1ハウス-西洋占星術 (ホロスコープ)

1ハウス

呼称

自我のハウス

 

キーワード

本人自身、体質やキャラクター、生活スタイル、世間への態度や行動、外見、風貌、身体的特徴、他人から見た印象、雰囲気、自己理解

 

格付け

アンギュラーハウス

 

基本サイン

牡羊座

 

1ハウスでわかること

1ハウスでは『私』という自我がどのような仮面をつけているのかがわかります。

 

すべてはアセンダントからはじまります。この世にオギャーと誕生したその瞬間に、東の地平線にあったサインの特性や星の影響を吸い込むともいわれれいます。アセンダントは4分で1度で移動しますから、双子であってもサビアンシンボルが変わってしまうので影響は非常に大きいといえるでしょう。曖昧な出生時刻ではズレが生じてしまうため、ぜひ母子手帳でしっかりと確認することをおすすめします。

 

アセンダントは外見や生まれ時のスタイルを表します。その影響を人生の中で無意識に受け続け、『個性』として反映されるのです。全ての物事は自分の色メガネを通して判断されることになります。色メガネはいわば主観のこと。良い悪い、正しい間違い、好き嫌いといった意識のすべてを統括してます。

 

人生の基盤であり、空を覆っているベールのようなものとも考えられるかもしれません。特に1ハウスはアンギュラーハウスと呼ばれる影響の強いハウスです。このハウスに天体が入ると良くも悪くも強い力を発揮することになります。

 

幼少期、特に生まれたての時期の影響を垣間見ることができます。影響を強く受けるからこそ、キャラクターとして確立しているような感覚ですね。キャラクターというのはもともと持ち合わせている気質も重要ではありますが、環境によって形成されるところも多いのです。4ハウスという根っこ、土台によって1人の人間として地球の舞台になっている感じ。

 

このキャラクター全体は自分で見える部分と見えない部分があります。心理学では『ジョハリの窓』というコミュニケーションモデルがあるのですが、自分の知っている自分は実は半分しかありません。

 

自分のことを完璧に知るなんて、本当は難しいことなのかもしれません。1ハウスを見てみても『しっくりこない』と感じる人は、もしかしたら他人から見た自分が強く出ているのかもしれません。自分のイメージと他人のイメージの統合がされていない可能性があります。ぜひ他人とコミュニケーションをとりながら、自分への見識を増やしていってください。

 

1ハウスを見ていると、『人間は完璧でなくていいんだな』『1人では生きていけないんだな』『いろんな仮面をもっていていいんだな』そんな気持ちになります。良いも悪いも結局自分の主観からきているものですから、1ハウスがたとえハードであっても、悲観せずにエネルギーの方向性を意識的に変えていきましょう。運命は決まっているものではなく、自分で創っていくものです。

 

この1ハウスに入っている天体を活かすことができれば、自分を外の世界へしっかりと押し出すことができるでしょう。どんな仮面をもっているのか、どう演じればいいのか、あなたの心と意識が調和することは『自信』に繋がります。
逆に天体を活かしきれずに振り回されてしまうと、アイデンティティを喪失して混乱と不安を招きます。1ハウスに入っている天体についての理解を深め、活かし方を考えて天体の使い方や活かし方を考えていきましょう。

 

 

読み方

ホロスコープを読むときは、まずはアセンダントのサイン、サビアンシンボル、サインの支配星を確認します。
1ハウスで見られる個性や資質がどのように発展するのか、その方向性を支配星は示しています。支配星はルーラーとも呼ばれていますが、これは自身の特性の使い道を知る上で非常に重要な位置づけなので覚えておきましょう。

 

支配星は以下の通りです。アセンダントの支配星は一体どのハウスに入っているでしょうか?
・牡羊座:火星
・牡牛座:金星
・双子座:水星
・蟹座:月
・獅子座:太陽
・乙女座:水星
・天秤座:金星
・蠍座:冥王星(副星:火星)
・射手座:木星
・山羊座:土星
・水瓶座:天王星(副星:土星)
・魚座:海王星(副星:木星)

 

1ハウスに天体が入っていると、その天体の影響が表面上に色濃く反映されます。アスペクトも加味して解読が必要です。もし天体が入っていない場合は、カスプ(1ハウスではアセンダント)で見るようにしてください。

 

自分オリナジルの人生を紡ぐための指針となる、いわば土台のようなものです。中には自分で気づいていないような資質もあるので、1ハウスから色々な可能性をみてみるといいでしょう。

 

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する