別れた彼氏に会いたい時に送るライン例文7つ

別れた彼氏に会いたいと思っても、今さら連絡して大丈夫なの?のような不安があると、気軽に連絡するのもためらってしまいます。

復縁したい気持ちがあっても、不安が大きすぎると連絡すらできない事がありますが、これでは会うことすらままなりません。

近年では、ラインのやり取りが元彼との接点になっている女性も多いですが、別れた元彼と会いたい時に、どんなラインを送ればいいのでしょうか?

別れた彼氏に会いたい時に送るポイントや、例文をご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

元彼にラインする前の注意

未練を伝えないようにする

別れた彼氏に会いたい理由として、

 

・今でも好きな気持ちを伝えたい

 

・復縁して元通りの恋人同士に戻りたい

 

と感じているからですよね?

 

「もしかしたら元彼の方も復縁したいって思ってるかも?」

 

なんて考えてしまうのも、別れた後も元彼への未練が捨てきれず、わずかな希望にすがりつきたいからです。

元彼の方から振ってきた、別れた後は元彼からの連絡が一切ないなら、残念ながら元彼には未練や恋愛感情が残っていません。

別れた彼氏には未練がなくとも、こちら側には未練がたっぷりある場合、元彼への連絡は慎重にすべきです。

別れた彼氏と復縁したい気持ちが強すぎると、焦りのあまり衝動的に好きな気持ちを伝えてしまいます。

 

「ねぇ、今でも私の事・・・少しは好きかな?」

 

「私の方は、今でも好きなの」

 

など、思わせぶりでロマンチックめいた言い回しや、直接好きな気持ちを伝えても、元彼には気持ち自体がない訳ですから

 

「重すぎて受け止められない」

 

としか思われませんし、別れ際に大モメした元彼なら、まず折り返しの返事は期待できません。

まず最初によく心得ておきたいのが、現時点で会いたいのは「あなた自身だけ」というっ実。

元彼に連絡した時点で、元彼は復縁したいと言い出すのでは?付きまとわれるかも?と不安に感じるものです。

今感じている素直な感情をぶつけたとしても、

 

「期待されても困る」

 

「何もしてあげられない」

 

と困惑したあげく、返事ももらえないままラインを続ける事もなく終わってしまいます。

ふたりの間に「温度差」がありすぎる事を理解しないまま気持ちを伝えても、より溝は深くなるばかり。

別れた彼氏に会いたいなら、まずは元彼との温度差を埋めていかないと、元彼の心に近づくことすらできません。

元彼にもう一度会いたいと感じるなら、絶対に未練を感じさせないよう、注意深くラインをやり取りしてくださいね。

しつこくラインしない

別れた彼氏と会いたいと思うなら、今では失われてしまった信頼関係を再構築し直す必要があります。

元カノからラインを受け取っただけで、心の中に警戒心が芽生えますから、まずは元彼の中の「警戒心」を解きほぐさないと、先へは進めません。

付き合っていた頃のような感じでラインを送ったり、何度もラインを送り続けるのは絶対NG。

元カノになった今現在では、元彼の中でのランク的には「友達」よりも下、「知人」レベルにまで関係性は薄らいでいます。

男性は自分の興味や好奇心がくすぐられないと行動しない傾向がありますから、何度もしつこくラインを送っても、効果はまずありません。

男性にとってラインはあくまで連絡手段。

元彼にとってすでに過去の人から、何度も連絡されたとしても、返事を返す義理はないと思えば、何度しても無駄なのです。

付き合っていた頃の話をしない

久しぶり元彼に連絡したら、付き合っていた頃の話で盛り上がりたいと思ってしまうのは、仕方のない話だとは思います。

ですが、元彼の方から言い出したならまだしも、もしあなたら振られた側なら、付き合っていた頃の話はよくありません。

付き合ってた頃の話をすれば、話も盛り上がるし、当時の気持ちを思い出してくれるかも?と思うでしょうが、残念ながら逆効果。

ふたりの恋愛はすでに「過去の事」なのですから、当時の話の最中、別れた原因や嫌悪感まで思い出させてしまいます。

ひどい別れ方をしたのなら、なおさら過去の恋愛話を持ち出してはいけませんから、過去は過去と割り切って考えましょう。

長文メールは禁止

ラインで長文が送られて来た時、読むのに苦労した覚えはありませんか?

今在付き合っている相手なら、長いラインを読み込み返事を返す気力もありますが、元カノからの重くて長いラインは、読む気も失せます。

自分の想いをつぎ込んだ文章だったとしても、すでに心が冷めている元彼からしたら、

 

「読むのも一苦労なのに、返事までするのはちょっと無理」

 

としか思われません。

優しい元彼だったとしたら、何度かは無理して返事をくれるでしょうが、途中でつらくなれば返事もくれなくなります。

自分の気持ちを伝えたいのは分かりますが、元彼にとってそんな話はどうでもいいとしか感じませんし、特に聞きたい話でもない訳です。

長いラインを読むのすら気が滅入るのに、内容がじめじめしていれば、ラインのやり取りをしたいとも思いませんよね?

別れた元彼に会いたいなら、元彼との過去の恋愛話や、元彼への想いは一切カット。

長文ではなく短文の内容を送るようにましょう。

ラインするなら冷却期間後

元彼と別れてからまだ間もないなら、今ラインするのだけはやめてください。

別れた後は、お互いに感情的になっていますから、別れ際にもめた相手から連絡されても、返信したい気持ちにはなれません。

元彼に会いたいなら、全く元彼に連絡を取らない「冷却期間」を取りましょう。

話し合いののち、穏便に別れたなら1~3ヶ月、ケンカ別れなら3ヶ月~半年程度の冷却期間を取らないと、連絡しても返信は難しいので注意しましょう。

元彼との別れ方次第で冷却期間は変わってきますから、別れた時の状況をよく考えてから、連絡してくださいね。

 

別れた彼氏に送るライン例文

元彼が好きな物で警戒心を解く

別れた彼氏に連絡する際、

 

「こんばんは、久しぶりだね。元気にしてる?」

 

のような軽い会話でもかまいませんが、元彼の中にまだわだかまりがあるなら、まず返事をくれない可能性があります。

元彼からの返信率を上げたいなら、

 

・元彼の警戒心を解くラインを積み重ね、信頼関係を作っていく

 

・ラインでのやり取りに慣れてもらう

 

ことから始めていかないと、ラインを続けることは難しくなります。

元彼との最初のやり取りとしては、元彼の興味を引きそうな物で興味を引き、返信率を上げましょう。

 

「こんにちは~この間〇〇に行ったら、君が好きそうな品揃えのお店があったよ」

 

「前によく行ってたお店がラーメン屋さんになってたんだけど、美味しかったよ。今度行ってみてね」

 

など、元彼の好きな事柄についての話題を振ってみれば、変に復縁を狙っているとは思われません。

 

・元彼が好きな物(食べ物・音楽・マンガなど)

 

・元彼に得しかない内容

 

をラインの文章に入れておき、返事が来るのを待ってみてください。

返事が来れば、送った内容を中心に話ができますし、一通り話が終わったとしても、以前よりは明らかにラインはしやすくなっているはずです。

ラインが続くようになれば、元彼を誘いやすくもなりますから、最初から会いたいと伝えるのだけはやめておきましょう。

緊急性のある内容

元彼がリラックスしているであろう時間帯に、緊急性を感じられる内容のラインを送ってみましょう。

 

「急にラインしてごめんね。以前にふたりで行った〇〇ってお店あったでしょ?明日友達と行きたいんだけど、お店の名前忘れちゃって」

 

「さっきまで使ってたパソコン画面が急に消えちゃった。なんで消えたのかわからくて困ってるの」

 

のように、緊急性の高そうな内容なら、返信も来やすくなります。

以前付き合っていた間柄なら、元彼の生活時間帯も分かるでしょうから、ラインをチェックしやすい時間帯に合わせラインをするのも大きなポイントです。

元彼の趣味からみの質問

ラインのやり取りを重ねたいなら、質問系のラインはなかりオススメです。

 

「〇〇から借りたバンドのアルバムCDで、〇〇って曲が入ってたよね?どんなアルバムだったかな」

 

「前によく買って来てた〇〇が美味しかったから、友達にあげたいんだけど、どこで売ってたのかな?」

 

「来月〇〇の地元に遊びに行くんだけど、美味しいお店とか名物ってどんな物があるの?」

 

質問する内容は、調べてもなかなじゃ分からない物だったり、地元の人でないと分からないような情報を聞いた方が、返信率も上がります。

元彼への感謝と謝罪のライン

もう一度別れた彼氏に会いたいなら、元彼への感謝と謝罪を忘れてはいけません。

付き合っていた頃とは何もかも違い、元彼・元カノの関係に成り果てている訳ですから、元彼へラインを送る場合には、まず謝罪文から始めましょう。

ケンカ別れした元彼なら、最初のラインは元彼への感謝と謝罪を兼ねたものの方が、受け取る側もむげにはできません。

男性は特にですが、時間が経つと、

 

「元カノとの思い出が美化されやすい傾向」

 

が強い為、よほどひどい別れ方をしない限り、元カノとの思い出を大切にしています。

ある程度の冷却期間を取った後なら、元カノとの記憶も美化されてるので、返事も来やすくなります。

 

「こんにちは、お久しぶりです。

別れた後、私も色々と考えました。

〇〇君は私の為に言ってくれたのに、当時は自分の事しか見えなくて、〇〇を疲れさせてしまったんだって、今では反省しています。

あの頃は私のせいで傷付けてしまい、本当にごめんなさい。そして楽しい思い出をありがとう。

これから寒くなる日々が続くので、無理して風邪を引かないように気を付けてね。ではまたね。」

 

のように、

 

・元彼との別れに向き合い反省している気持ち

・過去の自分の態度を反省し、前向きに生きている気持ちや感謝の心

 

をしっかりと示しておくと、別れた頃よりも元彼の気持ちが落ち着いていれば、罪悪感を感じやすくなります。

一度元カノからの謝罪を受け入れた後なら、その後元カノから連絡が来ても受け入れやすなりますが、だからといって続けざまにラインするのはNG。

謝罪のラインを送ってから、最低でも1週間は時間を置いてから、じっくりとラインを重ねていきましょう。

 

すっかり吹っ切れた事を宣言する

気が弱かったり、優しい男性の中には、元カノと向き合えず

 

「元カノに復縁を迫られたらどうしよう」

 

「今でも好きって言われたら、断りづらいから会うのは避けたい」

 

と思うあまりに、元カノからのラインも読まず未読で放置する人も・・・

ラインを読んでもらわなきゃ始まりませんから、臆病(おくびょう)な元彼には、あえて
もう気持ちがない事を示してあげましょう。

ラインのポップアップにも表示された際にもわかりやすいよう、文章の最初にもう吹っ切れた事を示す言葉を書き入れてください。

 

「もうすっかり吹っ切れました。

別れ際には離れるのは嫌で駄々をこねたけど、私達は別れて正解だったんだって、今でも思います。

もしよかったら今度からは『友達』として仲良くしてくれたらうれしいです」

 

と伝え、もう恋愛感情や未練がない事を示してあげましょう。

もちろん元彼に伝えずとも、心の中では元彼を想い続けてかまいません。

つらい選択ではありますが、思い続けるのもひとつの恋愛の形。

じっくりと時間かけ、ふたりの関係を修復するには「友達」に戻り、少しづつ関係を近づけた方が、会いやすくなります。

まずは友達に戻る事を目標に設定してから、じんわり関係を深めていけば、不安を感じさせることなく、友達に戻っていけます。

ラインのやり取りの中で、友達としてやり取りを重ねていけば、食事にも気軽に誘えるようにもなります。

注意点としては、あくまで友達としての距離感で接していかないと、作り上げた関係が崩れてしまうので、適切な距離感で関係を築いてください。

付き合っていた頃のような態度で接することなく、友達としての距離感を見誤らぬようにしましょう。

元彼の誕生日きっかけ

元彼の誕生日をきっかけにラインをしてみるのも、別れた元彼に会うには有効な方法です。

誕生日は何歳になってもうれしいですが、男性は特にですが、誕生日だからといって特別な事をやっていません。

10代の頃ならともかく20~30代の男性は、誕生日当日もそこまでお祝いムードではありませんから、何の変哲もない日々を過ごしているものです。

未だに彼女もおらず、ひとりで誕生日を迎えているようなら、元カノからのラインでもうれしいです。

 

「誕生日おめでとう!

今年も〇〇が幸せな1年を過ごせますように☆

今度ご飯でもおごるよ~」

 

のように、軽い雰囲気でさりげなく食事をおごると書き込んでおき、次回につながるようにしておき、次のラインで話題に出せば、会うきっかけにもつながります。

お祝いなので、あまりダラダラと書き込んでもテンションが下がるので、軽くさらっとした内容を送ってくださいね。

元彼に相談ライン

ある程ラインのやり取りができる間柄にまで関係が近づいたなら、元彼にラインで相談事を持ち掛けてみましょう。

 

「最近部署が変わったんだけど、仕事の要領がつかめなくて大変。

〇〇の時はどんな風に切り抜けたの?」

 

「最近テレビの調子が悪いんだけど、〇〇の家ってどこのメーカーのテレビだった?」

 

仕事の悩みや家電・パソコンの買い替え相談など、相談にも乗りやすい話を振ってみましょう。

真剣に相談に乗ってくれたなら、

 

「買いに行きたいんだけど、もしよかったら付き合ってくれたらうれしいな」

 

と、買い物に誘い、お礼ついでに食事に誘ってみましょう。

ポイントは、

 

・元彼の提案に「そっかぁ、そんな方法があったね」と多少大げさにホメる

 

・一度に長文ラインを送るのではなく、細かく分ける

 

・語尾の最後に「~してくれたらうれしいな」「ひとりじゃさびしい」と付け、男心をくすぐる

 

・元彼ならどんな風にするかをたずねる

 

・元彼に相談して良かったと感謝を示す

 

など、元彼に相談して良かったと伝え、お礼がてら食事に誘うまでがひとまのゴールです。

元彼によっては、ライン上で相談に乗った程度では、お礼がてらの食事に乗ってくれない人もいます。

できれば一緒に買い物へ誘い、行動してもらった方が

 

「労働」に対しての「対価」

 

としてのお礼なら受け入れやすいですから、なるべく悩みを聞いてもらった後は、お礼にかこつけ誘ってみてくださいね。

 

おわりに

元彼に「会いたい」と感じさせるには、元彼への未練を感じさせるのではなく、以前とは違う自分を感じてもらうしかありません。

元彼にとって、元カノに会う事自体が冒険ですから、焦ってぐいぐい行き過ぎると引かれてしまいます。

「未練」は今現在復縁する気がない元彼にとって、心地悪いものでしかありませんから、さっぱりとした対応をするのが一番。

別れた元彼に会いたいと思うなら、元彼の性格からどんな風な誘い方がいいのか、よく見極めた上で、ラインを送ってみましょう。

 

★おすすめの占い★

 

LINEで復縁できる?あなたができる復縁のキッカケ作りを教えます

 

振ったことに後悔!未練のある彼氏と復縁の可能性は何%?

 

復縁したいけど、復縁のチャンスはある?別れた相手の気持ちを占います

 

復縁占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する