「好きな人とデートしたい!」気になる男性からOKをもらえるラインでの誘い方6つ

「好きな人とデートしたい!」気になる男性からOKをもらえるラインでの誘い方6つ

気になる男性ができたら、次はデートしたいと思うのがごく当たり前の感情です。
最近ではスマホで簡単にやり取りできるラインでやり取りを重ね、デートに誘う方が多いですが、それでも好きな男性をデートに誘うのはかなりの勇気が必要ですよね?

 

「女性の方からアプローチするのが恥ずかしい」
「どんな風にすれば自然に誘えるの?」

 

一度考え出すと止まらなくなりますが、「私から誘うなんて無理かも・・・」そうあきらめてしまえば、この先デートをすることも恋人同士になることもできぬまま、ふたりの関係は終わってしまうかもしれません。
自分から動かずただ待ち続けるだけではデートなんて夢のまた夢ですが、気になる男性からOKをもらえるラインでの誘い方とは、一体どんなものなのでしょうか。

 

男性のタイプ別に見るラインでの誘い方

肉食系男子の誘い方

肉食系男子には「男らしさ」や「決断力」「リーダーシップ」「強い自尊心」があり周囲の人望も厚い一方、一目惚れしやすく気になる女性がいればすぐにでも行動に出る行動力もあります。
仕事も遊びも精力的にこなすタイプですし、精力的な姿に胸をドキドキさせる女性は多いでしょう。
肉食系男子は、男性が本来持っている「支配力」や「保護欲求」が表に出やすいので、男性の保護欲求をくすぐったり、強い自尊心を満たしてくれる女性を好む傾向があります。
なので、まずは自尊心をくすぐるラインを送ってみましょう。
肉食系男子は周囲からほめられちやほやされ、自尊心をくすぐられるとうれしくなるので、送るラインの内容は「ほめ言葉中心」や「相談事」など、彼が気持ちよくなる言葉をかけてみてください。
「〇〇さんの決断力の速さってすごい」「引っ張ってくれる男性じゃないとダメですよね」など、肉食系男子をほめるラインを送り自分の好意を伝え、肉食系男子からのラインを待った方が得策です。
肉食系男子は自分から行動して女性を落としたいので、女性の方からあからさまに「好き」な気持ちを見せられると「女らしくない」「重い女」だと思い興味を失ってしまいます。
肉食系男子をラインで誘うなら、誘いやすいように自分のスケジュールをそれとなく話してみたり、
「今度、時間のある時一緒に食事でもどうですか?」
「女から誘うなんてはしたないって思われそうだけど・・・」
など、恥じらいを見せつつ誘えば応じてくれますよ。

草食系男子の誘い方

草食系男子は名前の通り草食動物のように従順で大人しく、好きな人がいても積極的になれず、他人を押しのけてまで恋愛しようと思いません。
恋愛にしろ何にしろ、傷付いてまで手に入れようとしない繊細さを持っています。
自分に自信もないので、恋愛してもどうせ実らない・フラれて傷付くのなら最初からしない方がましだと最初からあきらめている場合もよくあります。
自分のペースで行動しないと調子が狂うので、ぐいぐいアプローチしてくる肉食系女子が苦手ですし、追いすぎるともう二度と近づいてくれないので、露骨(ろこつ)に恋愛を意識させる誘い方は避けるべきです。
一対一でデートに誘えば引かれてしまう可能性もあるので、草食系男子をデートに誘う場合には、共通の友達同士や友達カップルと一緒のグループデートに何度か誘い、心の距離を近づけたのち、一対一のデートをラインで提案しお膳立てしましょう。
「今度〇〇君と〇〇ちゃんで遊園地に行くんだけど、一緒に行かない?」
「皆でバーベキューするんだけど、一緒にどう?」
など、皆と一緒に楽しみたいとラインを通じて強調すれば、それほど抵抗なく参加してくれますし、直接会って話すよりラインでやり取りする方が気が楽だと感じている人も多いのが、草食系の大きな特徴。
グループデートで距離が近づいたかな?と感じたら、ラインのやり取りを重ねたのち「〇〇好きだよね?美味しいお店知ってるから今度行こうよ」そう誘っても断られません。
草食系男性は自ら動こうとはなかなかしないので、最初は友達として仲良くなり、次は友達以上の関係を目指したりと、あくまで彼のペースを守りながらコツコツとふたりの仲を深めていきましょう。

インテリ系男子の誘い方

知的で頭の回転も速いインテリ系男子は、パッとみた感じも落ち着いていますし草食系男子っぽくも見えますが、負けず嫌いで闘争心も強く、見た目以上にプライドが高いです。
そして、好きな事や気になる物事に関しては徹底的にこだわり抜きます。
インテリ系男子にアプローチする前に心得ておきたいのが、知ったかぶりしてまで話を合わせず、それでも最低限の知識を持つ努力をしなきゃいけない点です。
「そうなんだ~」「何でも知っててすごい」
そんな風にインテリ系男子をあしらえばいいやと軽く考えてしまうと「この子常識ないのかな」「こんな事も知らないのはちょっと・・・」など、話のきっかけもつかめない相手と認識されてしまいます。
基礎知識でもいいので、インテリ男子が興味を持ってる分野について知識を蓄えておき、多少なりとも話せるように下準備しておかないといけません。
インテリ系男子は流行っているから、皆やっているから程度では心を動かされず、自分なりのこだわりを持っている人を受け入れる傾向があるので、自分なりのこだわりの趣味などを熱く語っておくとマルです。
この手の男性は恋愛に重きを置いておらず、自分の興味の対象外には興味や関心を示しませんし、ガヤガヤうるさい場所が苦手なので明らかにジャンルの違う人達とワイワイやるのが苦手なので、グループデートはあまりよくありません。
インテリ系男子をラインでデートに誘いたいなら、まずは彼の興味の対象に関しての知識を磨いていき、彼に「私も〇〇についてもっと知りたい」など、向上心あふれるラインを送ること教えてもらったことを実行して結果を報告すること、そしてちゃんとお礼をすることです。
彼から聞いた話を参考にし結果を出す事で、インテリ男子も充実感を得ますし、すぐにお酒やディナーへ誘わず最初はお菓子やハンカチ・くつ下などの軽めのプレゼントを渡したのち、ランチからディナーへとランクアップするラインを送ってください。
急にお酒やディナーに誘うのは品がないとインテリ系男子は思いがちですし、向上心や自立心の高い女性は好感度も高く、恋愛・結婚対象にもなりやすいので、焦らずじっくり内面を成長させていきましょう。

リア充系男子の誘い方

リア充タイプは恋愛経験も多い上、異性&同性の友達も沢山いるため、こちら側が一生懸命勇気を振りしぼりデートに誘っても「ただ遊びに行くだけ」としか認識されずに終わってしまう場合もあります。
元々「女」として意識されない関係のままラインでデートに誘っても望み薄ですから、ラインでデートに誘うなら堂々と「私とデートして欲しい」そう直球勝負に出てください。
どんな男性だって女性にデートに誘われて嫌な気持ちにはなりませんし、直接デートして欲しいと直談判する女性もそういないため、軽いノリでOKしてくれます。
とにかくデートしないと始まらない相手ですし、リア充タイプならいつ彼女ができてもおかしくない状態ですので、思い切ってラインでデートの約束を取りつけましょう
メールよりラインの方が気軽にやり取りできますし、もし断られたとしても2週間から1か月程度置いてから再び誘い、前回誘った事は持ち出さないこと、相手の興味をそそるようなデートプランを考えてから再びラインで連絡してみてくださいね。

人付き合いが多い男性を誘う場合

販売や営業職の人は、普段から人と接する場面が多いだけに、仕事ができる人ほど既読後の返信が早く、突然ラインをしても未読・既読スルーされることはまずないでしょう。
普段から沢山の人と接する職業だったり、営業職なら色々な場所へ出かけるので美味しいお店も良く知っています。
人と話すのが好きな男性の場合も、料理の美味しいお店や隠れた名店情報・趣味情報を交換しているので、共通の話題があるなら話しかけるきっかけにしてください。
「最近イタリア料理が好きなんですけど、美味しいお店知りませんか?」
など、美味しいお店等を聞き出し、ラインで誘う口実を作ってみましょう
聞いたお店へ出かけた感想とお礼を伝え「今度一緒に他のお店にも行きませんか?」そう誘ってみれば、気軽に誘いやすくもなります。
単純な方法ではありますが、人付き合いの多い人なら普段からお誘いが多いでしょうから、特に身構えず誘いに乗ってくれる可能性が高いですよ。

 

好きな人にデートOKと言わせるラインの誘い方


好きな人のタイプが分からない、そこまで親しくない間柄ならタイプ別の誘い方は難しいものです。
好きな人からデートOKの知らせを引き出すためには、OKを出しやすい誘い方をしなければいけません。
一体どんなラインを送れば、好きな人をデートに誘えるのでしょうか?

「デート」という言葉を使わずに誘う

好きな相手をデートに誘うとき、「一緒にデートに行かない?」なんて直球の言葉では、好意や恋愛感情を抱いていなかったら警戒されるだけです。
マンガや小説では気軽に「デートしようよ」と誘っていますが、付き合ってもいない相手からデートに誘われるのは、相手にとってはかなり負担ですし、その後アタックする際のハードルが上がる原因にもなります。
彼をデートに誘うなら「デートに行こう」ではなく「一緒に~へ行かない?」「~へ出かけようよ」と言葉を変えるだけでずいぶん受ける印象が変わってきます。
自分達の関係が友達以上恋人未満な関係だと一方的に思い込んでいると、少しくらい大胆な言葉で誘ってもいいかな?と思う場合もありますが、確実にデートに誘いたければ軽い感じで「~へ行かない?」「一緒に~に行こうよ」と誘った方が効果的です。

お祭りやイベントで誘う

イベント事が好きな人なら、お祭りなどのイベントに誘いデートに持ち込みましょう。
特に彼の好きそうなお祭りやイベントなら、興味がある分デートの誘いにも乗りやすいです。
「来週~祭りがあるでしょ、一緒に行かない?」
「〇〇君って~好きでしょ?今度~ってイベントがあるんだけで一緒に行かない?」
彼が草食系ならお祭りやイベントであったとしても、女性とふたりっきりになること自体に抵抗があるので、一対一ではなく他の友達とのグループラインで何度か出かけ親密度を上げた後の方が、今後の関係も進展しやすくなりますよ。

好きな食べ物を徹底的にリサーチしラインで誘う

「将を射んとすれば先ず馬を射よ」と言いますが、好きな人とデートのチャンスを掴みたいなら、好きな食べ物を徹底的にリサーチしていき、彼の好物について調べていきましょう。
食べるのが好きな人なら、言葉は悪いですが食べ物で釣るのが一番効果的
人気のレストランやラーメン屋なら何時間並んでも食べてみたいタイプの人や、隠れ家的な通好みのお店が好き、なかなか手に入らないお酒を置いている店など、好きな人好みの店を調べあげ、
「最近オープンしたばかりだけど、評判のラーメン屋さんがあるんだ~一緒に行かない?」
「コーヒー好きだったよね。私も最近美味しいお店を見つけたから行こうよ」
など、彼の好物でデートに誘ってみましょう。
人の3大欲求のひとつである食欲を満たしたい気持ちが強い人なら、食欲につられ一緒に出かけてくれます。
特に甘いもの好きな男性の中には、
「男ひとりでケーキやパフェ・ドーナツを食べるのは恥ずかしい・・・」
と思い込んでいる人もいるので、女性の方から甘い物を食べに誘われれば「男ひとりじゃ食べに行きづらくって、助かったよ」なんて、逆に感謝される場合もありますよ。

「~してほしい」「うれしい」「さびしい」を入れる誘い方

男性は「~してほしい」「うれしい」「さびしい」が入ったメッセージにドキドキする傾向があるので、彼をデートに誘うラインメッセージに入れてみましょう。
「~へ一緒に行ってほしいんだけど」「〇〇君と一緒に行けたらうれしいな」「一緒に行く相手がいなくて寂しいから、一緒に行ってくれる?」こんな風なメッセージを送った方が、好きな人をドキドキさせられます。
男性は興味がない相手からの誘いにはあまり関心を示しませんし、ラインは手軽にメッセージのやり取りができる分、既読・未読がはっきり分かるからこそあっさり断られればショックでしょうし、いつまで経っても返事が来ない状況は精神的にもキツいものです。
元々友達としか思ってなかった相手から、急にどこかへ行こうと誘われても、何のときめきやドキドキもなければ心が動きません。
女性から好意を向けられれば「好意」で返したいと感じるものですし、誘い方からドキドキさせるような文章なら、はかなげな女らしさを感じさせる女に興味を持ちやすいものですから、思わずドキドキするようなメッセージを送りましょうね。

男性向けのプレゼント選びを口実にして誘う

父親や男兄弟の誕生日、男友達やお世話になった会社の上司・同僚にプレゼントを渡したいなど、男性じゃないと好みが分からないからと、プレゼント選びに誘ってみましょう
「〇〇君(さん)ってセンスいいし、良い物選んでくれそう」
「男物って何かいいのか分からないので、一緒に行ってくれたらうれしいな」
など、軽い感じで好きな人を誘ってみてください。
一緒にあれこれ悩みながらプレゼントを選ぶことで同じ目標を共に達成する「共同作業」をこなせば、今までより心が通じ合うようになり、次からも誘いやすくなります。
次に誘う場合には「この間は本当にありがとう!プレゼントも喜んでもらえました。お礼に食事にでも行きませんか?」と、お礼をする名目で再び誘うことができますよね。
ラインでやり取りする場合、なかにはラインでの会話が盛り上がったから親密度が増したと思い込む人もいるようですが、ラインはあくまでふたりの距離を近づけるツール。
いくらラインを通じて親しくなったつもりでも、実際に会った時は何となく距離を感じたりることも珍しくありません。
ラインを通じてプレゼントのアドバイスをもらい「アドバイスありがとう~今度お礼に食事にでも行こうよ」と切り出されても、実質ライン上でのアドバイスしかしていない相手にとって、食事のお誘いは重すぎますよね?
ラインを通じてプレゼント選びの約束を取り付け、待ち合わせて一緒に買い物をする事で連帯感も増しますし、後日ラインでお礼と食事に誘えば再び外でデートできたりと、ラインはあくまで補助的な使い方をするのが、好きな人男性からOKがもらえるラインの鉄則です。

3回連続YESと言わせOKをもらう方法で誘う

会話の中で、連続して「YES」が3回続けば、デートに誘ってもOKしてもらえる可能性がかなり高まります。
例えばラインのやり取りの中で、

 

あなた「わぁ~あの人が連れてる子犬かわいいね」
男性 「ほんとだ、かわいいね(YES)」

 

あなた「うちの実家にも犬がいるんだけど、ほら見て(添付画像を送る)」
男性 「あ、ほんとだかわいいね(YES)」

 

あなた「〇〇君(さん)は犬や猫以外の動物も好き?」
男性 「犬や猫も、他の動物も好きだよ(YES)」

 

あなた「じゃあ、今週あたり新しくできたペットショップに動物を見に行かない?」
男性 「え~ほんと?行くよ、楽しみ」

 

など、人はYESを3回繰り返すとNOと言いにくくなる傾向があるため、ライン上のやり取りの中で、好きな人に3回YESを言わせた後デートに誘えば、OKしてもらいやすいので、ぜひお試しください。
なおテンポよくやり取りができている時なら、深く考える隙を与える間もなくデートの約束を取り付けやすいので、なるべくテンポのいい会話を心がけてください。
ただし3回連続YESと言わせなければいけないので、どんな風に話を持っていけばYESと言いやすいのか、好きな人の好みをあらかじめリサーチしておかないと上手くいかないので、下準備はしっかりしておきましょう。

 

好きな人にデートを断られる誘い方とは?

事前連絡なくいきなりラインで誘う

急に誘えば案外デートもOKしてもらえるんじゃない?とばかりに「今から~行かない?」「今から1時間後~まで来れる?」など、いきなりラインで誘ってくるパターンは、OKどころか相手を困惑させてしまいます
いじいじ悩むよりサクッとラインで連絡してデートの約束を取り付けたい!と勇気を出してラインしてみたものの「今日は無理」とばっさり断られると、思ったよりもダメージが深く、次に誘う勇気まで失ってしまいます。
急に好きな人に会いたくなりラインで誘う、一見あり得る構図ですが、一方的な気持ちの押し付けから誘われた相手としても大迷惑。
少なくとも2~3日前、最悪でも前日には約束を取り付けないと、相手にだって都合がありますし、自分勝手な人のイメージまで付いたなら、今後の関係において不利になるので要注意!

ついでに~しよう等のついでラインはNG

恥ずかしいからといって「~へ行くついでにご飯でも行かない?」などの「ついでに~」という流れでデートに誘うのは、相手によっては断られる可能性がある誘い方です。
最近何となくいい感じかも?と思っていた女性から、ラインで「~のついでにご飯でも行かない?」なんて言われたら、ついでに誘う程度の関係なのか?とガッカリされますし、下手すれば嫌われてしまいかねません。
友達以上恋人未満な関係なら、致命的な失敗になる場合もあるので、親しい間柄なら「あなたと行きたい」ときっぱり伝えた方がよほど印象がいいですよ。

暇だから~へ行こう等の誘い方はNG

「暇だから~へ行かない?」
恋人同士や友達同士なら案外やりそうなラインのやり取りですが、それほど親しくもなく、友達だったとしても暇だからで呼び出されても、わざわざ出て行こうとは思いません。
単なる暇つぶしで呼び出すなんて失礼ですし、好意も恋愛感情も感じない相手から「暇だから~行こう」と言われても、動きたいとは思わないでしょう。
男性は特にですが、狙っている女性でもない相手から誘われたとしても動こうとは思えないものなので、このような誘い方はよくありません。
自分が暇だからと相手を誘うのは、わがままで身勝手な印象を与えるのでやめておいた方が無難ですよ。

 

おわりに

ラインは気軽に誘える一方で、その気軽さゆえに断りやすい一面も持っているので、下手な誘い方はそれっきりの関係になりかねません。
ラインでデートに誘いたいなら、誘う内容やタイミングが合っていないとデートの約束までは取り付けられないので、好きな人がリラックスしている時間帯にラインを送るのも大きなポイント。
それ以前に断られる不安や恐怖に逃げ出さず、ラインのやり取りを重ねていき、何もしないうちからあきらめることなくアタックしていき、楽しいデートを実現させましょう!

 

★おすすめの占い★

 

気になるあの人をデートに誘っても平気?どのタイミングがベスト?

 

彼は私に女性としての魅力を感じてますか?

 

次に好きな人からラインが来るのはいつですか?

 

恋愛占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する