ソードの3(剣)[Three of Swords]

ソードの3

ハートが三本の剣で貫かれた、とてもインパクトのあるカードです。

人物が描かれておらず、背景は雨がざあざあと降っています。

曇った灰色の世界にはハートがより赤々と見えます。このハートは悲しみに暮れた心を表します。

交差して突き刺さる剣を抜こうにも、傷がひらくばかりに見えます。

 

この状況に陥ったら、このままそっと見守るしかないのかもしれません。

どんなに願ってもどうしても避けては通れない悲しい状況です。

人物が描かれていないカードは人の支配できない状況を表します。

背景の雨や嵐も含めて、コントロールできない状況なのです。

 

ソードの3の正位置のキーワード

悲しみ、傷心、分離、断絶、失望、不利、三角関係、三つ巴

 

ソードの3の逆位置のキーワード

疎外感、分ける、別れ、理不尽、混乱、無秩序、損失、失敗

 

 

 

ソードの3の正位置

 

 

ソードの3の正位置の意味

すでに悲しみに暮れた状況です。

正位置ではこの困難な状況に対してなかなか立ち直ることができずにいる状態です。

「悲しみ」「傷心」「分離」「断絶」「失望」「不利」といったキーワードとなります。

辛いことに対して抵抗する気力を失い、立ち直ることもできずにいる状況となります。

 

3のカードなので数字に関する解釈も含まれてきます。「三角関係」や「三つ巴」といった意味を示します。

また、ハートという身体の一部を刃物が貫いているカードであることから、外科や手術という意味を示す場合もあります。

 

【ソードの3の正位置】恋愛・対人関係

正位置では、恋人とライバルとの三角関係を表します。

現在すでに緊張状態であり、この複雑な関係が始まっていると捉えます。

また恋人が第三者に横恋慕している可能性もあります。

恋愛関係において別れを予感している状況ですが、予感通りに失恋を受け入れていくことが大切です。

この状況は大変つらいものですが、じっと耐え時間をかけて傷が癒えるのを待ちましょう。

 

対人関係では、仲間同士のもめ事を暗示しています。

ただの一時のもめ事ということではなく、グループや組織を分裂させるような大きな出来事に発展します。

お互いが心を痛め、それでも誰も止められないような状況となるでしょう。

 

【ソードの3の正位置】結婚

正位置では、恋人との結婚話はやがて無くなっていく予感があります。

決定的な原因や確信が持てなくても別れの道へと進んでしまいます。

予感していながら別れを止められないのは悲しいことですが、悲しみのあまりこの出来事を忘れられずにいるのは、ただ悲しみを引きずるばかりです。

引きずるのではなく傷を癒すために待つという時間の過ごし方をしてみましょう。

 

【ソードの3の正位置】仕事

正位置なら、職場でのもめ事で人間関係にヒビが入るかもしれません。

大きなトラブルに発展するきっかけが起こる暗示です。

トラブルが大きくなってしまっても時間をかけて乗り越えていけるでしょう。

また、どんなに辛くても仕事に対する姿勢や意識が変わらず信念を持って進めていく姿勢を表しています。

 

【ソードの3の正位置】金運

正位置では、苦しい状況から目を逸らしても問題を先送りするだけで何の解決にもなりません。

もし金銭に関わる問題があるのなら、決断を早めに行い、苦しみから解かれましょう。

ずっと目を逸らしたり避け続ける事はできない問題です。

決断することで苦しい状況になったとしても、遅かれ早かれやってくる問題ですから、早めに向き合うのが一番良い方法です。

借金の返済のような放置しておくと大きなトラブルに発展する問題は早期解決を行いましょう。

 

 

 

ソードの3の逆位置

 

 

ソードの3の逆位置の意味

逆位置では、悲しみの中その辛さに耐え切れずに抵抗をし、ますますつらい状況に陥っているような状態を指します。

「疎外感」「分ける」「別れ」「理不尽」「混乱」「無秩序」「損失」「失敗」といったキーワードとなります。

辛い状況を受け入れることが出来ずにいる状態を示します。

 

【ソードの3の逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、三角関係がバレて大波乱となる予感です。決定的な原因により破局を迎えるでしょう。

別れを予感しながら距離を置くことも考えられます。距離を置くという方法で事実上の決別をするのです。

三角関係の相手は恋してはいけないような相手となる場合もあり、もつれる結果となります。

ライバルや恋人に制裁を加えようとしても自分の心の傷をえぐるだけです。

 

復讐はやめておいた方が良いことを示しています。 対人関係では、考え方の相違で仲間が分裂していきます。

分裂には痛みを伴いますが、止めることは出来ません。

 

分裂の悲しみをどうにか止めようともがいても、かえって仲間同士の意思を逆なでして恨まれる事態となりますので、このまま収めておきましょう。

これも一つの形であり、この逆境とも取れる状況から自分はどうしていくのかを考えるべきです。

 

【ソードの3の逆位置】結婚

逆位置では、結婚話が解消され相手との破局を迎えます。

自然消滅ではなく、別れを決意する決定打となる出来事が起こります。

怒りや悲しみのあまり相手を恨んでしまうこともありますが、恨んだところで傷を癒すことはできません。

そればかりか新しい相手を探す事も出来ないので、早めに切り替えて次の道を進むのが良い方法でしょう。

 

【ソードの3の逆位置】仕事

逆位置では、派閥やグループなどに分裂して職場内の関係が変化していきます。

また自分がその職場にいながら外部にも複数の仕事を抱えるような状況となりそうです。

もし転職を希望するならデザイン関係が良いでしょう。逆位置では単純に仕事の失敗を表す場合もあります。

取り返しのつかない失敗となるため周囲も自分もショックを受け、しばらく引きずってしまう可能性があります。

 

【ソードの3の逆位置】金運

逆位置では、金銭がらみのトラブルが起こり、混乱した状況です。

なかなか解決の糸口がつかめずすっきりしません。

しかし、だからといって問題をもっと広げるのは良い方法ではありません。

混乱した状況であっても最善の方法を見つけ出して立ち直るような強さを身につけましょう。

 

ソードのカード 一覧

 

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

  1. ソウルナンバー33
  2. ソウルナンバー22
  3. ソウルナンバー11

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    Ⅶ戦車[The Chariot]

    • タロット用語集

    ワンドの6(杖)[Six of Wands]

あなたにおすすめの公開占い









ページ上部移動する