あなたにピッタリの異性が現れる時期が分かる!恋愛に最適な時を手相から読み解きます

あなたにピッタリの異性が現れる時期が分かる!恋愛に最適な時を手相から読み解きます

恋愛は、人生における様々な出来事の中でも、特に「タイミングを重視すること」が何よりも重要です。
人の心同士のぶつかり合いだからこそ、少しでもすれ違ってしまうと、後戻りできないような状況になることも多いです。
「恋人にプロポーズされていたけど、仕事が軌道に乗ってきた時期で、泣く泣くお断りした」というケースは、これの最たる例です。せめてタイミングさえ違っていたら、幸せになるチャンスを掴めたのに、と思うと歯がゆいですよね。

 

こうした切ない思いをしないようにするためには、恋愛に最適なタイミングを知ることが大切です。
その時期に照準を合わせて、恋愛に積極的になるようにすれば、辛い思いをせずに幸せになることができます。

 

そこで今回は、「手相から分かる、恋愛に最適な時」をまとめました。
大きく分けて3つの方法で割り出すことができるので、全てに目を通して照らし合わせてください。
今後の人生のビジョンにも大きな影響を及ぼすので、こまめにチェックしておくことをオススメします。

 

結婚線がある場所から逆算して考えて、割り出した年齢になったとき

結婚適齢期になったり、結婚願望が強い方は、やはり結婚に照準を合わせて恋愛をしたいですよね。「将来を見据えた恋愛をしたいとき、最適のタイミングはいつか」を知りたい方にとっては、結婚線から逆算して導き出す方法が一番オススメです。
結婚線とは、小指側の手の側面にあり、感情線から水星丘(小指の付け根のふくらみ)の間にある、横向きの短い線のことです。
結婚線は、一本だけでなく複数本あるという方がほとんどです。その中でも特に太くはっきりとした線がどこにあるかを元に、あなたが結婚する時期を割り出すことができます。
「感情線側にある」という方は、早婚です。20代半ばまでに結婚するため、人によってはスピード婚になることも多いです。
「感情線と水星丘の中間にある」という方は、標準的です。20代終わりから30代半ばまでに結婚するため、早すぎず遅すぎず、周りから見ても平均的な時期の結婚となります。
「水星丘側にある」という方は、周囲の結婚ラッシュが落ち着いてきたころに結婚します。30代半ば以降の結婚となるため、仕事にも十分力を注ぐこともできます。

 

この手相を元に結婚時期が分かったら、そこから数年早く恋愛をするようにしてください。
親しくなり交際をして、その中で相手の人となりを見極め、お互い「結婚してもいいかな」と思うようになった頃が、手相から分かる結婚する時期となっていますよ。
ちなみに、交際期間にそこまで重きを置かず、心から愛しあえることができればそれでいいと思うのであれば、逆算する年数は「1,2年」でも構いません。長い時間をかけて愛を育むこともとても素敵ですが、あっという間に惹かれあい「一生を共にしたい」と早い段階で思える恋愛も、また同じように魅力的ですよね。

 

モテる手相が出たとき

駆け引きや新鮮なドキドキより、穏やかで安定した好意がほしい・・・これまで報われない恋愛をしてきた方は、反動としてこのような願望を抱くことが多いです。自分を想ってくれないリスクがある人を好きになるよりも、自分に好意を寄せてくれる相手との恋愛の方が、やはり安心できる部分はありますよね。
追う恋愛ではなく「追われる恋愛ができる時期はいつか」を知りたい方には、好意を寄せてくれる人が多い時期である「モテ期」を示す手相が出ているときを目安にするのがオススメです。

 

「感情線の枝線が複数本あり、すべて上に伸びている」「知能線が短く、曲がっている」「結婚線が複数本あり、その中でも一番上の線が最も濃い」「金星帯が、直線でできている」「寵愛線がある」という手相が、これに当てはまります。
金星帯とは、始点が中指と人差し指の間で、終点が小指と薬指の間の、半円状の線のことです。
寵愛線とは、始点が月丘(小指の真下で、かつ手首の近くにあるふくらみ)で、運命線(土星丘(中指の付け根のふくらみ)に向かう線)と交わる線です。

 

このタイプの手相の方は、他者に好意を寄せられながら、幸せに生きていくことができます。
いくつかのタイプがありますが、どれも相手の好意に感謝する気持ちを忘れません。そして相手の真摯な気持ちをしっかりと受け止めるうちに、自分もまた相手を愛するようになり、幸せと平和を二人で育んでいくことができるのです。

 

「結婚線が複数本あり、その中でも一番上の線が最も濃い」という方は、たくさんの好意を寄せられ、その中で様々な人と付き合います。ただ、この手相が出たら、その時の恋愛が結婚へと発展していきます。恋多き生き方と揶揄されることもありますが、その一回一回にあなたは真摯に向き合います。また、たくさんの異性と接することで、必ず目は肥えていきます。その中で選んだ相手だからこそ、最後は幸せな結婚を掴めますよ。
「感情線の枝線が複数本あり、全て上に伸びている」「寵愛線がある」という方は、愛される存在としての振る舞い方を熟知している、生まれながらの愛嬌を持っています。そのため、異性だけでなく同性にも思いを寄せられたり、桁違いの裕福な男性から求愛を受ける・・・といった、他の人が滅多にしないような経験をすることもあります。たくさんの愛情を受けながら、ゆっくりと相手を吟味するので、時間をかけて納得がいく決断ができます。
「知能線が短く、曲がっている」「金星帯が、直線でできている」という方は、愛されることに感謝はありつつも、舞い上がったり調子に乗ることはありません。いつも冷静な考えをするため、一時の感情に流されずに、相手との関わりを大切にするからです。なので、愛されることへの戸惑いやはしゃいでしまうこともありません。客観的な視点で相手の心の内を見極めて、あなたを本当に幸せにしてくれる人との恋愛を楽しむことができます。

 

仕事を優先する手相が消えたとき、もしくは仕事と恋を両立できる手相が出たとき

年齢を重ねて仕事のキャリアが積み重なってきた頃になると、「仕事と恋愛、どちらかを取らなければいけない」という局面を迎えることがあります。
一つは生きていく上で必要な「お金」が関わってくるもので、もう一つは心に癒しや潤いを与えてくれる、プライベートながらとても重要なものです。正解はなく、価値観に左右される部分も大きいため、どちらを選べばいいのか分からず、苦悩してしまうこともあります。
こうしたときは、やはり恋愛に向いている時期とは言えません。
だからこそ、「仕事を優先する手相が消えたとき、もしくは仕事と恋を両立できる手相が出たとき」を注意してチェックしておけば、恋愛に力を注いでよい、恋愛に最適な時期が分かるのです。

 

「知能線が2本で、濃い」「結婚線が途中から急に大きく曲がり、終点が水星丘(小指の付け根のふくらみ)となる」「希望線がある」という手相が消えたとき、もしくは「感情線の下に、濃い感情線が更にあり、平行になっている」という手相が現れたときが、これに当てはまります。
前者が「仕事を優先する手相が消えたとき」で、後者が「仕事と恋を両立できる手相が出たとき」となります。

 

仕事を優先する手相が消えたときは、仕事人間気質だった性格が弱まり、徐々に他のことにも目を向ける余裕が出てきます。自分の仕事での夢を優先して、恋人を犠牲にすることもなくなるので、「仕事を優先して生きた結果、大切な存在は何も残らなかった」・・・というようなこともありません。「もっと仕事を頑張らなければいけない」という強迫観念がなくなり、穏やかな気持ちで仕事にも恋愛にも向き合えるようになるので、精神的にも安定しますよ。なお、仕事で手を抜くようなことは一切ないので、安心してくださいね。
また、仕事と恋を両立できる手相が出たときは、あなたのマルチタスクのスキルが上がります。様々な行動を並行して行っても、どれかを疎かにすることもないので、誰も傷つけずにすみます。恋人を放っておいて傷つけてしまうことも、恋愛にうつつを抜かして仕事で人に迷惑をかけることもありません。どちらも充実させることができ、毎日の満足度が高まります。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-財運線

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する