恋心をもてあそんでしまったというケースもあります。

まずは、最近の男性との交友関係を一度思い返してみましょう。

 

撃たれて痛いと感じる夢

?銃で撃たれた時に感じる痛みはとても激しいものです。現実でその痛みを体験したことがないはずなのに、夢の中では死ぬほど痛いと感じることだってあるほど、撃たれる夢の際の痛みは非常にリアルなものである場合が多いです。

痛いというその感覚から一刻も早く逃れたくて「早く夢から覚めたい」と思ってもなかなか目覚めることができず、夢の中で苦しんでしまう・・・なんてこともあるでしょう。

痛覚を感じる夢というのはメッセージ性が非常に強いものですので、そのメッセージをしっかり受け取ることができるよう、夢占いと照らし合わせてみましょう。

 

撃たれて痛いと感じる夢は夢占いにおいて、男性があなたに強い嫉妬の感情を抱いているということを表しています。あなたが他の男性と無意識に戯れることによって、男性があなたに対し激しい嫉妬の炎を燃やしており、その強い感情が夢を通してあなたに伝わってきているのです。

男性というのはプライドが高い人が多いですので、自分が嫉妬しているということをやすやすと本人に伝えることができません。相手が一人で悶々と悩んでいるうちに、それがあなたに伝わっており、無意識のうちにあなたも受け止めているため夢に出てくる、というわけなのです。

 

もしお付き合いをしている男性がいるのであれば、彼が嫉妬にかられたり不安になったりしないよう、しっかりと愛情表現をしてあげるようにしましょう。あなたが彼にしっかりと安心を与えることにより、彼の嫉妬する感情も少しずつ弱まっていきます。

また、お付き合いをしている男性がいないのであれば、あなたへ恋心を抱いている男性がいるということを自覚するようにしましょう。多少やきもちやきではありますがあなたを心から愛している男性が存在しているということには変わりありませんので、自分を想ってくれている男性は誰なのか、周囲の男性に目を向けてみましょう。

 

撃たれるが痛くないと感じる夢

?夢の中で銃から弾丸が放たれた時、咄嗟に痛みを覚悟したことと思います。ですが「あれ、痛くない・・・?」と拍子抜けしてしまった経験はありませんか?このような「確かに撃たれたはずなのに、なぜか痛くなかった」と感じる夢を見るのは、実は意外と珍しいことではないのです。夢の中で受ける感覚と実際の痛覚が乖離しているため、夢の中で痛みも感じず傷も重症というほどではない、というのは夢として多いケースです。

ですが痛みを感じず拍子抜けしたからこそそれが気になってしまい、夢占いの結果が気になるかと思います。

 

撃たれるが痛くないと感じる夢というのは夢占いにおいて、「あなたが今まで男性に抱いていた恐怖心が消え、トラブルが解消された」ということを表しています。

男性と女性というのは体つきも思考回路も本能の働き方も、全く違います。だからこそ理解できない部分も多く、未知の存在である男性に対しての恐怖心を持ってしまう女性というのはとても多いです。

好きな人や付き合っている相手だからといってそれがすべて解消されるというわけではないため、恋愛感情をしっかり抱いているのにも関わらず何らかの恐怖心を消すことができない・・・これは仕方がないことなのです。

 

ですがこの夢を見たのであれば、あなたは今まで男性に感じていた恐怖心を克服することができたことを表しています。

恐怖心があると相手にも距離を取ってしまいがちであるため、男性もその距離感を感じトラブルの元になっていたかと思います。しかし今回恐怖心を克服することができたことをきっかけに、二人の距離はぐっと近づくようになり、今まで以上に仲がいい二人となることができます。

 

撃たれる人を見る夢

?この夢の場合は、自分が撃たれるのではなく、他人が撃たれているのをただただ見ているだけの夢のことを指します。

自分は無傷なのに誰かが目の前で傷ついていき、自分は傍観者としての役割しか与えられず、誰のことも救うことができない・・・。そうした無力感に襲われてしまうため、撃たれる人を見る夢というのは非常に後味が悪いです。自分が夢から覚めた後も、撃たれた人がその後どうなったのかがついつい気になってしまうこともあります。

 

撃たれる人を見る夢というのは夢占いにおいて、「あなたの身近な人が恋愛における男性とのトラブルに巻き込まれる」ということを表しています。恋のもつれで男性ともめるというのは、よくあることといってしまえばそれまでなのですが、ですがだからといって、自分の身近な大切な存在である人がそのことで傷ついてしまうのはなかなか放っておけないものですよね。

 

もしあなたの身の回りに、いわゆるダメ男ばかり好きになるという人や、不特定多数の男性と関わりを持っているような人がいるというのであれば、その人たちが今後男性ともめないように、しっかりと守ってあげましょう。

この夢を見るということは男性とのトラブルがよっぽど激しいものであるときです。せっかく予知夢を見たのですから、その夢を役立てることにより、あなたの身近な人をトラブルから守ってあげてください。

 

頭を撃たれる夢

人間の急所でもある頭を撃たれる夢ですので、この夢の場合はふらふらとしてしまったり、そのまま倒れこみ夢からもフェードアウトしてしまう場合も多いです。そのためあまり記憶には残りにくいかもしれませんが、できうる限り夢の記憶をたぐりよせて思い出してみてくださいね。

 

頭を撃たれる夢は夢占いにおいて、「男性との恋愛トラブルによりストレスを受け、思考回路が鈍ってしまっている」ことを暗示しています。

強いストレスを受け続けると、頭がその悲しみや怒りから逃れようと、考えること自体を放棄してしまうことがあります。自分がやるべきことが分からなくなってしまうため相手にも太刀打ちしにくくなりますし、そもそもどうしてトラブルが起きてしまったのかも思い出しづらくなるため反省もできず次に活かすこともできません。このような状態のままでいることは、非常に厄介です。

 

ですのでこの夢を見たのであれば、自分の思考回路が今うまく働いていないことを自覚し、一度冷静さを取り戻す必要があります。トラブルを解決するためにも、しっかりと考えられる頭をもう一度自分のものにしましょう。

 

首を撃たれる夢

首というのは血管が集中している場所であるため、少しの怪我でも大量の出血となってしまうことがあります。そのため夢の中でもかなり血の量が多い夢となってしまいます。血が苦手な人にとっては特に後味の悪い夢となってしまうことでしょう。

傷口を抑えてもあとからどんどんあふれてくる血の量が脳裏にこびりつき、起きてから思い出すだけでも少し身震いがしてしまうこともあります。

 

首を撃たれる夢は夢占いにおいて、男性が絡む恋愛トラブルにより、「あなた自身の心が深く傷ついている」ことを表しています。自分ではあまり傷ついていないつもりでも、あなたの心は悲鳴を上げ、血を流しています。そうした心の血が夢の中にもあふれてきており、それが夢の中で首を撃たれたことにより出てきた血につながっているのです。

特に自分が想っていた男性とのトラブルは、自分の恋心までも傷つけられてしまいますので、非常に辛い気持ちになってしまうことでしょう。こうした心の傷をそのままにしておくと、後々大きなひずみを生み、いつまでも悲しみが取れなくなってしまいます。取り返しのつかないことになる前に、自分の心のケアに取り掛かるようにしましょう。

 

まとめ

?いつまでも平和に、何も起こらないままの恋なんてありません。人の心と心のぶつかりあいですので、必ずどこかで歪みが出てきてしまい、トラブルへと発展してしまいます。

ですので、撃たれる夢を見たからといって気に病む必要はありません。「もめ事を起こしてしまった・・・」と気に病むのではなく、「誰しもが起こしてしまうトラブルだけど、どうやって解決すればいいのかな?」と解決策を探すことに努めるようにしてください。

 

ですが逆に、「恋愛関係のトラブルなんてよく起こしてるからへっちゃら!」と開き直り過ぎるのも問題です。どんなトラブルであったとしても、心というのは非常に敏感でダメージを負ってしまうものです。開き直ることによってその傷を見ないふりをしてしまうと、あとであなた自身が苦しくなってしまいます。

この夢を見ることで、自分が恋愛関連のトラブルを起こしており、またそのことによって傷ついているということを自覚することも忘れないようにしましょう。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する