8ハウス-西洋占星術 (ホロスコープ)

8ハウス

呼称

共有のハウス

 

 

キーワード

遺産や財産、保険金、権力、セックス、超常現象、オカルト、公的機関の収入、共有される物事、死と誕生

 

 

格付け

サクシーデントハウス

 

 

基本サイン

蠍座

 

 

8ハウスでわかること

8ハウスでわかることは、どのようにして他人と深い絆を結んでいくかどうかです。

 

共有のハウスというのは『誰かと一緒』が前提となります。相手とお互いに喜びや悲しみを感じあうことで心の奥底で絆が生まれ、なんともいえない心地よさを感じるのです。人との一体感により、より生きていることを実感するようになるでしょう。

 

結婚は7ハウスが有名ですが、実際の結婚生活というのは8ハウスが表します。
ここにきて人というのは、水面下では繋がっていることを理解するようになります。誰かとの絆により心の深い部分で繋がれるようになったとき、共感の波が溢れて『独りではない』と気づきます。『自分と他人との間に境界線なんて実はなかった』と気づくわけです。

 

実際に私たちは集合的無意識という大きな根っこで繋がっています。それに気づくのがこの8ハウスなのかもしれませんね。知識として知らなくても、体感的に理解してしまう感じ。
夫婦で子どもを授かることや最期を看取ることなど誕生や死も8ハウスに関わりがあります。これらを通して物質世界と精神世界との大きな繋がりを感じることでしょう。

 

従来の占星術で遺産や財産のハウスとも言われているのは、それこそ『繋がり』があるからこそです。遺産は両親とのとの繋がりを通して享受されるものですし、結婚という繋がりをつくることで最終的には財産も共有します。

 

2ハウスは収入を自分で稼ぐというイメージですが、8ハウスは他人から受け取るというイメージです。そういうと『お金がもらえる!』とワクワクする人もいますが、それが実際に目に見えるものであるとは限りません。思い出や精神面、仕事などを受け継ぐものである場合もあるわけですから、実際に天体が入っているからといって収入に直結するとは限らないのです。

 

絆という繋がりの延長上に『共有されるもの』というのは存在しています。誰かとの共有が非常に重要になりますから、孤独を感じずにぜひ人との関係性を大切にしてください。

 

この8ハウスでは結びつきがなければ成立しないようなところがあります。特定の人との婚姻、仕事上での権力、血縁関係上での財産など、そこには見えないながらも『絶対的な鎖』が存在することになります。これにより支配的な強制力を感じるかもしれません。個人を超越した絶対的な力を感じ、人格的な変容を体験するかもしれません。

 

 

読み方

この8ハウスは蠍座(支配星:冥王星)が基本星座となっているために、入った天体はもともともっている気質からの変容体験をすることになります。特に3つ以上の天体がある場合には、経済、他人との結びつき、スピリチュアル、仕事の跡継ぎ等のテーマが人生の課題となっている可能性が高いでしょう。

 

他者との関係性の中で自分の意思はほとんど尊重されずに変えざるを得ない状態を作り出します。6ハウスなんかは自分を省みて変えていこうとする動きですが、8ハウスは半強制的です。

 

結婚相手の収入能力などもここで見ることができます。もしあなたが女性で2ハウスが強くて8ハウスが弱ければ、自分が働いた方が家庭的な財政状況は潤います。逆に8ハウスが強いなら扶養された方が良い場合もあるでしょう。

 

繋がりを絶対条件として引き継ぐもの、遺産や稼業などをもらうということは何かしら犠牲にしなくてはいけないものもあるということです。もらえるといっても、どこか8ハウスは自由がなく繋がりの共有を余儀なくされるところがありますね。

 

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する