結婚線が大きく下がっている!その手相が意味することって?-手相占い

結婚線が大きく下がっている!その手相が意味することって?

結婚線とは、手の小指側の側面にある、横向きの短い線のことです。本数も、線の向きも、かなり個人差があります。
その中でも、特に目につきやすいのが「大きく下がっている結婚線」です。大きく下がると、手の側面を超えて手のひら側まで線が伸びてくるからです。

 

大きく下がっている結婚線は、結婚している人にとっては「結婚生活の破綻」を、結婚していない人にとっては「結婚へのマイナスイメージ」を示しています。悪い未来を暗示しているので、不吉な線ともいえます。
ですが、悪い未来を前もって知ることができれば、努力次第でこれからの展開は変えられます。悪い未来への覚悟を決めることが、正解ではありません。幸せな未来に変えていくための努力をすることが、大切なのです。

 

そこで今回は、「注意すべき、大きく下がった結婚線」についてまとめました。
長く下がった結婚線が手の平まではみ出ていたり、手の小指側の側面を見たときに下降した結婚線が目立つという方は、ぜひチェックしてみてください。
幸せな結婚生活や、結婚へのポジティブなイメージを手に入れることができるよう、頑張ってください。

 

結婚線の末端が感情線と触れる・もしくはクロスする

「結婚線の末端が、感情線に触れたところで終わる」もしくは「結婚線の末端が、感情線とクロスして、ある程度過ぎたところで終わる」というものが、これらに当てはまります。
なお、「結婚線の末端が、感情線に触れずに手前で終わる」という場合は、この項目には該当しません。

これらのタイプの手相の方は、結婚後、独身時のように好き勝手している配偶者に失望して、愛情が冷めてしまいます。
別の環境で育った二人が、婚姻関係という特殊な関係を結び、一緒に生活するからこそ、助け合いや相互理解はとても大切です。ですが、結婚にまつわる悩みの代表例である「仕事・家事・育児・金銭面の管理・姑や近所との人間関係」・・・これらのことで、片方だけが悩み、背負い込まなければならないとなると、かなりの負担がかかります。
それなのに、配偶者が何も考えずに、手伝わないままでいれば、待っている先は絶望と諦めです。付き合っている頃や新婚時の愛情は枯れはて、怒りや憎しみが湧いてきます。
そして「1人で生きていって、子育てしても、何も変わらない」という結論から、離婚という道を選んでしまうのです。

「結婚線の末端が、感情線に触れたところで終わる」であれば、まだやり直すこともできます。しかし、「結婚線の末端が、感情線とクロスして、ある程度過ぎたところで終わる」であれば、もうほとんど修復不可能です。結婚線の終点によって判断すると、分かりやすいですよ。
配偶者とこれからも一緒にいたいのであれば、結婚線が感情線とクロスしてしまわないうちに、二人の関係を修復してください。
その際は、相手だけに変わる努力をしてもらってはいけません。あなたも「これを手伝ってほしい」「一緒に考えてほしい」と自分の気持ちを伝える努力をしてみてください。言葉にして伝えることで、鈍感な配偶者でも、気を付けてくれるようになりますよ。

 

結婚線が下にカーブしており、そのカーブが始まったあたりから、水星丘(小指の付け根のふくらみ)に向かって上がる直線が出ている

下がった結婚線の枝線が上昇しているのではなく、下がる結婚線と上がる直線の間に、少し隙間があるのがポイントです。それぞれ独立した線となりますが、これらを1セットの結婚線だと考えてください。

このタイプの手相の方は、結婚生活自体にあまり楽しみを見出すことができません。配偶者との時間を退屈だと思い、家事にもやりがいを見出せません。子どもといる時間は楽しいと感じますが、「結婚」によってもたらされた幸せというよりかは、「出産」によってもたらされた幸せだと考えています。
このタイプは、面白みのない結婚生活に飽き飽きした頃、天職と巡り合います。配偶者との時間では感じられなかったワクワクする気持ちや、家事からは得られなかったやりがいを見つけることができ、仕事にどんどんのめりこんでいきます。
家にいる時間が減ることで、配偶者との時間は更に減り、夫婦関係の修復もしづらくなります。時には、「夫婦としての支え合いや、パートナーとしての信頼がなくなってしまった」と、配偶者から離婚を切り出されてしまうこともあります。

もし、配偶者との結婚生活を終わらせたくないと思うのであれば、仕事にのめりこむ気持ちを少しセーブしてみてください。短時間勤務などの制度があればそれを利用し、夫婦としての時間、家族としての時間を増やしてください。すると、夫・父親としての相手の魅力を再確認することができますよ。
生きていく上で、仕事はとても大切なものですが、それと同じくらい、家族もまたかけがえのないものです。本当に失いたくないのであれば、うまくバランスを取ることも大切です。

 

下降する結婚線が数本(それぞれの線に枝線が出ている場合も)

大きく下がる結婚線は、1本だけでも結構目立ちます。更にそれが複数本となると、かなり目につきやすいです。
それぞれの線に枝線が出ている場合も、この項目にカウントしてください。

これらのタイプの手相の方は、結婚に対して良いイメージを持つことができません。
「結婚をしたら、相手に合わせて疲弊するのではないか」「結婚をしたら、相手に幻滅されるのではないか」など、結婚後の生活に対して、ネガティブなイメージを捨てることができないのです。また、「ちゃんと家事できるかな?」「ちゃんと貯金できるかな?老後のお金に困らないかな?」など、自分の能力に対しても自信を抱けません。
そのため、恋人が結婚したいと言ってきても、すぐに首を縦に振ることができません。意を決してプロポーズした相手にとっては、傷ついてしまうリアクションですよね。あなたの答え方によっては、恋人との間に亀裂が入ってしまうこともあります。

結婚に対して希望を抱くことができない・・・そんな自分に嫌気がさすときは、結婚をするために必要な能力を磨くようにしてください。貯金テクニックや生活の知恵を身に着けたり、家事のレベルを底上げするのです。将来のことまで見越して、育児に関するある程度の知識も身に着けておくと尚よいです。
こうした能力を身に着けることができれば、結婚後の生活への不安を一つずつ減らしていくことができます。また、その力を努力して身に着けた自分に対しても自信がつくので、結婚へのマイナスイメージも無くなっていくのです。
また、結婚相手に対する不安がある場合は、恋人とその悩みを話し合うことも大切です。お互いの生活リズムやこだわりを知り、理解しあうことができれば、結婚生活への懸念も和らぎます。あなたがどれだけ恋人に愛されているかを知れば、幻滅される不安も無くなります。相手にとっても、あなたが結婚に乗り気ではない理由を知ることができるので、納得してくれます。そして、結婚への不安をなくすことができるよう、協力もしてくれますよ。

なお、どちらの手相も、こうした「結婚へのマイナスイメージ」を示しています。手相占いに慣れないうちは、混同して覚えても構いません。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    寵愛線-手相占い

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する