夢占い-警察の夢の意味は?

警察の夢

警察は日々私たちの平和と安全を守るために動いてくれる非常に心強い存在ではありますが、夢に見たときにはつい「自分が何か悪いことをしてしまったのか・・・!?」と焦ってしまうことも多いです。やましいことを何もしていないとしてもそう思ってしまうのは、人間の性でもあります。
また、自分たちの平和を守ってくれる存在であるからこそ、夢の中で自分が危険な状況に追い込まれた時にも、夢に警察が登場してくることもありますので、夢の中でどういう状況で警察が出てきたかを覚えておくことも重要です。

 

警察の夢は夢占いにおいて、「ルール」「マナー」「モラル」「正義」などのいずれかを意味します。誰か一人だけの常識ではなく、多くの人の心の中にある普遍的な決まりがベースになっていますので、この夢を見た時は、自分だけのものさしで考えずに、客観的に全体を見ることができる冷静な視点を思い出すようにしておきたいものですね。
また、多くの人たちの常識にとらわれてがんじがらめになっているときにもこの夢を見ることが多いですので、自分の心の窮屈さにも目を向けてみるようにしましょう。

 

自分の視点がどこにあるのか、そしてそれによって自分の心がどうなっているのかを、この夢と夢占いを通して一度確認してみることが大切です。

警察から追われて逃げる夢

警察から追われて逃げる夢というのは、非常に緊迫感があるものです。捕まってしまったら逮捕されるという強迫観念もありますし、必死に逃げようという気持ちになることでしょう。また、警察から追われるということは法に触れるような悪いことをしてしまったということでもありますので、罪悪感が非常に強い夢となってしまいます。

 

警察から追われて逃げる夢は夢占いにおいて、自分が人とは違う何かを持っていることに対し罪悪感を感じているということを示しています。価値観が他の人と違うということは、独特の感性を持っているということでもありますが、人との違いに対してコンプレックスを感じてしまう原因にもなりかねません。自分の感じ方や物の捉え方が他の人にも当てはまるわけではないんだという疎外感につながるからです。そしてあなたはそれを「悪」だと思ってしまっているのです。

 

ですが、こうした独特の感性を持っているということは、創造性の豊かさや着目点の独自性などにつながります。そしてそれは、あなたが今いる場所の改革につながったり、仕事などで新しい発見や決まりを作るのに非常に役立ちます。自分が他と違うことをマイナスだと捉えるのではなく、プラスに変えていく努力をしてみましょう。

警察に捕まる夢

上記の「警察から追われて逃げる夢」よりも一歩進み、ついに警察に捕まってしまう・・・という絶望的な状況の夢となってしまいます。ですので、「ついにもう逃げられない・・・」という落ち込みを感じてしまったり、「これからどうすればいいんだろう?」と将来に対して希望を感じることができなくなってしまいますので、この夢を見ることにより気持ちが非常に落ち込んでしまうことも多いので注意しておいてください。起きた後もこうした感情を引きずり、現実世界にまで影響が及ばないようにしましょう。

 

警察に捕まる夢は夢占いにおいて、あなたの正義感が他の人に強制されたものになっているということを示しています。「正義」というのは人それぞれで定義が違って当然ではあるのですが、「人を殺してはいけない」など基本的なある一定の範囲は万人ほぼ共通のものとなっているため、他者の価値観に強い影響を受けてしまう部分があるのは仕方がないことです。
ただ、この夢を見るということは、あなたの正義感が他者の価値観に強い影響を受けすぎてしまっており、支配されているような状態になっているのです。そしてそのことをあなた自身よくないことだと認識しているので、その圧迫感からこの夢を見るようになってしまっています。

 

ですので、この夢を見たことをきっかけに、自分だけの目線で物事を考えるように考え方・生き方を改めてみましょう。他者に影響を受けずに、自分の考えや体験をもとに価値観を再構築することができるようにしてみてください。

警察から取り調べを受ける夢

警察から取り調べを受ける夢には2パターンあります。上記の「警察に捕まる夢」のあとの展開のように、捕まったあとなぜ過ちを犯したのかを問い詰められるというパターンと、もう1つは、何かしらの疑いをかけられ、それが本当かどうかを確かめるために捕まらないまま質問を受けるというパターンです。本当に罪を犯していた場合と無実なのにもかかわらず疑いをかけられる場合のどちらも有り得ますので、非常にハラハラしたり、もしくは理不尽さを感じる夢にもなりますね。

 

警察から取り調べを受ける夢は夢占いにおいて、あなたの日ごろのマナーやモラルに対し、疑問視している人物がいるということを示しています。あなたが正しいと思って行っているマナーや守っているモラルに対し、「それは違うのではないか?」と異を唱えたいと思っている人がいるということです。自分に異を唱えたがっている人がいるというのはあまりうれしい気分になるものではありませんが、そういった人の存在を受け入れることも重要です。

 

しかしながら、この夢だけではあなたか相手のどちらが正しいのかは判断することができません。そのため、まずは自分の常日頃の行動を思い返してみて、人に反感を持たれるような行動をしていないかを考えてみましょう。そのうえで何かしら思い当たる点があったのであれば、そこを改善していくように努めてみてください。出る杭は打たれます。まずは、そんな「杭」になっていないか己を振り返ってみましょう。

警察署に電話する夢

警察署に電話をするということは、警察に介入してもらわなければいけない何かしらの非常事態があったからこそです。事故に遭ったときや、事件の犯人に遭遇したときなどがその最たる例ですので、緊張感が張り詰める夢となることが多く、起きた時にはその緊張から解放されほっとした気持ちにすらなることもあります。多くの場合「夢でよかった、現実じゃなくてよかった」と安堵するような気持ちになることも多いのではないでしょうか?

 

 

警察署に電話する夢は夢占いにおいて、第三者と接することによってあなたの正義感に変化が現れるということを暗示しています。警察署に電話をするということは、警察からの指示や助けをもらえるということにもつながります。このことから分かる通り、あなたは今、他の人の意見を必要としていて、そのアドバイスを吸収してスムーズに自分のものとすることができます。

 

また、他者の意見にばかり雁字搦めになってしまうのではなく、自分の意見と合わせつつちょうどいい塩梅で自分の意見も残すことができるので、息苦しさを感じることなく自分の新しい正義感を形成していくことができる、非常に幸先の良い夢でもあります。

警察に罰金を払う夢

罰金を払うということは、あなたが何かしらの罪を犯し、それに対し償うためにお金という形で弁償をするということです。ですのであなたに非がある夢となっておりますので、罪悪感が強い夢となってしまいますね。夢の中だとしてもお金を失うということに対する悲しさを感じることもありますし、何かしら心がすり減ってしまうことも多いです。

 

警察に罰金を払う夢は夢占いにおいて、あなたの正義感やルールが他の人を苦しめており、それに対して償わなければいけないということを示しています。あなたの正義感や、あなた自身が定めたルールというのは、全ての人に共通するわけではありません。それを人に押し付けてしまうと、他者はその価値観に苦しめられてしまい心に対して負荷を感じてしまうようになってしまいます。

 

ですのでこの夢を見たのであれば、それを自分自身への戒めとして、他者に自分の価値観を押し付けないようにしましょう。そして、他者の価値観を否定せずに受け入れてあげるようにしてください。あなたの価値観はあなたのものであるのと同じように、他の人には他の人の価値観があるということを受け入れ、お互いがお互いを尊重することができるようにしていってください。ゆくゆくはそれが円満な人間関係につながっていきます。

まとめ

冒頭に書いたように、警察の夢を見るとついつい何かしらのトラブルを連想してしまいがちですが、実際に警察の夢はあなたの心の中が関連したトラブルとの関係がある夢となっております。夢の中と同様のトラブルではないにしても、今あなたや他者の心において何かしらのトラブルが起きているということを受け止めておくようにしましょう。そしてそのトラブルを解決するために、夢占いとその結果をうまく活用していくようにしてください。

 

価値観、正義感、モラル、マナー。これらは人の心の中に存在しているもので、全て全く同じものを持っている人はいません。だからこそ、自分だけの価値観をしっかりと持ちつつ、他者とも折り合いをつけていくことができるようにしましょう。違いを受け入れつつ、共通点もしっかりと見つけていくことが重要です。

 

頑張ってくださいね!

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する