障害線を消す方法-手相占い

障害線を消す方法

障害線は、良い意味を持っていません。あまり好かれない線ではありますが、その手相の持ち主にこれからの運気の停滞を教えてくれるサインでもあります。そのため、障害線があると何だか嫌な予感がしたり、気味が悪いと感じてしまうものです。できることなら、早めに障害線をなくしてしまいたいですよね。

 

そこで今回は、障害線を消す方法をいくつかご紹介します。どれも道具が必要なく、簡単に行うことができるものばかりですので、隙間時間に試してみてくださいね。
どれか1つ、覚えやすく実行しやすいものを試してもいいですし、一通り試してみても問題ありません。あなたに合った方法で、続けていくことが大切です。
ただ今回ご紹介する方法は、1回だけ、もしくは短期間だけで簡単に効果が出るものではありません。日々の習慣として生活の中に取り込み、長期的に続けていくことで効果が出ます。どの方法も、やり続けていくうちに障害線が薄れていき、分かりやすく効果を実感できますよ。
障害線があると焦る気持ちになってしまうものですが、ぜひ根気強く続けてみてください。

 

1:ストレッチ

祈るように両手を組み、そのまま腕を伸ばして手を上にあげて、手をひっくり返します。腕も手もそのままにして、お辞儀をするように前に倒します。手順はこれだけです。シンプルですので、何回か続けて行ってみてください。
本来は、腕と肩の筋肉を伸ばすストレッチなのですが、手相にも効果があります。このストレッチは血行が良くなるのですが、手の血行が良くなると手相も改善されるのです。ですので、デスクワークの方や力仕事の方など、肩こりが激しい方には一石二鳥となるストレッチでもあります。

2:手を温める

両手を合わせ、片方の手を上方向にずらし、もう片方の手をした方向にずらします。これを連続して行うと、手の間に熱が溜まってきます。秋や冬の寒い時期には無意識のうちに行ってしまうような、古典的な手を温める方法ですね。
普段何気なくやってしまうこの動作ですが、これも1と同じように、血行を良くし、手相を改善する効果があります。何気なく行えるジェスチャーの1つでもありますし、日常生活の中でも実行しやすいです。

3:リズムを刻む

一定の調子で手を叩いて、リズムを刻みます。手を叩きながら、そのリズムに合わせて深呼吸をしたり、歌ったりするのも効果的です。そちらの方が自然に行えるという方は、ぜひ呼吸や歌も同時に行ってみてください。
この方法は、手を叩くことにより手の平に刺激を与えることができ、障害線が薄くすることができます。深呼吸をして気持ちを落ち着けたり、歌って気持ちを晴れやかにすることで、心にも良い刺激を与えられるのも、良い効能の1つです。気持ちが落ち込んだ時にこそ、ぜひ試してみてください。

4:マッサージ

障害線が出ている線を、最初から最後まで強く押します。障害線のない綺麗な線をイメージして行ってください。なお、障害線が出ていない線も同時に行うと、障害線の予防にもなります。
なお、この方法は、爪楊枝・歯ブラシ・先の出ていないペンなど、先が細くなっているもので行うことで、さらに効果がアップします。道具がなくても効果がありますが、早く効果が出てほしい時には道具込みで試してみてください。

手相一覧

 

手相占いとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-財運線

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する