あなたは積極的?消極的?手相からあなたの性格が分かります

あなたは積極的?消極的?手相からあなたの性格が分かります

あなたは、積極的・もしくは消極的、どちらの性格が自分に当てはまると思いますか?
人によっては、自分で思うものと他人からの印象で違っている場合もありますし、場面によって性格が変わる場合もありますよね。そのため、自分がどちらのタイプかがいまいち分からないという人も多いです。
この2つのタイプの違いは、これからのあなたの人生に大きな影響を及ぼすことになります。
そのため、自分がどちらに分類されるかを知らないままだと、生きる上での重要な選択を迫られたときに、正しい答えを選び取れないことがあります。こうした事態を避けるため、自分の性格を把握する上で大きなヒントとなるのが、「手相」です。

 

そこで今回は、「積極的な性格・消極的な性格」それぞれが分かる手相をご紹介します。
長所や短所、その性格を活かしながらどう生きていくか・・・などに焦点を当ててまとめるので、今後の身の振り方の参考にしてください。自分の得意分野や苦手分野を知ることができると、これからの立ち回り方へのヒントを見つけられるようになりますよ。
ちなみに、積極的・消極的のどちらであれば良い(もしくは悪い)、という優劣はありません。あくまでもタイプとして分けているだけなので、そこに優位性が生じる訳ではないからです。
ですので、どちらに当てはまったとしても、驕ったり落ち込んだりすることなく、自分の良さを見出してくださいね。

 

人生をエンジョイするため、鍛錬を惜しまない「努力家」タイプ

「生命線が濃い」「生命線の終点が二股」「運命線の始点が、生命線の上」という手相の方が、これに当てはまります。
運命線とは、土星丘(中指の付け根のふくらみ)に向かう線のことです。

 

このタイプの手相の方は、生きようとする気持ちがとても強いです。
一度きりの人生を存分に謳歌したいという願いを持ち、そのエネルギーを行動に変えるので、いつも積極的に動くことができます。
中でも、このタイプが特に力を入れて行動するのが、「トレーニング」です。病気にならない体づくりや、自分の能力を上げるためのトレーニング、何事もあきらめないタフな心を作り上げること・・・など、あらゆることに対してストイックに頑張ります。
「人生を楽しもう、夢を叶えよう」というチャレンジ精神を持ち、そのために努力できるので、このタイプは、いつの時代もどんな場所でも重宝されますよ。

 

このタイプの欠点を上げるとしたら、「熱血」に見えてしまうところです。
もっと肩の力を抜いて過ごしたいという方や、身体や心が弱っている方には、あなたの挑戦と努力を続ける毎日が、眩しく見えすぎてしまいます。「鬱陶しい」と煙たがられてしまう可能性も高いです。
ですので、他の人にあなたと同じ行動を強要しないことをオススメします。
それぞれのペースを尊重するだけでも、あなたの株は今以上に上がりますよ。

 

自立した強い心で我が道を行く「ワンマン」タイプ

「生命線が、標準地点より上」「運命線が長く、7cm以上ある(特に:始点が手首で、終点が土星丘の場合)」「運命線が濃く、ぐっと大きくカーブする」「M字がある」という手相の方が、これに当てはまります。
生命線の標準地点とは、親指と人差し指の中間の場所のことです。
M字とは、生命線、知能線、運命線、感情線の4線がそれぞれ端で(生命線と感情線は片方の端だけですが)つながっており、アルファベットの「M」に見える線のことです。一筆書きで書けるような線ですし、まとまった一つの文字に見えるので、見つけやすいですよ。

 

このタイプの手相の方は、自力で全てのことを進めようとする自立心と、それを成し遂げる行動力を持っています。自分がしたいと思ったことを実行に移し、成功させることができるのは、十分な実力と強い意志があってこそです。あなたには、その素質が十分に備わっています。
他力本願ではなく、自分の力を信じ、人に頼らない堂々とした姿は、他の人の心を惹きつけます。そのため、あなたは一人で自分の道を歩いているつもりでも、気が付いたときには、あなたを支えたいと思ってついてくる人がいることも多いです。「リーダータイプ」とはまた違う、一種のカリスマ性の持ち主なのです。

 

欠点としては、自分で何でもできると思い、周囲を省みない部分があります。自分の意志を強く持ち、それを遂行しようとする気持ちはとても大切ですが、そのために周囲を蔑ろにしてはいけません。あなたの夢に対して忠告や助言をしてくれる人がいる場合は、必ず耳を傾けてください。第三者からの意見を聞かず、頑固に自分の考えだけを押し通していては、必ず痛い目を見ることになるからです。
どれだけあなたが優秀だったとしても、一人の力だけでは成し遂げられないこともたくさんあります。あなた一人で勝ち取った成功ではなく、周囲に支えられてみんなの力で作り上げた努力の結晶だと考える、一種の「謙虚さ」も時には必要です。あなたをサポートしてくれた人のことはもちろん、夢を叶えるまでに関わった人のことは、必ず大切にしてください。

 

人に愛し愛され、たくさんの人を魅了する「リーダー」タイプ

「運命線が濃く、長い」「太陽線が濃く、始点が生命線で、終点が太陽丘にある」「社交線がある」「リーダー線が長く、濃い」「カリスマ線がある」という手相の方が、これに当てはまります。
太陽線とは、太陽丘(薬指の付け根のふくらみ)に向かう線のことです。
社交線とは、中指と人差し指の間から出て、感情線に沿ってその上部を走る線のことです。ただ、薬指の中央よりも手前で終わります。
リーダー線とは、生命線付近から出て、中指に向かって伸びる線のことです。ななめになっていることが多いです。
カリスマ線とは、親指の付け根にあり、斜め上に向かう、複数の線のことです。

 

このタイプの手相の方は、とても人好きであり、人懐っこいです。誰にでも愛情を持って接するので、相手の警戒を解き、懐に入り込むことができます。また、愛される性格の持ち主なので、周囲の人に慕われ、支えてもらえます。あなたが目標を表明すれば、たくさんの人が手を差し伸べてくれますよ。いつも穏やかなあなたが、強い意志を持ち夢を語ることで、あなたに対するあこがれを強める人も多いです。
誰にでも話しかけ、関わっていける積極性は、どんな目標を持っている場合でも必ず強みとなります。辛い状況になっても、人と関わり合うことだけは、必ず続けるようにしてください。

 

ただ、誰にでもフレンドリーに接するあまり、八方美人だと思われてしまうところは、ネックとなります。
あなたの中では全てが本心であり、素を見せているとしても、「誰にでもいい顔をしている」と穿った見方をする人は一定数います。その人たちに悪い噂を立てられないよう、注意してください。
あなたのカリスマ性に惹かれ魅了される人もいる一方で、その輝きを直視できず目を背けてしまう人もいることを、忘れてはいけません。

 

生きるパワーを身に着けるだけで変わる「自信なし」タイプ

「生命線が薄い」「運命線が短く、2,3cm」「ストレス線がある」「ED線がある」という手相の方が、これに当てはまります。
ストレス線とは、始点が生命線の内側で、終点が火星平原(手の平の中央で、へこんでいる部分)にある、複数の線のことです。かなり細い線ですので、見落とさないようにしっかりと探してください。
ED線とは、始点が生命線上にあり、下に下がる複数の線のことです。こちらも細いです。

 

このタイプの手相の方は、生きようとする力がとても弱く、人生に対して前向きなビジョンを持つことができません。「どうせ、努力しても報われない」という卑屈さも出てくるため、何事にも挑戦しない消極的な性格となります。
人と関わるために動くこともないので、交友関係はどんどん狭まり、単独行動を好むようになります。「あなたは本当にそれでいいの?」と叱咤激励をしてくれる人もいなくなるので、こうした消極的な性格は、意識しない限り変わりません。

 

ただ、この性格は、「生きる気力」つまり、生命力をアップさせることで変わります。
健康的な食事と、十分な睡眠時間を取り、人と関わる時間を無理やりにでも増やしてください。この3つさえ気を付けていれば、あなたの生命力はどんどん上がり、「楽しく生きよう!やりたいことは挑戦していこう!」と思えるようになるのです。今まではチャレンジする前に諦めていたような目標にも、自分から飛びつくことができるようになりますよ。
いつも卑屈でじっとしている自分に対して、どこかコンプレックスを抱いてしまっているのであれば、勇気を出して変わるキッカケを手にして下さい。

 

あらゆるリスクを考える思考力はある「心配性」タイプ

「知能線が、生命線の途中から出ている」「財運線が濃く長く、水星丘の中央を通り抜ける」「知能線が2本あるが、終点がぐちゃぐちゃ・もしくは鎖のように見える」「知能線の終点に、下に一本平行線がある」という手相の方が、これに当てはまります。
財運線とは、水星丘(小指の付け根のふくらみ)に向かう線のことです。

 

このタイプの手相の方は、非常に慎重な性格をしています。これからの選択による影響を何パターンも考え、そのどれもに危機感を覚えてしまうため、一歩を踏み出すことができないのです。そのため、行動を起こせないこともあるので、どうしても消極的になってしまいます。
失敗に備えることができるのはとても魅力的なのですが、そのせいでどんな行動もできないようであれば、成功も失敗も起きないので元も子もありません。ある程度のチャレンジ精神や勇気を持たなければ、物事は進行しないのです。

 

ただ、これは「リスクを考えたうえで、行動を起こす」ことを意識すれば、かなり変わります。
これからの行動で起こりうるリスクを考えることは、今まで通り続けても良いです。ですがその上で、行動も起こすのです。リスクへの対策を準備したうえで行動すれば、万が一トラブルが起きたときに、軌道修正を測ったり、挽回することができます。
「備えあれば患いなし」という有名な言葉のように、「何か起きたとしても、ちゃんと考えたからカバーできる」と思えると、物事にチャレンジする勇気が湧いてきますよ。

 

自分の役割をわきまえる「サポート向き」タイプ

「運命線が薄い、もしくはない」「社交線が薄い」「リーダー線が短い」という手相の方が、これに当てはまります。

 

このタイプの手相の方は、自分がリーダーには向いていないことを知っています。どうすれば成功を手にできるかが分かる経験と知性を持ってはいるものの、人との関わりに対する苦手意識があるからです。「全ての人に好かれたい」「みんなを引っ張っていきたい」という気持ちもありません。
そのため、自分と同じ考えを持つリーダーを探し、その人の補佐となることで、自分が望む未来を共に切り拓こうとするのです。それを成功させるために、あくまで自分は裏方に徹する覚悟も持っています。
消極的にしかなれない「自信なしタイプ」「心配性タイプ」とは違い、あえて自分から積極性をなくしている・・・という点が特徴的ですね。

 

このタイプの短所は、リーダーに人付き合いを任せて、自分はできる限り他の人と関わらないようにと逃げてしまうところです。対人関係への努力を放棄していては、あなたの世界は広がりません。新たな人脈を形成できないと、途中で行き止まりになることも多く、サブリーダーや参謀としてのあなたの評価も下がってしまいます。
それを防ぐために、人と関わる努力をして、人付き合いへの苦手意識をなくしてください。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-財運線

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する