各指 それぞれの関節の意味-手相占い

各指 それぞれの関節の意味

「指それぞれの意味」のページでは指1本ずつ、それぞれの意味について説明しました。
今回このページでは、「各指の各関節」それぞれの持つ意味について、更にクローズアップして説明します。親指は2関節、それ以外の指は3関節ありますので、計14関節それぞれに意味があることになります。

白点・ほくろ・傷について

各関節を用いる手相占いでは、各関節の中に良い兆候と悪い兆候があるかを見ます。
良い兆候は、「白点」と呼ばれる爪にある白い点があることです。爪は各指に1つずつしかありませんが、各指の2~3関節の持つ意味の集合体として考えます。そのため、2~3関節の持つ意味を全て足し、凝縮したような良い出来事が起こります。
逆に、悪い兆候は、「ほくろ」「傷」です。これは白点とは違い、各関節の中でどこにほくろ・傷があるかによって判断します。その関節の持つ意味を損なってしまうような悪い出来事が起こります。

白点・ほくろ・傷は、どれも一生残るものではありません。時間と共に、消えてしまったり現れたりを繰り返します。ですので、今現在の兆候として考え、一生変わらない性質だと思う必要はありません。白点がなくなった後も、良い部分は継続仕様と思う心構えが大切です。また、ほくろ・傷があっても落ち込まず、悪い状況を打破できる方法を考えてください。

 

各指の各関節の持つ意味

親指

親指の爪に白点がある場合は、理知的で愛情深い人になることができます。周囲に愛される人気者となります。

1:第一関節

人々を慈しむ心を示します。どんな人にでも愛と優しさを持って接したいと思うのであれば、親指の第一関節をマッサージしてみてください。どれだけ気性が荒い人でも、最後には穏やかな愛情深さを手にすることができます。ここにほくろや傷がある場合は、誰に対しても嫌なところばかりが目につき、攻撃的になります。孤立しないように気を付けてください。

2:第二関節

知識を示します。身に着けたい知恵がある場合は、親指の第二関節をマッサージしながら覚えると、すんなりと頭に入ります。勉強中などに行えば、更に効率的です。ここにほくろや傷がある場合は、何を勉強しても頭に入らず、肝心な時に知識を思い出すことができません。「天然」「ちょっと抜けてる」と言われるうちはまだよいですが、周囲の目が冷たくならないうちに改善したいものです。

 

人差し指

人差し指の爪に白点がある場合は、皆の気持ちを考えながら大勢を率いていくリーダーになることができます。自分の夢や目標もしっかりと叶える姿は、憧れのリーダーとして周囲に評価されます。

3:第一関節

相手の立場になって考える心を示します。思いやりを持つと、人間関係が円満になります。周囲の人と仲良くしたい方は、人差し指の第一関節のマッサージを続けてください。逆に、ここにほくろや傷がある場合は、自分の立場でしか物事を考えることができなくなります。周囲を傷つけやすくなるので、次第に孤立してしまいます。しかも、相手の立場になって考えられないので、それに気づくことすらできません。

4:第二関節

大志を示します。小さな頃から抱いていた夢や目標を叶える、想いの強さがあります。目標を持っている方は、人差し指の第二関節をマッサージすることで、夢を自分で後押しすることができます。ここにほくろや傷がある場合は、すぐに気持ちが折れてしまいます。夢を叶えるための気持ちも弱くなってしまいますので、頑張ってモチベーションを上げてください。

5:第三関節

リーダーシップを示します。上に立つ素質があるかどうかを左右しますので、目標を叶えたい方・昇進したい方は、人差し指の第三関節をマッサージしてください。周囲から慕われ、皆がついてくるようなリーダーになることができます。ここにほくろや傷がある場合は、人の上に立つとおどおどしてしまうため、あまりリーダーに向きません。ほくろや傷が消えるまでは、リーダーに付き従っていた方が賢明です。

 

中指

中指の爪に白点がある場合は、一財産を築くことができます。冷静で、時には人を疑いながら資産を増やしていく姿は、周囲が一目置く存在となります。

6:第一関節

冷静に考える力を示します。中指の第一関節をマッサージする習慣を作ると、次第にどんな出来事にも冷静に対処することができるようになります。落ち着いた雰囲気は、周囲にも影響を与えます。ここにほくろや傷がある場合は、すぐにおどおどしてしまったり、考えるよりも先に行動を起こして失敗します。ケアレスミスも繰り返しやすいので、注意が必要です。

7:第二関節

周囲を疑ってかかる気持ちを示します。あまり良くないことのように思えますが、特に親しくない人間関係や仕事では、疑いの気持ちはあるに越したことはありません。怪しさを感じるような相手と接するときは、中指の第二関節をマッサージしつつ話すと良いです。ここにほくろや傷がある場合は、誰のことも疑わずすぐに気持ちを許してしまいます。相手に弱みを握られないように気を付けてください。

8:第三関節

資産や豊かさを示します。大金を手に入れたい方や裕福な暮らしを望む方は、中指の第三関節をマッサージしてください。思わぬ収入が入ったり、周りからプレゼントされる機会が多くなります。ここにほくろや傷がある場合は、何を手にしても満たされません。心を満たしたくてお金を使うことも増えるので、どんどんお金が減っていってしまいます。金欠に注意してください。

 

薬指

薬指の爪に白点がある場合は、アーティスティックな一面が有名になります。プライドを持ち芸術に挑むので、評価や名声を得ます。勝負強さを味方につけてグランプリに入賞することもできますので、気になるコンテストなどにはぜひ参加してください。

9:第一関節

アーティストの素質を示します。音楽や絵画に関することで行き詰っているときは、薬指の第一関節をマッサージしてください。今までは思い浮かばなかったような斬新なアイディアが浮かんだり、すっきりとした気持ちで集中することができます。ここにほくろや傷がある場合は、音楽や絵画を見ても感動することができなくなります。心が干からびてしまいがちになるので、気を付けてください。

10:第二関節

勝負強さを示します。ここぞというときに強みになる度胸があり、自分が有利になる瞬間を見極めることができます。何か大きな戦いがある時には、薬指の第二関節をマッサージしておくとよいです。ここにほくろや傷がある場合は、大事な時にひるんでしまいます。不利になる方へと自ら進んで大敗してしまいます。冷静さを取り戻す必要があります。

11:第三関節

プライドを示します。プライドは良い面も悪い面もあります。どんなときにも媚びないプライドを持てば、凛々しさを忘れることはありません。心がくじけそうなときは、薬指の第三関節をマッサージして乗り越えてください。ここにほくろや傷がある場合は、プライドを守ろうとするあまり孤立してしまいます。時にはプライドを捨てなければいけない場面もあるということを覚えてください。

 

小指

小指の爪に白点がある場合は、仕事でも家庭でもうまくいきます。トークと知識の応用ができることで、仕事でも重宝されます。家庭でも、その面が子供に尊敬される部分となります。仕事もこなしつつ、家では人気者のパパ・ママになることができます。

12:第一関節

トーク力を示します。大勢の人の前で話さなければいけないときや、初対面の人と話すときは、緊張したら小指の第一関節をマッサージしてください。ユーモアのある、誰もが楽しくなるような会話ができます。ここにほくろや傷がある場合は、何を話してもオチがなかったり、おどおどして話すので笑いどころを分かってもらえなくなります。あらかじめ話すことを決めておくのも一つの手です。

13:第二関節

聡明さを示します。2の知識と似ていますが、違うところは「自分の蓄えた知識を上手く生かせる」というところです。知識の応用ができるのは、頭の回転の早さがあってこそです。頭の回転が必要な場面では、小指の第二関節をマッサージするとよいです。ここにほくろや傷がある場合は、せっかくの知識を活かすことができません。どれだけ知識を蓄えても、これでは宝の持ち腐れです。冷静になってください。

14:第三関節

子どもとの運を示します。赤ちゃんを授かったり、子どもとの関係性の良好さを左右します。子供のことで悩むときには、小指の第三関節をマッサージしてください。ここにほくろや傷がある場合は、子どもとの関係がうまくいかず、悩むことになります。家族だからこそ、良い時も悪い時もあるわけですが、気持ちが折れてしまわないように心を強く持ってください。

手相一覧

 

手相占いとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-社交線

    • 手相占い

    手相占い-太陽線

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する