離婚を決意したら別居。別居をおすすめする5つの理由

離婚を決意したら別居。別居をおすすめする5つの理由

離婚を決意するほど結婚生活に疲れ果てたら、真っ先にすすめたいのが「別居」です。
一度は生涯を共にするつもりで結婚した相手でも、一緒に暮らしているうちに心が離れるというのはあることです。
別居すれば距離が離れるため、離婚話が進みにくいような印象を受けるかもしれませんが、それでも別居をすすめるのには理由があります。
離婚を決意したらまず別居、その5つの理由をご紹介いたします。

 

離婚を決意した後、別居をすすめる理由

DVやモラハラ被害から逃げられる

妻や子供にDVを振るう男性は大抵外面が良いので、周囲は口をそろえ「あの人が暴力やモラハラをしてるなんて考えられない」と答えるほど人当たりも良く、とても暴力やモラハラを振るうような人には見えません。
DVやモラハラを振るう人は、経済的・精神的・性的な暴力で配偶者を支配しようとします。
しかもDVやモラハラを振るうのは、相手が言うことを聞かないからだとしか思っておらず、すべての行動を自分が支配しないと気がすみません。
最近では妻からDVを受けている夫もいますが、男としてのプライドから誰にも言えず大ケガをしてようやく発覚するパターンも増えています。
DVやモラハラ被害を受けているなら、まずは別居が第一目標。これ以上被害を受けないためにも早急に別居すべきです。

不倫発覚後、気持ちを落ち着けるための別居

配偶者の浮気や不倫が発覚したなら、気持ちを落ち着けるためにも別居をした方が、お互い冷静になれます。
相手を信じていた分、浮気されたショックや悲しみは深いですし、反動から配偶者と激しい言い争いになれば一緒の空気を吸うのも嫌になり、姿を見るたびに裏切られた事実を突きつけられ、悲しみに突き落とされます。
離婚理由の中でトップ3に必ず入っているのが不倫です。
不倫をする側は、不倫された側がそこまで傷つき・怒り・悲しむ事実を理解できず、後先考えず浮気や不倫に走りますが、不倫された側としてはたまったものではありません。
ショックを受けた気持ちを見せつけるためにも別居し、気持ちを落ち着けた後、離婚話を切り出してください。

離婚について冷静に考えられる

性格の不一致や不倫など、思いもよらない出来事が起こり離婚を考え始めたなら、今後の人生を冷静に考えるためにも別居した方がいいでしょう。
性格や性的相性の不一致、義理の両親や親戚との確執、経済的な問題など、離婚を考える原因になる出来事は、夫婦にとって大きなストレスになるようなものがほとんど。
もう夫婦生活を続けられないと感じ、相手の気配や声が聞こえてもイライラするようなら、冷静な話し合いもままなりません。
今後の人生を左右する離婚問題を円満に進めるには、突発的な怒りや衝動的な行動は命取り。
離婚に向けて話し合いをするには「冷静な対応」が必要不可欠なのですから、今後を考えるためにも別居は必要です。

離婚の意思をはっきり示せる

口では離婚したいと言いながら「本当は今でも愛されている」と思い込んでいる配偶者には、いくら「愛してない」「もう一緒にいるのも無理」「自由になりたい」と離婚を迫ったところで、通用しません。
離婚してもひとりで生きていけるわけがない、どうせ自分がいないとダメなんだろう、結婚しているのだからもう逃げられないと思い込んでいる相手には、いくら離婚したいと申し出ても気持ちは伝わりません。
配偶者を自分よりも格下だと思い込んでいる人は、口でいくら言っても実際に行動しない限りは「離婚の意思」を感じ取ってはくれないのです。
配偶者が外出している時を狙い、荷物をまとめ離婚届と共に弁護士の連絡先を置いていくくらいしないと、本気で離婚したい気持ちを感じ取ってはくれませんよ。

別居し離れることで、本当の気持ちが見えてくる

浮気や不倫・借金問題のような大きな問題が持ち上がれば、怒りや悲しみからスパッと離婚を決められますが、一緒に暮らしていく上で生じたすれ違いが原因ならば、別居した方が自分の本当の気持ちが見えてきます。
好きだからこそ結婚した間柄ですし、一緒に暮らした上で愛情は無くなったとしても、相手に情があれば離婚をためらってしまうものです。
情だけで一緒に暮らしている夫婦もいるでしょうが、別居し離れれば自分の本当の気持ちも見えてきやすくなります。
別居して一人で暮らしてみた結果、配偶者といるより一人でいた方が楽だと気付けば離婚する意思も強くなるでしょうし、配偶者に未練があれば踏みとどまるきっかけになります。
大きなストレスがあると冷静な判断ができなくなるので、まずはストレスの元から離れ、本当に離婚しても大丈夫なのかをじっくり考えれば、後悔しない離婚ができますよ。

 

まとめ

本人達は別居のつもりでも「家庭内別居」では外部から見れば実質的な夫婦生活は続いていますし、もし離婚調停になっても離婚が認められない可能性も・・・
別居すればゆっくり離婚の準備もできますし、迷っている人ならなおさら冷静な判断が必要ですから、考える時間を作れます。
夫や妻が離婚に同意してくれないようなら、離婚へのプレッシャーを与えるためにも、まずは別居し、復縁・離婚どちらに向かって動くべきなのかよく考え、行動していきましょう。

 

★おすすめの占い★

 

別居中だけど復縁したい。私どうしたら?

 

復縁してもうまくやっていける?復縁後の未来を占います

 

どれくらい冷却期間をおけば復縁できますか?

 

復縁占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する