夢占い-本屋の夢の意味は?

本屋の夢について

最近では、電子書籍の流行の中で姿が減ってしまった「本屋」ですが、誰もが一度は利用したことがあるお店ですよね。大手などは今もなお残っていますし、個人経営の小さな本屋も趣があっていいものです。ただ、今回の本屋の夢の夢占いでは、本屋自体の規模は夢占い結果には影響しません。当ページにも「デパートにある本屋の夢」という項目がありますが
、本屋がデパートの中にあるかどうかが焦点なので、本屋自体の規模は関係ないです。
また、本屋の夢は、本屋ならではの落ち着いた雰囲気がずっと続くので、起きたあとも静かでおっとりとした気持ちを保つことができますよ。

 

本屋の夢は、夢占いにおいて、「あなたが今、得たいと思っている知識」を示しています。
今のあなたは知識欲があり、探求心がとても強いです。今までは気にならなかったようなことを突き止めたくなるなど「新しい知識を求める」という場合もあれば、知った気になっていたようなものを改めて見つめ直して知りたいと思うなど「これまで得てきた知識のアップデート」という場合もあります。
どちらも知識への強い気持ちの表れとなっていますので、ぜひこの気持ちのまま、気になることを調べてみてください。時代はすぐに移り変わり、常識も変わっていくものです。調べるたびに、新鮮な驚きを体験することができますよ。

 

 

本屋で本を探す夢

本屋で本を探す夢というのは、ざっくりと2パターンに分けることができます。
1つは読みたい本が決まっており、本が置いてある場所を探すという「探す本自体が決まっている場合」です。もう1つは、置いてある本のラインアップを見て、どんな本を読もうか迷っている段階である「探す本自体が決まっていない場合」です。
どちらのパターンかによって、夢占いの占い結果も変わってくるので、自分の夢がどちらに分類されるかを、よく思い出してみてください。

 

 

探す本自体が決まっている場合

この本を探し、見つけて読む」という目標が定まっているので、この夢の場合は、基本的に展開がサクサクと進みます。探している本がなかなか見つからない場合でも、目的がある分何をするでもなくぼーっとすることがありません。退屈せずに行動し続ける夢となるので、起きたあとも記憶に残りやすいです。

 

 本屋で本を探す夢で、探す本自体が決まっている場合は、「自分が学びたいことの、手段・プロセス・メリットやデメリットなど、細かい部分を知りたいと思っている」ということを示しています。今のあなたは自分が学びたいことをきっちりと意識しており、それに対して理解を深め、効率的に行動したいと考えています。そのため、「どのような方法で、学べばいいか」「どのような順番で学ぶのが効率的か」「その知識を得ることで、どんな利点と欠点があるか」などに興味が向いています。細部まで知り尽くすことができれば、効率的に知識を活かせるようになるので、ぜひ今の姿勢のままで学び続けてください。

 

 

探す本自体が決まっていない場合

どんな本を求めているか、自分自身でも分かっておらず、とりあえず本屋にある本を眺めている状態となるので、この夢は中だるみしやすいです。時には、自分が興味を持つことができる本を見つけられないまま、夢が終わることもあります。明確な目標がない分、インパクトが薄い夢となりやすいので、しっかり覚えていられるよう、起きたらすぐメモ帳に書いておくなどの対策をすることをオススメします。

 

 本屋で本を探す夢で、探す本自体が決まっていない場合は、夢占いにおいて、「今は、自分が学びたいと思っていることを知るための準備期間である」ということを示しています。今のあなたは、学習意欲はあるものの、それを発揮できる対象を見つけられず、不完全燃焼になっている状態です。学びたいと思うものや、興味を持てるものを見つけることができれば、めきめきと知識を付けていくことができます。あらゆるジャンルに幅広く触れてみると、その中でも特に気になるものが出て来て、自分が学びたいと思える分野を見つけられますよ。ただ、このまま時間が過ぎていくと、徐々に学習意欲が失われてやる気自体がなくなってしまうので、できるだけ早く行動を起こすことを心掛けてください。

 

 

本屋で漫画を立ち読みする夢

本屋は、普段本を読まない人にとっては、敷居が高いと感じてしまうものです。ですが、「漫画だったら話が別だ」という人も多いですよね。一ページの活字量が少なく、絵が大半の位置を占めているので、さくさくと読むことができますし、小さな子でも親しみやすいです。更に、立ち読みということで、購入する前段階の夢となるので、出費の面でも気持ちがある程度楽です。そのため、読書への苦手意識があるという方でも、この夢は比較的ポジティブな印象だったかと思います。

 

本屋で漫画を立ち読みする夢は、夢占いにおいて、あなたが「エンターテインメントに関する知識が欲しい、と思っている」ということを示しています。
今のあなたは、勉強面で役立つような学術的な知識よりも、音や映像などで人の心を動かす芸術・芸能面への興味が強く、その方面の知識が欲しいという気持ちが大きいです。記憶力よりも、五感を駆使することが必要になるので、たくさんの作品に触れて、自分の感性を磨いてください。細かい演出や表現を膨らませるときには、ある程度の知識が必要になりますが、まずは基礎をしっかりと構築することが大切です。

 

 

本屋に好きな人がいる夢

本屋という静かな空間で、平常心でゆったりと本を見ていたはずなのに、そこに好きな人が現れると、途端に冷静ではいられなくなりますよね。真剣に本を選ぶ姿や、どの本を買うか悩んでいる表情、店員さんと接するときの振る舞いなど、いつもとは違う好きな人の一面を見ると、どきどきするものです。例えそれが夢の中だとしても、新鮮さや特別感があるので、起きたあともときめきが止まらないケースも多いです。
ただ、この夢はあくまでも舞台が「本屋」であることが重要です。好きな人のことにだけ気を取られないようにしてください。

 

本屋に好きな人がいる夢は、夢占いにおいて、あなたが「恋愛に関する知識が欲しい、と思っている」ということを示しています。
昨今は恋愛心理学が有名ですし、恋愛テクニックをインターネットでも検索できる時代です。人の「心理」に基づいているため理にかなっているものも多いので、「実践しやすい」「気になる」と思ったら、ぜひ試してみてください。また、一般的な恋愛テクニックだけでなく、相手の好みの髪型・ファッション・メイクなど、好きな相手にのみフォーカスした知識を、彼の知人から得ることも大切です。
これらを複合的に使い、好きな人にアタックすれば、恋愛の成功率もぐっと上がりますよ。

 

 

デパートにある本屋の夢

店舗数が多いデパートでは、本屋のスペースも大きく、置いてある本の数もとても多いです。他のお店では見つけられなかったような、少しマニアックな本が売られていることもあったり、一つのジャンルに対しての本のバリエーションが豊富だったり・・・と、本好きにはたまらない空間でもあります。この夢を見ることで、「デパートの本屋に行ってみようかな」と感じる方もいるほどです。

 

また、いつも買い物をしているスーパーやコンビニに比べると、デパートは少しだけ敷居が高い、と感じる方も多いです。実は、この敷居が高い「ワンランク上」の雰囲気は、夢占いにも大きく影響を与えているのです。

 

デパートにある本屋の夢は、夢占いにおいて、あなたが「今よりもワンランク上の知識が欲しい、と思っている」ということを示しています。

 

あなたは今、すでにある程度の知識を持っているのですが、自分ではそれに満足していません。もっとたくさんの、そして良質な知識を得たいと思っています。その向上心は大変素晴らしいですし、伸ばすべきです。ですので、あなたがこれまでに学んできた知識の中で、今もなお最も興味が向いているものを、更に深く学んでみてください。別の知識と組み合わせることで応用したり、その知識を元に商売をするにはどうすればいいか考えるなど、今よりも多角的な見方をしてみるのもオススメです。

 

 

本屋で店員として働く夢

これまでの項目はどれも、「」という立場で本屋に出向いている夢ばかりです。ですが、この項目だけは例外となっており、「店員」として本屋に勤めている夢となります。本の在庫管理やレジでの接客、陳列やポップ作りなど、本屋の店員はやることがとても多いです。ですので、起きたあと夢の中の仕事内容を思い出してみると、店員さんへの感謝が湧いてきますよね。このように、夢の中で疑似体験をすることによって、他の立場の人のことを思いやったり、理解することができるのも、夢の良いところなのです。

 

本屋で店員として働く夢は、夢占いにおいて、あなたが「自分の知識を人に教えてあげたい、と思っている」ということを示しています。
あなたは、自分の持っている知識に対して、自信を持っています。知識量が豊富で、人に聞かれても焦らずに答えることができるという自負があるのです。自分の知識は他者にも役立つという確信と誇りもあります。
ですので、あなたの知識を必要としているのではないかという人を見かけたら、ぜひ教えてあげてください。自分の知識を伝授したい気持ちが暴走してしまわないよう、相手の反応を伺いつつ、少しずつ説明することが大切です。また、上から目線の話し方にならないように、気を付けることも忘れてはいけません。

 

 

まとめ

知識は、その時だけの限定的なものではありません。一度記憶したものはずっと頭の片隅に残り、勉強や生活、仕事など、様々なジャンルで活かすことができます。一見関係ないようなジャンルの知識でも、見方を変えてみると、ひょんなことから繋がって、役に立つのです。「こんなこと覚えても、何の役にも立たないよ」と自分で思ったとしても、もしくは他者から言われたとしても、一度でも自分が興味を持ったものであれば、ぜひその理解を深め知識を得てみてください。

 

また、知識を得るタイミングというのは、早すぎることも遅すぎることもありません。その年代に沿って知識の活かし方を変えればいいだけなので、年齢や時期は関係ないのです。知識を得る時期が早いと、知識を応用できる機会が増えますし、頭が若い分、吸収も早いです。知識を得る時期が遅くても、どんな場面でどの知識が必要かを心得た状態で学べますし、経験豊富な分、要領よく覚えることができます。それぞれにメリットがあるので、自分の年齢をハンデだと思う必要はありません。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する