カップのペイジ(杯の従者)[Page of Cups]

カップのペイジ

カップを握り、その中をじっと見ている少年が描かれています。

手に持ったカップから魚が顔を出し、少年と魚が見つめ合っているようです。

少年はこのカップを誰かに見せるように持っているようにも見えます。

左手を腰に当てて少し得意げです。

魚が水中から出てくる様子は、潜在意識からのメッセージを表します。

ペイジはとても純粋で、素直で愛らしい性格です。想像力が豊かで空想するクセがあることから、夢見がちで感性が豊かです。

ペイジが立っている所が水辺であり、水が心の象徴であることから、ペイジは潜在意識と顕在意識の境目に立っていると考えられます。

豊かな想像力ゆえに、頭の中の世界と現実世界のはざまにいるようなイメージです。

地のエレメントに属するペイジは堅実で着実に物事に取り組むような人物を表します。

少年の姿をとってはいますが、年下の人物や若い女性、子供など年齢に関わらず目下の人物を表します。

カップの属性は水であることから、繊細な感情で他人に寄り添う共感力を持った人物です。

親切で優しくセンスの良いところを好かれ、精神世界への理解度も深いため水辺という場所で表されています。

 

カップのペイジの正位置のキーワード

心を許せる部下、美しい若者、若々しく賢い人物、個性的な人物、想像力豊か、勉強熱心、反省心、万人に好かれる、ロマンティック、提案、アイディア、発想

 

カップのペイジの逆位置のキーワード

弱気、頼りにならない、妄想癖、虚言、多感すぎる、優柔不断、情緒不安定、センスの悪さ、心を許せない部下、甘えの心、ごまかし

 

 

 

カップのペイジの正位置

カップのペイジの正位置の意味

ペイジの人柄を表す「心を許せる部下」「美しい若者」「若々しく賢い人物」「個性的な人物」といったキーワードとなります。

属性である水が心を表すことから、心を許せることや信用できるといった意味と取ります。

他にも「想像力豊か」「勉強熱心」「反省心」「万人に好かれる」「ロマンティック」といった好ましい人物像もキーワードとなります。このような性格から「提案」「アイディア」「発想」といった意味が用いられます。

 

【カップのペイジの正位置】恋愛・対人関係

正位置では、自分に寄り添ってくれる親切で優しい恋人を表します。

水の属性から共感力が強調され、さらにロマンティックで情緒的な人物像となります。

ロマンティックなムードを作ってくれる素敵な恋人であり、頼もしいというよりもサプライズが上手な人物でしょう。

デートに誘ってくれたり、告白してくれる暗示となります。

また守ってあげたくなるような愛すべき人柄です。

 

対人関係では、誠実で信頼できる人物や、そのような関係性を表します。

人の役に立ちたがるような、万人に好かれるタイプの人物像です。

自然と心を開けるような、そんな付き合いができる関係が理想的でしょう。

個性的であるため、ちょっと変わっていたり夢見がちに捉えられるかもしれません。

人柄が良ければそれも個性となるのでトクする性格です。悩みを相談するには良い相手です。

 

【カップのペイジの正位置】結婚

正位置では、人の気持ちを察することの出来る心優しい相手は大変魅力的です。

若さゆえに頼りにならないように見られてしまいますが、それを上回る実に賢い人物です。

「何でも持っている相手に幸せにしてもらう」という受け身ではなく、「一緒に自分たちだけの新しい生活を作っていく」というようなイメージの結婚となります。

助け合っていける相手であり、サポートしてあげることで相手の力も発揮出来ます。

 

【カップのペイジの正位置】仕事

正位置では、仕事の内容というよりも仕事を行ううえでの周囲への気配りが良い結果を生むカギとなります。

仕事で自分の意見を言う機会があるのなら、遠慮なく提案し、アイディアを生かせるようにしていきましょう。

感性を活かすことであなたの能力も向上し周囲の人からの評価も上がっていきます。

転職を希望しているなら、ひらめきや個性が活かされる芸能関係が良いでしょう。

 

【カップのペイジの正位置】金運

正位置では、現実的でありながらまだ他には出ていないようなアイディアを活かして稼ぐことが出来ます。

コンテンツや企画などが当たって儲かるような稼ぎ方です。

楽して稼ぐのではなく、自分の好きなことを一生懸命に行って時代の流れを読みながら収入に結びつけるのが得意であり可能でしょう。勤勉なので学べば学ぶほど収入に結びつけるのが上手になります。

 

 

 

カップのペイジの逆位置

カップのペイジの逆位置の意味

ペイジの性格のマイナス面を指す「弱気」「頼りにならない」「妄想癖」「虚言」「多感すぎる」「優柔不断」「情緒不安定」「センスの悪さ」「心を許せない部下」といったキーワードとなります。

年下ゆえの、そして若さゆえの人物像です。

ここから「甘えの心」「ごまかし」といった意味となります。

少し夢見がちで、現実的でないところが頼りなさにつながっています。

 

【カップのペイジの逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、きまぐれな恋を表します。筋が通っておらず、好きであってもイマイチ信用できない付き合いのようです。

恋人もつかみどころのない人物で、付き合いたてであればなおさら良く分からない性格にやきもきします。

 

また、ごまかしや嘘があるように感じ、こちらから進んで心を開けないような気持ちになります。

このような点が原因となり、付き合い自体も考え直すことになるかもしれません。

 

対人関係では、感情的で考えが浅い性格が魅力に欠ける点です。

空想しがちな言動や行動は不安定な性格ととられ、周囲からは頼りなく見られます。

おおげさで悲劇のヒロインになっているのなら、あまり同情もされないので、自分にとって何のプラスにもならないでしょう。

 

【カップのペイジの逆位置】結婚

逆位置では、若さゆえに相手のことが心配になり、いつもどこか頼れないような相手との生活に気が張ってしまうかもしれません。

相手は自分の世界に入ってしまう事も多く、見ていて良く分からない面があり、不安に感じることもありそうです。

何か一緒に行動したり作ったりすることが向いていないようなので、物足りなさを感じる相手となります。

時々嘘をついているように感じ、相手を疑ってしまう事もありそうです。

 

【カップのペイジの逆位置】仕事

逆位置では、空想癖や妄想が日常的にあるため、もう少し現実をしっかりと見て捉えることが大事です。

周囲への気配りよりも自分の内面を見つめる性格のため、周囲の人へ溶け込めないこともあります。

大げさな態度や嘘をつくような性格も相手からすれば信用出来ない人物となりますので、集団の中ではそのような面が出ないように注意しましょう。

 

【カップのペイジの逆位置】金運

逆位置では、儲かった後の想像ばかりして、なかなか収入に結びつきません。

お金や稼ぐことに対する考えが甘く、なかなか思い通りにいかないでしょう。

感情的になりやすく、ギャンブルなどでは賭け過ぎてしまうこともあります。

支出に対して歯止めがきかず失敗することもありますので、お金に関する信用を失わないように注意が必要です。

 

カップのカード 一覧

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    ワンドの3(杖)[Three of Wands]

    • タロット用語集

    ワンドの8(杖)[Eight of Wands]

    • タロット用語集

    カップの2(杯)[Two of Cups]

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する