夢占い-桃の夢の意味は?

桃の夢について

かぐわしい香りと優しい甘さ、そして喉の渇きを潤すほどのみずみずしさを持った桃は、多くの人の心を魅了する食べものとして、老若男女問わず人気がある果物です。また、中国や日本などアジア圏では「不老不死の食べ物」と呼ばれるほど縁起が良いとされているのですが、これは「あまりのおいしさで寿命が延びるほどだ!」と思えるほどの魅力があるからこそだといえます。「西遊記」では孫悟空が食べた果物として、「桃太郎」では桃太郎が生まれてきた果物として、小さな子にもなじみ深いですよね。

 

桃の夢は夢占いにおいて、「夢の中で桃を手にした人の運気が上がっている」ということを示しています。最終的に桃が誰の手に渡ったのか、あなたは桃をどうするつもりだったのか、など桃の行く末に焦点を当てて夢を思い出しながら、夢占いと照らし合わせてみてくださいね。また、運気が上昇しているというその事実だけでなく、運気が上昇した状態を維持するためにはどうすればいいかなど対策もいっしょに考えるようにすると、夢占い結果を日常生活でうまく役立てていくことができるのでオススメです。

 

桃をもらう夢

桃は時期や種類によっては非常に高価なものもありますし、人からもらうと嬉しくなりますよね。桃の名産地の場所から送られてくるとプレミア感も増しますし、感謝の気持ちを持っておいしく桃をいただくことができます。食べ物に限らず、どんなものでも言えることですが、たとえ自分でも買うことができるものであっても、人からもらうことによって、もらったものへの愛着や感謝が強く湧いてくることは多いです。夢の中でもそうした他者とのつながりを感じると、ほっこりとした気持ちを感じることができますね。

 

桃をもらう夢は夢占いにおいて、「あなたが他者から良い運気を分け与えてもらうことができる」ということを示しています。あなたが他者と関わる中で、運気が高まっている人とも交流することができ、その中で相手の運気の恩恵をもらうことができるのです。高い運気を持っている人というのはなかなか見た目では分からないものです。ですので、相手を選ばず誰にでも積極的にあなたの方から関わっていくようにしてみてください。運気が高い人が自分に対して行動を起こしてくれるのを待つのではなく、自分から動き出すことで、より早く、より強く、その恩恵を実感することができます。実際に自分の運気が高まってきた実感を得ることができたら、周囲の人に感謝する心も忘れないようにしてくださいね。

 

桃をあげる夢


上記の「桃をもらう夢」とは対照的で、この夢の場合はあなた自身が人に桃を手渡す夢となります。せっかくのおいしい桃を独り占めするのではなく、他の人にあげるということは、あなたの心に非常に余裕がある証でもあります。「自分の分け前が減ってでもいいから、他の人にもこの桃のおいしさを伝えたい」・・・こうした気持ちは、心に余裕がない人には決して生まれません。自分がその恩恵を知っているからこそ、心が満たされている印です。ですので夢の中のあなたの優しさは、あなた自身誇りに思ってください。

 

桃をあげる夢は夢占いにおいて、「あなたが他者に良い運気を分け与え、その結果自分の運気も高めることができている」ということを示しています。あなたは今非常に良い運気がある状態であり、これからすべてのことがうまくいくようになります。順風満帆に物事が進むと、あなたの心には余裕が生まれ、「この幸運を誰かにも分けてあげたい」という優しさを持つことができるようになります。そしてあなたが接する人たちに無意識のうちに良い運気を分けることができるのですが、これであなたの運気がなくなってしまうわけではありません。

 

人に自分の幸福を分け与えるその心の「」は、あなたに更なる運気を呼び込みます。さらにあなたが運を分け与えた人たちから恩返しとして更に運気をもらうことができるので、あなたは人にやさしくすることで、更なる運気を自分にも呼び込むことができるというわけなのです。ぜひ他者への親切心を忘れないでくださいね。

 

桃を食べる夢

桃を食べる夢は、起きてから実際に桃が食べたくなったり、おなかがすいて目が覚めてしまったりするなど、リアルなことが多いです。滴るような果汁や、口の中に広がる甘さ、独特の繊維質がある食感など、まるで実際に食べているかのような印象を受けます。桃好きにはたまらないような夢だったかと思います。だからこそインパクトがあり、起きてからも桃の夢自体の記憶が残ることが多いですので、夢の内容は他の部分もしっかりと覚えておきたいものですね。

 

桃を食べる夢は夢占いにおいて、「あなたが自分の運気を自力で高めることができた」ということを示しています。食べることによって桃を体内に入れたということは、あなた自身の中に良い運気が入ってきたことの象徴です。これから運気は上昇していき、何事も順調に進んでいくこととなりますが、これは他者由来のものではなく、あなたの努力によるものです。ですので自分自身を労わり、これからも努力を重ねていくようにしてください。おごらず謙虚に努力していくことこそが、これからも運気を高めたままキープするためのカギとなります。

 

桃を加工する夢(ジュース・缶詰など)


桃は加工食品にしてもおいしさを保ってくれますし、また違った魅力を発揮してくれます。果汁がたくさん出ることを逆手に取り桃のジュースにしてもいいですし、おいしさを長期間保つために缶詰めにしてもいいですね。また、ドライフルーツやジャムなど、果肉の食感を少し変えることで新しい角度からの桃の魅力にも気づくことができます。この夢を通して、桃の加工食品に対する新しい可能性を発見することもできますね。 

 

桃を加工する夢は夢占いにおいて、「あなたが自分と向き合うことで自分の可能性に気づき、それが結果として運気の上昇へとつながる」ということを示しています。
この夢を見たらまずは、自分の長所や短所を考えてみましょう。自分にできることとできないことを知ることで、自分が輝ける場所や控えておくべき行動を把握することができます。次に、自分のやりたいことを考えてください。自分の長所・短所を知っていれば、自分の願望や目標に対して自分ができることも自ずと分かってくるのです。

 

このように自分を深く知ることで自分の取るべき行動を把握することができるようになり、効率的に動くことができるようになります。その結果無駄なく努力をすることができ、運気も上昇していくのです。自己との対話は根気がいる作業でもありますが、頑張ってください。

 

桃の花の夢

これまで上記で紹介してきたような「桃の実」とは違い、花が咲く桃の木は「花桃」と呼ばれます。花桃からは皆さんが良く知るような桃の実は生まれませんので、混同しないようにしましょう。ただ、桃の花はとてもきれいで、3月から4月にかけて春の風物詩として多くの人の心を潤してくれます。桜や梅と混同してしまう人も多いですが、この夢を見たことをきっかけに、桃・桜・梅の違いは把握しておくのもよいですね。これらの花の区別ができるようになれば、他の花の夢を見たときでもすぐに判別することができます。

 

桃の花の夢は夢占いにおいて、「運気を上げていくためには努力が必要である」ということを示しています。桃の花からは桃の実がなるわけではないですが、花の夢というのは縁起が良いのです。
そして「運気を上げる」という目標のためには、他力本願でただただ待っているだけではだめです。常に妥協せず頑張ることで、あなたの努力は実を結び、花開きます。夢の中で見た、満開の桃の花の風景を思い出してモチベーションを上げてみてくださいね。

 

まとめ

桃の夢は、桃が旬となる5月から9月、桃の花が咲く3,4月に見ることが多いですが、もちろんそれ以外の季節にも見ることがあります。旬の時期に夢を見たから良い結果、時季外れのときに夢を見たから悪い結果・・・というように時期によって夢占いの結果が左右されることは決してありません。どの時期に見たとしても夢占いの結果は同じですので、ぜひいつ夢を見たとしても、夢占いと照らし合わせてくださいね。

 

また、運気の上昇というと目に見えないため漠然としたイメージを持ってしまう人も多いですが、視覚化できなくても体感として運気の上昇を感じることはできます。「最近いいことがあるなあ」「前はうまくいかなかったことがうまくいくようになった」など自分で体感するからこそ分かる感覚は大切にしてくださいね。これを大事にすれば、夢占い結果を実践して運気が上昇したときに、すぐに気付くことができます。

 

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する