6ハウス-西洋占星術 (ホロスコープ)

6ハウス

呼称

反省のハウス

 

 

キーワード

労働全般、仕事、健康、病気、職場、ボランティア、義務と役割、雇用関係、社会貢献

 

 

格付け

ケーデントハウス

 

 

基本サイン

乙女座

 

 

6ハウスでわかること

6ハウスは自分を省みて社会に貢献していく『仕事と健康』のハウスです。ここではどんな働き方をするのかはわかります。

 

1~6ハウスまでは、基本的に個人主体のハウスとなっています。ホロスコープの7ハウスからは社会主体となるため、6ハウスは個人と社会の橋渡しのようなハウスと考えてみればいいでしょう。

 

自分を社会に押し出していくだけでは世の中は成立しません。自分よがりさを反省し、今度は社会の中で自分はどのような役割ができるのかを考えて奉仕していく。義務を全うして、自分だけではなく他人や周りのために動くことの喜びを感じる。この『奉仕』『他人のために』といった貢献精神が、次の7ハウスへいくためには必要となるのです。

 

人のためになる、社会のためになる。そこにやりがいや生きがいを感じることで『与える』ことに喜びを感じるようになります。6ハウスで今まで一方的に貰おうとしていたところに与えるという行為が加わって、初めて本質的なコミュニケーションが発生すると考えてもいいでしょう。

 

ここはある意味で自分の他人の価値観のすり合わせを行うハウスと言ってもいいかもしれません。自分の信じてきた価値観や能力や、自己イメージと他人は見ているそれとは大きさ差がある可能性があります。

 

たとえばあなたが『自分は仕事ができる』『リーダーシップが取れる』と周りに得意げに発信していたとしましょう。
しかし周りからは『別に仕事ができるようには見えないな』『リーダーにしてはちょっと独りよがりだ』そう思われていたら、あなたは他人の要求に応えることでイメージ像を調整していかなくてはいけないのです。

 

こういった調整にはたいてい苦痛が伴います。他人の望む欲求を叶える自分になるということは、思い込みや理想で固められた自分自身を脱しなくてはいけないからです。

 

6ハウスには土星のような険しさや自己抑制、努力などが必要になるため、このハウスに天体がある人は大変だといわれることもあります。

 

また健康のハウスといわれる所以は、自分自身を律してメンテナンスをしていく他にも、心身の酷使という意味合いもあるのでしょう。

 

健康を崩してしまう要因の1つは、ストレスだったり心の問題が多いですよね。6ハウスで人や社会の要求に応えようとした先に病気はあると考えれば、関連性は非常に高いといえるのではないでしょうか。

 

6ハウスでバランス管理を学ばなければ、いずれ社会で潰れてしまいます。自分の心身の声を聞きながら、外部の要因に応えていく。そのバランス感覚をしっかりつかむことで、初めてやりがいや役に立つ喜びを感じることができるようになるのです。

 

 

読み方

6ハウスは天体が入っている場合、基本的には働き者な人が多いです。
自営業よりも企業に務めるような働き方を好みます。責任感があり、仕事能力も高い傾向にあります。

 

基本的に自分が 働きやすい労働環境はサインを見るといいでしょう。人によって仕事の考え方は違います。『働くことはどういうことか?』という考えによって適性もまた変わってくるものです。6ハウス水瓶座の人だったら自由だったりネットワーク関連の職場が居心地よく感じるかもしれませんし、獅子座なら華やかで自分が目立てるような芸能などに適性があるかもしれません。

 

そのような職場環境の中で、どんな働き方をするのかを天体でみることができます。

 

また健康状態も6ハウスでわかります。天体が多い人は、働きすぎたり要求に応えようと頑張りすぎて健康を損ないやすいので気をつけましょう。

 

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する