不倫相手に本気になった既婚女性が離婚できない理由13つ

はじめに

「許されない恋だけれど、この気持ちは絶対に本物!」
「出会う順番を間違えたと、心から後悔している」
「心の底から愛しているのは、夫ではなく不倫相手」
と、純愛を繰り返し口にするのに、それでも離婚に踏み切れない既婚女性が大勢います。

 

不倫相手を本気で愛してるのに、どうしても夫と離婚できないのは何故なのでしょうか。

 

彼女と夫を離婚させるために、不倫相手男性はどんなことが出来るでしょうか?
既婚女性の本音と、不倫の行方について考えてみましょう。

 

新生活を始めるための貯金がない

例えどんなに不倫相手のことを愛していても、先立つものがなければ思い切った行動はとれません。
特に、自分でお金を稼いでいない専業主婦は、お金に対する不安があると離婚を決意することはどうしても出来ないんです。

 

夫への慰謝料、新生活を始めるための支度金など、離婚するには沢山のお金がかかります。
逆に言えば、お金の準備さえ出来れば離婚に対して前向きに考えられるということ♪
不倫相手男性が援助してあげられる部分と、女性が自分で自分で支払わなければいけない金額を計算してみて、なんとかなると分かれば決心が出来るかもしれません。

 

具体的な金額を出しながら、2人で色々計算してみて下さいね。

 

子供達から夫を奪う決心が付かない

やはり子供がいると、離婚を躊躇してしまうものです。
夫に対する愛情がなくなっても、子供への気持ちはほとんど変わりません。

 

子供がまだ小さくて、自分一人で育てていくことに不安があったり、子供が夫に良く懐いていて「パパ」と引き離すことを申し訳なく感じたり、「不倫恋愛」という自分の我儘で、子供に迷惑をかけてよいのか考えると苦しい気持ちがしてしまうんです。

 

いきなり離婚するのではなく、まずは夫婦で別居をし、家族が離れて暮らすことに子供がどう感じるかなど、子供の様子を観察してみてはどうでしょうか?

 

少しずつ家族が変化していくことで、気持ちを慣らしていくことが出来るでしょう。

 

不倫相手と良い結婚生活を送るイメージが湧かない


女性は、男性は「立場」によって行動が様々に変わることを理解しています。
相手男性のことを、「恋人」としては良いけれど、「結婚相手」としては自分に相応しくないと感じているのかもしれません。
大好きなはずの恋人との結婚生活をポジティブに考えられないのには、何か理由があるはずです。

 

例えば、相手の仕事が安定しない、彼の両親や友人関係にひっかかる部分がある、女性関係やお金遣いが荒い、など、心配に思っていることがあるのでは?

 

お互いに、将来の結婚生活について不安に思っていることを素直に相談してみましょう。

 

親族に離婚を反対されている

結婚は当人同士だけでするものではなく、家族同士が繋がることです。
自分では離婚したいと思っていても、家族に反対されてしまう場合があります。

 

まさか、離婚に反対する家族に、「他に好きな人が出来たから、夫とは離婚する」とは言えませんよね。
不倫の暴露は、どんな理由があっても絶対にするべきではありません。
離婚をしたい理由をはっきり説明せずに「もう別れたい」と訴えても、「決定的な理由がないのに離婚するな」「一時の気の迷いに決まっている」など逆に説得させてしまうかもしれません。

 

夫との不仲を丁寧に説明し、時間がかかっても理解してもらうしかないでしょう。

 

恋人と同じ会社に勤めていて、社内不倫がバレるのが嫌

恋人との関係が社内不倫である場合、離婚と再婚のタイミングには最も気を遣わなければいけません。
「あの二人怪しい」「もしかして不倫?」などと社内で噂になっている場合は特に注意が必要!

 

もし離婚成立して、結婚できたとしても、不倫恋愛だったことが周囲にバレてしまうと具合が悪いですよね。

 

離婚する前に思い切って仕事を変える、離婚後に十分な期間を開けてから再婚する等、社内不倫だと思われないための工夫をして下さいね。

 

夫が離婚を受け入れてくれそうにない


夫が離婚に反対している場合、納得してもらうのには時間がかかるかもしれません。

 

女性が自分で夫を説得出来そうにない場合は、弁護士や離婚カウンセラーなど、プロの手を借りることも考えてみる必要があるでしょう。

 

離婚に納得できない夫は、まず間違いなく「もしかして他に好きな男が出来たから、離婚したいなんて言い出したのかも?」と不倫を疑ってきます。

 

不倫がばれると、離婚が不利になってしまうので、夫との離婚話に決着がつくまでは、不倫相手とは会わないようにしましょう。

 

不倫がバレているが、夫が離婚を受け入れてくれない

不倫がバレると、即離婚!というイメージがありますが、実際はそうでもありません。
ほとんどの夫婦は、例えパートナーが不倫していることを知っても、まずは何とかして夫婦仲を改善しよう、家庭を修復しようと試みるものなんです。

 

もし、不倫相手と再婚する為に離婚したい!ということが夫にバレてしまっている場合、
不貞行為を行った妻からでも離婚請求をすることは出来ますが、夫がそれに同意しないとなると、離婚を成立させるのはかなり難しくなってしまいます。

 

まずは夫に自分の気持ちをしっかり伝えて謝罪をし、夫が納得できる財産分与をして、慰謝料を払い、なんとしかして離婚を受けいれてもらうしかありません。

 

離婚するのは体裁が悪いと感じる

不倫恋愛にどれほど夢中になっても、不倫相手のことを本気で愛していても、やはり自分の「体裁」が気になって離婚出来ない、という女性は意外に多いものです。

 

「バツイチの女」とか「略奪愛」と言われてしまうことに抵抗があるんです。
女性にとって「結婚式」は一生の中で最も大きな出来事のひとつなので、結婚式に出席し、祝福してくれた友達に何と言っていいのか分からない、カッコ悪くて嫌だ、と思ってしまうこともあるでしょう。
体裁を気にせずにいられないのは、どんなことでも周囲の目を気にしてしまう女性にありがちです。

 

SNSで「幸せいっぱいの主婦」「皆に憧れられるキラキラ生活」を演じている主婦は、離婚なんてカッコ悪いこと、絶対に出来ない!と思っています。

 

W不倫で、恋人夫婦が離婚してくれるのが先だと思っている

結婚しているのが女性だけであれば一人が離婚すれば良いだけの話ですが、自分だけではなく相手も結婚している場合、両方が離婚する必要があります。

 

「離婚をするのは良いけれど、彼の方が先に離婚してくれないと納得出来ない!」と思っている場合もあります。
自分が先に離婚して、もし相手が離婚成立しなかったら最悪な事態になってしまうからです。

 

どちらか一方に離婚を迫るのではなく、2組が同時に離婚についての段取りを進めていけるのが理想的。
両夫婦が、できるだけ同じ時期に離婚成立させられるよう調整してみましょう。

 

経済的な不安がある

スムーズに離婚する為には、自分の気持ちに決着をつけておくことが必要ですが、それ以上に「お金」を準備しておかなければいけません。

 

それまで夫の稼ぎを頼りにして生活していた主婦は、夫から離れて、独り立ちすることに大きな不安があります。
特に最悪なのは、主婦が夫に内緒にしている借金を抱えている場合です。
それまでは隠し通せていても、離婚の話が進み、お互いの財産について整理をする段階で借金のことがバレてしまうかもしれません。

 

離婚してもひとりで生活しているだけの収入を確保できる主婦であれば良いのですが、結婚以来仕事をしておらず、離婚後どうやって自立すればよいのか分からない女性にとって経済的な不安は大きな問題です

 

子供のことを考えると離婚出来ない


特に子供がいる既婚女性は、不倫相手のことが大好きでも、離婚のことを前向きに考えるのを躊躇してしまうことがあります。

 

恋愛や離婚がキッカケで自分のことはどうなっても良いと思えるけれど、子供のことはそうはいきません。
少しでも子供に悪影響が出たり、将来不利になることがあるのかもしれないと考えると、離婚を決断出来ずに悩んでしまいます。
子供が小さくて、まだ父親との触れ合いを大切にさせてあげたい時期だったり、子供が繊細な性格で、両親の不和や環境の変化が悪い影響を及ぼすのではと心配になったり、子供が受験中でストレスを与えたくないなど、悩みはいくらでも発生します。

 

焦らず、子供の様子を見ながら、夫婦でよく話し合って少しずつ離婚に向かっていきましょう。

 

自分の両親に心配や迷惑をかけたくない

心優しくて、周囲の人の気持ちを考えずにいられない繊細な主婦は、誰にも迷惑をかけたくない、周囲に不安や心配をかけずに離婚したいと望んでしまいます。

 

「自分は夫と別れたいと思っているけれど、自分の親や友人は夫のことを気に入っているから、離婚すると悲しませてしまいそう」「離婚理由を親にどう説明してよいか分からない」「両親の介護を夫にも協力してもらっており、離婚してしまうとそれまでと同じように出来るのか不安」など、心配ごとが沢山あって離婚に踏み切れません。

 

夫への情を無くせない

他に好きな人が出来たからといって、夫への感情をすべて失くすことは出来ません。
「好き」ではなくなったかもしれないけれど、自分と結婚してくれて、満足いく結婚生活を送らせてくれた夫に対する恩と情は残ってしまうんです。

 

優しくてまじめな女性ほど、「不倫相手のことを本気で愛しているけれど、夫のことを裏切れない」という板挟みの状況になりやすいもの。

 

夫の気持ちや不倫相手の気持ちを考えすぎると混乱してしまうので、まずは落ち着いて、自分の本当の気持ちをきちんと整理しましょう。
自分にとって「本当の幸せ」とはなんなのか考えると、これからどうするべきなのかの答えが見えてくるはずです。

 

おわりに

不倫相手のことを心から愛しているのに、それでもいろいろな事情があって離婚出来ない!という場合は、疑似的な離婚をしてみることをお勧めします。

 

まずは夫婦としての距離を少しずつ開けていきましょう。
寝室を別にする、ご飯を別々に食べる、など家庭内別居をしてみてはいかがでしょうか。
本気で不倫相手と一緒になりたいのであれば、一歩ずつでもよいから確実に離婚に向かって進んでいくことが大切です。

 

離婚が成立するまで長い時間がかかるかもしれないので、離婚の進捗状況をこまめに不倫相手に報告すると、相手を不安にさせずに済みますよ。

 

★おすすめの占い★

 

言い訳は聞き飽きた!離婚するつもりはあるの?!あの人の本音とあなたへの本気度

 

W不倫限定-二人のダブル不倫の結末をズバリ鑑定!

 

この不倫の結末は別れ?最終的に不倫相手が選ぶもの、二人の未来

 

不倫占い一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い






ページ上部移動する