12星座あるある【彼はこんな女性が苦手】獅子座はおごってもらって当然と思う女性、射手座は寂しがり屋な女性

好きな男性のタイプがはっきりしている人、多いですよね。
「優しい人」「ルックスがいい人」など、理想がしっかりしていることはよくあること。逆に、苦手なタイプもはっきりしていませんか?「清潔感のない人が苦手」「怒鳴る人が苦手」など。男性にも好きな女性のタイプと苦手な女性のタイプはあります。
気になる彼はどんなタイプの女性が苦手なのか?ぜひ星座でチェックしてみてください。

牡羊座・・・・・・「「いくつに見える?」と聞く女性」

スピード力があって、ポンポンとテンポのいい会話を交わすことが好きな牡羊座にとって、やけに話を引っ張る女性や反応の悪い女性は苦手です。「歳は?」と聞いて、「いくつに見える?」と質問で返してくる女性にはイライラしてしまうでしょう。

牡牛座・・・・・・「忙しそうな女性」

牡牛座は恋人に安心感を求める人。そのためせかせかしている忙しそうな女性は避けてしまいがちになります。仕事ではガツガツと働いても、家に帰ればまったりのんびりくつろぎたい牡牛座。お金にだらしない女性も苦手なため、やたらと出かけたがって、お金を使い尽くしてしまう女性なら興味を示さないでしょう。

双子座・・・・・・「重い女性」

双子座は女性とは軽快につきあいたいタイプ。そのため、恋愛にのめり込む重い女性が苦手です。付き合ってもいないのに手作り料理を差し入れしてきたり、自分の暗い過去を話したりする女性には引いてしまいます。恋人同士でも「あなたがすべて」というタイプとは、すぐに別れを選ぶでしょう。

蟹座・・・・・・「信用できない女性」

ナイーブな心を隠し持つ蟹座の男性は、内面がクリアな女性を好みます。そのため、裏表のある女性や信用できない女性に心を奪われることはありません。自分の繊細な内面を傷つけそうな女性を避けています。人の感情に敏感なため、相手の嘘もすぐに気付いてしまうでしょう。

獅子座・・・・・・「おごってもらって当然と思う女性」

獅子座はおごってもらって当然、優しくされて当然、褒められて当然、と思っている女性を見ると、ガッカリします。女性をエスコートする気持ちはありますが、それが当たり前だと思っている、偉そうな態度をとる女性には嫌気がさすでしょう。

乙女座・・・・・・「だらしない女性」

片づけられない、時間が守れないなどのだらしない女性は、几帳面な乙女座にとっては異性でなくとも苦手な相手です。「本当はキチンとできるようになりたい」と思っている女性であれば受け入れますが、できないことを当たり前のように、人に迷惑をかけても平気な女性であれば相手にしないでしょう。

天秤座・・・・・・「外見より中身だと言う女性」

天秤座は外見主義な星座です。中身がどうであっても後回し、まずは外見に気を使わない女性は密かに軽蔑しているでしょう。差別と思われそうで声には出せませんが、外見にまったく気を使わず、大切なのは中身だと主張する女性はアウトです。

蠍座・・・・・・「知りたがりな女性」

何でもかんでも質問攻めの知りたがりの女性が苦手です。何気に少しずつ知っていくからこそ楽しみがあるし、すべてを知り尽くさない、謎の部分が多い方が魅力的と感じる蠍座にとっては、最初から多くを知ろうとする女性には幻滅してしまうでしょう。

射手座・・・・・・「寂しがり屋な女性」

射手座は単独行動を好むため、人や場所に縛られることを嫌います。もちろん束縛する女性も苦手ですし、一人になりたくて連絡を絶っただけなのに、浮気を疑う女性も苦手です。一人遊びの良さが分からない、寂しがり屋な女性とは付き合えないと考えています。

山羊座・・・・・・「がさつな女性」

山羊座は「男は男らしく、女性は女性らしく」という価値観を持ち合わせています。そのため、サバサバしているを通り越し、男以上に男っぽいがさつな女性を好みません。乱暴な言葉を使ったり、何かと男に対抗心を燃やしたりする女性は、女性として見ていないでしょう。

水瓶座・・・・・・「「常識」が口癖の女性」

水瓶座は一般的になじみのあることや、流行になっていることを「常識」という女性が苦手です。「クリスマスは恋人同士で過ごすのが常識」「○○歳までに結婚するのが常識」と言う女性といると、息が詰まってしまいます。

魚座・・・・・・「「なんでもいい」と言う女性」

魚座は男性であっても、女性をリードするのが苦手です。自分で決めて、自分が人を引っ張るということが全般的に苦手なため、「何が食べたい?」「どこに行きたい?」と聞いて、「なんでもいい」という女性が相手であると非常に悩み、頭を抱えてしまいます。

おわりに

彼の好きなタイプの女性も知りたいけれど、苦手な女性も知っておきたいですよね。
彼の苦手なタイプを知らず、うっかりミスをしてしまったら、彼との縁は遠のいてしまうかもしれません。
すぐに両思いにはなれなくとも、せめて距離を置かれないようにはしたいもの。
苦手なタイプをしっかりとチェックしておき、好感ポイントを下げないようにしておきましょう。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い

ページ上部移動する