天然な人の手相には「不思議ちゃん線」がある

天然な人の手相には「不思議ちゃん線」がある

「天然な性格」「不思議ちゃん」というと、他者を穏やかな気持ちにさせてくれるプラスの性格だと考える人もいれば、常識や周囲への配慮がないマイナスの性格だと考える人もいます。「天然な性格」「不思議ちゃん」という言葉に対する印象が、こうも両極端になってしまうのは、天然な人には様々なタイプがあるからです。そのうちのどれに接したかによって、不思議ちゃんへの今後のイメージも固まってしまいます。

 

扱いづらく、予想しにくい「不思議ちゃん」と渡り合っていくためには、彼らのタイプを熟知することが必要です。ここさえしっかりと学べば、相手に合わせた対応策を考え、ストレスなく接することができます。
ですが、なかなか掴みづらい不思議ちゃんの性格を、「この子は◎◎タイプだな」と即座に分類するのは、なかなか難しいです。そんなとき、分かりやすい判断基準となるのが、相手の手相です。

 

そこで今回は、「不思議ちゃん線」に該当する手相をまとめました。
不思議ちゃんだと感じる人に遭遇したときは、これを元に相手を分類し、タイプに沿った接し方をすれば、分かりづらい相手の言動に寄り添ってあげることができますよ。
また、このページは「天然」「不思議ちゃん」とよく言われてしまう方にもオススメです。自分はどうして天然と呼ばれるのか、長所や短所は何か、どう行動すればよいのか・・・これらを理解すれば、周囲から浮くのを防ぐことができます。

 

独特の思考回路で周囲から理解を得にくいが、後に大逆転する「成功する不思議ちゃん」タイプ

「知能線が、生命線と並行になっている」「感情線が、途中でガラっと場所を変え、二重になっているように見える」「運命線が、短線が重なり階段のようになりながら、上に伸びている」という手相の方が、これに当てはまります。
運命線は、土星丘(中指の付け根のふくらみ)に向かう線のことです。

 

このタイプの手相の方は、時系列や人間関係のしがらみを取り払い、今現在のあなたから見た印象を元に、物事を判断します。良くも悪くも固定観念にとらわれないため、考え方や視点がとても柔軟です。最初は、その柔軟さが他者とは一線を画してしまうあまり、「考えが個性的すぎて、よく分からない」と遠巻きにされてしまうこともあります。
ですが最終的には、他者とは違う着眼点を活かし、画期的なアイディアを出すことで、成功します。その頃には、あなたの独特の視点を、一つの個性として周囲に受け止められているので、「ちょっと変なところはあるけど、だからこそ成功できたんだな」と評価してもらえるようになっていますよ。
このタイプの最大の特徴は、不思議ちゃんでありながらも「成功する」ところです。社会的な成功は、誰の目から見ても評価されるプラスの因子です。他のタイプは、他者とは一線を画す個性を持ちながらも、それが評価されないこともあるので、やはり大きな差となります。

 

ただ、このタイプは「これまでの常識」「先人たちの考え」「古くからのしきたり」といった、過去に囚われた考え方が苦手で、重きを置きません。人によっては、その姿勢を、ルールを守らず、過去を大切にできない人間だと感じる場合もあります。
ですが、このタイプは過去を軽んじているわけではありません。ただひたすらに現在や未来を見つめているだけなのです。周囲がそのことを理解してあげると、苛立ちも無くなりますよ。
このタイプの当事者の場合は、「過去の技術での限界点を知り、先人たちがそのギリギリまで努力していたこと」に敬意を払うようにすると、周囲との衝突を減らすことができます。

 

他者の意見に左右されず、自分の信じる道だけを進む「ゴーイングマイウェイな不思議ちゃん」タイプ

「知能線が生命線から離れて出て、月丘の中部・下部に向かう」「知能線が、始点からすでに大きくカーブしている」という手相の方が、これに当てはまります。
月丘とは、小指の真下で手首の近くにあるふくらみのことです。月丘は、上部・中部・下部と分けて考えることが多いので、今回の場合は「月丘の下3分の2」あたりを目安に考えてください。

 

このタイプの手相の方は、自分の興味に対して、とても敏感で忠実です。自分の知識欲をくすぐることであれば、どれだけの時間や労力をかけても、その興味に対して没頭します。その猪突猛進な性格が、不思議ちゃんと呼ばれる所以でもあります。
また、熱中しすぎるあまり、周囲から「熱中しすぎだよ」「他のやるべきこととバランスを取ったら?」と注意やアドバイスを受けても、聞く耳を持ちません。こうした態度は、周囲からすればイラっとしてしまうポイントにもなるので、見限られて孤独になることもあります。
「勉強はできるんだけど、人付き合いはうまくできないのよね」など、一つのことだけ褒められても、あとはいまいち・・・というような評価を受けた経験があるという場合は、このタイプであることが多いです。
ですが、このタイプは、一人ぼっちになっても集中力と熱意を注ぎ込んだものにおいては、その道を究めることができます。時には孤独になりながらも没頭し続けた結果、第一人者になることができるのは、やはり格好いいですよね。

 

周囲にこのタイプがいる場合は、あえて干渉しすぎないことが大切です。近くにいると「こうすればいいのに」と口を出してしまいたくなりますし、それを聞き入れてもらえないことに憤りを感じることもあります。だからこそ、つかず離れずの距離にいてください。アドバイスをせずに見守ってあげることができる立ち位置にいくと、ストレスも減りますよ。
このタイプの当事者の場合は、時には自分から周囲にアドバイスを仰いでみてください。聞く耳を持たないあなたに対して、周囲が諦めて口を出さなくなっていることもあるので、「自分から進んで」意見を仰ぐことが大切です。自分では気づかなかった欠点や、伸ばすべき部分、万人受けするポイントを知ることができます。自分の感覚とはまた違う意見を取り入れることによって、あなたの研究や作品に、より深みが出るようになります。

 

個性的な価値観で、周囲を巻き込み傷つけてしまう「危険な不思議ちゃん」タイプ

「アブノーマル線がある」という手相の方が、これに当てはまります。
アブノーマル線は、中指を指輪のようにぐるっと囲む、半円状の線です。

 

このタイプの手相の方は、従来の常識や価値観を持たず、自分が最善だと思う行動しかとりません。ですが、それはあくまでも自分が良いと思う道であり、周囲の常識や価値観を汲んでいない以上、他の人とは大きくずれた行動になることも多いです。しかも、常識として「これはしてはいけない」と思うことや、一般的な価値観上「これをすると周囲に迷惑が掛かる」と思うことが分からないので、周囲を巻き込み、傷つけてしまいます。
本人には、巻き込んでいる自覚も、周囲を傷つけている実感や罪悪感もありません。これもまた、困ったポイントです。他者を放っておいたまま自分の道を突き進んだり、人と外れていても周囲を傷つけないタイプもいる中、このタイプはこうした危険な一面を持っています。

 

ただ、このタイプは、常識に左右されない新しい発想を生むこともできます。どんな発明もどんな天才も、最初は異端だと思われていたのと同じですね。こうしたカリスマ性も持っているので、巻き込まれ傷つくことが分かっていても、このタイプの周りには常に誰かがいます。
厄介なことではありますが、良くも悪くも、強い影響力があるのです。

 

周囲にこのタイプがいる場合は、相手に流されないことが大切です。相手のペースにのまれてしまうと、あなたが傷ついてしまいますが、自分を強く持っていれば、流されずに立ち向かうことができます。相手が他人を巻き込み、傷つけている時には「あなたは間違っている」とはっきりと言いのける強さを持ってください。最初は相手に反発されることもありますが、あなたの主張が間違っていないことを理解してもらえれば、二人の関係性も徐々に良い方向へと変わります。
このタイプの当事者の場合は、常識人の友達を一人でも持つようにしてください。何か大きなことをするときには、その友人に意見を仰ぎ、アドバイスをもらうのです。友人に対して広い心を持ち、信頼関係を結ぶことができていれば、たとえあなたを否定するアドバイスだったとしても、反発せずにいられます。真っ当なアドバイスをもらい、従来の常識や価値観の枠内に収まるように行動すれば、あなたの発想ももっと多くの人に理解されるようになりますよ。

 

ほんわかした態度とずれた行動で、周囲を和ませる「天然ボケな不思議ちゃん」タイプ

「知能線が、中指と薬指の間をはるかに超える」「太陽線が、感情線が始点となっている」という手相の方が、これに当てはまります。
太陽線は、太陽丘(薬指の付け根のふくらみ)に向かう線のことです。

 

このタイプの手相の方は、どこか怪しく危険な要素を持つ他のタイプと違い、人畜無害な性格をしています。
このタイプは、いつも穏やかで怒ることがなく、平和な雰囲気を生み出してくれます。しかも、どこか人とずれていておっちょこちょいなところもあるので、周囲を和ませて笑顔にすることもできます。「あなたといると、明るくて前向きな気持ちになれる」「落ち込んでいたけど笑えるようになった」と多くの人に感謝され、あなたの周りにはいつも多くの人がいます。
ただ、これは人からやっかみを受ける原因になってしまうことも事実です。妬まれた結果、「天然じゃなくて、わざとやっているんじゃないのか」と疑われてしまったり、「天然ボケなら、これくらいの嫌味は分からないだろう」と攻撃的な言葉を投げかけられることもあります。こうした悪意を向けてくる人たちには、時にはびしっと言うことで、相手になめられないようにしてください。

 

周囲にこのタイプがいる場合は、相手が今の性格のままでいられるよう、相手を否定せずにのびのびと過ごさせてあげてください。一緒にいて害を及ぼすような性格ではないですし、身近にこうした性格の人が一人いるだけで、あなた自身も心の余裕がぐっと出るようになります。
このタイプの当事者の場合は、決めるところはびしっと決めるようにしてください。いつもはドジを踏んでしまうことがあっても、仕事などの真面目な場面では気を引き締めて、きびきびと動くようにするのです。また、上記でも述べたように、悪意を向けてくる人にはしっかりと言い返す強さを持つようにしてください。こうしたメリハリをつけることで、「いつもは不思議ちゃんでも、やる時はやる人」として、更に周囲からの人気が高まります。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    結節型-手相占い

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する