ソードのクイーン(剣の女王)[Queen of Swords]

ソードのクイーン

手に剣を持ち、真っすぐに立ててそれを見つめています。このように真横から人物を捉えたカードは珍しいでしょう。

クイーンは右手に剣を持ち、左の手は手のひらを上に向けて差し出しています。誰かに呼び掛けているようです。

これは右手には強い意志、左手の手のひらは受容的な心を意味するとされています。

ソードの性質である意志力と女性の性質である受容する力を併せ持った人物なのです。

 

優しさと威厳、思慮深さがあり、言葉は人々の心に響きます。

背景の鮮やかな青空が印象的ですが、王座と同じ高さの湧きたつ入道雲は、感情のエネルギーが昇華し強い意志に変わっていくことを示しています。

 

ソードのクイーンの正位置のキーワード

社交性、理解力、知的、物静か、洞察力、厳格、孤独、キャリアウーマン、不幸、未亡人、自他ともに厳しく正す

 

ソードのクイーンの逆位置のキーワード

女性の悲哀、了見の狭さ、偏見、一貫性に欠ける、批判的、意地悪、冷たい女性もしくは母親、頑迷、精神不安定、離婚女性

 

 

 

ソードのクイーン(剣の女王)の正位置

 

 

ソードのクイーンの正位置の意味

クイーンの性格を表す「社交性」「理解力」「知的」「物静か」「洞察力」「厳格」といった女性像がキーワードとなります。

王座につく女性の冷静で有能、誇り高い姿を示します。

また、クイーンの立場を表す「孤独」「キャリアウーマン」「不幸」「未亡人」といったキーワードも含まれます。

これはクイーンであるがゆえに抱えることになったものなのでしょう。

真っすぐに立てた剣は「自他ともに厳しく正す」といった正義のカードと似た意味があります。

自己や他社の受容、コミュニケーションを表します。

 

【ソードのクイーンの正位置】恋愛・対人関係

正位置では、恋も仕事もバリバリこなすような熱い心の持ち主を表します。

社交的でしゃべることが得意でなくても、洞察力に優れているためこの人物の言葉は不思議と力があります。

相手を受け入れる力があるため、恋人や周囲の人は心地よさを感じるでしょう。

一方で信頼のおける人物であるため、ないがしろにはされません。

 

また女性から誘う恋愛を意味します。女性のリードで恋が進んでいくようです。

比較的オトナで静かであり、はしゃいでハメを外すような恋愛にはなりません。

信頼を高め合うような恋愛関係となるでしょう。 対人関係では、機転をきかせ、

冷静沈着な行動をすることで仲間との関係も良好となります。

 

もし仲間内に女性がいるなら、物事の進行を任せてしまっても良いでしょう。

自分だけを優先したり、相手に合わせすぎたりするのは良い付き合い方ではありません。

もし仲間が間違った方向に進んでいるのなら、勇気をもって注意をしましょう。

こういった行動によりますます関係が深いものとなるでしょう。

 

【ソードのクイーンの正位置】結婚

正位置では、長く社会に出ていた人のオトナの結婚を表します。

また、離婚歴のある人の結婚という意味にもとります。

精神的に成熟した人の結婚であるため、派手ではなく、現実問題を考えながらの結果となる場合が多いでしょう。

結婚に至るまで多少の問題があっても冷静に受け止め乗り切っていけます。

結婚後の生活の変化や関わる人の変化にも柔軟に対応できます。

女性であれば、仕事と両立するのは難しくなく、良いペースで行っていけます。

 

【ソードのクイーンの正位置】仕事

正位置では、商才のある女性を表します。

キャリアウーマンでばりばり働き、状況や相手の心を見抜く力があるため、後輩や仲間うちからも信頼を得られます。

強い意志を持って仕事に当たることで、周囲からの信頼を勝ち取れ、スムーズに仕事が進んでいくでしょう。

コミュニケーションがスムーズに行えるので、接客業が向いています。また経営でも良いでしょう。

 

【ソードのクイーンの正位置】金運

正位置では、お金に関する問題に対しては、冷静に熟考した上で行動を起こしましょう。

特に必要な物だけに使う様にした方が良さそうです。

消費する時は情報収集したり分析することで最も効果的な使い方を見出せます。貯蓄も合理的に行いましょう。

 

 

 

ソードのクイーン(剣の女王)の逆位置

 

 

ソードのクイーンの逆位置の意味

クイーンの抱える問題や性格の短所とされる「女性の悲哀」「了見の狭さ」「偏見」「一貫性に欠ける」「批判的」「意地悪」「冷たい女性もしくは母親」「頑迷」「精神不安定」といった女性特有のキーワードとなります。

また「離婚女性」という意味としてとることもあります。

大アルカナの女帝や女教皇のように、人物が女性である場合の逆位置は感情的で冷酷な女性像であることが多いですが、加えてソードの風の性質も合わせて解釈していきます。

 

【ソードのクイーンの逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、恋愛に冷めた恋に興味のない人物を表します。人を遠ざけ恋愛を馬鹿にしているところさえあるようです。

本人には自覚がないのかもしれません。また、恋多き人物を意味することもあります。

付き合いはその場限りであることも多く、一人の人に信頼を寄せて落ち着くことがありません。

恋を楽しんではいますが、本気ではないようです。

 

対人関係では、嫉妬が強く批判的になりがちです。複数の人と交流することに興味がなく、チームワークにも非協力的です。

感情的なのでそのようなマイナス面が前に出て他人に影響を与えるため、人が離れていってしまい孤独になりがちです。

他人との価値観の違いや尺度がズレているのは、ある意味当たり前のことです。

自分の意見とは別に客観的に見る事も必要となります。

 

【ソードのクイーンの逆位置】結婚

逆位置では、結婚という変化や相手のいる生活を受け入れることがなかなか難しく、あまり向いていないようです。

また結婚に対して否定的で批判をしたがります。

離婚歴があり、そのためにこういった態度となっているのかもしれません。

また、結婚後に姑や小姑など、自分を否定するような女性が介入してくる暗示があります。

価値観が違うというだけで悪意を持った言葉を投げかけます。

相手にしなくて良いですが、悪い噂を流される可能性もあるので注意しましょう。

 

【ソードのクイーンの逆位置】仕事

逆位置では、仕事中であっても感情面を優先して理屈の通らない事を言い出したり、自分の都合を優先するような行動を起こしてしまいます。

一貫性に欠けており、他人から見て理解しがたい部分があるため信頼を勝ち取るのは難しいようです。

強い偏見があるので、周囲の常識的な範囲での見方が出来るように心掛けましょう。

 

【ソードのクイーンの逆位置】金運

逆位置では、感情的にお金を使う事に注意しましょう。

特に使い方に一貫性がなく、お金の動きも不安定になります。

お金に関しては常識的な使い方を忘れないようにし、使う前にその出費が本当に有意義なものかもう一度考えるようにしましょう。

 

ソードのカード 一覧

 

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    Ⅱ女教皇[The High Priestess]

    • タロット用語集

    XXl世界[The World]

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する