ストレス溜まってない?手相であなたの疲労レベルが分かる!-手相占い

ストレス溜まってない?手相であなたの疲労レベルが分かる!

最近、身体がだるいと感じたり、気分が沈んだまま元に戻らなくなる・・・というような経験はありませんか?
これはストレスが溜まり、あなたが疲れていることのサインです。

 

ストレスとは精神的なものだけを指すのではなく、身体にかかる負荷のことも指します。逆に疲労とは、体力の消耗のみを指すのではなく、精神が疲弊してしまうことも指します。
ストレスも疲労も、身体的なもの・精神的なものどちらもを指すことになるので、どちらも同じようにケアしていかなければいけません。

 

ですが、ストレスも疲労も、忙しさの中で自分で気づけなくなることがあります。気付いたときにはもう手遅れだった・・・というケースだってあり得るのです。
そこで今回は、ストレスや疲労を示す手相をご紹介します。
これらをチェックすることで、自分の疲れ具合が早期に分かるようになります。早めにSOSに気づけると、すぐに体や心を回復させることができるようになりますよ。
3つともどれも分かりやすく、覚えやすいものばかりです。いつでもチェックできるように、頭に入れておくのがオススメです。

 

放縦線がある

放縦線とは、「始点が月丘(小指の真下で、手首の近くのふくらみ)にあり、生命線に向かっている線」のことを指します。
月丘から真横に伸びていることが多いですが、斜めの場合などもあります。

放縦線は、身体的な疲れを司る線です。
ただ、身体的な疲れを放置し、回復させないままでいると、精神の疲れにもつながってしまいます。そういった面では、身体的な疲れだけでなく精神面での疲れにも影響することになります。
放縦線は、少しの疲れでは現れません。身体的な疲れがかなり溜まってから、やっと放縦線が現れます。ですので、放縦線が現れるという時点で、身体にかなりの負荷がかかっています。早急に、身体のケアをはじめるようにしてください。

放縦線が出た場合は、とにかく「身体を休めるケア」が必要です。
満足できるくらい長い時間眠るようにしたり、身体の疲れを取る栄養素である「ビタミンB」が多く含まれる食べ物を積極的に摂取するとよいです。また、マッサージや整骨院・整体などもオススメです。
身体の部位の中で調子の悪さを感じるところがある場合は、この機会に病院で診てもらうと、早めの治療ができます。
このようなケアを重点的に行い、身体の疲れが精神の疲れに影響しないようにしてくださいね。

また、「放縦線が2本出ている場合」「放縦線が生命線とくっついていたり、生命線自体を超えている場合」「メイン線(生命線・知能線・感情線)と同じくらい濃くなっている場合」は要注意です。これらは全て、身体を壊す一歩手前といえるくらい、疲れがかなり深刻なサインです。
「今度の休みの日にゆっくりと疲れを取ればいいや」と思うのではなく、有休をとってでも休むようにしてください。

 

ストレス線がある

ストレス線は、「始点が生命線の内側にあり、火星平原(手の平の中央にあるくぼみ)に向かっている2本以上の線」のことを指します。
一本だけであれば障害線ですので、必ずこの線が複数本あるかをチェックしておくと、見間違わずにすみます。

ストレス線は、精神的な疲れを指します。身体的な疲れを指す放縦線と混同してしまわないように、よく覚えておいてくださいね。
ストレス線は、線の本数により、精神的な疲れのレベルを測ることができます。本数が少なければ少ない(2,3本)ほど、ストレスは軽度です。逆に、本数が多くなる(6本以上)と、その分ストレスも重度なので、注意が必要です。

精神的な疲れは、ナイーブで感受性が強い人ほど、激しく現れます。
ですので、自分と他者の間にはっきりと線引きをして、自分のテリトリーをしっかりと守るようにしてください。あなたが傷つくようなことを他者が言ってきたとしても聞く耳を持たないようにしたり、同情を引くようなことを言ったとしても感情移入しすぎないようにするのです。
このように心を強くするトレーニングを続けていくと、ストレスに負けて揺らぐようなことがない、堂々とした心を手にすることができます。そのため、精神的な疲れも減ります。
また、少しのストレスでも溜め込んでしまわないように、ストレス発散もこまめに行うようにしてください。毎日でも続けられて、没頭できるような趣味を作るのがオススメです。

また、ストレス線が生命線の内側だけで終わっている場合は、ストレスが表面化しておらず、自分でも気づけないままになります。気付いたときには精神が限界になっていた・・・というようなことも考えられますので、自覚症状がないストレスはとても厄介です。こまめにストレス線の状態をチェックし、ストレスが溜まっていないかを見ておくことをオススメします。

 

爪がダメージを受けている

手の平の線・丘の状態や、指の形だけでなく、爪もまた手相として見ることができます。
「爪の白い部分が二重になっていて、先が割れている」「爪の表面が凹んでいる」「爪のピンク色の部分に、白いもやがある」・・・このように、爪にダメージを受けている場合は、心身ともにストレスがかかっています。

爪にこれらの状態が現れる場合は、身体にも心にもかなりの負荷がかかっています。
身体の疲れを無視して頑張りすぎてしまうと、心に歪みが生じます。精神的にとても辛いのに我慢して笑っていると、身体にガタが来てしまいます。身体も心も、良い状態でバランスよく保つようにしないと、このように身体・心のどちらかが負担を抱えてしまうのです。
爪の状態が悪くなっているのも、身体や心が悲鳴を上げているサインです。
ですので、爪がダメージを受けているときは、身体も心もどちらも休ませてあげることを意識してみてくださいね。誰とも会わず、横になってゆっくりして、穏やかな時間を過ごすことをオススメします。

また、爪を噛んでしまう癖がある方は、特にこのような爪になる傾向があります。爪を噛むこと自体もストレスの表れです。自分の身体や心の悲鳴には気をつけながら、この癖はできるだけ控えておくように、意識してみてください。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-健康線

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する