彼氏と仲直りしたい!喧嘩別れしない8つの方法と喧嘩した時の男性の気持ちを解説!

言い争いが原因で喧嘩に発展、いざ仲直りしようとしても、どう彼に接していいのか分からず、ひとりで悩みを抱え込んでしまう人も多いと思います。

彼氏と仲直りしたいけど、下手な謝り方をすれば状況はより深刻になりかねません。

喧嘩別れからの復縁かなり大変。

できれば避けたい所ですが、仲直りする為には彼氏の心理状況や喧嘩別れしない方法を、事前に知る事が大切です。

喧嘩した時の男性の気持ちや、喧嘩別れしない方法を解説しますので、参考にしてくださいね。

 

喧嘩した時の男性心理

怒りで冷静に考えられない

彼女と喧嘩で言い争えば、怒りで冷静ではいられません。

感情が高ぶるとその場で大声を出し、目の前のお互いに荒い口調で攻め立てたりと、怒りのせいで冷静に考えることすら出来なくなりますよね?

喧嘩の最中は、自分が悪かったとしても、素直に謝るのは気まずい・プライドが傷付くと感じていれば、自ら謝ることができません。

大抵の場合、喧嘩の後で冷静になった途端、

 

「自分の方が悪かった」

 

「言い方も良くなかった」

 

と感じる人もいる一方、

 

「オレの方が絶対に正しかった」

 

「別れた方がマシ!」

 

自分が悪くとも彼女に責任転嫁し、喧嘩の原因を彼女にせいにする彼氏もいますが、これは自分を守りたいだけの事。

自分を正当化したい人は、彼女との喧嘩を後悔しながらも原因を彼女に押し付けようとします。

喧嘩の後少しづつ冷静さを取り戻し、冷静さを取り戻したとしても、彼氏の性格や恋人同士の相性次第では、仲直りすることなくすれ違い、喧嘩別れで終わってしまうパターンもあります。

別れたくない不安

本人同士が気持ちを理解し合っているカップルでも、この喧嘩のせいで別れてしまうのでは?と、内心不安を感じています。

自分は悪くないと思いながらも、この喧嘩が原因で別れたくない!と感じている彼氏も多いもの。

喧嘩は意見価値観・性格の違い・コミュニケーション不足から起こる事が多いですが、好きな人と意見が食い違えば、イライラするのも当然です。

強い怒りを感じているものの、彼女と別れるのでは?という不安にさいなまれ、このまま喧嘩し続ければ別れてしまうのでは?と内心不安に感じています。

別れたくないなら喧嘩は避けたい所ですが、お互いをよく知り合うためにも、時として喧嘩は必要不可欠なもの。
お互いの価値観や性格を理解し合うチャンスなことも、十分に理解しておきましょう。

謝って欲しい

感情的になり大喧嘩すると、お互いに

 

「自分の方からは絶対に謝らない!」

 

とつい意地を張ってしまうものです。

お互い自分が悪くないと感じていると、結局仲直りすることもできず、結果として別れてしまうパターンもあります。

プライドが高い彼氏なら、いくら待っても謝罪のメール・電話の一本も寄こしてはきませんから、仲直りしたいなら自分の方から行動しないと、関係修復は遠のきます。

彼女と短時間離れたい

喧嘩の際、彼女が感情的に騒ぎ立てるほど、気持ちが冷静になる彼氏もいますが、喧嘩の時でも冷静な人ほど、喧嘩中の彼女から離れようとするものです。

彼女からしたら

 

「喧嘩の途中で逃げようとする意気地なし」

 

としか感じないでしょうが、喧嘩で感情が高ぶってる人と言い争ってもロクな結果を残しません。

いつも冷静な人なら、彼女の冷静さを取り戻す為、その場から立ち去り、冷静になった頃連絡を入れてきます。

もし喧嘩の原因について話し合いたいと感じていれば、必ず連絡してくるので、後日連絡が来るようなら、ひとまず別れる恐れはありません。

もちろん彼女との喧嘩にうんざりし、少し距離を置きたいと感じる男性もいるので、ワガママばかりで彼を苦しめては愛想を尽かされる原因になる可能性も・・・

もう別れてもいいやと投げやり気分

お互いの意見や考え方が合わず、これまでに何度も喧嘩を繰り返していたようなら、

 

「もうそろそろ別れ時かな」

 

そう考えてもおかしくありません。

両想いから付き合うようになったとしても、一緒にいて

 

「プラスにならない関係」

 

では、付き合っている意味がありませんよね?

最初は浮かれ気分で付き合っても、付き合ううちにマイナスな面・性格が合わない部分が判ってくれば、もう別れてもいいやと投げやりな気分にもなるはずです。

口もききたくない

喧嘩なはずなのに、彼氏は何も言わずだんまり・・・私ばかりガミガミ言ってバカみたい!

喧嘩中に彼氏が黙り込んでしまった経験がある方もいるかと思いますが、こうなると何を言っても無言で通され、よりムカつきます。

喧嘩中、じっと無言を押し通すタイプの彼氏が取る行動として、

 

・ラインや電話で連絡しても、完全無視。
長引けば1~3週間は何の音沙汰もなく、会いに行ってようやく話ができる人や、すでに他の女性に目移りしている最悪のパターンも考えられます。

 

・何を言っても取り合ってもらえない

「その話、もういいから」「あ、そう」

 

など、彼女がいくら攻め立て謝罪を繰り返しても、取り合ってくれず、喧嘩した事実さえまともに話し合おうとしないの、かなり悪い兆候。

逆に軽い謝罪で終わらそうとする場合も、心の中でこの恋愛に見切りをつけている可能性があります。

彼女が原因の喧嘩なら、深く追求されずにラッキーと軽く感じる人もいるでしょうが、もうやり直す気持ちがないからこそ、深く追求しない人もいます。

 

どんな原因で喧嘩になる?

他人から見ればどうでもいい事や、深刻な問題が喧嘩の原因になっていますが、ただ謝って終わらせ仲直りしていませんか?

喧嘩は原因が解消されない限り、何度でも再発する病のようなもの。

喧嘩別れしない為にも、喧嘩の原因をよく知る必要があります。

価値観が違う

価値観とは、自分が大切にしている物事の優先順位のこと。
彼女は彼氏が一番大切なのに、彼としては彼女と男友達のどちらも大切に感じていれば、彼女としては不満を感じるはずです。

 

「また飲み会?私と友達どっちが大事なの?」

 

そう問い詰められると、彼氏は上手く答えられず、彼女とケンカになるのは目に見えています。

お互いの価値観が違うと喧嘩の原因にもなりやすいですが、価値観は元々違うのが当たり前。

全く異なる価値観同士でも、刺激を受け折り合いを付けられる人なら上手くやっていけます。

一方、自分の価値観や意見のみを尊重する人は、価値観が似ていても、恋愛関係は上手くいきません。

趣味や好きな物に口出しされた

自分が大切にしている趣味、好きな物に関して口出しされると、喧嘩の大きな原因になります。

趣味でもあるファッションやコスメを買うたび、

 

「そんなに服買ってどうするの」「金の無駄遣いだろ」

 

なんて一方的に言われると、思わずムカッとくるはず。

自分が言われると怒りを感じるのに対し、彼氏にも似たような発言をしている場合もよくあります。

 

「履かないスニーカーばかりで部屋がせまい」

 

「CDこんなにいらないよね」

 

など、つい不満を漏らせばどうしても喧嘩になりやすいもの。

自分がお金・時間もかけている趣味は、恋人であろうと口出しする権利はありません。

結婚し家計が同じなら文句を言う権利がありますが、恋人同士ではお財布は別々。

よほど派手な使い方をしてない限り、お互いに文句を言う筋合いはないのです。

自分が理解できない趣味でも、自分も強要されない限り口出し無用です

元彼&元カノ話

今の彼氏も好きだけど、元彼はもっと優しかった・デートの回数も多かったなど、つい元カレと比べてしまう人もいますよね?

彼氏にとって彼女の元彼と比較されるのは、男のプライドとして許されない行為です。

ちょっと口をすべらせ、元彼の名前を出されただけで感情はヒートアップ!

彼女に愛情がある分、より嫉妬心をむき出しにしてきますが、わざと元彼の話を持ち出し嫉妬させるのは、ゲスで残酷なやり方です。

元彼話を愛情確認の道具に使っては、信頼関係が失われかねません。

束縛が激しい

友達と食事・飲み会に行く時でも、場所や参加メンバーを聞き出したり、デートのたびにスマホの中をチェックされるのは、常に浮気を疑われている証拠。

いくら浮気なんかしてないと主張しても、不安があると何かにつけて浮気を疑うものですが、何を言っても信じないようでは

 

「信頼関係」

 

の築きようがありません。

好きな人の行動が気になる気持ちは分かりますが、行き過ぎると気持ちが冷めます。

将来に関する不安

2~3年も付き合っていれば、将来的にも結婚を意識し始めます。

ところが恋人が将来に関して何も考えておらず、預金どころか人生プランもないようでは、将来に関する不安はつのるばかり・・・

将来結婚し家庭を築くのには向いていない人はいるものですが、いい歳をして遊び回っていたり、口だけの野心家なら喧嘩になるのも当然。

いつかオレは起業して成功する!出世してみせると意気込む一方、努力はせずダラダラするだけの相手なら、相手を見極める力が必要です。

浮気疑惑

連絡が取れない時がある、彼女に隠れ合コンに参加していたなど、浮ついた行動が目に付くようになれば「浮気」を疑うのもごく自然な流れです。

以前と同じ行動を取っていても、浮気を疑うようになれば何もかもが怪しく見えてきますし、そうなれば喧嘩する回数も増えてきます。

恋人から浮気されればプライドも傷付きますし、浮気を疑ったまま付き合い続けるのは、想像以上にしんどいもの。

どんなアリバイを見せても、心に浮気疑惑があれば納得できませんし、証拠を見つけようとスマホをこっそりのぞいているのがバレれば、信頼関係すら失われます。

 

彼女が怒ってるのか理解できない人も?

一方的な喧嘩別れになりがちなのが、彼女がなぜ怒っているのか彼氏が理解していないパターンです。

さっきまで楽しくデートしてははずなのに、急に黙り込んだかと思ったら怒り出す・・・

急に入った怒りのスイッチに戸惑うばかりでは、どうすればいいのか頭を悩ませるばかりです。

男性は気付いていない人が多いですが、女性は彼氏への小さな不満を積み重ね、我慢の限界を超えた時、彼氏にも怒りをぶつけています。

彼氏への不満が爆発

彼氏への怒りや不満や怒りを感じたとしても、彼氏とこれからも付き合い続ける為にじっと我慢するのが普通です。

たとえその場では我慢しやり過ごしたとしても、いつしか怒りの限界点を超え、爆発するからこそ不機嫌になり喧嘩に発展。

彼氏としては覚えてもいないような、1週間・1か月前の不満をぶつけられ困惑しますが、積もり積もった不満が一気に爆発する
と、恋愛感情まで一気に冷めてしまうことも。

よく、彼女の変化(髪型やメイクなど)に気付かずケンカになるカップルがいますが、溜まった怒りに火が付いた結果な事も、十分に理解してもらう必要があります。

彼氏が察してくれない

男性は「直接的」女性は「間接的」に自分の意志を伝えます。

口では何でもいいよと言いながらも、内心本当はお寿司を食べたいと思いつつも、自分では言い出さず、察して欲しいと感じるのは、女性ならではの感覚です。

彼女としては、さりげなく彼氏を誘導し、間接的に伝えようとしますが、男性の多くは

 

「察して欲しい気持ち」

 

に気付いてくれません。

理解してくれない彼氏にイライラするでしょうが、男性は元々「直接的」に伝える生き物ですから、彼女の「察して」に気付けないのも、ある意味当然の結果なのでしょう。

体調不良が原因でイライラ

女性は生理周期によって感情が左右されやすい為、本格的な生理に入る前からホルモンバランスが乱れたり、風邪などで体調を崩しやすくなるものですが、男性はいまいち理解していません。

生理の時以外にも、仕事で忙しく寝不足の時にはイライラするでしょうが、自分中心な考え方しかできない人は、察してくれない彼氏にイラつきがちです。

性別の違いによる体調不良は、前もって言われないと気付けませんが、よく見ていれば分かるような不調にも気付けない無関心さも、イラつかせる原因です。

 

喧嘩別れしない8つの方法

喧嘩の原因を話し合う

仲の良い恋人同士だって喧嘩はしますが、いつも同じ問題が原因で喧嘩を繰り返しているのなら、遅かれ早かれ別れが訪れます。

喧嘩の後、謝って終わりにしていては何の問題解決にもなりませんが、喧嘩を長引かせたくないカップルは、喧嘩の原因を見て見ぬふりで終わらせがちになります。

一見大したことのない喧嘩でも、何度も同じ理由でケンカするのは精神的にもしんどいもの。

喧嘩の原因をしっかり理解し、話し合う事でお互いの価値観や性格を理解し合えます。

一歩譲るを忘れない

恋人同士の喧嘩でよくありがちなのが、お互いの主張を一歩も譲らず意地になってしまうパターン。

自分の主張を押し通すことに熱中するあまり、相手の気持ちや意見を尊重する姿勢を忘れていては、喧嘩が怒らない方が不思議なくらいです。

強いこだわりを持つ人によくありがちですが、ほんの小さな事でも自分の思い通りにしないと気が済まない人は、恋人との関係も上手くかないものです。

強いこだわりを持つ部分はこだわり抜いてかまいませんが、ほんの小さな事なら彼氏に譲るもの、喧嘩の立派な回避法です。

デートの時、何を食べるのかでもめたなら、

 

「今日は焼肉でいいけど、今度のデートはイタリアンね」

 

など、一歩譲る姿勢を見せ無用な争いを避けるのも大切ですよ。

喧嘩の後すぐに謝る

自分が原因で喧嘩になったら、素直に謝ってしまうのが一番。

特に彼から注意され逆切れしたり、意地になり反論した結果、喧嘩にまで発展したなら早々に謝るべきです。

喧嘩した後はどうしても険悪なムードがただよいますが、彼と喧嘩別れしたくないなら気まずさに負けず、ごめんなさいと伝えてください。

もちろん喧嘩の原因を理解した上で、反省している事、今後は同じ失敗を売り返さないと伝えた方が、彼氏との仲直りにも近づけます。

怒りに振り回されない

感情のおもむくまま彼氏に怒りをぶつけ、相手を傷付けたのでは喧嘩別れにより一層近づくだけですよね?

喧嘩は思わずカッとした時に起こりやすいものですが、

「人の怒りは6秒しか持たない」

と言われており、喧嘩になりそうな時はまず、6秒間じっと我慢すれば、喧嘩になる可能性を減らせます。

6秒怒りを我慢すれば、6秒後には自分の怒りを理性でコントロールできる。この方法は

「アンガーマネージメント」

と言われる考え方。

1970年代にアメリカで考案された方法で、アンガー(怒りの感情)マネージメント(管理)で人間関係を円滑に進める心理術です。

怒り自体を感じるのは悪くありませんが、強い怒りは他人や自分を傷付けてしまうもの。
この方法は普段の心がけが大切ですから、小さな怒りを感じた時は、まず6秒我慢するクセを付けていきましょう。

彼氏を拒否しない

喧嘩になり怒りがヒートアップすると、彼の言葉や行動自体を完全にシャットアウト。

自分の目の前から彼氏の存在を締め出す事がありますが、このままでは喧嘩別れに一直線です。
彼氏がラインやメール・電話で連絡してきたり、実際に会いに来ても

 

「もういい!」「もう話したくない、帰って!」

 

そう突っぱね、彼氏をシャットアウトしては、仲直りするチャンスを自ら潰しているようなもの。

どちらが原因で喧嘩したとしても、怒りにまかせ拒絶しては、仲直りのしようがありません。

怒りや気まずさから彼氏を拒否し続ければ、やがて別れるはめになっても時すでに遅し・・・なんて状況にもなりかねません。

彼氏が謝ってきたなら、変な意地を張らず謝罪を受け入れ、喧嘩の原因を話し合わないと別れが近づきます。

彼氏が間違ってると決めつけない

 

「自分が正しい、彼氏の言い分が間違っている!」

 

自分の意見が絶対に正しいはずと思っていても、彼氏の価値観から見れば、あなたの意見こそ間違っていると思っているなら、仲直りできるはずもありません。

大切なのは彼氏に自分が正しいと主張し喧嘩に勝つ事でも、自分の主張を押し付ける事でもありません。

彼氏とあなたの中にある「ズレ」を認識し、お互いが納得できるよう調整する事が大切なんです。

なぜ彼は自分が正しいと感じているのか、自分にどんな風に感じて欲しいのかを理解し、どうして欲しかったのかを考え話し合わないと、いつまでも対立したままです。

彼氏を責めない

喧嘩になると相手を責めたくなりますし、責められれば、責めた相手に反抗心を持ってしまいます。

喧嘩になると相手を責めてしまいがちになりますが、責めるのではなく、

 

「彼の行動で自分がどう感じたのか」「なぜ彼は自分を責めているのか」

 

を話し理解しないと、責めるばかりでは反抗心や反発心しか生まれません。

責めるのは簡単ですが、喧嘩別れを避けたいなら相手を理解する気持ちが必要ですよ。

命令しない

カップルが喧嘩になる原因の中には、恋人から頭ごなしに命令され、ついカッとなるパターンも多く見受けられます。

約束したのにやってくれなかった、少しは手伝ってほしいのにやってくれない・・・

 

「~してよ」「しっかりして」

 

など、強い口調で命令されると感情的になりやすいので、命令口調で指図するのはNG行為です。

例えばですが

 

「脱いだくつ下はちゃんと洗濯機に入れてよ!」

 

そうキツく言っても彼氏が聞いてくれないどころか、虫の居所次第では喧嘩になります。

彼女から命令口調で指図されると、彼氏のプライドを傷付けかねませんし、言い方ひとつで気分よくやってくれるものです。

 

「脱いだくつ下は洗濯機に入れてくれると助かる」

 

「洗濯物は洗濯機に入れてくれると嬉しい」

 

など、上から目線の命令口調ではなく、あくまでお願する形の方が彼氏の方も受け入れやすいもの。

お願いした通りにすれば彼氏にもメリットがある事が理解できれば、より言う通りにしてくれるものですよ。

 

喧嘩別れに近づくNGワード

「もういい、別れよう」

怒りにまかせ「もういい、別れよう」と心にもない言葉を言ってしまいがちですが、完全なるNGワードです。

「別れよう」と言えば彼氏が折れて謝ってくれるだろうなんて、最後の切り札的に考えている人も多いかと思いますが、この考え方がまさに危険な証。

何度目かの「別れる」を持ち出した途端、本当に買われるハメになっても後悔しか残りません。

「やっぱり付き合わなきゃよかった」

今まで付き合ってきた時間は何だったの?と絶望感に襲われ、みじめな気持ちにもなるこの言葉は、彼氏に言うべき言葉ではありません。

やっぱりと言うからには、これまで後悔した経験ありだと彼氏は感じてしまうので、より深く傷付けます。

「~な所が嫌だったのに」

特に彼氏の身体的な特徴(身長や顔等の容姿)や収入面でけなすような言葉は、彼氏のプライドを傷付けます。

服装や髪型のような改善できる部分ならまだしも、生まれ持った部分をけなすのは、喧嘩において完全なルール違反。

彼氏でなくとも人を傷付けるような言葉で人を追い込むのは、喧嘩であってもいけません。

特に喧嘩別れしたくないなら、人間的なNGラインを越えないよう注意しましょう。

 

おわりに

お互いの価値観や性格を理解し合う為に、喧嘩の後に話し合いができるカップルほど、長続きできるカップルに成長できます。

一方、毎回同じ事で喧嘩に発展したり、一方的に怒り・泣くなどの感情をぶつけるような喧嘩では、一緒にいるのもしんどくなってしまいます。

 

・喧嘩してもちゃんと話し合える

 

・感情的になりすぎず、傷付けない

 

・相手を理解する気持ちがある

 

言い合いで終わるのではなく、話し合いや反省ができるカップルなら、喧嘩別れで終わらせず、ふたりの関係を高め合える恋愛ができますよ。

 

★おすすめの占い★

 

【喧嘩疲れ】彼氏と喧嘩ばかりなのはなぜ?相性が悪いの?

 

【上手くいかない】恋人と別れた方がいい?それとも続けるべき?

 

気になる人の心を見透かします。あの人は今、何を考えている?

 

恋愛占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する