ソードの2(剣)[Two of Swords]

ソードの2

水辺を背に椅子に腰かけた女性がいます。

女性は目隠しをしていますが、誰かに無理矢理されたわけれはなく、どうやら自分で巻いているようです。

落ち着いた様子の女性ですが、胸の前で剣をクロスし静かに考えている様子が見えます。

椅子に腰かけているのは、行動よりも考える事を優先しているためです。

 

女性の持つクロスした二つの剣は、彼女が心を閉ざしている姿です。

外側からの世界を閉ざし、自分の内面を見つめています。

しかし良く見ると目隠しは少し上方にずれているのです。

外部を受け入れず心を閉ざしながらも、相手の出方を伺うような、表面的な観察を行っています。

 

2という数字は二つのもののバランスを取る様子を表します。

ソードの2は外部と内部、表面的な建て前と内心の本音を表すとされます。

女性の特徴である受容的でありながら、しかし簡単には受け入れないという複雑な心境です。

1つの剣は水(女性=感情)であり、もう一つの剣は風(ソードの属性=理性)を指します。

同じ2のカードである女教皇とも近い意味があります。

 

ソードの2の正位置のキーワード

バランスを取る、静観する、心の目で見る、選択を避ける、表面的解決

 

ソードの2の逆位置のキーワード

均衡を破る、不誠実、閉鎖的、裏切り、不安

 

 

 

ソードの2の正位置

 

 

ソードの2の正位置の意味

2という数字の性質と女性の様子から「バランスを取る」「静観する」「心の目で見る」「選択を避ける」「表面的解決」といったキーワードが導き出されます。

多くのカードは正位置をプラスの意味に捉えますが、このカードはそうとも言えません。

選択を避けるのは表面的に取り繕って、解決を避けているためです。

盲目的になりたいと思う状況がそこにはあります。

 

【ソードの2の正位置】恋愛・対人関係

正位置では、もし恋人がいるのなら、相手を受け入れてはいるけれど心までは簡単には悟らせないといった表面的な付き合いを指します。

まだ付き合いが短いのなら、お互いの心が打ちとけるまで時間が必要です。

もし踏み込んだ関係を希望するなら、真剣に向き合い信頼を築く必要があります。

 

フリーなら、ロマンチックな恋や片想いに浸っている状況です。

ロマンチックな恋に憧れる理由は現実逃避でもあります。

自ら目隠しをして頭の中だけで恋している状況と取れるでしょう。

 

対人関係では、表面的な付き合いをしているので、波風立てないようにうまく関係を進めています。

相手の考えを少し先まで読んで行動するのは対人関係には必要かもしれませんが、付き合う上でストレスがたまります。心底から分かり合えるのはまだ先のようです。

 

【ソードの2の正位置】結婚

正位置では、相手の事ばかりではなく自分の気持ちと向き合いましょう。

結婚について「したいのかしたくないのか」、「必要か不必要か」、今感じる事や想定できることなど多角的に捉えて自分の中の結論を出しましょう。

結婚すれば良い、しなければ悪いといった考え方はありません。冷静に判断してみて下さい。

もし双方にとって利害関係が一致するのであれば結婚という選択も良いでしょう。

結婚話から逃げている場合もこのカードが出ます。自分のペースで期が熟したら考え始めてみて下さい。

 

【ソードの2の正位置】仕事

正位置では、直面した問題や課題に対して真剣に取り組まなければ道を拓くことは難しいでしょう。

これは「表面のつじつま合わせでは乗り切れないよ」という警告でもあります。

自分の主張や意見を引っ込めて協調関係をはかることで波風は立ちませんが、所詮は表面的であるため仕事仲間とはうまく関係を築けず仕事も進みにくい状況です。

互いのメリットを考えての行動であれば、双方で合致してスムーズに仕事が流れていくでしょう。

 

【ソードの2の正位置】金運

正位置では、ギャンブルや投資は直感的な買い方をしても良い時です。

しかし派手に使う事は避け、基本的には守りの姿勢を取りましょう。

株の購入は若い女性をターゲットとして事業展開をしている企業を選ぶと良いでしょう。

お金をむやみやたらに使いたい時ではありませんが、使うときは冷静な判断が求められます。

 

 

 

ソードの2の逆位置

 

 

ソードの2の逆位置の意味

逆位置では、正位置のように表面的であっても取れていたバランスを崩して自制心を欠いてしまうような状況を暗示します。

「均衡を破る」「不誠実」「裏切り」「閉鎖的」「不安」といった不安定な状況を示しています。また二枚舌や不義といったマイナスの二面性を暗示します。

 

【ソードの2の逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、相手を受け入れることが出来ず、また意識的に受け入れる事を拒否しているため恋愛関係は難しい状態です。

口では「恋したい」と言っても心を内側に向けているため、積極的に外部を見る事がありません。

また、今後裏切りやフラれてしまう事の暗示でもあります。

今の自分の行動が招いている可能性もあるので、もう一度自分の行いを見直し、相手との関係をどうしていくか考えなおす必要があるでしょう。

 

対人関係では、表面的には波風が立たないようにしていたつもりが、自制心を欠いてトラブルを招いてしまう暗示です。

もし表面的な付き合いにストレスがあるのなら、自分の心を優先し、意見を主張するようにしましょう。

二重人格的に振る舞うとより関係が悪化してしまうので、関係の修復のためにも素直に思っていることを伝えた方が良さそうです。

 

【ソードの2の逆位置】結婚

逆位置では、結婚を受け入れる心の準備が出来ておらず、拒否している状況です。

相手が受け入れがたいという事も言えますが、結婚というもの自体に拒否反応を起こしています。

拒否したいがために殻に閉じこもるとストレスになりますので、もし結婚を勧めてくる人がいるのなら、はっきりと拒否しましょう。

口に出して良いことに気付くべきです。あなたにも意思があり、相手にも意思があります。

答えることで意思表示という柔軟な対応につながります。

 

【ソードの2の逆位置】仕事

逆位置では、取引先や仕事仲間など周囲の状況を注意深く観察して、結果を想像して行動を起こしましょう。

闇雲に思うがまま行動するのは大変危険です。トラブルに発展しかねませんので気を付けましょう。

早とちりや誤算に特に注意が必要です。

見切り発車は感情的な行動なので、自制しながら柔軟に対応できるように良く観察しましょう。今まで以上に行動力が必要となりそうです。

 

【ソードの2の逆位置】金運

逆位置では、目の前にある確実な資産だけで収支を考えるようにしておきましょう。

予定の収入をアテにしないようにし、先を見越した計画を立ててお金の管理をしていくようにして下さい。

その場のノリや流れで支出してしまうことのないようにくれぐれも注意しましょう。

 

ソードのカード 一覧

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

    • タロット用語集
    • 2017/11/18

    第二火星丘-手相占い

    • タロット用語集
    • 2017/11/17

    地丘-手相占い

    • タロット用語集
    • 2017/11/16

    土星丘-手相占い

    • タロット用語集
    • 2017/11/15

    第一火星丘-手相占い

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集
    • 2017/9/17

    ワンドの8(杖)[Eight of Wands]

    • タロット用語集
    • 2017/9/15

    XV悪魔[The Devil]

    • タロット用語集
    • 2017/9/17

    カップの9(杯)[Nine of Cups]

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する