夢占い-注射の夢の意味は?

注射の夢

血の状態を調べるための採血であったり、薬や抗生物質など体に必要な液体を体に取り込むであったり、と注射はゆくゆくは自分の体のためになると分かっていても、やはり注射は痛いですし苦手意識を持ってしまう人も少なくありません。子供の多くは注射を嫌がりますし、大人になったとしても進んで注射を打ってほしいと思う人の方が少ないでしょう。そのため、注射の夢を見て憂鬱な気分になったという方も多いかと思います。

 

そんな注射の夢は夢占いにおいて、「他人からアドバイスを受けることになる」ということを暗示しています。注射とアドバイスというと関連性があまりないように見えますが、「必要なものを自分の中に取り込む」ということや「ゆくゆくは自分のためとなる」ということはどちらにも共通していることです。
注射は痛いですが後々あなたの力となります。同じように他者のアドバイスもあなたのためとなってくれますので、できれば反発せずに素直に受け入れるようにしたいものです。注射の夢を見た後であればアドバイスもすんなりと頭に入ってくるようになりますので、夢占いが教えてくれるメッセージを忘れないようにしましょう。

注射器・注射針の夢

実際に注射をしたりされる夢ではなく、注射器や注射針が夢に出てきてそれが印象的であった場合も、注射の夢の夢占いを参考にするようにしてください。印象的であったということはそこから発せられているメッセージ性が強いということですので、その夢の中で最も重要なメッセージが隠されていることが多いからです。

 

注射器や注射針の夢は夢占いにおいて、「アドバイスを受けた時にあなたが感じる印象」を表しています。
ですので、注射器や注射針の夢を見た場合はそこから受け取る印象を忘れないようにしておきましょう。

 

注射器が大きかったり、ごつごつとした強い印象を受けるものであれば、アドバイスから受ける影響も大きく心にとどまりやすいです。逆に注射器が小さく細いものであった場合は、ためにならないと思いアドバイスからあまり影響を受けることもないです。
同じように、注射針が太い場合はアドバイスを受けショックを受けることがあってもそれを自分のものにすることができますが、注射針が細い場合はアドバイスを受けてもあまり心に響かないままとなってしまいます。

注射を打たれるが痛くない夢

注射を打たれる時には、これから待ち受けている痛みを想像して多少は身構えてしまうものです。ですが予想に反してあまり痛くなくて「あれ、もっと痛いのでは・・・?」と拍子抜けしてしまったりすることもあるでしょう。夢の中ではそうした場面が現実世界よりも多く、どれだけ大きい注射器で太い注射針だったとしても全く痛くない・・・なんてこともよくあるものです。

 

注射を打たれるものの痛みを感じない夢は夢占いにおいて、「人からアドバイスを受けることにより、一切傷つかずにすべて自分の力とすることができる」ということを表しています。人からアドバイスを受けると、時には耳に痛いことを言われることもあります。言葉のチョイスによっては傷ついてしまうこともあるでしょう。

 

ですがこの夢を見た場合であれば、あなたが人のアドバイスによって傷つくことはなく、それらをすべて吸収して自分の力とすることができるということを暗示しています。どんな言葉も自分のものにするタフさというものを身につけることができれば、これからのあなたはより生きやすくなりますし、周囲も素直なあなたに対して力になりたいと思ってくれるようになります。どんな言葉も反発したりうがった見方をすることなく、受け入れることができるようにしましょう。

注射で血を抜かれる夢

採血や献血など、注射で血を抜かれる機会というものは少なからずあります。ですがやはり血を抜かれてしまうとなると貧血を引き起こしてしまうことも多く、ふらふらしてしまったり、やる気や元気がなくなってしまうというようなこともありがちです。例え夢の中とはいえそういう夢を見てしまうと、体自体がそういう暗示を受け、現実世界でも貧血のような症状が出てしまうという場合もありますので注意しておきましょう。

 

注射で血を抜かれる夢は夢占いにおいて、人からのアドバイスを受けることによって逆にやる気をなくしてしまうということを表しています。他者からアドバイスを受けるということは必ずしもありがたいことばかりではありません。相手の立場を考えずに高圧的に言葉を発するような人もいますので、相手はやる気を促進させるためにアドバイスをしたはずなのに、アドバイスを受けた側は逆にやる気を削がれてしまう・・・なんてこともあります。
そして残念ながらこの夢を見た場合は、あなたはこの「心ないアドバイスを受ける側」となってしまうのです。

 

ですが、ここでやる気を削がれるままになってしまっては夢占いの警告も無駄になってしまいます。どんなアドバイスを受けても心が折れることがないよう、人の影響を受けすぎない強い心を持つようにしましょう。ありがたいアドバイスだけを受け、影響を受けたくないアドバイスはうまく流せるぐらいの心の余裕も持っておきたいものですね。

注射をする夢

注射をされる側でなく、注射をする側の夢というのは他の夢とは少し毛並みが違いますので気を付けておきましょう。これから待ち受けている痛みを想像するため「注射をされる側」も緊張するものですが、それと同じくらい、間違ってしまうリスクを考えるので「注射をする側」も緊張してしまうものです。緊張する理由は違いますがお互い緊迫感が漂ってしまうものですよね。

 

注射をする夢は夢占いにおいて、人にアドバイスをする側にまわるということを暗示しています。
人にアドバイスをするというのは、非常に重大な責任があります。あなたの言葉によって相手は良くも悪くも影響を受けることになりますので、自分の発する言葉の重みというものをしっかり自覚しておかなければなりません。
ですので、人にアドバイスをするときには、自分が言われてうれしかったアドバイスや、逆に不快に感じたアドバイスを思い返してみましょう。どちらも良い教訓にすることにより、あなたが人に良い影響を与えることができるよう、責任をもって相手のためとなるアドバイスをしてあげてください。

麻薬の注射から逃げる夢

現実世界では絶対に行ってはいけないことであったとしても、夢の中だからこそタブー視されているものを夢に見ることはあります。その中の一つがこのような「麻薬」の夢であったりします。もちろんこの夢をきっかけにして麻薬に手を出す・・・なんてことは絶対にあってはなりませんが、夢占いから発せられるメッセージを自分のためにすることは非常に良いことですので、夢占いのまとめにも目を通しておきましょう。

 

麻薬の注射から逃げる夢は夢占いにおいて、人から悪いアドバイスを受けることになりそうだが回避できる、ということを暗示しています。アドバイスというのは必ずしも良い影響だけを受けることができるものではなく、中には「注射で血を抜かれる夢」のように悪影響になるものもあります。

 

ですが「麻薬の注射から逃げる夢」を見たのであれば、そうした悪影響になるアドバイスを察知し回避することにより嫌な影響を受けずにすむことができる、ということを表しています。人の言葉を全て鵜呑みにするのではなく、自分のためとなるものだけを上手く選別することができる冴えた頭を手に入れることができるのです。ですので、アドバイスの中でも自分のためになるものと自分のためにならないものをしっかりと判断し、区別することにより、良い部分だけを吸収し成長していくことができるようにしましょう。

まとめ

注射に対して苦手意識を持つ人にとっては辛い夢となってしまったかもしれませんが、注射の夢は奥深く、多くの人にとって非常にためになる夢占いの意味合いを持っています。「注射の夢なんて嫌な夢だなあ、すごく不吉だ!」と思って忘れようとするのではなく、こうして夢占いのまとめに目を通すことをできれば忘れないようにしておいてくださいね。

 

また、人からのアドバイスというのは様々な場面で受けることになるものです。目上の人から経験談を踏まえたアドバイスを受けることもあれば、自分と同じ立場の人や、下の立場の人から受けることもあります。ですがどのような立場の人から受けるアドバイスであったとしても、自分にとってためになるアドバイスであれば受け入れたいものです。この夢占いを通して、自分にとってためになるアドバイスかそうでないか、またそれを自分が受け入れることができるかどうかを判断するようにしていただければと思います。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する