バツイチ子持ち男性と結婚はあり?上手く付き合うコツ

バツイチ子持ち男性と結婚はあり?上手く付き合うコツ

バツイチ子持ちの男性を好きになり、将来的には結婚もあり?そう感じたとしても、初婚の男性との結婚とは訳が違います。

何でバツイチになったのか、子供は何人?何歳?養育費って支払っているの?元妻との関係性は?

好きになった人がバツイチ子持ちだった場合、さまざまな現実が待ち受けているので、戸惑ってしまう人も多いかと思います。

バツイチ子持ち男性と上手く付き合っていくには、独身男性との恋愛と同じような考えではいけませんが、どんな風なコツを実践していけばいいのでしょうか。

 

バツイチ子持ち男性の心理状態とは?

一生添い遂げようと思っていた相手と、結局離婚した男性は深く傷付いています。

彼自信に原因があった、妻の方から離婚を切り出された場合も同様で、人生のパートナーと別れ人生の目標を見失い、迷いや不安で一杯な人は自分に自信を失くしている状態です。

逆にようやく離婚できてせいせいした、これからは自分の好き放題できると感じている男性もいたりしますが、多くの男性は大抵深く
傷付いています。

男性は弱い自分を見せるのが苦手ですし、男のプライドを守るためにも、あえて平気なフリをして明るく振るまうでしょうが、離婚は精神的にもつらかったはずです。

離婚原因によって心理状態も違ってきますが、バツイチ子持ち男性の心理状況は理解しておいた方がいいでしょう。

 

 

離婚経験者にありがちな反応

失敗しているだけに慎重

一度離婚を経験し、いろんな失敗を積み重ねているだけに、恋愛や再婚に関してとっても慎重

ある程度いい歳の男女が付き合っていれば「結婚」を意識し合ってもおかしくありませんが、離婚を経験すると初婚の頃のような、純粋な気持ちで再婚に踏み出せないものです。

初婚の頃のように恋愛・結婚に関して「夢」や「理想」を抱きにくいからこそ、恋愛や結婚に関して奥手になったり、逆に軽い恋愛ばかり繰り返すようになる人も・・・

自分に自信がない

幸せな家庭を作ろうと一生懸命努力していたのに、結局上手くいかず離婚したとなると、男として、人としてのプライドが傷付いています。

こんな自分が再び恋愛・結婚できるはずがないと思い込んでいると、恋愛までたどり着けても、再婚にまでなかなう踏ん切りをつけられません。

付き合っている彼女と結婚しても、家庭を維持し続ける自信までは湧いてこず、ズルズル付き合い続け、結局別れるハメになります。

自信がない男性に将来的な話をしても、前向きにとらえてはもらえないので、自信なさげな彼なら彼の良い部分をほめていき、もっと自信をつけてもらいましょう

女性不信になりがち

離婚は精神的&肉体的にもつらい体験として、離婚後も彼の人生に大きな傷を残しています

特に元妻の浮気や借金など、妻が原因で離婚していた場合はより深刻で、女性そのものが信じられない「女性不信」におちいり、付き合っている彼女すら信じられず心を閉ざしている可能性もあります。

「元妻も結婚前はかわいかったのに、離婚する頃には信じられないくらい変貌したんだから、彼女だってもしかしたら・・・いやそうに決まってる!」

つらい経験は人の心をかたくなに閉ざしますし、

「楽しそうだけど、こんなオレといて本当に楽しいか?」

「本心から言ってるのかな」

「また信じて裏切られたらどうしよう・・・」

信じたい気持ちはありながらも、彼女が本心から楽しんでいるのか、信じて再び裏切られたらと思うと、心から信じられない不安を抱え込んでしまいます。

簡単に信じてもらえないでしょうが、少しづつでもいいから信頼関係を作っていかないと、信用されるはずもありませんよね?

彼からの信頼を得たいなら、彼氏を裏切ったり心配させるような言動をしない、ずっとそばにいると伝え続けないと、傷付いた相手には伝わりません

「元奥さんと私は違う」

そう態度で示し続けないと、上手く付き合うどころか彼氏をより傷つけてしまうので、十分に注意してくださいね。

次の再婚こそ失敗したくないと感じている

バツイチなら大変だったねで済まされるでしょうが、バツニとなると周囲からは「本人に問題があるんじゃないか?」としか思われません。

しかも一度離婚を経験しているだけに、再婚した相手と再び泥沼離婚状態になるのはどうしても避けたいと感じています。

初婚の頃は若さやできちゃった婚など、ある程度の勢いで入籍してしまえますが、二度目となると1度目の結婚で得た経験や後悔から、結婚にはかなり慎重。

彼と早く結婚したい気持ちから、それとなく結婚したいとほのめかしても、彼氏や彼の子供の気持ちの準備ができないままでは、結婚話を進めても、まず上手くはいきません。

一度失敗すれば誰でも次は慎重に物事を進めようとするものですから、自分の気持ちばかりを押し付けてはいけませんよ。

 

 

バツイチ子持ち男性と上手く付き合っていくコツ

彼の現実を受け止める必要がある

バツイチ子持ち男性を未婚女性が好きになった場合、まず一番最初に心得ておきたいのが「初婚男性との恋愛とは状況が違う」という現実です。

未婚同士のカップルならふたりの恋愛だけに集中し、夢中になるだけで楽しい恋愛ができますが、バツイチ子持ち男性との恋愛はそう簡単にはいきません。

連休にふたりっきりで旅行に行きたいと思っても、

「ごめん、子供と一緒に出掛けるから」

子供を理由に断られ、自分よりも子供の方が「優先順位が高い現実」を見せつけられてもぐっと我慢。割り切って考えられないと彼との関係は上手くいきません。

好きなら多少のことは我慢できると思いがちですが、彼の置かれた立場をよく理解しておかないと、少しづつ不満が大きくなり、ケンカした時つい本音が出てしまいます。

「彼女なんだから私を優先してよ」

「子供と私、どっちが大切?」

「子供に会うなんて口実で、元奥さんに会いたいんでしょ!」

不安や焦りからつい口走った言葉だったとしても、恋人である自分を優先しろと言い出したり、元妻まで持ち出されて彼の気持ちが冷める原因にしかなりません。

恋人同士の別れと離婚は全く異なりますし、たとえ離婚しても子供は彼にとってかけがえのない家族です。

元妻や子供との関係に嫉妬する気持ちも分かりますが、元妻や子供に嫉妬しても何も始まりませんよね?。

ある程度割り切って考えたりと、ふたりの関係を前向きにとらえていきましょう。

子供と無理して仲良くなろうとしない

元妻ではなく父親である彼が子供を引き取り「シングルファザー」として頑張っている場合、彼の為にも手助けしたいと感じる人もいるかと思います。

この先彼氏との結婚を望んでいるなら、彼の子供と仲良くした方がいいのかな?と思ってしまいますが、この考えは「半分正解・半分はずれ」です。

彼の子供の方からなついてくれるならいいですが、仲良くしたいと近づいても、

 

・話しかけても返事してくれない

・目線を合わせてくれない

・無視されてしまった

 

など、子供は警戒心を見せているようなら、強引に振り向かせようとするのは逆効果でしかありません。

子供にとって父親の彼女の存在は、

「自分の世界に入り込んできた知らない人」

でしかないのですから、強引に心の中に入り込もうとしても受け入れてもらえるはずもありませんよね?

気にかけていることは伝えるべきですが、必要以上にかまおうとしたり手名付けようとせず、子供の方から歩み寄ってくれるのを待ち、少しづつ仲良くなってくださいね。

元妻と比べられても張り合おうとしない

バツイチ子持ち男性との恋愛をより難しくするのが「元妻への嫉妬心」です。

今後彼氏と付き合い続けるならどうしても無視できない存在ですし、なるべく気にしないように心掛けていても、ふとした時に元妻の存在を感じれば、嫉妬心や不安が胸に湧いてくるものです。

彼と離婚しても「彼の子供の母親」である事実は変えられません。

ケンカや嫉妬心をかき立てる例として挙げるとしたら、彼氏が元妻の料理や味付けをホメてイラッとするパターン。

彼としては元妻の料理だけをホメたつもりでも、彼女としては今でみ執着しているように感じ、嫉妬心でイライラしたり懸命に張り合おうとするでしょうが、この場合には聞き流すのが一番。

嫉妬心から元妻の悪口を言い、自分の品位を落とすくらいなら、聞き流すか聞かなかったことにして、その場を収めましょう。

好きな人が今でも元妻とつながりがある、忘れられない思い出がああるなんてムカつくでしょうが、変に元妻を意識しすぎては精神的にもつらくなります。

あちらはすでに元妻、彼氏との関係は子供を介してつながっている状態のみ。

一方こっちはこの先「婚約者・結婚相手」になる可能性があるのですから、カリカリすることなくおおらかな余裕ある気持ちで接していくのが一番ですよ。

離婚原因はしっかり把握しておく

離婚原因の第一位は「性格・価値観の不一致」第二位「浮気」第三位「DV・モラルハラスメント」となっています。

性格や価値観の不一致が原因での離婚なら、元妻と合わなかったのでしょうが、浮気やDV・モラハラとなると話は全くの別物です。

浮気やDVモラハラが原因で離婚していたなら、今後上手く付き合える可能性は、残念ながら低いでしょう。

DVやモラハラは交際中や結婚後に始まりますし、浮気経験のある人は、再び浮気に走る可能性が大きいので注意が必要です。

浮気のきっかけで特に多いのが、第二子妊娠中の浮気。

第一子の場合、夫婦共々初めてな事ばかりで気が張っていても、第二子妊娠中に我慢できなくなり浮気に走る場合もよくあり、離婚の原因になる事も多い問題です。

欲求不満の他にも、父親になるプレッシャーや責任から逃げ出したい気持ちもあるのでしょうが、妻は妊娠中に浮気されるのが一番許せません。

浮気が原因なら、残念ながら結婚まで考えるのはオススメできませんので要注意です。

ギャンブル・アルコール依存も同様で、依存症は本人や周囲がいくら頑張っても専門機関(依存症専門の心療内科・精神科)で治療しないと、個人の意思だけでは難しい問題です。

よく「結婚すれば少しはマシになれるはず」と淡い期待を抱く人もいますが、結婚や子供ができて改心できる人はごく少数。

残念ながら結婚・出産で多少の変化が起きても、男性の中には自分に甘く、考え方を変えられない人もいる事実を受け止めた上で、彼との結婚を考えるべきです。

離婚しバツイチになった理由を彼から聞き、今後彼とどんな風に付き合っていくかをよく考えてみた上で、彼の離婚について理解を示し思いやりを見せてあげください。

機嫌を損ねない程度に離婚原因を聞き出すようにして、彼の言葉だけでなく周囲にもリサーチしておきましょう。

彼に金銭的余裕がない事も理解しよう

年上でそこそこ収入がありそうな彼氏だったとしても、

 

・預金などの財産を「共有財産」として離婚時元妻と折半した

・彼が原因で離婚する事になり「慰謝料」を支払った

・子供の養育費として毎月一定額を支払っている

 

などの理由がある場合、彼が自由に使えるお金は少ないと考えてください。

養育費は子供ひとり平均3~6万円、子供が20歳になるまで支払う義務があります。

よほど収入が良い彼氏なら別ですが、普通のサラリーマンではかなり難しい問題でしょう。

日本の場合、子供の養育費を支払わない元夫が多く、養育費を支払うと約束していてもいつの間にか支払われなくなった・・・なんてパターンもよくあります。

離婚した元妻に金を渡したくない!そんな気持ちもあるのでしょうが、養育費は子供が受け取る権利。

夫婦ふたりで話し合った結果、養育費は渡さないと決めたのならまだしも「金がないから払わない」と考えているようなら、本気で彼との結婚を考えるのは少し考えた方がいいかと思います。

もし養育費を支払っている誠実な人でも、毎月一定の金額を支払っている訳ですから、経済的な余裕はありません

元妻と子供に毎月お金を支払い続ける事、結婚しても十数年は金銭的余裕のない生活を続ける覚悟がないなら、恋愛関係で終わらせた方がいいでしょう。

単なる恋愛関係なら生活基盤は別々ですが、結婚すれば「運命共同体」ですから、生活していくにはお金が必要です。

生活が多少苦しくとも、一生添い遂げたい相手かどうか慎重に見極めてから、結婚を意識する関係に移るようにしてくださいね。

彼との考えが一緒かどうか知っておく

一度離婚を経験している彼が、

「恋愛はともかく結婚はこりごり」

と感じていて、付き合い続けても結婚する意志がないなら、このまま関係を続けても結婚は難しいですよね?

結婚よりも離婚の方が大変だとよく言いますから、元妻との離婚で精神的にも大きなダメージを受けていたら、そう簡単に再婚へは踏み出せないのも理解できます。

彼女の方がいくら結婚を望んでいても、彼氏にその気がないならこのまま付き合い続けるのは考えもの。

結婚の意志もなくただ行き当たりばったりの恋愛を望んでいるなら、なおさら結婚相手として良い相手とは言えません。

もし将来的に結婚したい意志があったとしても、一度結婚式を挙げたのでもういいと思うバツイチ彼氏と、初婚でウエディングドレスを着たい彼女では意見が違う場合もよくあります。

他にも、再婚しても子供はいらないと彼が感じているなら、再婚しても彼との間には子供が持てない覚悟も必要です。

バツイチ男性との恋愛にはさまざまな障害がつきものですが、その中でも当人同士の意見や価値観の違いを無視して恋愛を続けて結婚しても、その後の関係が上手くいくはずありませんよね?

バツイチ子持ちの彼と自分の意見はしっかりと確認しておくのも、上手く付き合うコツですよ。

彼を癒(いや)せる存在になる

一度手に入れた幸せの象徴である「家庭」を手放しているのですから、この先の人生に対して絶望や不安・焦りを感じています。

離婚した過去に負い目を感じている彼に、面白半分や好奇心で離婚状況を聞き出そうとしたり、彼が元妻や子供の話をちょっとしただけで怒りをぶつけてくるような相手では「癒し」を感じられるはずもありません。

彼が離婚当時の話をしてきたら、あいづちを打ちながら真剣に聞く、彼が子供との時間を優先してあげたりと、彼にとって癒しにつながる行動や言動ができれば、彼も心を開いてくれます。

離婚で傷付いた心を開くには「純粋な気持ち」をぶつけ、彼氏しかいらない、欲しくない!一途な気持ちをぶつけましょう。

彼の過去を気にせず受け入れ「今の彼」を受け入れ、何かあったら会話して解決する、何があっても彼を受け止めてあげてください。

 

おわりに

バツイチ子持ち男性の多くが「離婚」で傷付いています。

離婚は離婚届にサインしハンコを押し、役所に提出するだけで済みますが、離婚後も元妻と彼の子供との関係はこれからも続いていくもの。

嫉妬しても嫉妬心だけが大きくなるばかりで、心は少しづつ醜くなるだけです。

バツイチ子持ち男性との恋愛は、独身男性との恋愛より障害や困難な場面もあったりと、時には笑顔の裏では心だけが泣いている状態になる事もあるでしょう。

それでも一緒にいたい気持ちを手放せないなら、少しでもバツイチ子持ち彼氏の気持ちに寄り添い、上手く付き合っていけるよう、彼との会話を大切にしていきましょう

 

★おすすめの占い★

 

バツイチ、もう失敗したくない!今度こそ幸せな結婚をするための開運法【バツイチ専用】

 

【バツイチの恋】今後、幸せな再婚できますか?

 

彼と結婚してうまくいく?二人の将来を占います

 

結婚占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する