ワンドの8(杖)[Eight of Wands]

ワンドの8

背景と棒だけで人物が描かれていないカードです。

このカードは人間を描かないことで人間の力の及ばない流れや出来事を意味しています。

並んだ8本の棒が空を飛んできたかのように描かれています。

これは猛スピードで飛行し空から着地しようとしている棒の姿です。

誰のもとに飛んで来たのかは描かれていませんが、背景の青空のような清々しい良い知らせを運んできたとも考えらえます。

遠くの小川は自然の流れを意味し、穏やかで明るい情景でありながら、予想外の新しい局面を知らせるカードでもあります。

 

ワンドの8の正位置のキーワード

スピード、チャンス到来、次々繰り出す、良い知らせ、スピード感、突然の変化、急な知らせ、時間の流れ、問題がない様子

 

ワンドの8の逆位置のキーワード

渋滞、遅延、ゆっくり動く、分散、乱れ、邪魔が入る、争いに巻き込まれる、嫉妬、内輪

 

 

 

ワンドの8の正位置

 

 

ワンドの8の正位置の意味

棒の飛ぶ様子から「スピード」「チャンス到来」「次々繰り出す」「良い知らせ」といったキーワードとなります。

棒はそれぞれが良い知らせと考えられ、猛スピードで到着するため「スピード感」や「突然の変化」「急な知らせ」といった意味と取ることが出来ます。

また穏やかな情景から「時間の流れ」「問題がない様子」も意味します。

 

【ワンドの8の正位置】恋愛・対人関係

正位置では、積極的な告白やアピールを意味します。

恋愛は勢いがあり、何度も何度もアタックしたりアプローチすることで良い結果となります。

もしアピールするならスピード感を持って行うのが効果的です。あきらめずに何度も果敢にチャレンジしましょう。

 

恋人がいるならダラダラした付き合いではマンネリしてしまうので、刺激のある付き合いが良さそうです。

 

対人関係では、意思やメッセージが相手に伝わりやすいので良い流れで交流することが出来るでしょう。

一度流した情報やメッセージは自分の手を離れてしまえば相手に任せるしかありません。

しかし自分に戻ってくる時には良い知らせとなって返ってくるので、スムーズに仲間内と情報共有できます。

仲間とのイベントは早めに計画して自ら動いて行えば予定を合わせるのも苦労しなくて済むでしょう。

 

【ワンドの8の正位置】結婚

正位置では、付き合いの早い段階でも決断が良い結果となります。

結婚したいと思ったらすぐにそのことを伝えましょう。

また付き合ってまだ間もない状態でもプロポーズされるかもしれません。その時でも答えは早い方が良いでしょう。

しかし一度相手に答えを求めたら返事が来るまではじっと待った方が良さそうです。

何度も打診するのは避けましょう。

 

フリーなら、婚活すると決めたらすみやかに手を打ちましょう。

婚活イベントへの参加などはすぐに決め、チャンスを逃さないように動くと良い時期です。

 

【ワンドの8の正位置】仕事

正位置なら、何事も迅速な対応をすることでより良い結果をもたらします。

特にメールの返信や取引相手とのやり取りはスピーディーに行いましょう。

突然の昇進や転勤、異動の可能性があります。転勤は栄転に近いものなので良い知らせとなるでしょう。

また先延ばしになっていた企画の方向性が決まり始動するかもしれません。

サポートしてくれる仲間もいるので状況の変化を受け入れて行動しましょう。

転職するなら今が向いています。スピーディーに活動を行っていきましょう。

航空関係や旅行会社、物流関係が良いでしょう。

 

【ワンドの8の正位置】金運

正位置なら、宝くじが当たったり資産運用に成功したりと金運が動く暗示です。

予期せぬ変化なので驚くようなこともあるかもしれません。

今までにない大きな成果を望むなら、初めてでも怖がらずに投資をしてみたり、新しい運用方法にチャレンジすることが良いでしょう。

早く始めれば結果も早く現れます。

突然予定外の相続をして資産が増えることもあるかもしれません。

 

 

 

ワンドの8の逆位置

 

 

ワンドの8の逆位置の意味

正位置とは反対にスピード感のなさを意味する「渋滞」「遅延」「ゆっくり動く」といったキーワードとなります。また棒がたくさん並んでいる様子を「分散」や「乱れ」と取ることもあります。正位置では追い風となるような良い知らせであったのに対して、逆位置では足止めとなるような悪い知らせを意味します。対人関係では「邪魔が入る」「争いに巻き込まれる」といった面倒事や「嫉妬」や「内輪もめ」のような意味となることもあります。

【ワンドの8の逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、恋人とはおざなりの関係となってしまうようです。

こちらから何か働きかけても口だけで適当にあしらわれ、なかなか行動に移してくれません。

また反対に相手にしつこく何度も誘われ気分が乗らないといった状況です。

今は付き合いがゆっくりとなり関係が進まない時期です。

 

フリーなら、気になる人をしつこく誘ったり、また誘われたりすると余計に関係が悪い方向に流れる時期です。

付き合う気がないならきっぱりと断りましょう。

今はまだ片想いのままとなりそうです。

 

対人関係では、交流を持つために何か働きかけても集まりが悪く企画などは難しい状態です。

特にやる気のない集まりとなる可能性もあります。

積極的に関わろうとしても一方的となるため、この時期は人の動きに期待しない方が良さそうです。

 

【ワンドの8の逆位置】結婚

逆位置では、結婚話が進みにくい時期です。

恋人との結婚を望んでいても身近な人からの邪魔が入ったりしてやる気が失せてしまいます。

今はチャンスがない時期と割り切って、今よりも悪い関係とならないように気を付けて乗り切りましょう。

 

フリーなら、運気は停滞気味です。結婚したくても反対する人からの邪魔が入ります。

また独身同士の嫉妬により、あなたに抜け駆けされないように周囲の友人からマイナスの働きかけがあるかもしれません。

今のままではチャンスもなく相手選びに失敗することもありますので、焦りで婚活するのはやめておきましょう。

 

【ワンドの8の逆位置】仕事

逆位置なら、同じ失敗を繰り返し仕事がなかなか進んでいきません。

また営業をかけた相手から返事がなく手ごたえのないものとなりそうです。

仕事が遅く進みが悪い時期となります。

社内の派閥争いに巻き込まれたり、同僚のライバルに嫉妬されたりと面倒なことも起こる暗示です。

待ちの仕事が多いためつまらないと感じることが多いでしょう。

 

【ワンドの8の逆位置】金運

逆位置では、あちらこちらで出費があり貯金や収入が少なくなっていってしまいます。

小さな収入はあるものの、貯蓄まで育てる事がなかなかできません。

買い物は計画を立てて行い、お金は少しでもきちんと手元に残して急な出費に備えましょう。

予定の収入が遅れて入る可能性もあります。

もし資産やお金で漠然と悩んでいるならFPなどのプロに相談してみることが大事です。

 

ワンドのカード 一覧

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    ワンドの9(杖)[Nine of Wands]

    • タロット用語集

    タロット占いとは?

    • タロット用語集

    カップの10(杯)[Ten of Cups]

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する