ソードのペイジ(剣の従者)[Page of Swords]

ソードのペイジ

ペイジは若い男性です。少年と言っても良く、目下の男性を表します。

旅の途中で道を振り返り剣を構えているのは、誰かに攻撃されないかと用心したり警戒している雰囲気が見て取れます。

また、剣の練習に勤しむ様子でもあります。

どちらにしても、このペイジには剣の練習に励み敵にやられてしまわないように振る舞う用心深さがあります。

 

ペイジはカードに描かれるように警戒を怠らず、剣を構えて威嚇をします。

ソードは風の属性であり情報や思考、論理といった性質を持ちます。

このカードは風の性質に加えて、ペイジの属性である地の属性の性質も持ち合わせます。

地の属性の特徴である現実的で真面目な性格も持っていると考えましょう。

ソードのペイジは敏捷さや冷静さ、シャープな感性を持っており、頭の回転が良く分析力や情報収集能力に長けているため、事前にリサーチして物事に堅実に取り組む若者を示しています。

 

ソードのペイジの正位置のキーワード

情報選別、鍛える、利口、分析能力が高い、勤勉、頭脳プレー、用心深い、警戒心、準備、駆け引き、受験、試験

 

ソードのペイジの逆位置のキーワード

裏切り、詐欺、姑息な手段、悪知恵、準備不足、無計画、不用心、不器用、不真面目、無責任、反抗的、疑心暗鬼

 

 

 

ソードのペイジの正位置

 

 

ソードのペイジの正位置の意味

ソードのペイジの人物像から、「情報選別」「鍛える」「利口」「分析能力が高い」「勤勉」「頭脳プレー」「用心深い」「警戒心」「準備」といったキーワードとなります。

他にも頭の回転が良く交渉が上手なことから「駆け引き」、またペイジがまだ若く力試しを行うことから「受験」「試験」といったキーワードもあります。

若く未熟でありながら努力家で冷静な少年のイメージです。

少年と言ってはいますが実際は若い女性の思考であったり年齢に関係なく子供っぽい一面を表すこともあります。

部下や使いの者といった人物像がペイジにあたります。

 

【ソードのペイジの正位置】恋愛・対人関係

正位置では、相手の出方を見た方が良い時期を示します。

恋人であれば相手の意見を聞き何を考えているのかをうまく聞き出しましょう。

誘う隙がないような人である場合もあります。

しかし信頼関係があれば他の人には言わない考えや感情を出してくれるはずです。

アプローチは難しいかもしれませんが、カンが良い人であるため、こちらに興味を持ってくれるでしょう。

 

対人関係では、信頼関係を築いていればお互いに利益を得られるように良い方向で考えることが出来ます。

この関係は強いものであり、他にはない優秀な人物であるため、敵に回すと手強い相手となるでしょう。

お互いに切磋琢磨し技術を磨いていける良い仲間たちです。

 

【ソードのペイジの正位置】結婚

正位置では、相手との関係が表面だけでなくその人を心から信頼できるなら結婚という結末でも良いことを示しています。

しかしいつどのように結婚の話をまとめるかは相手の必要なことです。

相手の意見を取り入れて状況を観察し、最適な日取りを計画しましょう。

相手に任せてしまうのではなく、相手の意見を聞いて出方を見ながら話しを進めましょう。

 

【ソードのペイジの正位置】仕事

どのような仕事に対しても臨機応変に対処出来るように準備しておきましょう。

その場で瞬時に分析や計算をして判断を行うような場面が想定されます。

目標があるのなら、一生懸命に努力をすることで達成することが出来ます。

営業職であれば交渉事がうまくいき駆け引きに勝てるでしょう。

 

信頼している相手との仕事であれば思った以上に尽くしてもらえます。転職を希望しているなら成功となります。

警察官や探偵、監視者や調査員が良いでしょう。

他にも技術系や分析をする仕事が向いているようです。

 

【ソードのペイジの正位置】金運

正位置では、こまめに貯金を行いましょう。

自分で目標を立て、そのための綿密な計画を立てて実行することで達成までの最短距離を進む事が出来ます。

出来なかった場合の言い訳は何のプラスにもなりません。

難しいよならその道のプロや成功している人に相談し、知識を深めましょう。

お金の問題は起こりにくいですが、詐欺や販売員などの口車に乗せられないよう気を付けましょう。

資産運用を促す商品にも気を付けておきましょう。

 

 

 

ソードのペイジの逆位置

 

 

ソードのペイジの逆位置の意味

ペイジの冷静で賢い性格を悪用した場合や、正位置のプラスの性格を反対の意味に捉えます。

「裏切り」「詐欺」「姑息な手段」「悪知恵」といった悪い性格を表すキーワードや、「準備不足」「無計画」「不用心」「不器用」「不真面目」「無責任」「反抗的」「疑心暗鬼」といったキーワードとなります。

逆位置ではこの様な人物が介入してくることを暗示したり、このような性格が災いすることを示しています。

 

【ソードのペイジの逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、恋人に対する態度がいつの間にか出しゃばり過ぎていて嫌われてしまうかもしれません。

フラれる可能性もあるので、自分の行動をもう一度見直しましょう。

計算したうえでの行動であるなら、その計算がいつの間にかズレて不利益な行動になっているようです。

発言には特に注意しましょう。告白を考えているなら、相手は軽薄な人物であり残念な結果となりそうです。

 

対人関係では、無責任な行動を起こす人物に注意しましょう。

言ったことの責任を取らなかったり無計画に行動を起こすなど、関係にマイナスとなるようなことばかりしてきます。

それが自分でないとも限りませんので、行動や言動には注意しましょう。

特にふいに出てしまったグチや悪口はすぐに本人の耳に入ってしまいます。

このようなことで周囲から孤立してしまう原因となります。

 

【ソードのペイジの逆位置】結婚

逆位置では、周囲からの結婚の反対があり難しい状況です。

結婚相手をいぶかしんでいる人が介入してきます。

また、結婚を決めていた相手に裏切られるかもしれません。

裏切り行為があったことを今になって知るようなショックな出来事も含まれます。

結婚を応援してくれるような味方は少なく、このまま話を進めるには無理が出てきます。

まだ難しい状況が続くようです。

 

【ソードのペイジの逆位置】仕事

逆位置では、計画を立てて規制を守りながら進める仕事が苦手のようです。

苦手なまま続けてしまうと周囲の扱いも悪くなり、やがて孤立してしまいます。

何でも雑に扱わず丁寧に行いましょう。

職場の無責任な人物や不真面目な人物が邪魔をしてくる可能性があります。

警戒しておくに越したことはありません。影響されないように注意しましょう。

 

【ソードのペイジの逆位置】金運

逆位置では、不労所得やギャンブルなどで楽にお金を手に入れることに興味を持ちます。

しかしそう甘くはないため、かえってお金を失ってしまうリスクにさらされます。

夢を見るのではなく、地に足をつけて努力して得られる収入に価値があると心得ましょう。

利益を最優先した行動は良いとは限りません。そのような不誠実な行動が結果として不利益となってしまいます。

 

ソードのカード 一覧

 

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    カップの8(杯)[Eight of Cups]

    • タロット用語集

    Ⅷ力[Strength]

    • タロット用語集

    ワンドの7(杖)[Seven of Wands]

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する