120度-西洋占星術 (ホロスコープ)

120度=トライン(Trine)

基本データ

・分類:メジャーアスペクト(ソフト)
・意味:調和、拡大
・分割数:3分割
・ハウス:4つ隣
・2区分(男女):同じ
・3区分(行動形態):違う
・4区分(元素):同じ

 

 

オーブの取り方

・太陽、月を含む:±6度前後
・それ以外:±4度前後

 

±8度で読んだり±5度で読んだりと様々。そのアスペクトを占星術師自体がどの程度重要視しているかによっても変わってきます。

 

 

アスペクトの意味

完全に調和していて平和。日本人にはとくに好まれそうなアスペクトです。従来の占星術では幸運だとか最大吉なんていわれていたラッキーアスペクトです。

 

平和ボケしてしまうそうなほどになんでもスムーズに事が進みます。ただこの安定感は当の本人はほとんど気づきません。セクスタイルなんかは意識的に使わないと才能が開花されませんが、トラインはずっと調和されてて何もしなくてももうそこにある。だから自分自身が幸せかどうかなんて正直わからないかもしれません。

 

もちろん調和してるから幸せだなんて限りませんよね。確かに試練や困難がなく辛い現実に押しつぶされたりしない分、今ある枠組みから抜け出すこともしません。大発展を望まないなら非常に気楽ではありますけどね。

 

なんでもうまくいくというのは怠惰にもつながります。別に努力する必要もないからテスト前に勉強なんかもしなくていいですし。それを良いとするか悪いとするかはまた人によるでしょう。

 

今ある幸せを実感するのはその逆を体験することも大切です。人生はソフトアスペクトだけではなくハードアスペクトもあった方が、刺激があって充実した毎日を送れるのかもしれません。

 

疲れて休んでいても無意識になんでもスムーズにいく、というのは助かることも多いです。ずっと意識しているというのは疲れてしまいますから。人生の休憩スポット的なアスペクトなので、うまく日々の中で使っていくといいでしょう。

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する