手相占い-感情線

感情線とは?

感情線は、小指の下から人差し指や中指の方向に向かって伸びている線のことを指します。その人なりの愛し方や、愛情深さの度合いなど「恋愛」についてを読み解いたり、考え方のパターンや心の状態など「性格」についてを読み解くことができます。また、恋愛の先にある結婚生活、結婚後の身の振り方なども見ることができます。

 

その人の持つ知識量や向いている仕事を知ることができる「知能線」、健康状態が分かる「生命線」は、「人生」について大きくとらえることができる線ですが、この「感情線」は、人の愛し方や関わり方など「人格のベース」に着目できる線です。どちらかだけが重要というわけではありませんので、各線を総合的に見て判断していくとバランスよく診断することができます。

 

また、生命線・知能線との比較に関して言えば、生命線・知能線は1本の線が濃くある方が良い状態とされますが、「感情線」の場合は枝線があったりなど1本の線だけでないとしても問題ありません。人の愛し方に正解があるわけではないように、様々な線に様々な正解があるのです。

 

感情線の全体的な印象

1:ゆるやかなカーブ

人当たりがとてもよく万人から好かれますが、意外と本人の性格や人付き合いは淡白なものです。ウェットな関わり方を嫌がり、ライトな付き合いを好みます。でもそれは思いやりがあり、感受性が豊かだからこそです。人の負の感情を必要以上に受け取ってしまわないようにと選んできた生き方なので、直す必要はありません。このままのあなたで生きていきましょう。

2:直線

有名な「マスカケ線」と呼ばれます。エレガントというよりはパワフルな印象を人に与えます。情熱的であり、信念を強く持ち進んでいくその姿勢はカリスマ性があり、多くの人を魅了します。ただ自分の信念に自信があるがあまりワンマンになりがちなので、時には立ち止まって周囲を思いやりましょう。

3:急カーブ

非常に優しく、ボランティア精神が強いです。器が大きく、他者を責めることのない性格の持ち主で、周囲の心をしっかりと掴みます。どんなに嫌なことでもやり遂げる芯の強さはいつまでも持ち続けたいものです。注意しておくべき点といえば、相手を思いやるがあまり一方的に話してしまいがちなところです。相手の意見にも耳を貸しましょう。

 

感情線の始点

1:手の側面を、小指の付け根から手首の付け根までで4等分して考えたとき、ちょうど上から4分の1あたりから出ている

感情線の始点として標準的な位置となり、多くの人がこの場所からはじまります。周りの意見に左右されず、常識的な判断をします。感情的になりすぎず、冷酷にもならず、ちょうどいい態度で人と接する性格は多くの人を味方につけます。ただ、心根が優しいので時には騙されることもあります。良い配偶者を見つけ、ストッパーとなってもらいましょう。安定志向なので、親から離れ自立するのが早ければ早いほど、しっかりしなきゃと思い自ら成長するようになります。

2:1より上

感情に流され猪突猛進してしまうタイプです。周囲の意見を聞くことと我慢をすることを覚えれば、暴走もなくなります。フットワークの範囲を広げ、周囲を見渡すことで冷静さを取り戻しましょう。ただ、その猪突猛進なスタイルは根気にもつながります。前だけを見て、一つのことに打ち込む真っ直ぐさは残しておきたいものですね。

3:1より下

理性が感情に負けることはない冷静さを持っています。冷静さは長所なのですが、それが不愛想に見えたりクールに見えて不信感へとつながることも多いので、その点は注意しましょう。また、非常に知識が豊富ですが、お金に関する問題などシビアな事柄には少し疎いところがあります。より多くのことを学び、問題への対処方法なども学んでください。

 

感情線の終点が中指付近

1:中指の手前まで

典型的な「元気溌剌」な性格です。好奇心が旺盛で、興味があることには何でも挑戦し、気になる場所にはすぐに足を運びます。友達も多いです。ただ、皆自分と同じ明るさを持っていると思っている節があるため、恋愛ではこの性格がマイナスに作用してしまいます。相手に向き合い、相手のペースを尊重してあげるということをもっと意識してみてください。

2:中指の下まで

興味があるものに入れこむのも早いですが、その興味のなくなり方も早いです。根気が続かないことが原因ですが、その感情の急激な変化に周囲はついていけません。周りへの配慮を忘れないようにしましょう。冷静さや賢さはしっかりありますので、意識さえすれば問題ありません。また、自分がそうであるため、人には興味の移り変わりがあることを理解しているので、他者の変化に対応できるというメリットも持っています。

 

感情線の終点が人差し指付近

1:人差し指の下まで

目標を高く掲げ努力していくストイックさがあります。目標に到達しても、更に高い目標を掲げ、努力をやめることはありません。これ自体は非常に良いことではありますが、他者に同じものを求めないように注意しましょう。

2:人差し指の付け根まで

自分のためではなく、他者のため・相手のためを思って行動するタイプです。優しい心があるからこその行動ですが、それを利用されて詐欺などに合う危険性もありますので注意は必要です。また、行動の主軸が自分自身ではないので、暴走してしまわないよう気を付けてください。

3:木星丘のあたりを通り、手のひらの端まで伸びる

愛情が重いタイプです。嫉妬に苦しんでしまうことも多いですが、「相手のことを深く愛することができる」というのもまた1つの才能です。自分の感情をコントロールできるようになれば、程よい愛し方も自ずと分かるようになります。

 

感情線の終点が人差し指と中指の間

1:薄い感情線が人差し指と中指の間に入る

優しく母性があり、穏やかな性格です。ただ、主夫・主婦になり子供の帰りを家で待ちたい気持ちと、外に出て仕事をしたい気持ちとが、心の中で相反しています。運命線が強ければ仕事をしながら家庭を支え、運命線が弱ければ主夫・主婦の道を選んでください。

2:濃い感情線が人差し指と中指の間に入る

優しさと聡明さを兼ね揃えています。ただ、非常に清い人であるため、間違ったことをする人物への嫌悪が激しいのも特徴です。身内に向く愛情深さの反動でもありますが、「好き・嫌い、もしくは正しい・間違っている」という物差し以外でのものの見方を覚えると周囲への認識も変わってきます。持ち前の優しさで、他者への許容範囲を広げてください。

3:感情線が、人差し指と中指の間で、少し手前で止まる

包容力があり、いっしょにいるだけで心が穏やかになるような雰囲気を持っています。2と同じく物差しがはっきりしている方ではあるものの、それを周囲に押し付けることはありません。身内に対する愛情は強いですが、愛情表現が時として伝わっていないこともあるので、もっとストレートに伝えてみてください。

4:感情線が、人差し指と中指の間で下降

人のために行動することが苦にならない、根っからの奉仕タイプです。「人のために行動している自分」が好きで行動してしまい、周囲に有難迷惑だと思われてしまうこともあるので、時には自分を省みてください。それでも「しょうがないなあ」と周りに許容されているのはあなたの優しさに誰もが救われた経験があるからです。周囲への世話はほどほどにしつつ、持ち前の優しさはなくさないようにしてくださいね。

 

感情線の終点が、中指に寄っている場合(人差し指の付け根を2等分して考える)

1:人差し指の付け根を2等分して、中指寄りの薄い感情線

2と同じく思い自体は真っ直ぐなのですが、どこかで自分を客観視するところがあります。そのため大胆な行動には出ませんし、相手に利用されそうになったら一度止まって考える冷静な視点を持っています。

2:人差し指の付け根を2等分して、中指寄りの濃い感情線

一人の人を長く愛するタイプですが、どこかでそんな自分に酔ってしまっているところもあります。そのため、相手が自分の想いを受け入れてくれる場合は問題ないのですが、相手が自分の想いを拒否した時に憎しみに変わってしまいます。恋に恋するのをやめ、相手の本質を愛してみてください。元が一途なのですから、真実の愛さえ知ることができればずっと幸せに生活できます。

2:人差し指の付け根を2等分して、中指寄りだが手前で止まる

一途ですが、1、2と違い「相手を想う自分が好き」というわけではありません。そのため暴走することもなく、「これだけ愛したのだから」と同じ分の愛情を要求することもありません。これは引っ込み思案の性格にも由来しているので、時として恋愛のチャンスを逃してしまうこともあります。暴走しないよう歯止めはしつつ、勇気を出してみてください。

 

感情線の終点が、人差し指の中心に向かっている場合(人差し指の付け根を2等分して考える)

1:薄い感情線が人差し指の中心に伸びる

2と同じく理想は高いですが、妥協を知っているのでこちらの方が現実的な思考です。ある程度の基準を満たす異性とならすぱっと付き合ったり結婚に踏み出す思い切りの良さは気持ちがいいものです。どうしても折り合いをつけられない部分は、相手をゲットしてから育てていきってください。

2:濃い感情線が人差し指の中心に伸びる

恋人や結婚相手に対する理想がとても高いです。その条件に沿う異性を手に入れるための自分磨きも欠かさないストイックさはありますが、理想を追求するあまり彼氏ができない期間が長くなったり、結婚が遅くなってしまうこともあります。どうしても理想に沿う男性でなければだめなのか、本当にその理想が正しいものなのか、考え直してみてください。

 

感情線の終点が手のひらの端まである場合

1:薄い感情線が手のひらの端まである

相手を自分だけのものにしたかったり束縛したい欲求はあるものの、2に比べてその感情がとても弱いです。やきもちやきというよりは「本当に誰とも会っていないの?」と相手を信じ切れない部分が強いので、相手への信頼をもっと育ててください。

2:濃い感情線が手のひらの端まである

ヘビー級の愛情です。相手を自分だけのものにしたい、束縛して安心したい、という気持ちが強いので、最初こそ愛されている実感だと思えても、後々相手が愛情の重さに苦しんでしまいます。相手と長く愛し合っていきたいと思うのであれば、相手を自由にしつつ愛することを覚えてください。

3:感情線が手のひらの端の手前で止まる

2と同じく相手に対しての愛は重いですが、相手にそれを伝えることができず、「あの子と話さないで・・・」などと思うだけでストレスを溜め続けていってしまいます。いつかストレスが爆発して相手に全てぶつけてしまわないよう、どうしても許せないところだけでも伝えていく勇気が必要です。

 

感情線が直線で短い場合

1:薄い感情線が直線で短く、中指あたりまでしかない

2と同じように、好きになったら一直線なのですが、それを相手に伝えることができないシャイなところがあります。自分から告白したり、アクションを起こしたりすることはありません。「他の人に先を越されちゃうかも!」と不安なのであれば、信頼できる友人にアシストをお願いしてもらいましょう。あなたの真っ直ぐさを知っているからこそ、快く応じてくれます。

2:濃い感情線が直線で短く、中指あたりまでしかない

好きになったら一直線で、「あなたが好き」と真正面から伝えられる勇気の持ち主です。その気持ちがぶれることもありません。ただ相手がシャイだった場合、あなたのまっすぐな愛情を恥ずかしがり、素直に受け取ってくれないこともありますので、相手の反応にも注目してみてください。もし相手があなたと似た性格であれば、あなたの愛情表現も喜んでくれますし、相性も良いです。

3:濃い感情線が直線でかなり短く、薬指あたりまでしかない

1、2よりもさらに感情線が短いタイプとなります。恋愛で思い悩んだり、日常生活に影響が出るタイプではありません。「恋は日々のスパイス」とはっきり割り切ることができているため、恋愛でショックな出来事があっても落ち込まないのです。ですがその落ち着いた態度が、時として恋人などに不信感を抱かせるキッカケになることもあります。恋愛で取り乱さないことが長所であるということに気づいてもらえるよう、頑張ってください。

 

感情線が曲線的で短い場合

1:薄い感情線が曲線的で短い

人より少しシャイなところがあり、恋愛においては密やかに相手を想っているタイプです。ただ、思っているだけでは伝わりませんし、ライバルに横から取られてしまうリスクだってあります。まずは自分の想いを伝える勇気と一歩を踏み出す行動力を身に着けてください。

2:濃い感情線が曲線的で短い

シャイなところは1と共通ですが、違うところは「行動を起こすことができる」というところです。しかしその恋が長期戦になってしまうと、徐々に思いを切り出すタイミングを間違ったり、いつ行動すればいいのかが分からなくなってしまいます。ストレートに告白する、など短い期間で素早く成功につなげてください。

3:濃い感情線が曲線的でかなり短い

1、2よりも更にシャイな性格です。告白はおろか、アタックさえ恥ずかしくてできません。ですがこのままでは最後まで何も起こらないままです。友人に相談して助言をもらったり、彼への想いをさらに強めるなどして、自分から行動を起こせるようになる必要があります。

 

感情線の末端が3、4つに分かれている場合

1:薄い感情線の末端が、大きく3、4つに分かれる

全ての人に平等に接することができますが、心の中では好き嫌いは意外とはっきりと分かれています。それでも人によって態度が変わることはありません。でもその変わらなさが、時として周囲に不信感を抱かせる原因にもなってしまいます。もう少し周囲には本心を見せて接するように心がけると、信頼度もアップします。

2:濃い感情線の末端が、大きく3、4つに分かれる

1と同じで誰にでも平等ですが、1と違うところは好き嫌いがなく本心から皆に優しいというところです。そのため誰でも等しく愛する姿勢を貫くため、恋人は嫉妬せざるを得ません。恋人への愛情は他の人とは別物だということをアピールし、恋人を安心させてあげることも時には必要です。

3:感情線の末端が、小さく3、4つに分かれる

1、2と違い、愛情は身近な人にだけ濃く注ぐタイプです。愛情深さはあるのですが、人より警戒心が強いのです。少し臆病なところはありますが、優しさや愛情はピカイチですので、一度その魅力にはまってしまうと抜け出せなくなる人も多く、一部から強い支持を受け、モテます。

 

感情線の末端がカーブして下がる場合

1:感情線の末端が小さくカーブして下がる

惚れっぽいですが、短期集中型なのですぐに飽きてしまいます。そのためダメ男に当たってしまったとしても、あまり深追いせずに恋を終えるため、失恋で立ち直れなくなる・・・ということはありません。ただ失敗して学ぶこともないため、同じことを何回か繰り返してしまいます。もう少し冷静になって立ち止まることを覚えて、時間をかけて恋をしていくことをオススメします。

2:感情線の末端がゆるやかにカーブして下がる

いわゆる「ダメ男好き」です。1のようにすぐに他の異性に移るのであればまだいいのですが、一度好きになるとなかなか他の人に目移りすることがないので、いつまでも相手に恋をしたまま傷を深めてしまいます。ただ、あまりにもダメ男に対して我慢を重ねると気持ちも冷めます。傷は深くなってしまいますが、ダメ男と添い遂げるタイプではありません。失敗をしっかりと教訓にしてください。

3:感情線の末端が大きくカーブして下がる

ダメ男にだまされるというより、自分からダメ男を好きになるタイプです。ダメ男の欠点から目をそらし、少しばかりの長所だけを見ようとするため、相手に覚めることがありません。もし少しでも今の恋愛への不安があるようであれば、周囲へ相談してみましょう。冷静な意見を得て目を覚ましてください。

 

感情線に長い枝線がある場合

1:感情線の枝線が薄く生命線を横切る

ロマンチックな初恋をして、それを生涯大切にはしますが、一生初恋の人だけを想うわけではありません。どこかで見切りをつけ、新しい恋も探していくことができる、現実的でタフな感覚も持っています。結婚後は夫婦仲睦まじく暮らしていき、浮気や不倫を夢見ることはありません。一般的であり、かつ模範的な恋愛観・結婚観の持ち主です。

2:感情線の枝線が濃く生命線を横切る

1と同じく初恋がとてもロマンチックですが、1と違うのは見切りをつけて現実を見る訳ではないところです。一生初恋の人を思い続けることもあるほど一途なのですが、いつまでも過去の方を向いていたら現実の幸せをつかみ損ねることもあります。初恋は確かに素敵なものですが、今つかめる幸せにも目を向けてみてください。

3:感情線の枝線が下向きに長く伸びる

初恋を大切に思い続けますが、相手のことを思うというよりかは、純粋で一途な自分に酔ってしまっています。夢から覚めて現実を見て、現状の自分に目を向けてください。過去と現在の幸せが剥離していることに気づき、新しい幸せをつかんでください。

 

感情線が2本ある場合

1:薄い感情線が2本

冴えない見た目というわけではないのですが、いい意味で一般的な見た目をしています。ですが中に秘めている心はとても強いです。困難にぶち当たってもくじけず、また前を向いて進んでいくその姿は、非常に魅力的です。内面からあふれ出るその強さを受けて、普通だったはずの外見も輝きだし、異性の心を惹きつけます。

2:濃い感情線が2本

人の倍の愛情の持ち主で、かなり愛情深いです。そのため、もし意中の相手に断られたとしても諦めることはありません。粘り強く、だけど相手のことを思いやりながら愛していくことで、最終的には相手の心をゲットするのです。結婚後はその愛情の行き先に悩むこともあります。子供たちに向ける愛情と夫への愛情、家族への愛情と仕事への熱意・・・というように、愛を分散させるとバランスよく保てます。

3:感情線の1本は濃く、1本は薄い

人の1.5倍の愛情の持ち主ですので、2よりかは弱めですが、それでも一般人以上です。雲の上のような存在の相手に恋をします。普通の人ならこの時点であきらめてしまいますが、この手相のタイプの方は努力でカバーする人です。自分を磨き、相手の心をつかむアプローチをしっかりと研究し、相手に自分を好きにならせることができます。

 

感情線が2本あり、かつ平行に伸びている

1:感情線の下にもう1本薄い感情線が平行に伸びている

恋に生きるタイプであり、仕事よりも恋愛を優先してしまうことがしばしばあります。ですが本当は仕事も恋愛も両立させたいという気持ち自体はあるので、それを理解してくれる周囲であれば許してくれます。元々は仕事自体への愛着も強いので、結婚してある程度育児や家事などに慣れてきたら、兼業主婦になることをオススメします。

2:感情線の下にもう1本濃い感情線が平行に伸びている

恋も仕事も両立することができる、賢さと強さを持っています。仕事をしつつ並行して恋愛を進め、結婚へとつなげますし、ワーキングママとしても活躍します。近年男性も女性も平等に働く社会になっているのは、このタイプの手相の方が増えているからというのも、1つの理由なのです。

3:感情線の下にもう1本感情線が平行しているが、途中で先端が急降下する

恋よりも仕事を取る、根っからの仕事人間タイプです。時には家庭よりも仕事を優先することもあるので、それを良しとしない男性とは合いません。仕事を愛するあなたに対する理解が深い相手との結婚をオススメします。

 

感情線・知能線・生命線が同じところから出る場合

1:薄い感情線・知能線・生命線が同じところから出る

正義感は人並みにありますが、「こうしたい」という気持ちは心の中にありつつもそれを行動で示すことができません。ボランティア精神や慈愛の心はありつつも、実行に移して拒絶されてしまったらどうしよう、という不安も同じようにあるからです。「拒否されてもいい、相手を助けたい」という気持ちを持ち、行動を起こしてみましょう。拒絶される不安がない身近な家族や友人には積極的に優しくするタイプです。

2:濃い感情線・知能線・生命線が同じところから出る

かなりの正義感の持ち主です。頼られることも好きですし、それを受け入れる器もあります。ただ、その正義感にはどこか使命感も付随しているのですが、相手があなたの正義を100パーセント受け入れてくれるかどうかは実行に移すまでは分からないものです。上から目線で正義を押し付けるのではなく、優しく世話をすることを心がければ相手は反発せずに受け入れてくれます。

3:感情線の枝線・知能線・生命線が、濃く、同じところから出る

2より少し正義感が弱まっではいますが、それでも十分に人並み以上です。相手を幸せにすることで自分も幸せになることができますが、自己犠牲の精神が強く視野が狭くなりがちです。自分の体力や気力ともバランスをとるようにして、無理せず相手と笑いあえる環境を作る意識を持ちましょう。

 

感情線がどの指の下で一度切れるか

1:中指の下

恋人よりも仕事を優先して別れてしまうタイプです。「仕事と自分、どっちが大事なのか」というある意味での常套句を言われてしまうほど仕事にのめりこんだり、昇進や転勤を優先した結果恋人をないがしろにしてしまいます。恋人を優先するよう意識してもよいですが、気持ち的に無理をしてしまうためあまりオススメできません。それよりか、あなたの仕事への考えを理解してくれる恋人を見つけましょう。

2:薬指の下

相手と仲を深めていく過程で、ついつい相手に甘え過ぎてしまい、別れてしまうタイプです。ワガママを一切言えない関係も問題ですが、ワガママを言いすぎて相手のことを追い詰めていく恋愛ももちろん問題です。相手にもたれかかりすぎていないか、相手に無理を言いすぎていないか・・・と時には自分を振り返ることができれば、冷静になり事態を改善していくことができます。

3:小指の下

「お金の切れ目は縁の切れ目」とはよく言ったもので、金銭トラブルが原因で別れてしまうタイプです。どちらかの借金があったり、二人でいると金遣いが荒くなったりする・・・など金銭面での枯渇で愛情まですり減ってしまいます。ただ、お金がないという極限状態さえくぐりぬけることさえできれば愛も深まります。彼に惹かれたのであって、彼の金銭面に惹かれたわけではない、ということを思い出し、今をぐっと耐えてください。

 

感情線に、枝線が多い場合

1:上下に伸びる枝線が多い

いわゆる「魔性の女」タイプです。一人ではいられないタイプなので誰かと行動を共にしたがりますが、気分もコロコロ変わりやすいです。周囲は振り回される形になるのですが、あなたの優しさと儚げな色気に惹かれているので、それに反感を持つこともありませ ん。感情の不安定さに自分でも疲れているようであれば、早めに結婚して家庭で落ち着くのもオススメです。

2:上に伸びる枝線が多い

いわゆる「愛されキャラ」タイプです。底抜けの明るさと前向きさは、多くの人の心を惹きつけます。男性・女性を問わず、多くの人から愛されますので、その中から焦らずゆっくりと相手を見つけるとよいです。愛されて育ったため自分に自信もあるのですが、行動からあふれる自信や情熱的な性格に反感を持たれることがないのも、愛されキャラならではです。

3:下に伸びる枝線が多い

1と同じくモテるのですが、隙ではない相手からばかりモテて、自分が好きな相手からはモテず恋も成就しない、という不憫な星に生まれたタイプです。ですが好きではない相手からモテるのも、あなたが繊細だからこそ生まれる優しさに心を打たれている人が多いからです。報われる恋をしたいのであれば、今までとは違うタイプの人を好きになって見てください。

 

感情線に異変がある場合

1:全体的に乱れている

感受性が豊かなあまり色々な感情を周囲から受け取ってしまうことで、感情にぶれが出てしまいます。恋愛でも複数人に心が揺れてしまうこともしばしばあります。流されやすいといってしまえばそれまでですが、繊細な心の持ち主だからこそです。一生続けていくことができるような趣味や仕事を見つけることで、ぶれない芯を心の中に作り出し、それを支えにして生きていくと、恋愛でもそれ以外でもぶれることはぐっと減ります。

2:とぎれとぎれ

多くの人と付き合うタイプではなく、1人の人と別れと復縁を繰り返します。そこで他の人を見ないのは、あなたが一途だからこそです。もし他の人を好きになることができないと思うのであれば、腹をくくって相手と何があっても別れないという決意を持ってください。どっしり構えられるようになり、別れることもなくなります。今までは別れと復縁で大幅に揺れていた感情も、落ち着きます。

3:波系・もしくは鎖形

かなり繊細な心の持ち主であるため、感情が常に不安定です。たとえダメ男と恋をしたとしても、自分の心の中へと全て溜め込む性格をしているので、感情の行き場がなくなりいっぱいいっぱいになってしまうのです。感情を安定させて穏やかな日々を送るために、まずはドライになることを覚えましょう。感受性が豊かすぎると、他者を気遣いすぎて動けなくなります。ですが、ドライになることができれば、恋愛でもダメ男に心を揺るがされることがなくなり、感情も穏やかになります。

 

その他

1:線が大きく入れ替わる(二重に見えやすい)

一つの価値観だけにとらわれることがなく、感動できる価値観に出会えればそちらにシフトできる頭の柔らかさがあります。環境に適応する能力が高いのですが、時としてその感性が時代に合わないこともあります。自分を理解してくれない相手に無理に合わせる必要はありません。あなたはあなたらしさを貫いてください。

2:指の付け根までの面積が広い

一つのことにこだわらず、何でも受け入れる、どっしりとした性格です。細かいことを気にしたり、うじうじと悩むこともありません。社交性もあり、優しいので、人の上に立てば周囲から慕われます。この手相の人を中心に家庭が周りますし、家族の太陽のような存在になります。

3:指の付け根までの面積が狭い

集中力がかなりあるので、何か一つのことを極めると大成するタイプです。ですがこの集中力があるあまり、人付き合いがおろそかになることもあるので、周囲との付き合いは狭く深くとなりがちです。社会全体との関わりにあまり重きを置くタイプではありませんが、そのぶん家庭は大切にします。大事なものとそうでないものと区別がはっきりしています。

4:先端が大きく二股

いくつになっても老けることのない感性は、一生を通しての魅力です。誰も成し遂げたことのない分野へと突き進みたい気持ちがあるので、それを仕事にすると大成功します。また、こうした熱意だけでなく、社交性もありポジティブで明るいので、あなたのあとに続く人も多いです。部下の気持ちにも耳を傾ける姿勢は忘れないでいたいものです。

5:知能線と1つになって手のひらを横断

「マスカケ線」となります。何事にも挑戦していく姿勢を忘れずに生きていきましょう。常に努力して突き進んでいく姿勢は非常にカリスマ性があります。また、ただ単にカリスマ性があるだけでなく、自分の計画や野望を冷静に考える思考力も魅力です。

6:感情線の枝線があるマスカケ線

根っからのアーティストタイプです。幼少期から才能が芽生えていることが多いので、小さいころから得意なことを職業でも生かしてみるとよいです。芸術で人を惹きつけるタイプです。

手相一覧

 

手相占いとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-社交線

    • 手相占い

    希望線-手相占い

    • 手相占い

    手相占い-運命線

あなたにおすすめの公開占い





ページ上部移動する