2ハウス-西洋占星術 (ホロスコープ)

2ハウス

呼称

価値のハウス

 

キーワード

個人の安心感、所有意識、金銭、財産、お金を稼ぐ能力、銀行、富裕、未来の行方

 

格付け

サクシーデントハウス

 

基本サイン

牡牛座

 

 

2ハウスでわかること

2ハウスでは自分の価値や資産との関わりについてわかります。

 

1ハウスのキャラクターが何を大切にしているのか、どんな才能や欲求をもっているのかが2ハウスに表れると考えてもらえればいいでしょう。

 

ホロスコープのハウスというのは、それぞれが独立して存在しているものではありません。12星座と同様に、その12ハウス全体で人生の一生を表しているのです。
1ハウスは生まれたての赤ちゃん。思い込みもないし、ただそこに『自分』が存在しているだけです。
2ハウスではそこに『生きる術』が与えられます。外界と関わるというということは、同時に自らを守る何かが必要になるということ。そこで2ハウスでは物質的に自分を守るための所有物や資産を欲するのです。

 

2ハウスはお金のハウスともいわれていますよね。2ハウスに太陽や木星などが入っていると『お金持ちになれるかも!』と期待する人も多いのですが、お金持ちとはほど遠い生活を送っている人もたくさんいます。

 

つまりはお金だけを指し示しているわけではないのです。例えば価値があるとあなた自身が感じるモノ、時間や体力なども該当します。自分の所有物しているものということで才能やセンス、美貌も2ハウスに含まれます。

 

2ハウスはぜひ意識して使っていきましょう。意識しないとどうなるかというと、宝の持ち腐れになります。2ハウスは物資や所有物自体を表すわけではなく、それらを価値として認識したり得るための才能のようなもの。努力もせずにただ待っているだけでは開花されません。

 

たとえば自分の家の下にレアな宝石が眠っていたしても、気づかなかったら掘り返すこともしないでしょう。原石は磨かなければ光らないし、価値もよく分からず持っていたところで使いどころがありません。

 

才能や資質といったリソースは、使ってこそ価値が発揮されるもの。価値を最大限に活かすには、自己評価をやたらと下げないことが大切です。特に日本人は謙虚が美徳とされる文化のせいか、世界でも特に自己評価が低い国だといわれていますよね。

 

自分に自信を持つことが2ハウスを活かすコツです。もっと自分の中にある才能や資質の素晴らしさに気づくべきです。

 

特に天体が入ってるハウスというのは『うまくこの領域で使ってね!』と訴えているようなものです。意識的に天体を使えば、それこそ生きる喜びを五感で感じるようなイキイキとした人生を歩むことができるでしょう。

 

あなたがどんな価値観を持っているかで、どのように資産を得るのか、どういった方法を取るのかも変わります。

 

たとえば金銭に価値をおく人と人間関係に価値をおく人では、時間の使い方や収入への考え方も変わってきますよね。自身の資産の使い方のカギを握るのが2ハウスなのです。天体の力をしっかり使いこなせれば、より資産を有効に使うこともできるでしょう。逆に天体に振り回されると散財したり資産をムダにしがちです。

 

自分の資産を最大限に生かすことは、心の安定感にも繋がります。ぜひ自分が価値をおくものを明確にしてください。

 

 

読み方

基本的には、収入を得る能力や金銭への考え方をみていきます。ただし勘違いしないでいただきたいのは天体が多いから裕福になる、天体がないから貧乏のような極端な鑑定はしないで欲しいということです。

 

天体が2ハウスに集結している人は、もともと持ち合わせている才能や資質が豊富で、それを意識的に使って人生を開花させていくようなイメージがあります。結果としてそれが金銭的、物質的な豊かさとして表れるのでしょう。

 

天体がない人は極端にならず、平均的です。平均的というと、『お金持ちにはなれないのか』なんてガッカリするかもしれませんが、意外と人並みの生活を維持するのも難しいものです。ある意味で平均的でいられることも才能の1つと考えてもいいのかもしれませんね。

 

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する