ワンドの5(杖)[Five of Wands]

ワンドの5

若者たちが木の棒を持って格闘している様子が描かれています。

若者たちは仲間であり、身近な良きライバル同士です。

格闘することでお互いの力を磨き、仲間意識も高め合います。

 

棒の向きがそれぞれバラバラなのは、個性の違いや方向性の違いを表しています。

穏やかな青空のような背景は、空き地でチャンバラごっこをする少年たちのような楽しげな雰囲気でもあります。

若い時はとにかく自分を目立たせたい、勝ちたいという前のめりな気持ちでいっぱいです。

 

しかし自分をうまく表現できないもどかしい気持ちもあります。

そんな若さゆえの葛藤も含まれる、有意義な喧嘩のカードです。

 

ワンドの5の正位置のキーワード

競争、ライバル、争い事、力の融合、十人十色、内的葛藤、誰かと戦わなくてはいけない

 

ワンドの5の逆位置のキーワード

論争、訴訟、もめ事、謀略、長引くもめ事、謀略、長引くもめ事、喧嘩の沈静化、戦いによる消耗、一時休戦、諦めの気持ち

 

 

 

ワンドの5の正位置

 

 

ワンドの5の正位置の意味

正位置では「競争」「ライバル」「争い事」といった見てのとおりのキーワードとなります。

仲間同士で切磋琢磨するという意味では「力の融合」「十人十色」といったキーワードも含まれます。

意見をぶつけ合うことで良い案を作っていったり、競い合うことでタイムを伸ばすスポーツのような、良い争いを描いています。

 

また他者との争いを自分の心の中の「内的葛藤」と捉えることもあります。

実際の争い事はまだ起きていなくても「誰かと戦わなくてはいけない」と思っている心情自体を表すこともあります。

 

【ワンドの5の正位置】恋愛・対人関係

正位置では、恋人がいてもライバルが多く気の抜けない状態です。

その分自分を高めてより良く見せようとするため、結果的に恋人は喜ぶかもしれません。

しかし自分としてはハラハラしてしまうでしょう。

また、恋人から嫉妬されてケンカをしてしまうかもしれません。

 

フリーなら、今気になっている人がいてもライバルの多い恋となります。

恋の駆け引きも駆使するエネルギッシュで忙しい恋となります。

努力すれば勝ち抜けできますので頑張り時です。

 

対人関係では、仲良しグループというよりも、相手を見て自分をより高めるような仲間でもありライバルでもある良い関係となります。

騙し合うような争いではなく、あくまで正々堂々と挑める相手です。

技術や生活、趣味の実力の向上につながる良い仲間となりますので、良い付き合いとなるでしょう。

 

【ワンドの5の正位置】結婚

正位置の場合、理想的な結婚を望むあまり自分の意見を出し過ぎて相手と言い争いをしてしまいそうです。

しかし大喧嘩ではなく、お互いにより良い折り合いを見つける事が出来そうです。

意見を言う事はけして悪いことではなく、妥協したりお互いの考えを知っていくための行動として今後の役にも立ちます。

 

フリーなら、婚活パーティーなどで人気のある異性に近づけそうです。

しかし高嶺の花にはライバルも多く、より自分を磨いてアタックしましょう。

自分磨きの良い刺激となります。

 

【ワンドの5の正位置】仕事

正位置なら、競合が多く一番になるのは難しいようです。

しかし少しでも自分の実力を磨くことで高みを目指せます。

ディスカッションをすることでより良い案が出てきます。

苦手であっても仲間内の厳しい意見を取り入れていきましょう。

プレゼンでは努力次第ではライバル社を抜いて採用される可能性があります。

仕事は繁忙期に入り余裕がありませんが、それなりに楽しく過ごせます。

 

【ワンドの5の正位置】金運

正位置では、収入を増やすことと支出を減らすことの、両方の努力が必要となります。

どちらも良い方法を試行錯誤して見つけていきましょう。

努力した分だけ形になるので、収入は楽して儲けることはできません。

お金に関する問題が発生しやすい時期です。特にもめ事には注意しましょう。長引くと良くありません。

 

 

 

ワンドの5の逆位置

 

 

ワンドの5の逆位置の意味

正位置と同じ様な「論争」「訴訟」といった争い事を表すキーワードとなります。

良い争いというよりも「もめ事」を表します。

正位置のようなスポーツの爽やかさはなく、後味の悪い争いとなるため「謀略」や「長引くもめ事」といった意味合いとなります。

 

また「喧嘩の沈静化」や「戦いによる消耗」「一時休戦」「諦めの気持ち」といった戦い疲労のようなマイナス面を指す場合もあります。

 

【ワンドの5の逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、恋人を誰かに取られてしまうような、争いに敗れる兆しです。

ライバルから自分の短所をこっそり恋人に知らされてしまうような、目に見ないところでの意地悪をされるかもしれません。

 

フリーなら、なかなか恋愛が盛り上がりません。

自分でもその気が起きにくく、たとえ相手に誘われてもムードが作れず恋愛を楽しむ感じではないでしょう。

今はそういう時期であると割り切ってまた時期を見計らってチャンスを掴みましょう。

 

対人関係では、仲間の意見のまとまりがなく一時的に離れてしまうかもしれません。

また、小さな喧嘩が起きて目的よりも喧嘩をすることに夢中になり生産的な付き合いではなくなってしまいます。

疲れるつき合いとなりますので、精神的に消耗してしまいそうです。

しかし最終的にはまた仲間が戻ってきますので、そんなに心配はいらないでしょう。

 

【ワンドの5の逆位置】結婚

逆位置では、恋人や親族などとの話し合いに疲れて結婚に対する意欲がなくなってしまう暗示です。

一時的なものではありますが、憧れと現実の違いで疲れてしまいます。

結婚式の打ち合わせなども、長く何度も通わなくてはいけないので消耗してしまいます。

 

フリーなら、結婚に対する考えや意欲がなくなり、しばらく婚活休止中となりそうです。

またすごく気に入ったお見合い相手にフラれてしまうなど、心にダメージを負ってしまう事もあるでしょう。

しかし自分を癒し自分磨きに努める事でまた心が復活できます。

 

【ワンドの5の逆位置】仕事

逆位置では、競合に敗れなかなか実力を発揮出来ないでしょう。

交渉事もまとまりにくく、話が進みにくい時期です。仕事熱も冷め気味なので今は静かに過ごしましょう。

自分の見えないところで談合や裏取引が行われているかもしれません。

巻き込まれないように注意しましょう。

 

【ワンドの5の逆位置】金運

逆位置では、消費が多くなかなか貯蓄ができない暗示です。

お金の悩みで心が疲れてしまいますので、一時的でも頭から離しておいて下さい。

なかなか形にならなくても無駄ではないので、悩んだ分は今後に生かされるでしょう。

しかしそれが今ではないのが難しいところです。

どのようにして課題に立ち向かうかを考えて考え抜いた先に答えがあります。

 

ワンドのカード 一覧

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

    • タロット用語集
    • 2017/11/19

    木星丘-手相占い

    • タロット用語集
    • 2017/11/18

    第二火星丘-手相占い

    • タロット用語集
    • 2017/11/17

    地丘-手相占い

    • タロット用語集
    • 2017/11/16

    土星丘-手相占い

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集
    • 2017/9/17

    ワンドの10(杖)[Ten of Wands]

    • タロット用語集
    • 2017/9/15

    Ⅴ教皇(法王・司祭長)[The Hierophant]

    • タロット用語集
    • 2017/9/15

    0 愚者[The Fool]

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する