短気線-手相占い

短気線とは?

短気線は、第一火星丘(生命線の内側であり、かつその中でも上半分あたりのゾーン)から出て、生命線の方へと向かう線です。時には、知能線のあたりまで伸びるものもあります。生命線や知能線まで伸びるものは短気線ですが、これが感情線まで伸びるようであれば太陽線になります。このあたりは見分けるのが難しく混同しやすいので、注意してください。

 

短気線は、名前の通り、その人が短気かどうかを司る線です。その人の元々の性格を示していることもあれば、ストレスによる苛立ちなど一時的な理由で出てくることもあります。
この線を持つ人は、何でもないようなことでイラっとしてしまったり、考えて立ち止まることができずに感情のままに動いてしまいます。トラブルに発展しやすいので、注意してください。

 

ただ、短気だということは悪い事だけではありません。
勢いのまま動いてしまうということは、瞬時に行動ができるということでもあります。一瞬のチャンスを逃がさず、考える前に行動に起こせることは、時には強みにもなります。特に、スポーツなど、コンマ何秒の世界ではこの瞬発力は輝きます。
また、立場や周りの人々を気にして意見を言えないままモヤモヤする・・・なんてこともありません。臆せず意見を言うことができるメンタルの強さは、仕事で役に立つことも多いです。

 

「短気」という言葉のネガティブなイメージだけにとらわれず、良い面も受け止めることができれば、あなたはもっと成長することができます。自分の中にある長所と短所をしっかりと見据え、どちらも手綱を取っていけるよう、自分としっかり向き合ってください。

 

生命線と関わっている短気線

1:1本の濃い短気線が生命線を超える

感情表現がストレートなところがあります。イライラした時は表情や行動で分かりやすいです。後になって「あのとき、私がイライラしていたことが、みんなに嫌な思いをさせてないかな・・・」と悩んでしまうのは、あなたの心根が優しいからです。ですが、この後悔を毎回繰り返すようであれば、感情を表情や行動に出さないよう気を付けてください。とはいえ、一度怒ったらきっぱりと忘れる潔さを持っているのがあなたの強みです。いつまでもイライラを引きずらないあなたのさっぱりとした性格は、皆から好感を持たれます。

2:複数本の濃い短気線が生命線を超える

1~4の中で最も短気です。かっとなって手を出してしまったり、勢いのまま歯に衣着せぬ物言いをして相手を傷つけたり・・・と後々まで尾を引くトラブルを招いてしまいます。何かいら立つようなことがあっても、一度立ち止まって心を落ち着けることができるよう特訓してください。体を動かすようなスポーツでストレス発散を心がけると、キレやすさもかなり改善されます。

3:1本の薄い短気線が生命線を超える

大きな出来事には冷静に対処できるのですが、逆に些細なことにイライラするタイプです。そのため周りには「え、こんなことで怒るの?」と理解されないこともあります。物に当たったり暴力沙汰になることはありませんが、いつまでも怒りを持続してしまいます。相手への不満をグチグチと言い続けてしまうので、周囲からうんざりされてしまうこともあります。できるだけ表情や言動に怒りを出さないよう、気を付けてください。怒りがどうしても収まらない場合は、掃除を無心でするなど、あなたに利益があることに集中してみると良いです。

4:1本の短気線が生命線を超えずに終わる

1~4の中で一番大人なタイプです。1~3は怒りを表情や行動に出してしまいますが、この手相の人はぐっとこらえます。心の中では怒り狂っているようなことがあっても、周囲には一切勘付かれません。ただ、いつも怒りを内にひそめてばかりいると、周囲への不満が伝わらないこともあります。周囲に改善してほしいことがある場合は、勇気を出して、怒っていることを相手に伝えることも必要です。

 

知能線と関わっている短気線

1:短気線が知能線上で終わる

カッとなったら手が出てしまいますし、相手を罵倒してしまいます。自分では必死に抑えているつもりでも、出てきてしまう苛立ちをコントロールできていないのです。ただ、そんな自分に後で自己嫌悪してしまう、心根の優しさもあります。とはいえ、一番傷ついているのはあなたではなく暴言や暴力を振るわれた相手です。暴力や暴言に走ってしまう前に、「それは本当にしていい行動なのか?」ということを考えてみてください。自然と手も口も止まります。「嫌なことは穏やかに伝え、手を出さない」ということを意識して生活してください。

2:短気線が知能線を超える

怒りが頂点に達すると、周りが見えなくなります。今はどんなところにいて、周囲には誰がいて、どんな時間帯なのか・・・という周囲の状況が一瞬にして頭の中から消え去ってしまいます。あとから自分がどんなことをしてしまったのかに気づき、茫然としても、後の祭りです。取り返しのつかないことになる前に、感情をコントロールできるよう訓練する必要があります。キレた時にしがちな行動をリストアップしてみると、改善策も自ずと見えてきます。

ライターの最新記事

    • 手相占い
    • 2017/11/19

    木星丘-手相占い

    • 手相占い
    • 2017/11/18

    第二火星丘-手相占い

    • 手相占い
    • 2017/11/17

    地丘-手相占い

    • 手相占い
    • 2017/11/16

    土星丘-手相占い

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い
    • 2017/9/29

    手相占い-知能線

    • 手相占い
    • 2017/10/4

    手相占い-引き立て線

    • 手相占い
    • 2017/10/8

    手相占い-旅行線

    • 手相占い
    • 2017/10/7

    手相占い-障害線

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する