生命線がないと長生きしないって本当?-手相占い

生命線がないと長生きしないって本当?

自分の手相を見たときに、「生命線がなく、長生きできないと思う」と悩まれる方は、とても多いです。
ですが、ここには2つの勘違いがあります。
1つは、生命線は、知能線や感情線と同様に、全ての人にある手相です。人間の手の動かし方は、この3本の線を強調させる動きが多いからです。その証拠に、グーとパーを繰り返すだけでも、生命線・知能線・感情線が色濃くなるのが分かりますよ。そのため、生命線がないというのは、ほとんどの場合が「勘違い」です。生命線が見えづらいせいで認識できず、生命線そのものがないと思ってしまっているのです。
またもう1つは、生命線は寿命と直結していません。「どれくらい長く生きるか」ではなく、「どれくらい健康に生きられるか」を示す線だからです。生命線が長くても早死にする人は意外と多いですし、逆もまたしかりです。ですので、生命線がない(見えづらい)からといって、長生きできないというわけではありません。

 

そこで今回は「生命線がないと勘違いされやすい手相」をまとめました。
生命線がないと悩んでいる方は、このまとめを元に、自分の手相がどれに当てはまるかを確認してみてください。それぞれの手相から読み解く健康状態も併せて載せているので、そちらを参考にして健康管理をするのもオススメです。

 

また、生命線がない(見えづらい)ことがどうしても不安だという場合は、理想の線になるように爪であとをつけたり、ペンで書き足してください。これをするだけでも、あなたの健康状態はガラッと変わります。
手相の中でも特に変わりやすいとされている生命線だからこそ、しっかりと効果を発揮してくれますよ。

 

薄い・短い・・・など、線自体が見えづらい場合

手相占いに慣れていないうちは、線自体が薄かったり、極端に短いことで、生命線がないと勘違いしてしまうことがあります。
あまりにも見えづらいせいで、「ただのしわだ」「他の線の枝線だ」と思って見逃してしまうのです。

 

これらのタイプの手相の方は、生きようとする力が弱いです。そのため、どんなことに対しても控えめで後ろ向きな考えをしています。健康管理も積極的に行わないので、体調を崩すことも多いです。病弱な自分に対して嫌気がさしてしまい、更に生命力が弱くなる・・・という悪循環に陥ってしまうのです。
ただ、これは寿命が短いこととイコールではありません。
生きる上での希望をたくさん持つことができれば、生きようとする力は割とすぐに向上します。生きようとする力は、その人の精神状態の影響を受けやすいからです。モチベーション次第で簡単に変わるパワーなので、寿命にまでは影響を与えません。

 

ですので、このタイプだからこそ、生きるためのモチベーションを高く持つよう、努力してください。
「体調がよくなったら、これをしたいな」「元気になったら、あの人に会いに行こう」というように、目標を立てるだけでも、体調管理に真面目に取り組めるようになります。積極的で前向きな考え方にもなるので、生きようとする力はぐんぐんと上がっていきます。
「もっと長生きしたい!」という気持ちが強まり、元気になったときの目標を達成できる頃には、生命線は濃く、長いものに変わっていますよ。

 

点線になっていて、1本の生命線だと認識しづらい場合

生命線は、くっきりした一本の線だというイメージが強いですよね。
そのため、生命線が点線になっている方は、「これは、点線でとぎれとぎれになっているから違う線だな」と、自分の生命線を認識できないことがあります。

このタイプの手相の方は、基礎的な体力が人よりも低めです。
そのため、ちょっとのことで疲れてしまったり、体調を崩した時に他の人よりもダメージが大きくなってしまうことが多いです。横になる時間を意識して増やすなど、不調を感じたら早めに対策を取っておくと、体調が激しく悪化することもありません。自分の体力を把握して、トラブルを予防するようにしてください。
胃腸や大腸が弱いのでおなかを壊しやすかったり、生殖器が弱いのでホルモンバランスが崩れやすくなることも多いです。胃に優しく消化しやすいものや、精力をつけることができる食事を心掛けると、これらの症状もかなり緩和されますよ。

このタイプもまた、寿命が短いというわけではありません。
それよりかは、仮に体力を可視化した場合の体力ゲージが、他の人よりも少なく短めだという風に考えてください。
ですので、この基礎的な体力を増やしていけば、健康に長生きしていくことができます。身体を鍛え、健康的な食事をして、しっかりと休息を取る・・・これらのことを意識していけば、今よりももっと元気に、日々を過ごしていくことができますよ。

 

始点が木星丘にある場合

生命線の始点は、親指と人差し指の間にあるものというイメージを持っている方も多いです。
ですが他の線と同じように、人とは違うところに、生命線の始点を持っている人もいるのです。
その中の内の1つが、この「始点が木星丘(人差し指の付け根のふくらみ)にある場合」となります。

このタイプの手相の方は、生命力がとても強いです。そのため、体力もあり、体調も良好な状態です。
上記の項目では、寿命が短いわけではなくとも、体調面で不安がある場合が多かったですよね。しかし、この項目に関しては全くの例外となり、むしろかなり良い手相となります。
このタイプは、生きようとする力がとても強いので、常に希望を持って生きています。ネガティブになることもなく、高い目標を持っているので、努力し続けることができる真面目な性格でもあります。
また、いつも生き生きとした表情で、明るく元気に過ごしているので、他者からの好感度が高いのも特徴です。生まれつきこの手相を持っていると、学生時代はいわゆる「クラスの中心のムードメーカー」タイプになることも多いです。

このタイプは、生きようとする力をしっかりと持って生きていくことができるので、寿命は短くありません。むしろ、人よりも長生きすることができます。
ですので、将来に対しては何の不安も持たず、今まで通りのびのびと生きていってくださいね。今のままのあなたの生き方であれば、手相が変わることもありません。長い人生を、楽しく生きていくことができますよ。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-運命線

    • 手相占い

    尖頭型-手相占い

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する