ワンドのクイーン(杖の女王)[Queen of Wands]

ワンドのクイーン

飾りのついた木の杖を手にした女性が座っています。

もう片方の手にはヒマワリを持ち、曇りのないおおらかな心を象徴しています。

その心を慕ってネコがそばに座っています。華やかな衣装は目が覚めるように鮮やかです。

クイーンの堂々とした性格や周囲を明るくするような華やかさを表しています。

女性でありながら、誰もが慕うようなリーダー的存在であるクイーンは、圧倒的な存在感です。

しかし偉そうなわけではなく、愛情深くチャーミングで頼りがいのある人物と言えます。クイーンは女性の水の要素を持っており、さらにワンドが持つ火の要素も持ち合わせた人物となります。

 

ワンドのクイーンの正位置のキーワード

強くて寛大、アネゴ肌、リーダー、気さくな女性、天真爛漫、面倒見が良い、積極的、親切

 

ワンドのクイーンの逆位置のキーワード

ヒステリック、依存心が強い、ワガママ、お節介、好戦的、嫉妬深い、プライドが高い、不誠実、責任転嫁、女王気取り、魅力がない

 

 

 

ワンドのクイーンの正位置

 

 

ワンドのクイーンの正位置の意味

正位置ではクイーンの人を惹きつける性格要素を表します。

「強くて寛大」「アネゴ肌」「リーダー」「気さくな女性」「天真爛漫」「面倒見が良い」「積極的」「親切」といった積極的な女性の性格がキーワードとなります。

女性といえば大アルカナの女帝をイメージしますが、共通キーワードも多く、どちらも華やかで母親要素があり、豊かさの象徴となります。女性特有の需要的要素でもあります。

正位置では、人に好かれ人が寄り付くような要素を表します。ワンドのクイーンは女帝よりもより母親要素が強く、母性や母親自身、子供を育てた経験のある女性を示します。

 

【ワンドのクイーンの正位置】恋愛・対人関係

正位置なら、年上の彼女や姉さん女房のような、母親的な要素も少し含まれます。

誰からも慕われるおおらかな人と明るくオープンな付き合いが出来るでしょう。

また付き合うその人を表すカードです。フリーならそのような魅力のある人との出会いを表します。

親切で面倒見の良い相手に惹かれていく暗示です。恋人との関係であれば、彼女へのアドバイスとなります。

男性への包容力と明るさ、気さくな雰囲気が良い関係と導くでしょう。

 

人間関係なら、アネゴ肌的な人物や成功している地位の高い女性を頼りにしてみると良いようです。

誰もが信頼できる人物であれば、良き仲介者となり関係を向上させるためにアドバイスや手伝いをしてくれます。仲間内だけで揉めるのではなく時には頼ることも大事です。

 

【ワンドのクイーンの正位置】結婚

正位置の場合、クライアントが男性であれば年上の女性との縁談が良いでしょう。

献身的で愛情深く、面倒見の良い女性との縁談の暗示でもあります。

バツイチの可能性もありますが、経験に関わらず良い縁となります。

 

クライアントが女性であれば、男性の面倒を良く見て家庭を守ってあげるようにすると運気が上がります。

家庭よりも仕事を優先とするとうまくいかないかもしれません。

仕事を続けながら母や妻という立場を優先できるのが良いようです。

 

フリーなら、婚活イベントでのプロフィールには家庭的なイメージを持たれるように書いておきましょう。

対象が年下の男性でも良い暗示です。

 

【ワンドのクイーンの正位置】仕事

正位置では、女性関連の商品やサービスにツキがあります。

もし企画を練るなら女性の喜ぶものを考えてみてください。女性の多い職場にラッキーのヒントがあります。

アドバイスを求めるなら、面倒見が良くおおらかで明るい人物、もしくは地位のある女性の上司に相談してみましょう。

転職では下着メーカーやメイク関係、女性雑誌関連などの女性に関係する職場が良いようです。

女性の実業家に縁がある仕事でも良いでしょう。

 

【ワンドのクイーンの正位置】金運

正位置では、大変実りの多い運気となります。

今後ますます増えていく流れですので、将来性があります。

資産運用や投資なら今よりも広がっていくでしょう。

しかし攻めだけではなくどちらかというと守りを意識した方が良い暗示です。

その道のプロにアドバイスをもらいましょう。

お金は貯蓄も大切ですが、楽しむために使うことも良い暗示です。

どちらかに偏るのではなく、どちらもほどほどに満たせるようにうまく使っていきましょう。

 

 

 

ワンドのクイーンの逆位置

 

 

ワンドのクイーンの逆位置の意味

正位置とは反対に、人に煙たがられるような性格要素を表します。

「ヒステリック」「依存心が強い」「ワガママ」「お節介」「好戦的」「嫉妬深い」「プライドが高い」「不誠実」といったキーワードとなります。

他にも女教皇や女帝などと共通するキーワードとして「責任転嫁」「女王気取り」「魅力がない」といったものも挙げられます。女性特有の短所が逆位置のキーワードとなっています。

 

【ワンドのクイーンの逆位置】恋愛・対人関係

逆位置なら、恋愛に母親が干渉してくる暗示です。

母親の嫉妬が強く男性はマザコンの可能性が高いため、女性にとっては面倒な恋愛となります。

女性のことを占った場合は、その女性が過干渉気味でお節介やきの可能性があります。

単にリードが上手な女性を意味することもありますが、それが過ぎるとプライドが高く男性に対して上から目線で接することも出てきます。

火の性質と水の性質を併せ持つカードのため、機嫌がころころ変わりやすく、男性を振り回すタイプの女性のようです。

 

対人関係では、感情が入り過ぎて関係がうまくいかない状況です。

ビジネスライクになれず、マイナスの感情が入り交じっているためスムーズに関係を築けません。

クセのある女性が内部をかき回しているとも取れます。

職場の関係では、公私混同が甚だしく障害となっている場合もあります。

女性のわがままが輪を乱していないか注意して観察してみましょう。

 

【ワンドのクイーンの逆位置】結婚

逆位置では、クライアントが男性の場合、母親や周囲の年上の女性が邪魔をしている暗示です。

職場の女性の上司や親戚なども含まれます。

あなたが可愛いがゆえに嫉妬しているようです。

クライアントが女性であれば、上から目線過ぎて男性が引いてしまっています。

もう少し気さくな態度に改めれば結婚も近づいてくるでしょう。

メイクや服装の横着が運を遠ざけていますので、身だしなみに気を付けましょう。

手抜きは男性をげんなりさせてしまいます。

 

【ワンドのクイーンの逆位置】仕事

逆位置では、方針や指示がころころ変わるような指導者に困らされる暗示です。

女性とは限りませんが、目上の人物に振り回されるかもしれません。

またそのような女性であれば、感情的に話をしていることもありますので、冷静に対処し礼儀を持って接しましょう。

年上の女性を怒らせるような態度をとると状況がこじれてしまうようです。

ありがた迷惑をされたり、仕事と関係のないところを詮索されたり、お節介されてスムーズに進まないこともあるようです。

 

【ワンドのクイーンの逆位置】金運

逆位置では、株やギャンブルなどは「負けず嫌い」にならないように注意が必要です。

一時のマイナスは「これから取り戻したい」という考えになりがちですが、深追いしすぎて損しないように注意が必要です。

資産運用は感情的になるのを抑え、冷静に分析をして行うのが大事な時期です。

散財気味な運気なので、なるべく貯蓄出来るように家計を組みましょう。

特に「むしゃくしゃしてストレス発散に買い物した」「高いものを食べすぎた」といった衝動に気を付けたい時です。

 

ワンドのカード 一覧

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    XVll星[The Star]

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する