運命線が途切れている手相の人は苦労する!?その線が暗示するあなたの人生とは-手相占い

運命線が途切れている手相の人は苦労する!?その線が暗示するあなたの人生とは

運命線は、中指に向かっていく縦線で、その人が生まれ持った運命を司ります。他線と同様、長く濃いものが良い状態を表し、薄く短いものが悪い状態を指します。
また、運命線は全ての人にあるわけではありません。そのため、運命線があるというだけで、一つのステータスだともいえます。特筆すべき、他の人とは一線を画した運命の持ち主だからです。

 

運命線の始点は人によって様々なので、始点ごとにもたくさんのバリエーションがあります。
その中でも、特に注意すべきなのが、「途中で途切れている運命線」です。これは、「今後の人生で苦労する」ということを表しています。
運命線の始点と終点をしっかりと把握し、最初から最後まで指でなぞってみましょう。途中で一度でも運命線が消えて途絶えている部分があったら、下記に当てはまる手相かどうかをチェックしてください。

 

好き好んで苦労をしたいという方は、なかなかいませんよね。せっかくの人生なのだから、のんびりと気楽に生きていきたいと願っている方がほとんどだと思います。
だからこそ、自分が苦労する星の元に生まれていることを知ったのであれば、「どうやって負担を減らすか」「どうすれば苦労する局面を回避できるか」を考えてみてください。
楽な道に逃げることは、卑怯なことではありません。解決策を考える聡明さを持っているからこそ、できることです。手相からそのヒントをもらい、今後の人生に活かしてくださいね。

 

人生のターニングポイントがいくつもある、常に選択を迫られる人生

「他線(生命線・感情線・知能線など)により途切れ、そのたびに、運命線の場所も変わる」という手相の方が、このタイプになります。
他線により途切れ、運命線の場所が変わった回数分だけ、人生の分岐点があります。回数の個人差があるので、運命線と交わっている線の本数もチェックしておくとよいです。

このタイプの人は、ターニングポイントが何度もある、波乱万丈な人生を送ることになります。
これからの人生に大きく関わるような重大な選択を迫られるので、精神的に疲弊してしまうことが多いです。自分が選んだ選択肢によって、他者に及ぼす影響のことも考えなければいけないので、責任も重大です。自分だけが被害を被るのならまだしも、「あなたがこんな選択をしたから、私もこんな被害に遭ったのよ!」と周囲から責められるのは、やはり辛いですよね。

ですので、一人だけでもいいので、何でも相談できる相手を確保しておくようにしてください。できれば、身近な存在ではなく、立場的にも距離的にも少し離れた相手の方がいいです。その方が、あなたが選んだ選択肢によって、その人の人生が左右されることもありません。距離感を保ち続けられるので、相手が精神的に離れていくこともないのです。
どんなに選択を迫られる人生でも、相談者がいるだけで、気持ちがかなり楽になります。第三者の冷静なアドバイスを聞くことができると、人生の重要な分かれ道で、間違った選択肢を選んでしまう可能性が下がります。結果として、順風満帆な人生に近づくことができますよ。

 

自己評価が低いせいで、他者の意見に流されてしまいやすい人生

「他線による途切れではなく、ランダムに運命線の場所が変わる」という手相の方が、このタイプになります。
上記の手相に比べると、他線など分かりやすい切り替えがないので、バラバラな線になります。小さく途切れすぎて、運命線だと思わずスルーしてしまう人も多いので、注意して見てみてくださいね。

このタイプの方は、自己評価がとても低いです。そのため、人に意見されると、自分の考えよりもその人の言葉の方が、正しく思えてきてしまいます。結果として相手に合わせるように、自分の決定も変えてしまうのです。
自分ではしっかり揺らがない決意をしたつもりでも、振り返って見ると、ふらふらと意見を変えているような結果に見えてしまいます。そのため、「意志が弱い」と周囲に思われて、信用されないこともあります。そのことが、更にあなたの自己評価を下げてしまう・・・という悪循環を生んでしまうのです。

ですので、何か重要な選択をしなければいけないときは、他者に一切相談せず、周囲を遮断してください。そして、自分の力だけで今後の人生を選ぶのです。
人に相談することや、人に意見されることが当たり前になっていると、自分一人で選択することが不安になってしまうと思います。
ですが、あなたは自己評価が低いだけで、非常に有能な人物です。あなただけの考えで選択肢を選び取ったとしても、間違いはなく、正しい道をつかみ取ることができます。「私ならできる。間違った選択はしない」と自分に言い聞かせて、自己決定をすることを心掛けてください。

 

他者に振り回されて、自分がなかなか主役になれない人生

「運命線が一部空白になっている」という手相の方が、このタイプになります。

このタイプの方は、常に他者に振り回される人生です。自分では「こうしたい」という人生の道筋があっても、他者のために行動しなければならず、自分を優先することができません。
上記のタイプと少し似ているように思いますが、実は全く違います。上記は他者の意見を聞いて自分の考えを変えるのに対し、このタイプは「本当は我が道を進みたいのに・・・」と不本意な中、人生の方向転換をしなければいけないのです。似て非なるものですので、しっかりと区別して覚えておいてください。

親の介護をしたり、何歳になっても子供の面倒を見たり・・・「しなければいけないこと」だと分かっていたとしても、気乗りしない時もあって当然です。自分のために行動をして、他の人のことを考えずに人生の選択をしたいときもありますよね。
こうした他者の人生の負担を、あなただけが背負う必要はありません。
ですので、周囲と協力して、役割分担をするようにしてください。家族や親戚にも手伝ってもらったり、デイサービスや保育園を利用したりするのです。自分一人だけで全ての負担を背負うと、「どうして自分だけ・・・」という卑屈な気持ちも出てきてしまいます。ですがこのように、他者と協力したチームプレイに切り替えれば、身体的・精神的な負担もぐっと減ります。自分を人生の主役にして、自由な生き方ができるようになりますよ。

 

「自分の居場所」を探して、ずっと彷徨う人生

「運命線が、途切れるたびに斜め上に上がっていく」という手相の方が、このタイプになります。

このタイプの方は、どんな生き方をしたとしても「ここは自分の居場所じゃない」という気持ちが常にあります。周囲となじめないままだったり、自分の実力を発揮できないと思ったり・・・と、不完全燃焼な気持ちが残り続けてしまうのです。安心感を得られず、仲間と思える存在を見つけることもできません。
そのため、安寧の場所がないまま、常に不安や疎外感があります。こうしたマイナスな感情が常に心の中にあるのは、生きづらいですよね。

ですので、今の居場所でのベストを尽くすようにすることをオススメします。確かに、今の居場所はあなたにとっては違和感があるかもしれません。ですが、その場所でも全力を尽くすことができれば、居心地はかなり良くなります。ベストを尽くす時間が長くなれば、周囲と関わる時間も蓄積されていき、信頼が生まれていきます。相手を仲間とは思えなかったとしても、信頼さえできれば、相手に対しての安心感も生まれていきます。
今の居場所に対して不満があるのであれば、あなたが最善を尽くすことで改善してみてください。自分で状況を良くしてみると、自分にとって納得のいく居場所を見出すことができますよ。

なお、このタイプの強みは「常にマイペースであること」です。そもそも、「ここは自分の居場所じゃない」と思えること自体、周囲に迎合せず、他者にペースを合わせないからこそできることなのです。
独特のこだわりを持ち、周囲になじまず安寧の場所を探すマイペースさに、実は憧れている人も多いですよ。あなたを慕ってくれる人がいたら、その人にも目を向けてみてください。自分を必要としてくれる相手がいるだけで、居心地の悪さは少しずつなくなっていきます。

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占い-障害線

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する