150度-西洋占星術 (ホロスコープ)

150度=インコンジャクト(Inconjunct)

基本データ

・分類:マイナーアスペクト(ハード)
・意味:調整、訓練
・オーブ:±4度

 

 

アスペクトの意味

インコンジャクトはクインカンクスとも呼ばれています。マイナーアスペクトの中でも特に最近では重要視される傾向にあります。

 

天体同士の共通項が全くない状態で、努力して新しい資質を身につけるアスペクトです。磨くためには苦しみを伴いますから、ハードだなと感じる人もいるかもしれません。
しかし資質を磨く過程で天体の能力自体も向上しますから、ハードアスペクトだからといって一概に凶とは言い切れないのです。

 

後天的な努力によって鍛え上げて自分を作り変えていくということは、『そのままじゃダメだよ』と言われているようなもので、トラインのように『そのままで何もしなくていいよ』という感覚とはまた対照的です。

 

セクスタイルとなる天体のそれぞれにインコンジャクトが配置されると『ヨード(ヨッド)』という複合アスペクトになります。2つのインコンジャクトの中心の天体が本質。

 

制限された中で訓練を受けて大きな力を発揮します。他人のような天体同士の中のギスギス感の中で必死に鍛えていかないといけないので非常に過酷です。運命的に逃れることもできません。
しかし乗り越えた先には大きな成長と誰にも追随できない成功が待ち受けているでしょう。

 

 

関連記事

西洋占星術とは?ホロスコープとは?
西洋占星術の基本12星座
西洋占星術のハウスとは?
西洋占星術の基本アスペクトについて

 

 

12星座

牡羊座
牡牛座
双子座
蟹座
獅子座
乙女座
天秤座
蠍座
射手座
山羊座
水瓶座
魚座

 

 

10天体

太陽

水星
金星
火星
木星
土星
天王星
海王星
冥王星

 

 

12ハウス

1ハウス
2ハウス
3ハウス
4ハウス
5ハウス
6ハウス
7ハウス
8ハウス
9ハウス
10ハウス
11ハウス
12ハウス

 

 

アスペクト一覧

0度-コンジャクション(Conjunctuion)
45度=セミスクエア(Semisquare)
60度=セクスタイル(Sextile)
72度=クインタイル(Quintile)
90度=スクエア(Square)
120度=トライン(Trine)
150度=インコンジャクト(Inconjunct)
180度=オポジション(Opposition)

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する