12星座【年をとらない】いつまでも若く見える星座ランキング 牡羊座は「どうせもう年だし」なんて思わない

自分より年上なのに、とっても若く見える素敵な人っていますよね。何か特別なことをしているのか?いい化粧品を使っているとか?日頃の生活習慣やケアによって左右されるところもあるけれど、どうやら星座の性質も関係しているようですよ。元々生まれ持った資質が、若く見せる要因になっていることも。そんなうらやましい星座を見てみましょう!

第1位 牡羊座・・・・・・「どうせもう年だし」なんて思わない」

エネルギー多い牡羊座は年を取っても衰えることなく、気持ちも若いまま。若いアイドルを追っかけたり、サッカーチームの熱狂的なサポーターになったりと、毎日パワフルに忙しく過ごすでしょう。精神が若いままということもありますが、年齢を気にして後ろ向きになることがありません。「どうせもう年だし」なんて思ったことがないからこそ、老いてしまうことがないのでしょう。

第2位 射手座・・・・・・「見た目年齢がどんどん若返る」

射手座の好奇心は年を取っても衰えません。年齢を気にせず、新しいことにチャレンジしていくでしょう。財力のある晩年期はますます趣味の幅を広げ、若い人よりも若々しい雰囲気を醸し出していきます。体を動かすことが好きなため、筋力も実年齢より若いはず。しなやかな筋肉によって若い体を保ち、毎日を楽しくしようと前向きなため、表情も活き活きとしているはず。見た目年齢がどんどん若返るタイプかもしれません。

第3位 魚座・・・・・・「かわいらしさを残したまま年を重ねる」

若くても年老いても幼さを感じさせる魚座は、年を重ねてもその雰囲気を変えないでしょう。いつまでも頼りないみんなの妹タイプ。おばあちゃんになっても、若い人から尊敬されるよりも可愛がられる星座です。若々しいというよりは、いつまでもかわいらしさを残したまま年を重ねるため、常に若々しく見えてしまうのかもしれません。本人はどんどん大人になっているつもりでも、周囲の速度よりは一歩遅いのでしょう。

第4位は天秤座

見かけにこだわっても変に若ぶることはなく、その時の自分に一番似合うアイテムを選ぶ人です。ファッションよりも姿勢や表情にこだわるため、若いころのスタイルを捨てられない同年代より、かえって若々しく見えているのかもしれません。

第5位は双子座

若いころより少しは落ち着いても、同年齢よりはまだまだはしゃいでいるように見えるのが双子座です。噂話や流行も好きなまま、結婚しても外で飲み歩きたいタイプ。体力の続く限り自分のやりたいようにやる人生をおくるため、若さを手放したくない人と思われているでしょう。

第6位は水瓶座

そもそも年齢不詳に見えるのが水瓶座。若くても老いても「あの人っていくつなの?」と思わせる不思議なオーラを放つ人です。達観したような見方をするかと思えば、子供のように大興奮することも。見る人によって、予想する年齢がバラバラなんてこともありそうです。

第7位は獅子座

立ち位置が変われば、そこに自分のキャラを合わせていく星座でもあります。出世すれば上司らしく、出産すれば母らしくなるよう、人生のイベントごとに少しずつ自分を変えていくため、若さを脱ぎ捨てることもあります。

第8位は蟹座

蟹座の中には「世話焼きお母さんの血」が流れているため、年齢を重ねるごとにその血の色が濃くなります。若いころはかわいい女子でも、中年期には口うるさいおかんになっていることも珍しくないでしょう。

第9位は蠍座

精神年齢高めの蠍座は、若いころから熟女のような色気をまとった星座。さらに年を重ねれば、その色気に深みが増し、ますます落ち着いた雰囲気に。同じ年齢の女性よりも、常に高みにいるような存在です。老けているわけではなく、年齢がどうこうという次元にいない人なのかもしれません。

第10位は牡牛座

若いころはおっとりとしたお嬢さんというイメージでも、年を重ねるほどに頑固さや忍耐強さが表にでてくるため、若いころと中年以降は雰囲気がガラリと変わることもあります。食べることが好きなため、代謝が落ちる年齢になると見た目に変化が出てくることも。

第11位は乙女座

若いころから落ち着きがあり、逆に周囲から「若さがない」なんて言われることもあった乙女座は、年齢を重ねるとさらにしっかり者に。周囲から頼られることも多く、それが嬉しい乙女座は真面目にこなして成長していくでしょう。「年齢の割には良く知っている」と見られることが多いようです。

第12位 山羊座・・・・・・「あえて若さを捨てることも」

若い時から落ち着きがあるため、年齢を重ねれば更に風格が備わり、ますます大人に見えてしまうでしょう。山羊座自身もそういった成長を望んでいます。いつまでも若く見せることより、早く大人になって尊敬する人々と肩を並べたいと考えるタイプ。誰よりも一歩先に大人になり、社会に認められたいのです。山羊座の目標によっては若さが不利になる場面も多いため、あえて若さを捨てる方向に走ることもあるでしょう。

まとめ

若く見えるかどうかは、その人の持って生まれた容姿よりも、普段の態度や性格によるものが大きいようですね。若い方がいいなんて風潮もありますが、ある程度の年齢になると、場によっては年相応のものが求められることもあります。若く見えてラッキー♪なんて浮かれ過ぎないように気をつけてくださいね。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い




ページ上部移動する