12星座【好敵手が欲しい】ライバルがいないとダメな星座ランキング 牡羊座は競争相手がいないと、やる気すら出ない

ライバルがいるからこそ自分を高めることができる!
そんな状況は少年漫画の世界だけでなく、現実にだって十分あり得ますよね。
競う相手を意識し、闘争心を高めることでスキルアップしていく星座はどんな星座でしょうか?
好敵手を求める星座をランキングでご紹介します。

 

第1位 牡羊座・・・・・・「競争相手がいないと、やる気すら出ない」

競争して勝つことに喜びを感じる星座ですから、ただ頑張るよりも競争相手がいないとやる気すらでません。

 

同じレベルかそれ以上の好敵手があらわれれば、自分でも思っていない以上の力を引き出してしまうでしょう。
努力に努力を積み重ね、本番では実力以上の力を発揮してしまいます。

 

大勢の中で競うことも好きですが、こいつには負けられない!という相手がいた方が、より頑張れるでしょう。

 

第2位 獅子座・・・・・・「ライバルを打ち負かすドラマが欲しい」

どこにいてもトップを狙う獅子座にとって、周囲はいい意味でも悪い意味でもライバルです。
蹴散らす相手が多いほど燃えることもありますが、目立つ相手を負かすことにも意欲を燃やします。

 

自分が目立つためには、自分よりも目立つ人を打ち負かしたいと考えるでしょう。
ライバルに勝ち、トップに立つ姿を称賛されたいと願っています。

 

すんなりトップにいくより、ドラマティックな展開を望みます。

 

第3位 射手座・・・・・・「仲間のようなライバルを求めている」

障害が多いほど燃える性質を持っているため、ライバルがいるのは射手座にとっては嬉しい状況かもしれません。

 

真っ向勝負で爽やかに競いあい、勝っても負けても笑顔でたたえあうようなライバル、ときには仲間になれるような人を求めているでしょう。

 

「あいつが頑張っているから自分も頑張れる」というような、親友に近い感情を抱けるライバルがいると、強くなれる星座です。

 

第4位は山羊座

自分の立ち位置を確認するためにも、ライバルは是非ともいて欲しいと思うタイプです。
レベルアップするためには必要不可欠な存在。

 

相手の立ち位置を確認し、それを超えていくための目安にします。
ライバル心は見せずに、淡々と追い抜く算段を働かせるでしょう。

 

第5位は双子座

敵意はないけれど、他人よりは優れていたい、誰よりも物知りでいたいという欲求がある星座です。
ライバルがいれば意識し、おもしろがって自分を高めていくでしょう。

 

真剣勝負というよりは遊びに近い感覚ですが、競う相手がいる方が楽しいと感じています。

 

第6位は天秤座

人と争いたくない平和主義な星座ですが、センスや美的感覚には自信があるため、自分に近いタイプがいれば、意識してしまいます。

 

女子会には気合を入れてメイクしたり、センスのいいバッグを探したりと、勝負ではなくても勝ちたいという気持ちが働くようです。

 

第7位は水瓶座

他人と競うよりは自分のやりたいようにやるタイプです。
誰かと競うより、自分とその他大勢という立ち位置を好むでしょう。

 

自分の成果を世に知らしめたいとは思っても、こいつには負けたくない!という相手はいません。
優れた相手がいれば仲間になり、情報交換をしたいと考えます。

 

第8位は蟹座

仲間かそれ以外と、グループでくくって判断するため、自分と対立する誰かを強く意識はしないでしょう。

 

第9位は乙女座

先に行きたがる人がいれば、「どうぞどうぞ」と道を譲ります。
競うことや勝つことよりも、自分にできることを探すでしょう。
たとえそれが、負けの姿勢に見えても構いません。

 

人を押しのけていくことは苦手、人を助けていく方が性に合っていると自覚しています。

 

第10位は魚座

誰かをライバル視するよりは、味方を見つけて仲良くなるタイプです。
競争するより流されていたい人。強い人の後ろにくっついていたい人です。

 

勝負ごとがあっても、わざと負けることも。
勝って恨まれるよりも、負けて皆から同情される方が嬉しいタイプです。

 

第11位は牡牛座

他人を意識してペースを乱されることが苦手なタイプです。

 

勝つことよりも、自分のペースを守ることに必死になります。
たとえその結果が勝利に繋がっても、たいして喜びはしません。

 

勝ち負けにこだわらないため、淡々としているでしょう。

 

第12位 蠍座・・・・・・「人に勝っても満足できない」

周囲に感化されず、自分だけの世界に浸ります。
集団で行動するよりも、一人で集中しているときの方が楽しいことも。

 

自分のやりたいことをとことん模索していくため、意識する対象が人より興味のあることにいってしまいます。
競う場に引っ張りだされても、周囲の人を見るより勝負の内容に一生懸命になってしまうタイプ。

 

勝っても、自分が納得する内容でなければ満足できない星座です。

 

まとめ

ライバルがいると緊張するし、苦手だという人もいれば、ライバルがいるからこそ頑張れる!という人も。
競う相手がいることで成長できることもありますよね。

 

やる気が出ない、もっと頑張りたいなんて人は、ライバルを探してみることから始めてみるといいかもしれません。
好敵手が欲しい星座の方は、ぜひいい相手と巡り合ってくださいね。

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する