木星丘-手相占い

木星丘

木星丘は、人差し指の付け根にあるふくらみのことを指します。
木星丘は、リーダーとしての素質の象徴です。自分の進みたい道を突き進み、人を導くことができる人かどうかを読み取ることができます。

 

木星丘は、「自分はリーダーにはならなくていいし、これといった野心もない」という方にとっては、ピンと来ない手相になりがちです。  
ですが、高い目標を持つことや、それを諦めずに手にしようとする気持ちの強さは、人生を豊かにしてくれます。ただ何となく過ごす毎日よりも、夢に向かって努力をする毎日の方が、振り返って見たときに何倍も魅力的に感じるものです。
今はピンと来ない手相だとしても、将来を見越して、木星丘に興味を持ってみてください。

 

木星丘を今よりも発達させたい場合は、人差し指を手のひら側に押し、少しでも痛いと思ったら今度は手の甲側に押すエクササイズが効果的です。
指を痛めないように、無理のない範囲で行っていただければ十分です。苦痛を伴わない方法で、毎日続けることを重視してください。

 

丘の厚さ・広さ

1:面積が広い

木星丘の広さは、心の広さと直結しています。そのため、穏やかで優しく、親しみやすいリーダーになることができます。それでもあなたが部下に決してなめられることがないのは、仕事はきっちりとこなす「やるときはやる」タイプだからです。そのため、いつも親しく接している部下でも、心の中ではあなたに尊敬の念を抱いています。近い距離を保ちつつ、慕われている存在であることは、簡単なようで意外と難しいことです。これからも、今のあなたの魅力を失わないよう、心の余裕は常に持つようにしてください。

2:平べったい

これといった目標が見つからず、手持ち無沙汰な日々を過ごしている人の手相です。心を惹かれるような目標があったとしても、「自分には出来ない」「失敗しそう」など理由を付けて諦めてしまうところがあります。そのため、自分で目標を探すよりも、高い目標を見つけて進んでいる人についていく方が楽だと考えがちです。ただこれだと主体性がなく、途中で挫折してしまうことも多いので、あまりオススメできません。
少しでも魅力的な目標を見つけたら、自分の実力を信じて進んでみてください。諦めず、自分の力だけで目標を手に入れることが大切です。

3:適度に膨らんでいる

自分の心のアンテナにとても敏感で、自分が目指すべき目標をすぐに見つけることができます。目標を見つけたらまっすぐに突き進むタイプなので、途中で投げ出したり、心が折れてしまうこともありません。強い信念の持ち主なので、最後には大成します。
また、人に頼ることに抵抗があり、自分の力だけで解決しようとするところがあります。ある意味では実力があるからこそだともいえますが、どうしてもキャパシティをオーバーしそうなときは周囲にSOSを求めることも視野に入れておくことをオススメします。

4:ぱんぱんになり、ふくらみすぎている

※はりつめすぎるとツヤがあるようにも見えますが、触ると固くなっているので分かりやすいです。

高い目標を掲げ、それに向かって努力する姿はとても素晴らしいです。ですが、4のタイプの難点は、周囲を巻き込もうとするところです。周囲にも同じ目標を目指すことを強制したり、他者の手助けを前提とした計画を立てるので、周囲からの反感を買いやすいです。このままでは孤立する可能性も高いです。
周囲の手助けは強制ではないですし、それに感謝する謙虚な心も忘れてはいけません。一度、自分の目標を見直して、周囲との関わり方も一から考え直してください。

手相一覧

 

手相占いとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    放縦線-手相占い

    • 手相占い

    手相占い-金星帯

    • 手相占い

    手相占い-社交線

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する