ペンタクルのナイト(硬貨・コインの騎士)Knight of Pentacles

ペンタクルのナイト

ナイトが黒い馬に乗っている姿が描かれています。黒い馬には重厚感があり、どっしりと構えた雰囲気が漂います。

ナイトと同様に恐れる様子はありません。

また他のスートのナイトのカードは、馬が歩いたり走ったりしているのに対し、コインの馬は歩みを止めています。

コインの属性である土の着実性や責任感を表すと同時に、揺るがない強さを表しています。

留まっていることで堅実性を示しているのです。

 

一方でナイトの属性である風は、論理思考や雄弁さ、知性、器用な身の軽さを表します。

これらの属性の特徴を合わせると、現実的で、対人面のバランスを取りながら信頼を得るような、責任感の強い青年のイメージとなります。

若い実業家のような有望株といったイメージで、辛抱強く仕事をするような人物像となります。

ハードワークも粘り強くこなすような人物ですが、無駄を嫌いすぎるために、少々頑固で融通が利かないところが目立ちます。

 

人の意見に耳を傾ける余裕を持つことも、彼には必要です。

そして間違いに気づいた時や指摘された時は素直に謝る心を持つことが課題となるでしょう。

完璧主義だけではコミュニケーションに差し支える事があるからです。

 

ペンタクルのナイトの正位置のキーワード

堅実、着実性、責任感、的確な行動、忍耐力、信頼がおける、誠実、現状維持、先を見通す

 

ペンタクルのナイトの逆位置のキーワード

頑固、不注意、責任感が乏しい、惰性、怠惰、怠慢、悲観的、過労、働き過ぎ、停滞、ストップ、鈍感、無関心

 

 

 

コインのナイトの正位置

 

 

ペンタクルのナイトの正位置の意味

コインのナイトの人物像である「堅実」「着実性」「責任感」「的確な行動」「忍耐力」「信頼がおける」「誠実」といったキーワードとなります。

不屈の精神を持った、まさに戦士といった感じの人物です。

また動かない馬の様子から「現状維持」「先を見通す」といった意味にもとります。

他のコートカードの人物とは違い、馬の下半身は描かれておらず、馬もナイトも視線を前方に向けています。

現実的で未来へ向かう力強さが伺えます。

 

【ペンタクルのナイトの正位置】恋愛・対人関係

正位置では、片想いしており、見つめているだけの状態を意味します。

しかし将来的には進展を望んでおり、自分から関係を進めることに意欲的です。

勢いでアタックするのではなく、入念に準備をしてから行動に移すと良い暗示です。

また、恋人がいるのなら良く働く真面目な相手を意味します。

 

付き合いは現実的であり、結婚まで発展する可能性もあります。

お互いに結婚について考える時期を示すこともあります。

相手は保守的である可能性もあるため、自分から進んで結婚の話をすることはないかもしれません。

 

【ペンタクルのナイトの正位置】結婚

正位置では、今の恋人と結婚に発展する可能性があることを示しています。

現実的で将来を明るく考えられる相手なので、結婚を真面目に考えてくれます。

そして相手は良く働き、地に足が付いている考え方をします。 結婚には申し分ない相手でしょう。

厳格過ぎるのが面白みのないところですが、責任感が強いため良い相手となります。

もし結婚するにしても相手はゆっくりしたペースを守る人物なので、時間がかかっても付き合ってあげましょう。

 

【ペンタクルのナイトの正位置】仕事

正位置では、辛抱強くしっかり働くことで、周囲からの信頼が得られ成功していきます。

マイペースではありますが、そのペースを守ることで成績が伸ばせます。

転職をするのなら、金融関係や製造業が向いているでしょう。歩き回ったりセンスを生かす様な仕事ではなく、その場でじっくり取り組むような仕事が向いています。

 

【ペンタクルのナイトの正位置】金運

正位置では、貯蓄できる暗示です。

貯めるまでにはもちろん時間がかかりますが、それでもこつこつ努力することで、着実に目標の金額までお金を貯めることができます。スピードを求めても叶いません。

ギャンブルは向いていませんので、現実的な問題を見据えてこつこつ始めましょう。

最初の一歩を踏み出さなければ大金にはならない事を覚えておきましょう。

 

 

 

コインのナイトの逆位置

 

 

ペンタクルのナイトの逆位置の意味

ナイトの短所を表す「頑固」「不注意」「責任感が乏しい」「惰性」「怠惰」「怠慢」「悲観的」といったキーワードとなります。

頭が固く、納得できないことには動かないような人物です。

また短所というよりも、自分の力が制御できない「過労」「働き過ぎ」といった意味もあります。

歩みを止めた馬は「停滞」「ストップ」「鈍感」「無関心」といった意味を持ちます。

「勇気がないために一歩を踏み出せない」という意味にも通じます。

 

【ペンタクルのナイトの逆位置】恋愛・対人関係

逆位置では、好きな相手や良いなと思う相手に対して、最初からあきらめてしまっています。

「どうせ私なんか相手にされないだろう」と答えが出る前から悲観的になり、アプローチすらできていません。

しかし悲観的になることでその雰囲気が漂い、本当に脈がなくなってしまうのです。

まずこのような気持ちを見直し、悲観的にならないような考え方を身に付けましょう。

 

対人関係では、仲間から融通の利かないカタブツとして位置づけられているようです。

柔軟性がなく、付き合うには面白みに欠けてしまっています。

また言い争いになった時にたとえ自分が悪くても意見を譲らず、非を認めないため、相手が離れてしまう暗示です。

自分の意見を言う前にまず相手の意見を聞くクセをつけましょう。良い関係を結ぶには譲ることも必要なのです。

 

【ペンタクルのナイトの逆位置】結婚

逆位置では、気が利かない相手に一緒にいるだけでげんなりしてしまいそうです。

結婚はあまり乗り気になれず、刺激がなく面白くない相手とは関係を進める気が起きません。

本人は悪気がなくこちらの思いに気付いていませんので、今後の付き合いをどうしていくかしっかり考えておきましょう。

もし婚活しているのなら、うかつな言動で相手を逃してしまっています。

せっかくの縁であっても、場の雰囲気に合った行動ができなければ、せっかくつかんだ相手が逃げてしまいます。

どうしてうまくいかないのかを考えた時に、自分に非がなかったか振り返ってみましょう。

 

【ペンタクルのナイトの逆位置】仕事

逆位置では、自分の未経験の仕事や能力的に難しい仕事が来ると、すぐにあきらめてしまっていませんか。

物事をすぐにあきらめてしまうのは悪いクセです。

簡単に手放さずに、もっと掘り下げてみるようにして下さい。

仕事に対する考え方が少し甘いのかもしれません。

時間を意識して約束は守りましょう。一生懸命やり遂げれば結果はついてくるでしょう。粘り強さを鍛えましょう。

 

【ペンタクルのナイトの逆位置】金運

逆位置では、お金の浪費が激しくなっていないか点検する必要があります。

知らず知らずに無駄が生じてしまっているかもしれません。

自分にとっては必要なものであっても、客観視すれば無駄が分かります。浪費は今すぐに抑えた方が良いでしょう。

今後はたびたびお金の使い方を考える時間を作って点検するようにしましょう。

 

コイン(ペンタクル)のカード 一覧

 

タロットカードについてもっと学ぶ

 

タロット占いとは?

 

大アルカナとは?

 

小アルカナとは?

 

ワンド(Wands)のカードとは?

 

カップ(cups)のカードとは?

 

ソード(Swords)のカードとは?

 

コイン(coins)・ペンタクル(Pentacles)のカードとは?

 

ライターの最新記事

  1. ソウルナンバー33
  2. ソウルナンバー22
  3. ソウルナンバー11
  4. ソウルナンバー9

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • タロット用語集

    カップの8(杯)[Eight of Cups]

    • タロット用語集

    XI正義[Justice]

あなたにおすすめの公開占い








ページ上部移動する