年の差婚の離婚率は?年の差カップルの悩み12個

年の差婚の離婚率は?年の差カップルの悩み12個

芸能人夫婦のなかには、一般人から見てもお似合いな年の差婚をしている人達が大勢いますが、それは経済的に余裕のある芸能人だからの話。

世間一般の歳の差夫婦は離婚率も高そうだと勝手に思い込んでしまいますが、歳の差婚は自体はそう問題ではなく、さまざまな内情が歳の差婚をより一層難しくしています。

「愛情さえあれば歳の差なんか乗り越えられる!」

恋愛中はそう強く感じていても、実際に結婚しないと見えてこない問題は多数あり、同年代夫婦とは違う悩みが隠されているもの。

実際に年の差婚を考えている、もしくは年の差婚真っ只中にある夫婦が、悩みをよく知り解決策を見つけ出す為には、どんな対策を立てればいいのでしょうか?

 

年の差婚の離婚率って高いの?

歳の差婚の話を聞くと、どうせ3~5年後辺りには離婚してるんじゃない?なんて不謹慎な感想を抱く人も多いでしょうが、完全にそうとは言い切れません。

1歳差のカップルの離婚率は3%、5歳差で18%、10歳差で39%、20歳差では45%もの確率で離婚しています。

20歳差の夫婦の場合、同年代のカップルとの離婚率より95%も離婚率が上昇する傾向があります。

もちろん平均の割合ですから、歳の差婚は皆離婚するわけではありませんが、歳の差婚において年齢差があるほど離婚しやすい事実だけは、しっかり自覚しておいた方がいいでしょう。

 

ジェネレーションギャップを乗り越えられない

付き合っている頃から感じていたことではあるでしょうが、同年代と比べ聞いていた音楽や観ていたテレビ・マンガの話が合わず、思い出話を共有できないことで、話題がひとつ減ってしまいます。

歳の差が離れるほど共通の話題が見つけにくいからこそ、共有できる趣味などを見つけ、十分なコミュニケーションを取る必要があります

結婚して気付いた体力的な問題


年の差婚したカップルならではの悩みの中でよくあるのが、体力的な悩みです。

結婚前は普通のカップルと同じようなデートを重ね、特に問題を感じなかったとしても、結婚後子供ができると体力面の衰えが目立つようになります。

子供の運動会で徒競走でくたびれ果てたり、旅行へ出かけたのにホテルや旅館でゴロゴロしたがる年上夫や妻にガッカリする回数が増えるにつれ、いらだちがあきらめに変わり、気持ちが冷める原因にもつながっていきます。

年齢を重ねれば体力的な面が落ちるのは当然ではありますが、疲れているのを理由に子育てに参加しない、ゴロゴロしてばかりでは愛想を尽かされるのも無理ありません。

体力的な衰えを改善しようと夫婦でスポーツしたり、体力面でカバーできない部分を補おうとする努力もしないまま「年だから」で片づけては、家庭と向き合っていないのと同じ事です。

楽な方にばかり流れるなら、不満に目をそむけたツケは離婚という形で支払うハメになります。

価値観の違いを乗り越えられない

価値観がピッタリ一緒のカップルなんて、同世代でもいないものですが、価値観は育ってきた環境で決まるもの。

世代が違う歳の差婚カップルでは、同世代に比べ価値観自体も大きく違ってきます。

例えばですが、年上夫の趣味がマニアックなレコード収集だったとします。

年上夫の唯一の趣味だったとしても、何の興味もない年下妻から見れば、自分が聴いた事もないレコードなんて、ただのがらくた同然。

子供の出産を機にレコードを捨て、子供部屋にしてと訴える妻に対し、レコードも子供も大切だと訴える姿に、妻は「子供の方が大切でしょ?」となじりますが、もう何十年も続けてきた趣味を、夫はそう簡単にやめられるはずもありません。

結婚前は夫の趣味に理解を示していた妻でも、出産などの生活スタイルの変化を機に価値観の違いが一気に表面化しやすく、子供を一番に考えてくれない夫に、愛想を尽かすこともよくあります。

歳の差があると、若さゆえにガマンができなかったり、今までの経験から自信満々に自分の価値観を押し付けたりと、価値観の違いを無視し続けると、ストレスしか感じなくなります。

特に男尊女卑の古い考え方を押し付けたり、無駄にプライドばかり高く、考え方を変えられないまま長年生きてきた人は、そう簡単に自分を変えられません。

お互いの趣味やコミュニケーションを十分に取り、尊重し合わないと離婚へと真っ逆さまですから、夫婦でよく話し合わないと離婚問題にまで発展します。

子供の将来への不安


男女共に35歳を過ぎると卵子・精子共に年齢を重ねるにつれ劣化し、自然妊娠の可能性はより一層下がっていきます。

30代後半から40代になると不妊治療での妊娠を希望する夫婦も増えますが、問題は妊娠しにくい事以外にも、希望通りに妊娠・出産を経た後も、子供の将来への不安が常に付きまとう事です。

若い同年代の夫婦も同じように子育てへの不安を感じるものですが、年齢差婚は若い世代よりも深刻な子育て不安を感じやすいもの

夫が年上な場合、子供が大学を卒業するまで健康な状態のまま働けるのか心配はつきませんし、妻が年上の場合も同様で、高齢出産や今後ハードな子育てができるのかへの不安ばかりが大きくなります。

歳の差婚は、若い夫婦に比べ健康への不安が強く、子供の成人や孫の誕生を見届けられるか常に不安がつきまといます。

自分の年で本当に妊娠できるのか、子供を出産し無事育て上げられるのか不安になるのは年齢関係ありませんが、中年以降になると体調面の不安もあり、思い悩む歳の差夫婦は多いようです。

ただし子供がいる歳の差夫婦は、子供がいないの差夫婦よりも離婚率が低いため、子供の成長を糧に不安を乗り越えられれば、家庭生活にもプラスになります。

両親&義両親の介護問題に直面する

20~30代同士のカップルに比べ、歳の差婚をした夫婦は早い時期から、両親&義両親の介護問題に直面します。

20代同士の夫婦なら両親は40~60代ですが、歳の差夫婦なら親が70~80代でもおかしくありません。

嫁ぎ先の両親が高齢者なら介護問題が早々に持ち上がり、親との同居や介護認定手続き・在宅介護・介護施設探しに振り回されます。

親の介護問題は夫の兄弟・姉妹ともめる大きな原因になる事も多く、費用面や在宅介護・介護施設へ入れる際には意見の食い違いから、大きな溝を作る事もよくあります。

他にも子育てと介護を一度にこなすはめになると、ストレスから夫婦関係が悪化する原因にもなりかねません。

歳の差が大きく離れている夫婦なら、結婚後10年程度で夫・妻本人の介護が必要になる場合もあったりと、親と配偶者の介護問題は歳の差夫婦にとって、頭の痛い問題です。

思ったほど大人じゃなくてがっかり


付き合っている頃は包容力のある大人で、優しい人だと思っていたのに、いざ結婚してみるとただ年だけ取ったおっさん&おばさんだったとショックを受ける事も、残念ながら実に多い悩みです。

自分の想像や理想とは違う人物だったとショックを受けるのは、歳の差婚でメリットだと感じていた部分が、単なる見せかけだったと知った時です。

結婚してみたら実は年収もさほど良くなかった、付き合っている頃はおおらかで優しかった人なのに、結婚した途端子供っぽいわがままを言い出したり、人前でも平気で手をつなぎたがり、キスしようといちゃついてくる・・・

歳の差カップルな事を年上側が後ろめたく感じている場合、年下の同世代と同じようなテンションでいようとしますし、かわいい年下を見せびらかしたいがゆえの行動ですが、年下にとっては迷惑でしかありません。

「年齢に合わない若作りした服装が嫌」

「スマホチェックしようとしてくる」

「生活全般にだらしがない」

など、下手な若作りにイライラ、浮気を疑いすぐにスマホチェックしてくるような嫉妬深さを見せられると、触れられるのすら嫌になってしまいます。

夫婦生活を続けていくうちに生理的な嫌悪感まで感じるようになると、夫婦生活を続けていけなくなり、仮面夫婦か離婚問題にまで発展します。

夜の生活が上手くいかない

夫婦の信頼関係をより強くしてくれるのが、夫婦の秘め事である「夜の営み」です。

結婚当初は盛んにあったとしても、年齢差が離れるほど体力的な問題に直面します。

夫が50歳で妻が40歳の歳の差カップルなら、50歳の夫は妻の求めに応じるだけの体力がなく、妻には欲求不満だけが残されます。

元々人は男性ホルモンであるテストステロンと、女性ホルモンであるエストロゲンの両方が体内で作り出されています。

35歳から40代では妊娠・出産に必要とされる、女性ホルモンであるエストロゲンが減少しますが、男性ホルモンであるテストステロンはそのまま分泌され続けるため、ホルモンの均等が崩れます。

女性ホルモンが減少し、男性ホルモンの方が優位になると自然と性欲も強まり、当然ながら夜には夫を求めるようになりますが、肝心の夫は年齢的にも応じられる回数も少なく、妻は不満に感じるもの。

夫が応じてくれない不満から、夫以外の男性にちょっかいを出し浮気や不倫に走ってしまうのは、性欲が影響している事も少なくありません。

加齢臭が我慢できない


中年以降になると、どうしても出てしまうのが「加齢臭」

30代後半から40代になると加齢臭が出てしまうのは当然ですが、一緒に生活している夫の加齢臭に内心困り果てている妻は多いものです。

加齢臭は中高年になると、皮脂に含まれる脂肪酸パルミトレイン酸が増加、酸素に触れ酸化した結果、加齢臭の元となる「ノネナール」が作られ、あの中年特有のニオイが作り出されています。

いわゆるおっさん臭い匂いというやつですが、恋愛中や結婚当初はそこまで気にならなかったとしても、毎日一緒に生活するようになると加齢臭にイライラするようになります。

匂いの元を作り出している当の夫は、自分の体臭が臭い事も自覚はしてはいますが、年だから仕方ないとあきらめたり、ただ身体を洗うだけでは加齢臭は改善しきれません。

加齢臭は年齢的な面も大きいですが、食生活の乱れや運動不足・ストレス・タバコ・酒なども原因で臭っていますが、強烈な臭いは服にまで染み付く為、妻は毎日うんざりさせられてしまうのです。

加齢臭は男女問わず起こるものですが、女性より男性の方が皮脂分泌量が多く、女性ホルモンの分泌もあり皮脂は抑えられていますが、35歳を境にホルモンバランスが崩れ加齢臭が強くなる方もいるので要注意です!

上から目線がストレスに

年の差があるとそれだけ人生経験の差が大きくなりますし、上から目線でアドバイスされると、それだけでイラッとすることも。

歳の差婚で注意が必要な点として、年上側の上から目線の物言いや態度の悪さを、男らしさと勘違いしてしまう事です。

親切心からアドバイスしているつもりでも、年上の方が支配的な性格だと年下のやり事なす事に指図しないと気が済まず、常に上から目線で接してくれば、年下のストレスはかなり大きくなります。

特に女性は男性の戸籍に入る為、手に入れた感だけでなく征服欲がますます大きくなるもの。

年下は年上と結婚した事を後悔し続ける、息苦しいだけの結婚生活になってしまいます。

正面から夫に反発し、対等に渡り合える人ならいいですが、大人しく内気で自分の意見を言えない人では、逃げ場のなさから精神的にまいってしまいうつ病や浮気の原因になる可能性も・・・

男らしさと男尊女卑の違いをよく理解しておかないと、結婚した途端に今まで優しかった態度が豹変し、最初はモラハラ、次にDVと状況が悪化する場合もあるので、十分に注意しましょう。

周囲から同情されてしまう


夫との年齢が離れていたり、妻との年の差があると周囲から同情されます。

自分達の意志で結婚しているのにもかかわらず、
「旦那さんと10歳も離れてるなんて大変そう」

「姉さん女房って尻に敷かれてかわいそう」

など、勝手に周囲に同情されると、まるで自分達の結婚生活が最悪なもののように思えてきますよね?

幸せな結婚生活を送っていても、世間は勝手にイメージをふくらまし同情してきます。

自分達は幸せなんだから気にしないと感じる人はいいですが、世間は面白おかしく話の種にしたがるので、10歳差なんてお金目当てじゃない?などの陰口を叩かれ笑われることも、歳の差婚では割とある話です。

周囲の人々は自分勝手なイメージのみで同情しているだけですし、同情しているフリをしつつ、自分の方がまだマシだと思い込みたい・優越感を感じたいだけで、本気で同情なんて大半の人はしていません。

気にしない人は全く何とも感じないものですが、世間体や人間関係に気をつかう人は周囲の嫉妬や悪意に敏感なので、精神的にも少々まいってしまいやすいので、他人の言動を気にするタイプの人は夫婦関係が悪化することもあります

かわいそうと同情されると複雑な心境になりますし、あからさまにかわいそうを連呼されるとバカにされてるようでさすがにプライドが傷付くものです。

似たようなパターンでは、夫や妻の年齢を話した途端「え、そんなに離れてるの?犯罪じゃない?」など、冗談半分で言われたとして傷付いてしまうパターン。

歳の差婚しただけで、好奇の目にさらされる場合もあるので、結婚する前には覚悟も必要です。

何かにつけて親&子供から文句を言われる

好きな人と結婚しただけなのに、何か不都合な事が起こる度に「年上(年下)と結婚するから」なんて避難をされるといい加減うんざりします

結婚すれば今まで他人だった人々同士が身内になる訳ですから、もめごとになる場合もありますが、もめごとの原因すべてを「年上(年下)すぎる夫・妻のせい」だと言われると、自分の見る目を疑われているような気分にもなります。

親と配偶者(夫・妻)の意見が対立した際、どちらの味方に付くのかともめると板挟みになり、結婚したのを後悔する事も珍しくありません。

どちらの味方をしても結局片方に恨まれるくらいなら、どちらの味方もしないようになれば、夫婦仲・親との関係も悪化しかねません。

仕事の大切さが理解してもらいにくい


年齢差がありすぎると仕事の大切さが理解してもらいにくい場合も多々あります。

30代後半の男性が20代前半の妻をもらった場合、社会人経験の少なさから、夫の仕事の大切さや重要性が理解してもらえず、夫婦仲に溝ができる夫婦もいます。

休日の急な呼び出しで買い物デートへ行けなくなった夫に、

「何で休みの日まで仕事しなきゃいけないの?」

と妻がむくれたり、会社の飲み会に参加するだけで怒りをぶつけ口をきいてくれないような幼稚な対応をされると、年の差婚の難しさを思い知らされます。

現実問題として妻や夫の理解がないと、仕事に集中できませんし夫婦を続ける自信も湧いてきませんが、この問題はじっくり話し合い理解してもらうしかありません。

恋愛と結婚の違いがしっかり理解できないまま結婚すると、このような考え方のズレが起こってきますが、年下夫・妻も社会人として働くようになれば理解力も自然と深まりますよ。

 

おわりに

年の差婚は年齢が離れるにつれ離婚率も高くなりますが、年上夫(妻)の給与や財産目当て・包容力・頼もしさばかりを求め結婚しても、結婚生活は残念ながら上手くはいきません。

勤続年数が長くとも、もしリストラされればお目当ての給与ななくなり、財産を切り崩しながらの生活になる可能性も・・・

年の差婚が特別離婚しやすい訳ではなく、多くの夫婦の離婚原因は「価値観の違いや、性格の不一致」です。

結婚して初めて見えてくる価値観のズレもあるでしょうが、自分を押し通すのではなく、お互いの価値観の違いを理解し合い、受け入れ・譲歩する・妥協点を見つけていけば、幸せな歳の差婚生活をエンジョイできますよ。

 

★おすすめの占い★

 

【年の差恋愛】10歳近く離れている彼との恋は上手くいく?

 

年下のあの人に一目惚れ…私は恋愛対象ですか?

 

彼との年齢差5歳以上!歳の差カップルって上手くいく?

 

恋愛占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する