Xlll死神[Death]

死神(しにがみ)

タロットの中ではとても有名なカードの一つで、一般的に不幸の象徴のようなイメージがあります。

しかし死神は生きとし生ける全ての者にやってきて、平等に訪れる死を告げていきます。

 

そして死の次のステップは再生であり、終わりを告げて再生に向かわせるよう働きかけるのが死神の仕事なのです。

急な終わりというよりは、終わりに向かうプロセスを指します。

 

これは農期でいえば刈り取りを意味し、秋を意味するカードとなります。

死神の通った地面には緑が芽吹き、遠くに昇る太陽は新しい時代の到来を告げています。

強制的な刷新をさせ、人の魂を進化させる力を持つのがこの死神なのです。

けっして暗いだけのカードではなく、先に希望が見えるカードなのです。

 

死神の正位置のキーワード

停止、終末、破滅、離散、終局、清算、決着、死の予兆、終焉、消滅、全滅、満身創痍、ゲームオーバー、バッドエンディング、風前の灯

 

死神の逆位置のキーワード

再スタート、新展開、上昇、挫折から立ち直る、再生、起死回生、名誉挽回、汚名返上、コンティニュー

 

 

 

死神の正位置

 

 

死神の正位置の意味

死神の持つ終始を告げる言葉、強力な刷新力を表す言葉がキーワードとなります。

「物事の終わり」「強制的な終止符」「潮時」「節目」というような終わりを表す言葉や「転換期」「変容」「心機一転」のような変わりゆく意味を表します。

死神は「そろそろ終わりですよ?終わりにしませんか?」と問いかけているので、正位置では告げられたことを受け止めるような動きがカードの意味となります。

 

【死神の正位置】恋愛・対人関係

正位置なら、恋愛の潮時です。喧嘩ばかりしていたパートナーとはすっきり別れられます。

予定していた別れでない場合多くは心の傷を感じて悲しみに暮れるかもしれません。

しかしこの別れはあなたが良い恋愛をするための必要な別れです。

気持ちよくまた新たなスタートを切りましょう。遠距離恋愛を示す場合もあります。

 

フリーなら、恋人が出来るタイミングではないため今は難しいでしょう。

しかし恋愛がうまくいかない原因ともサヨナラできるので、今後の恋愛運上昇が見込めます。

つながりたい相手と縁が切れるかもしれませんが、悲しまず次へのステップとして捉えましょう。

 

対人関係では、親しかった人間と絶好状態となるかもしれません。しかし悪縁を切ったと思ってください。

強制的な刷新ですから、良縁がもう悪縁となり今後のあなたの足を引っ張るだけになったため切れてしまったのです。

一時は寂しいですが、これにより違うメンバーと良い関係を築けるようになるでしょう。

 

【死神の正位置】結婚

正位置なら、不誠実な相手との別れにより運が開けてきます。

今の相手が結婚に向いているかよく考え、向いていないのなら白紙に戻して結婚を考え直しましょう。

また結婚を拒否される場合もあります。

これは一時的には悲しい思いをしますが別れた後の方があなたの結婚運は上昇します。

 

フリーなら、結婚のために無駄な恋愛に終止符を打ちましょう。

相手にフラれてしまうこともありますが、受け止めて未来につなげるよう立ち直ってください。

物事の終わりと新たな始まりというテーマである死神は、恋愛を終わらせ結婚をスタートさせるカードです。

けっして別れたその人だけがこの先も良い相手というわけではありません。

傷心しますが生まれ変わることを信じましょう。

 

【死神の正位置】仕事

正位置の場合、突然のリストラや失業、会社の倒産を表します。

また遠方への転勤や異動の可能性もあります。

仕事を辞めたいと思っていた人には転職の時期を示します。

 

業績は悪く、仕事の運気はどんどん下がっていくようです。仕事中の致命的なミスに注意しましょう。

体調の悪化でクビになることもあります。

もし他の才能を伸ばせるのなら思い切った転職も良いでしょう。

心機一転して条件が良くなる可能性もあります。

 

【死神の正位置】金運

正位置の場合、突然の出費が懸念されます。

お金を失っても手切れ金のように何かの縁を進んで切るのなら吉と出ます。

しかし物でも人でも縁をつなげておくために使うのなら良い使い方とは言えません。

 

自分を生まれ変わらせるような遠方の海外旅行や海外赴任、留学などには進んで使ってOKです。

考え方を変える良い経験が出来ます。貯蓄運は悪いので、貯める計画をする時期には向いていません。

支出の原因となるものは手放してこれからの運気の回復を待ちましょう。

 

 

 

死神の逆位置

 

 

死神の逆位置の意味

死神の行う循環がうまくいかない様子がキーワードとなります。

「不完全燃焼」「再生不完全」といったことや「白黒がはっきりしない」ことや「刷新できない」状態です。

さらに死と再生が行われず「ぶり返す」「起死回生」「諦めていたものが戻る」ようなことも表します。

 

逆転劇のような状況です。命に関わる表現が多く、「九死に一生」という言葉も当てはまります。

良い意味だけのように感じますが、循環がうまくいかないということは死のまま再生しないということにもあるので、状況で見極めます。

 

【死神の逆位置】恋愛・対人関係

逆位置なら、恋愛では復縁を意味します。

あきらめかけていた相手との再開や復縁があり、元のさやに戻ることも。

嬉しいことのようですが、本意ではない復縁も含まれますので、きっぱり別れきれずにずるずる続いている可能性もあります。

良いかどうかは状況で判断しますので、望んだ復縁であれば幸福感を味わえるでしょう。

 

フリーなら、過去を引きずって先に進めない状況です。未練にしばらく苦しむかもしれません。

終わったことを受け止めて新たな恋へと移行しましょう。

 

対人関係では、友人の中に自分を良く思わない人物がいる事に気付いてしまうかもしれません。現在は変容の真っ最中なので、悪縁を切るようにしてみましょう。またなかなか切れずに面倒な関係になるかもしれません。

執着はせず進んで付き合うのはやめておきましょう。

 

【死神の逆位置】結婚

逆位置では、離婚歴があるならまた同じ相手と再婚するかもしれません。

もしくは以前付き合っていた相手と再会しまた共に生活するようなことも。

ハッピーなら良いですが、「本当は嫌なんだけど○○のために」というような不本意なものであればその縁も一時でしかありません。

 

フリーなら、結婚運は停滞しています。

あの人と結婚したかったなあという妄想に取りつかれ、心が前へ進める状態ではありません。

そうでない場合は、今は結婚準備への移行期間と考えて過ごしましょう。

良い思い出を思い出して浸るのは自由ですが、それはすでに幻であることを覚えておきましょう。

 

【死神の逆位置】仕事

逆位置なら、奇跡的な業績の回復で危うかったクビもぎりぎりつながります。

これは一時的なことでしかないので、本当に回復させるのなら、古いやり方を捨てて新しいやり方を模索して変えていく努力が必要となります。

もし仕事がどうにも発展しそうになく意欲がわかないのなら、辞める事も視野に入れて考えましょう。

ずるずると続けていくことは、運気も低迷しており回復は見込めないでしょう。

 

【死神の逆位置】金運

逆位置では、例えば化粧品や洋服、車など過去への執着からお金を無駄に使ってしまうことがありそうです。

過去の栄光は二度と戻りません。意識を未来に向けて自分のために運用していくよう変化していきましょう。

 

また興味のないものへズルズル出費していたら、すぐやめるようにして下さい。

一時的に使ったお金が戻ってくるようなことがあるかもしれません。

しかし所詮は一時的ですぐになくなりやすいお金なので、有効に使い無駄をなくすよう気を付けましょう。

大アルカナ一覧

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    ワンドの3(杖)[Three of Wands]

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する