金星の意味-西洋占星術

基本データ

・マーク:♀
・発達年齢域:16〜25歳
・公転周期:225日
・象徴:金銭、美、パートナーシップ、魅力、愛情、社交性、好み、幸せの状態
・表す事柄:おしゃれに関すること、衣類、高価なインテリア、甘いもの、エステ、催事、公園、コンサート
・関連する疾患:喉、声帯、腎臓、腰、性病、痔、肥満

 

 

品位

・ディグニティ(本来の座):牡牛座、天秤座
・デトリメント(損傷の座):牡羊座、蠍座
・イグザルテーション(高揚の座):魚座
・フォール(下降の座):乙女座

 

 

基本的な性質

金星は「愛」という誰もが根底で持っている欲求の表し方を示しています。愛されたいという受動的な欲求とでもいうのでしょうか。人生全般の喜び、楽しみを表現。物事の調和にはこの金星のパワーが欠かせません。
心には恋人、娼婦の元型(アーキタイプ)に相当し、男性の出生図では理想の女性像を象徴です。♀は女性のシンボルマークとして知られていますよね。女性的なエネルギーは内向・受け身的な性質。愛情をもらうための人間関係のあり方や価値観、快適な生活のための金銭、美意識を表します。

 

 

金星によってわかること

金星でわかるのは人生の楽しみ方や恋愛です。
年齢域の16〜25歳というのは高校生〜社会人になって数年あたりですね。義務教育の頃よりも縛りがなくなり自由が増えたことで視界がパッと開けます。華やかで輝いている時期です。
両親の期待のレールを外れ、自分自身を確立していく真っ只中でもあります。

 

趣味に打ち込んだり、自分磨きに奮闘したり、異性と付き合って一喜一憂したりと、感受性豊かに人生を楽しんでいるイメージです。働くことで金銭感覚も身につき、新しい経験の中で自分の本当に好きなものを理解していくようになります。

 

金星で有名なのはやはり「恋愛」でしょう。対になるのは火星です。愛情というよりも本質的には欲望で結びついているような感覚です。
金星は結びついて一体化したいという衝動に駆られます。なぜかというと、無意識に自分の中の男性性や女性性を相手に投影しているからです。

 

人間は性別に関わらず、男性性も女性性も持ち合わせています。しかし日常では異性性は非常に使いにくいものです。「男らしくしなさい」「女らしくありなさい」そうやって育てられると、抑圧してしまって見えなくなってしまうこともあります。
そんな欠けてしまっている自分の一部を他人に投影させて、結びつくことで補完しようとするのです。

 

カンタンにいえばあなたの好きなタイプ、それが本来の持っている異性性です。
男性の持つ「理想の女性像(アニマ)」、女性の持つ「理想の男性像(アニムス)」、それらは自分の一部なのです。だから異性と付き合って何か違うと思った時に、許せなくなったり落胆したりします。
別れるときの心の叫びは「あなたは私じゃなかった!」という感じでしょうか。

 

異性関係は理屈ではなかなか説明できないこともあるので難しいですよね。好きなタイプと付き合うタイプが全く違うこともあります。自分がしっかりアニマとアニムスを認識しているという保証もありません。
異性関係にはリリスなども関わってきますし、金星と火星で見ることができるのは異性関係の一側面に過ぎないと覚えておきましょう。

 

 

プラスの影響面

・柔軟である
・気さく
・調和的である
・愛情に溢れる
・穏やかで優しい
・機転がきく

 

本来の座である牡牛座と天秤座、高揚の座である魚座に金星があると、天体本来の特性を発揮しやすくなります。牡牛座は好きなものを所有することに自己満足し、天秤座は対人関係での見られ方で快感を味わいます。魚座は愛を求める欲が強くなるので恋愛体質になります。

 

 

マイナスの影響面

・優柔不断である
・あいまいである
・当てにできない
・弱気である
・愛情の伝え方が下手

 

損傷の座である牡羊座と蠍座、下降の座である乙女座が金星にいるときは、天体の力が発揮しにくくなります。星座と惑星の性質が違いすぎて、うまく愛情表現ができずに歪んで伝わってしまう可能性があります。

 

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する