第二火星丘-手相占い

第二火星丘とは?

第二火星丘は、手のひらの小指側の側面にあり、感情線と知能線の間に挟まれた部分のふくらみのことを指します。水星丘と月丘の間のふくらみでもあります。

 

第二火星丘は、「考えを発信する力」の象徴です。
内なる自分と向かい合い、自分の望みや考えを深く理解していないと、自分の考えを発信することはできません。自分の弱い部分を見つめ直し、心のSOSを聞き取り、自分自身を助けてあげる勇気が必要なのです。その上で、主張できる強さを持ってください。

 

第二火星丘は、他のページで紹介している第一火星丘と対になっている丘でもあります。
第一火星丘が「戦う力」の象徴であるのに対し、第二火星丘は別名「戦いの丘」とも呼ばれています。やはりルーツは似ているのです。
第一火星丘をオフェンスだとすれば、第二火星丘はディフェンスです。戦いには攻撃も防御も同じように必要です。偏っていてはいけません。どちらかだけに気を取られるのではなく、どちらもバランスよく育ててあげることを意識すると、人としてもぐっと成長することができます。

 

第二火星丘を発達させたい場合は、小指を手の甲側へと押してみてください。かなりぐっと押すと、第二火星丘の部分もじんわりと痛みを感じます。その状態で第二火星丘を押してあげると効果的です。
無理な方向に小指を曲げることになるので、痛みを感じたらすぐにやめてください。

 

丘の厚さ

1:平べったい

自分に向き合う力が弱いです。誰しも自分の心が分からなくなってしまうときは必ずあります。そんなとき、あなたの場合は根気強く考えるのではなく、「もういいや」と放棄してしまうのです。これでは自分の考えも望みもあやふやなままですので、的確な行動を起こすことができません。
まずは、根気強さを身に着けてください。長い時間自分自身と向き合い、自分の望みをしっかりと理解するのです。「自分の考えはこうだ」という主張をはっきりできるようになれば、周囲からの理解も得られます。味方を集めながら戦っていけるので、望むべき方向へと駒を進めていくことができます。

2:適度に膨らんでいる

考える力に長けており、問題があってもそれを解決する方法をうまく導き出すことができます。また、進むべきタイミングでは一気に進む勇気を持ち、引くべきタイミングではこだわりすぎない潔さも持っています。これらのバランスが非常に良いため、困難にくじけてしまうこともありません。
また、これらのことを周囲に発信するのがとても得意です。周囲からもサポートを受けることができ、順風満帆に人生を切り開いていくことができます。

3:ぱんぱんになり、膨らみ過ぎている

※はりつめすぎるとツヤがあるようにも見えますが、触ると固くなっているので分かりやすいです。

自分の考えをしっかりと理解しており、それを大切にしています。これはとても素晴らしい事なのですが、あなたの場合は自分の考えを大切にするあまり、こだわりすぎる傾向にあります。そのため引き際を間違ったり、猪突猛進してしまうところがあり、失敗も多いです。
自分の考えを大切にすることはとても良いことですが、自分と同じくらい周囲の考えも尊重するようにしてください。周囲が難色を示すようなときは行動や主張を一度止めるようにしてください。それだけでも、失敗する回数はかなり減ります。第三者の目線だからこそのアドバイスは、きちんと聞くことが大切です。

手相一覧

 

手相占いとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-旅行線

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する