ウル(ウルズ)の意味|ルーン占い

ウルとは

ウルはアルファベットではURUZと表します。エルダールーンではウルズとも呼ばれます。力や生贄の動物、受胎や豊富といった意味があるとされます。フェオが家畜の牛を表すのに対して、ウルは野生の牛を表します。この野牛は当時はオーロックスと呼ばれていました。オーロックスは野生の環境で戦うための長いツノが前向きに生えていました。

 

そして体つきはたくましく、体重は1トン、大きさは2メートルを超える個体もいます。繁殖期にはオスがメスを争ってこのツノを使って激しく争っていたといいます。人間は狩りを行ってこのオーロックスを捕えていました。オーロックスの大きな体は力強さの象徴として考えられ、このウルは人間には簡単にコントロールできないような大きな力や衝動を表す文字として作られました。ウルの角ばった雰囲気がそのような強さを物語っています。

 

同じ牛ではありますが、フェオはオーロックスのずっと後の子孫であり、オーロックスを家畜化して飼育しやすくしたものを指します。オーロックスは長い時間をかけて家畜化されてきたため、フェオの表す家畜の牛とは大きく異なります。そのため同じ牛であってもフェオとウルの二つを作ってその性質を分けるようになったと言われています。

 

ウルの正位置

ウルの正位置の解釈・意味

ウルは荒々しい大きな野生の牛であることから、理性では抑えることのできない本能の強い衝動や意思を表しています。荒々しく猛々しいパワーですが、このため積極性があり、自ら進んで物事を推し進めるような力強いエネルギーがあります。一見良いように見えますが、このパワーはあまりにも勢いがあるために、コントロールも難しくなります。

 

望むものは情熱的で強力につかみ取ることができますが、制御ができないと危険が生じるため、間違った方向にいかないよう注意しなければいけません。キーワードは「終わり」「新たな始まり」「ドラマティックな展開」「本能に突き動かされる」「積極的な行動」「バイタリティー」「力強さ」「勢い」「有利な戦い」といったものが当てられます。

 

ウルの正位置の恋愛

肉食系○○という言葉がありますが、ウルはまさにそのような積極的な恋愛を意味しています。好きになると自ら動き、その想いに迷いはありません。行動力があり、全力で想いを相手にぶつけに行きます。自分の出せる全てのエネルギーを使って、何が何でも相手に振り向いてもらいたいと思うのです。

 

わき目も振らずに走っていく様子は一途で素敵な姿に思えるかもしれません。しかし突っ走るということは、相手の意見をきかずに自分の想いをぶつけているだけなのです。その勢いのあまりに相手もNOと言えないこともあるでしょう。

 

この積極性で好きな相手を獲得することができます。想いは成就しますが、ただ良い返事をもらえただけで相手が自分に良い印象があるかどうかは別かもしれません。最初は良くても一方的に想いをぶつけ続ける恋愛は、長続きしない可能性があります。相手の意見を聞いて自分の考えを見直すことも必要です。

 

相手の話に耳を傾けましょう。想いをぶつけるのではなく、愛を与えあうという双方の交流に変化していくよう意識することが大切です。また、積極的過ぎる愛はとても一時的で短期間のものです。積極性は目標があってこそ生まれるものなので、相手を獲得して目標を達成してしまうと、一気に情熱が冷めてしまうかもしれません。熱しやすく冷めやすい性質はウルの性格を良く表しています。

 

押しの一手で相手を獲得できる良い暗示ではあります。相手に押されて交際をスタートさせることもあるでしょう。しかし持続性があるかどうかは別となります。

 

ウルの正位置の結婚

もし交際している相手との結婚を望むのであれば、自らのファイトを燃やして全力で相手を結婚相手にしようと頑張ってしまいます。そのため心に決めてから短期間のうちに結婚を決めることができるでしょう。勢いで理想的な結婚をつかめる、またはそのようなタイプの相手にアプローチされ決めてしまう暗示です。

 

思った通りの良い結果とはなりますが、短期決戦をしてしまうため、強引であったり流れを不自然に曲げてしまったりします。焦って結婚を決めてしまう状態ですが、本能的に動いているだけの状態なので、一度立ち止まって静かに考える勇気を持ちましょう。

 

相手は自分にとって本当に結婚したい相手なのか、この相手なら幸せになれるのか、自分は本当にその人のことを分かっているのか、など真っすぐにしか物事が見えていなかった今までを一度置いておいて、色々な視点で考えるようにしましょう。

 

見極めて考えがまとまったのなら、この行動力はとても有利です。待っているだけで婚期を逃すようなことはなく、合理的に結婚を決めることができるでしょう。またこのような相手に押されて結婚を決める事もありそうです。

 

ウルの正位置の仕事

大きな目標に向かって一気に進んでいくことができます。全身全霊のパワーで周囲を圧倒させながら仕事を成功させることができるでしょう。大きなプロジェクトの成功や、高い地位を目指し出世街道をばく進するような突き進む姿勢が吉と出ます。一度そのような仕事モードになれば自分の能力を存分に発揮できるため、誰よりも早く結果を出せるでしょう。安心して進んで下さい。

 

この野心はライバルを押しのけ逆境をものともしません。今持っている能力の限界に挑戦し、それを形にすることで周囲からも評価が高く賞賛されます。その一方で妬みやそねみといった負の感情が周囲から徐々にせまってきます。そんなものに構っているとせっかくの行動力や情熱が小さくなってしまいます。

 

そのような足を引っ張る相手とは、距離を置いた方が良いでしょう。歩調を合わせる必要はありません。自分の判断や直感、才能を信じて進んで下さい。周囲を気にせずまっすぐに目標だけを見ていれば問題ありません。

 

ウルの正位置の交友関係

人間関係は双方があって初めて成り立つものですが、ウルのような勢いがある場合、そのどちらかが積極的すぎてパワーがみなぎっており、もう一方がその勢いに振り回されるような関係となります。しかしこの関係は双方である程度の納得があり、振り回している方も心地良く、また流されている方も流されることが良いと思っています。

 

両者の性質は全く違っていますが、噛み合った人間関係を築いているのです。両者どちらも受動的であれば関係は成立しませんので、受動的であっても勢いのある相手からパワーやきっかけをもらいながら関係を築いています。

 

この噛み合った良い関係は、同じ目標があるのなら、一緒に目指すことでより良い関係となっていきます。そして前進して目標達成できるでしょう。まだ深い付き合いとなっていない相手であれば、相手が積極的な性格であればこちらは受動的に、逆に相手が控えめであればこちらが積極的に接することで親密な関係となっていきます。

 

歩みよりとは本来このようなことを指します。両者が積極的なだけでは友情は芽生えず長くは付き合えないのです。相手がどのようであっても受け入れて相手に合わせて行動してみましょう。

 

ウルの正位置の家庭

家庭は本来安らぎの場と考えられます。同じように家族も心を許して付き合える相手ですので、ウルのような勢いのあるルーンは、本来安らぎがある場所に自己主張や緊張をもたらし、ひと悶着あるものととらえます。家庭内は競争や刺激がありませんし、ないことを求められる場ですが、この場合は家庭内ので争いを意味するため、心は安らげないでしょう。

 

自己主張が多くなり、家族間でケンカが絶えなくなります。騒然とはなりますが、この言い争いはけして悪いことだけではありません。緊張状態とはなりますが、各々が家族としてストレスを溜めないための意見の交換なのです。不満があればこのような機会にきちんと主張し、心に溜め込まないようにしていくことでより良い家庭関係となっていきます。

 

何も言わずにバラバラの方向を向いているような家族よりも、このような意見のぶつけ合いをしているほうが家族間が良く分かり合い、また同じ方向を向いて進んで行けるようになるのです。

 

ウルの正位置の健康

オーロックスのようなみなぎるパワーが体内に蓄えられますので、健康面では問題ありません。何か不調があっても解決できるでしょう。もし体調を崩しているのなら、体内に潜んでいる免疫力と自己回復力を解放することができるため、回復はスピーディーに行われます。

 

すぐに動き出す力があるため、運動能力もとても好調です。運動したいと思うのならすぐに始めましょう。動けば動くほど調子が良くなります。今はエネルギーに溢れているため、じっと動かないでいるとかえって不調となります。仕事の合間にストレッチをしたり、帰り際にスポーツクラブに立ち寄るなど、エネルギーを上手に発散させて良い時間を過ごしましょう。

 

家の中であっても階段を往復したり、筋力トレーニングをするだけで効果を感じることができます。アクティブに過ごすことで気分も良くなります。

 

ウルの正位置の願い事

願い事に対して念のための予防線を張ることは、あなたの勢いを弱めてしまうので今は行わなくても良いでしょう。願い事を叶えるのはただ神頼みするだけではなく、自分の行動が全てであると気付いているからです。きちんと行動に移せるので、予防線があると「できなくても大丈夫」という気持ちの油断につながってしまい、結果として叶わなくなってしまいます。

 

願い事を叶えるためにすでに何か行動を起こしているのなら、深く真剣に考えている証拠です。不安や怖れは必要ありません。用心し過ぎて時間を浪費するより、願いが叶ったイメージを強く持ってひたすらに突き進んでいくのがベストでしょう。

 

ウルの逆位置

ウルの逆位置の解釈・意味

ウルの正位置の形は、野生の牛の立っている形を表しているとされています。しかし逆位置になると、牛が足を上げて逆さまに寝ている姿となってしまいます。このような体勢になると、牛は勢いがなくなり起き上がるのに一苦労します。そのため逆位置では、正位置の持つ本能的な勢いや積極性がなくなり、消極的過ぎたり自分ではコントロールできないくらいの暴走をしてしまうと考えられます。

 

足を上に上げている牛はジタバタして動けなくなりますが、文字通り今の状況ではジタバタして身動きが思うように取れなくなると考えます。心に野望を抱いていたとしても、自分では何もできません。誰かに起こされるのを待つしかないのかもしれません。

 

逆位置のキーワードは「無謀な行動」「配慮に欠ける」「気力がない」「体力不足」「失敗」「失望」「消極的」という言葉となります。劇的な展開は望めないでしょう。

 

ウルの逆位置の恋愛

好きな人が目の前にいても、自分の感情がコントロールできず暴走して良い距離を保つことができません。あまり話したことがないのに興奮して大声で告白してしまったり、好き過ぎて付きまとってしまったりなど、自分の感情や行動が原因で玉砕してしまう可能性もあります。激しくなると、強引に自分を通そうとして暴力的になることもあります。支配的な自分に気付けないのです。

 

このように好きな気持ちがあちらこちらで激しく暴走してしまい、自分ではどうすることでもできないうちに恋が敗れてしまうのです。また、好きな相手をいつも見かけていても、近づく方法がなく見ているだけとなります。消極的な恋愛は自分に自信がなく、どうやってアピールして良いか分からないためです。自信がないままでいると、たとえ相手と話したり出かける機会があっても、チャンスをものにできません。

 

誰かの一挙手一投足に左右され、自分を持てない人間に対して、相手も魅力的には感じてくれないでしょう。暴走も自信のなさも自分自身でコントロールできない感情によるものです。感情を一時的に置いておき、まずは相手と自分の関係や距離を客観的に眺めてみましょう。ふたりを知っている友人に聞いてみるのも良いでしょう。そして諦める時はきっぱりと自分の心を決めて下さい。

 

ウルの逆位置の結婚

結婚願望が強すぎる状態となっています。強烈に結婚を望んでいるため、結婚に対する期待が大きくなりすぎており、半ば妄想に取りつかれているようです。結婚で劇的に自分がラッキーになることはありません。何かが大きく変化して全て自分に都合が良くなることもありませんので、そのような夢や理想を持ってしまっているからこそ、結婚がうまくいかないのだと言えます。

 

結婚は他人同士の共同生活です。自分の希望だけでは進まない事をまず理解し、どうして自分が結婚に近づくことができないのか、冷静に分析する時間が必要です。心だけが暴走していると、結婚に前向きな相手を逃がしてしまい、損しかありません。理性を取り戻しましょう。

 

また、結婚願望があるにも関わらず行動せずに最初からあきらめてしまっていることもあります。「自分は無理」という気持ちはあきらめの悲しみというよりも、自虐的になることでうまくいかない言い訳をしてしまっているのです。このように思えば顔に出てますますうまくいきません。

 

結婚につながらない恋愛を手放し、結婚したらどうしていくのか、結婚相手は現実的に考えてどのような相手が適切なのか、などを考えて頭の中でまとめていくようにしてみましょう。

 

ウルの逆位置の仕事

仕事において見切り発車は禁物です。「やってみればそれなりに進んでいくだろう」という考え方は甘く、すぐに壁が立ちふさがって進めなくなるでしょう。綿密な計画を立て、自分の能力に対してその仕事がふさわしいのかどうかをしっかりと考えてみましょう。成功を急ぐあまり何も考えずに始めてしまうのは危険な行為です。周囲にも迷惑がかかるかもしれません。

 

目標が無駄に高く、もはや夢を語っているようにしか見えない状態かもしれません。もし上ばかりを見ているのなら、野望が大きすぎてすぐに壁に阻まれてしまいます。実力以上のものを求め過ぎていることに気が付きましょう。足元をすくわれる可能性もあります。

 

自分の能力が高いわけでもないのに、大きな仕事を任されて身動きできない状態となっている場合もあります。頑張っても頑張ってもできない事であれば、無理が祟って心身ともに疲れてしまうでしょう。体力を回復することも大切にしましょう。

 

ウルの逆位置の交友関係

友人や仲間との関係がうまくいかず、意思の疎通が取れない状態です。これは価値観が違うことで起こっている問題だけではありません。自分を常に誰かと比べ、あの人よりも自分は能力が低い、自分は相手よりもできない、などと劣等感を抱いているからかもしれません。

 

友人との関係は対等であることが本来です。しかし自分で勝手に劣等感を感じて相手を見ていると、相手に苦手意識を抱いてしまいます。自分を否定するとそのような態度となるため、相手も次第に自分を大事にしなくなっていきます。

 

これは事実ではないことを自分で思い込んだ結果そうなっているのです。まず自分自身に自信を持つために、自分を褒めて等身大の自分を認めましょう。そして相手よりも劣っているという思い込みはやめましょう。自分を認められるようになれば、友人も自分を大事にしてくれるようになります。

 

ウルの逆位置の家庭

家庭の中で居心地の悪さや窮屈さを感じているのであれば、自己主張することも必要です。家庭の中は本来であれば居心地が良く、心を許せる場であるはずです。外では仮面をかぶっていても家庭では外して自分を出すことができます。しかしそれができないのは、自分が感情を抑え過ぎて主張しないことで、家族がますますこちらをないがしろにしているからだと考えられます。

 

悪循環に陥っているため、家族の圧力の中では居心地の良さを見出すことは難しいでしょう。しかし「家庭内では自分の気持ちを抑えるべきだ」と思ってしまっている自分の状態に気付くことが改善への第一歩です。主張することで自分の居場所を作れるため、イヤなことはイヤ、良いことは良いと口に出しましょう。

 

そしてストレスが限界であると感じたなら、思い切って家を出ましょう。家を出る勇気がないために家庭内にいるという可能性もあります。修復困難であれば無理をする必要がありません。行動力で回避しましょう。

 

ウルの逆位置の健康

勢いや思い込みだけで「自分には体力がある」「自分が風邪をひくはずがない」などと思ってしまっている状態です。健康なイメージを抱くのは悪くありませんが、現在の体調を把握できず無理をしている可能性があります。ウルの逆位置が出た時は、想像以上にひ弱な体か、予想外のストレスや消耗を表します。

 

自分だけは大丈夫と思っている気持ちが油断なのです。まずは過労や睡眠不足を自覚して、身体を休ませましょう。動きたい気持ちがあると睡眠や休憩をサボりのように感じてしまいますが、これらも立派な仕事のひとつです。しっかりと休みましょう。

 

生活の負担を軽くすることを検討しましょう。主婦であれば子育てや家事を、会社員であればハードワークを軽減し、代替えを立てて自分は戦線離脱しましょう。そして栄養を取って体力をつけて下さい。

 

ウルの逆位置の願い事

今の願い事は、理想が高すぎて叶えるのは難しいでしょう。現状と照らし合わせると現実的には無謀で厳しいようです。これは自分が頑張っていないから叶わない、ということではなく、たとえ全力で努力したとしても無理なのです。自分の能力を把握していないか、まったく無視して願っているような神頼みに近い夢となっています。

 

願い事を持つことで現状から逃げ現実逃避をしているのかもしれません。またどこか無理だと分かっていて「誰かが何とかしてくれる」という他力本願になっているのかもしれません。このあたりも願いが叶わない原因の一つです。

 

地に足のついた願い事を設定しましょう。これは実現可能なことを考える良いきっかけとなります。自分のレベルに合わせて設定し、一度に大きな願いではなく。小さい願い事をいくつも用意します。実現できたらまた一つ、という風にレベルや数を徐々に増やしていけば良いでしょう。

 

ルーン一覧

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する