夢占い-迷子の夢の意味は?

迷子の夢について

迷子というのは自分がどこにいるのか分からず、一緒にいた人ともはぐれてしまっている状態です。
どうすれば今の状況が解決されるのかがわからず、不安な気持ちがピークになり、子どもなどはパニックで泣き叫んでしまったりします。
もちろん迷子というのは子供だけに限らず、大人になっても迷子という状況に陥ってしまう可能性もあることにはあるのですが、子どもよりも道を知っていることと、対処法をしっかりと知っているために大人が迷子になることはあまりありません。とはいえ、迷子になると大人も子供も不安になってしまうのは共通の感情だといえるでしょう。

 

そんな迷子の夢は夢占いにおいて、「自分がこれからどうすればいいか分からない」という自分のこれからに対する不安を表しています。自分がこれからとるべき行動を自分自身でも見定めることができないと、これからの将来に対するプランを立てることもできません。
「こんな人になっているはずだ」という想像すらできないため、自分の未来のあやふやさが怖くなってしまうこともあるでしょう。

 

ですがだからこそ、この夢を見たことは自分の将来を見つめ直すいいきっかけだと思い、しっかりと考え直してみましょう。
「自分がこれからどうすればいいか分からない」としても、「自分がどのような人になりたいか」「自分が実現したいと思っている夢は何か」という自分の将来の目標に関することを考えていくと、自ずと答えは形になっていきますし、自分がこれからすべきことも見えてくるようになります。

自分が迷子になっている夢


迷子の夢の中でも一番夢に見るのがこの「自分自身が迷子になっている夢」です。
小さいころに実際に迷子になった経験があるという方も多いのではないでしょうか?
いつになれば知っている道に出ることができるのか、いつになれば知り合いに会うことができるのか・・・とゴールが見えないことに対するどうしようもない不安や、道に迷ってしまった自分に対するいら立ちが強くなってしまうため、起きた後もこうした不快感をそのまま引きずってしまう場合も多いです。

 

自分が迷子になっている夢は夢占いにおいて、「将来に対する不安」を示しています。
特にモラトリアム期にこの夢を見ることが多く、就活や進学など自分の行く末を自分で決めなければいけないことへの焦りが反映されている場合もあります。
これからどう生きていくかということを決めなければいけないというのは、本当に責任重大でプレッシャーに感じてしまう方も多いことでしょう。ですが自分の人生なのですから、当然と言えば当然であり、避けては通れない道でもあるのです。

 

それでもなお、自分の行く末を決めきることができないという場合は、あなたの周りにいる「こうなりたいと思える人物」に話を聞いてみましょう。世間一般に言う「成功した人生を歩んでいる人」でもいいですし、世間的な評価がそうでなくてもあなたの憧れの人でもよいです。
自分が生きたい人生のモデルの人に、人生を楽しむ秘訣を聞いてみることで、あなたの将来の歩み方に対するヒントを得ることができます。

娘・息子が迷子になっている夢


娘や息子が迷子になってしまったときというのは、自分が迷子になった時以上に不安になってしまうものです。
特に子供が「歩行はできるものの意思疎通できるほど喋ることができるわけでもない」という1歳前後の時に迷子になってしまうと、子どもが迷子という状況から助け出してもらえる可能性が低いため不安も強くなってしまいますね。
大きくなって会話によるコミュニケーションを取ることができるようになった年齢だとしても、悪い大人に言葉巧みに騙されないか・・・という心配も出てきます。どのような年齢にしろ、自分の大切な存在だからこそ、娘・息子が迷子になった夢は心配でたまらなくなってしまうものなのです。

 

娘・息子が迷子になっている夢は夢占いにおいて、あなたの大切な人が将来に対して不安な気持ちを抱えているということを示しています。特に、実際に子供がいる人はそのまま子供が、実際に子供がいない人は自分よりも年齢の低いあなたが守るべき存在が、不安になっているのです。
ただ、この夢はその不安をあなたが解決してあげなさいというお告げの夢ではなく、「不安な状態を知りつつもきちんと見守ってあげる姿勢を忘れないでいなさい」というメッセージがある夢なのです。自分自身が抱える悩みや不安は、最終的には自分で解決するほかありません。相手が助けを求めた場合のみ応じてあげるようにし、その際も手助けやアドバイスをしてあげるのみにとどめて、大切な人たちが思い悩みながらも成長していく過程を見守ってあげるようにしましょう。

知らない子供が迷子になっており、助ける夢

自分とは全く関わり合いがない子供だとしても迷子になっているのを見ると非常に胸が痛んでしまうものです。
この子はちゃんと親の元にたどり着くことができるんだろうか、このまま犯罪に巻き込まれてしまわないだろうか・・・などその後のことを考えると心配になってきて、夢の中のあなたは助けてあげたのだと思います。
見なかったふりをして見捨てるのではなく、手間暇を惜しまずに迷子の子供の力になろうとしたところに、あなたの思いやりや優しさ、思慮深さが存分に出ている夢であるとも言えますね。

 

知らない子供が迷子になっており助ける夢は夢占いにおいて、「自分の将来に対して思い悩んでいたあなたが解決策を見つけた」ということを示しています。この夢の中での「迷子になっている知らない子供」というのは、あなた自身の心を具現化したものです。
その子があなた自身の手によって助けられ、迷子という状態から抜け出すことができたということは、「将来に対して悩みを抱えていたあなたが自分自身の力で救われた」ということを示しています。ですので、これからのあなたは自分の進むべき道を自ずと見つけていくことができます。将来に対して悩むことなく進んでいくことができるというのは、不安になることも少ないため精神衛生上も非常に良い状態になります。この状態をキープすることができるようにしたいものですね。

遊園地で迷子になる夢

遊園地という非日常の中で迷子になるというのは非常に心細いものです。
遊園地というのはある程度広大な土地であることが前提とされていますし、娯楽を最大の目的にしている空間ですので、自分は迷子になり絶望しているのにもかかわらず、周りは心から楽しそうにしていることに対して疎外感を感じてしまうこともあるでしょう。ガヤガヤとした喧噪の中で自分だけが取り残された状態だと感じ、早くこの状況から抜け出したいという気持ちが強まる夢となります。

 

遊園地で迷子になる夢は夢占いにおいて、「あなたが自分の趣味を見つけることができていない」ということを表しています。遊園地が娯楽を目的としていることから、この夢の場合、遊園地がそのまま娯楽、つまり趣味を指し示しています。
その中で迷子になっているということは、あなたが自分が心から楽しむことができる趣味を見つけきれていない、ということが紐解かれているのです。今あなたが何かしらの趣味を持っていたとしても、それは心から楽しむことができるものではなく、ふとした瞬間に楽しくないと感じ、迷いが出てきていることと思います。

 

ですのでこの夢を見たのであれば、新たな趣味を探すようにしてみてください。
興味はあるものの手を出していなかったジャンルをもっと詳しく調べてみたり、楽しいとは思うものの趣味というほどではなかったことを真剣にやってみましょう。様々なことを試していくうちに、今まで体験することができなかったような楽しさを見つけることができますので、新たな趣味として今まで以上に力を入れていってくださいね。

まとめ

迷子の夢の夢占いの結果である「これからの将来に対して不安を感じている」ということは、現実をしっかりと見据えているからこその感情ですので、あなたが真面目でしっかりとした性格であることの表れでもあります。
あなたが真剣に生きているからこその夢であるともいえますので、真摯に生きている自分を褒めてあげるようにしましょう。

 

睡眠をとってリフレッシュしようとしているのに、迷子の夢を見て心細さを感じてしまうと、起きた後の気持ちもスッキリせずあまり爽快な気分に離れないことでしょう。
ですが、不快感がどこかに残ってしまう迷子の夢であったとしても、そこにはあなたがこれから有意義な人生を送るためのヒントがたくさん隠されているのです。ですので「嫌な夢を見た・・・」と忘れるのではなく、夢の中に隠された手掛かりを余すことなく見つけ、それを夢占いと照らし合わせて紐解いていくことで、自分の糧とするようにしてください。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する