手相占い-生命線

生命線とは?

「生命線」は手を広げたとき、親指と人差し指の間から手首の方に向かって半円状に伸びている線のことを指します。
多くの場合、金星丘(親指の付け根にあり、なだらかにふくらんでいる部分)に沿っているので分かりやすいです。手相の中でも特に知名度が高いため、手相に関しては初心者だという方でもぱっと指せます。

 

生命線は、「生命力」「体調」「健康状態」など、体の中の様々なことを占うことができます。長さ・太さ・濃さ・カーブの角度・・・など線の状態や、障害線・障害マーク・ギザギザ・二股・・・など生命線に何らかの形でプラスされた線があるかどうか、などを元に占います。生命線を見る際は、生命線がどのような状態になっているかを注意深く見ていただくと、手がかりとなるので占いやすいです。

 

また、生命線の状態だけで、この後の人生がすべて決まってしまうわけではありません。「良い生命線だからどんな生活をしても良い」もしくは「悪い生命線だから何をしても無駄」というわけではなく、生命線を知ったうえで自分をより良い状態に持っていこうとするその努力によって、これからの運命は変わります。生命線の状態により、調子に乗ったり悲観的になりすぎないよう、ご自分を律して健康的に生活することを心掛けてください。

 

生命線の始まる場所

1:親指と人差し指の中間よりも下(親指に近い)

生まれつき強い闘争心を持っているため、負けず嫌いです。他者と張り合うことでモチベーションを高めていきますが、自分が勝つことができないとイライラもしてしまいます。そのいら立ちにのまれ自分を律することができないというのは、一見子供っぽくも見えますが、自分の感情の機微に敏感だという点においてはデリケートだともいえます。その繊細さが身体に表れ、身体が弱まりがちですので、健康を意識して体質を変えていくことが必要です。体質を変えると、精神的にも落ち着き、いら立たず前向きな考えにも変わっていきます。

2:親指と人差し指の中間

標準型となり、多くの人がこれに当てはまります。生命力は強い方ではありますが、それをむやみやたらに発揮するわけではありません。冷静で客観的な視点を持っているので、「今が自分の持っている生命力(生きる力)を発揮するタイミングかどうか」ということを常に考え、必要な時のみに動くことができるからです。感情的すぎず、理性的すぎず、ちょうどいいバランス感覚を持っています。ただ、冷静なあまり、無謀な挑戦などはしません。チャレンジ精神は弱い方です。

3:親指と人差し指の中間よりも上(人差し指に近い)

生命力も強く、決断力もあります。そのため、思い立ったらすぐ行動するタイプです。ただ、考えるより先に行動を起こしてしまうため、思わぬミスに気を付けることが大事です。また、様々なことに挑戦するチャレンジ精神を押し通す我の強さがあるので、上に立とうとするあまり周囲の人たちとの衝突が起きてしまうこともあります。持ち前の行動力を周囲を思いやる気持ちに注ぎ込むようにすると吉です。

4:3よりも上の場所で、木星丘(人差し指の付け根)から出ている

珍しい手相ですが、かなりの強運でもあります。目標が人よりも高いですが、それに沿って行動して自らを高めていくため、どんなに高い目標も達成することができます。ただ、自分一人で突っ走っていくあまり、自分よりも下にいる人のことを忘れたり傷つけたりすることのないように意識することを心がけてください。

 

生命線の長短

1:生命線が長い

生命力がとても強いので、常にパワフルに行動することができます。体力もあるので様々なことに挑戦することができる豊かな人生を送ります。大きな病気をすることもなく、身体的にも精神的にも穏やかで安定した日々を送ることができます。ただ、生命線が長いことを自覚してそれに甘えてしまうと、人というのはついつい暴挙に出たり自堕落になってしまいがちです。生命線を過信することなく、健康的な日々を意識してください。また、安定した日々から抜け出そうとしないので、チャレンジ精神も弱まりがちですので、何事にでも挑戦していってください。

2:生命線が短い

生命力は弱いですが、だからといって短命というわけではありません。健康的な日々を長く送っていきたいと考えるのであれば、体質を変えていく意識を持ってください。自分の体のウィークポイントを見つめ直し、要所要所を改善していくことが必要です。また生命力の弱さを無意識に実感しているために、後悔のない人生を送ろうと考える傾向があります。何かいいアイディアを思いついたら後悔しないようすぐ実行してしまいがちですが、一度立ち止まってリスクなどを見直してください。

 

生命線の濃淡

1:生命線が濃い

生命力の強さが身体にも精神にも良い影響をもたらしているので、心身ともに健康な状態です。心が健康だと良からぬ不安にとらわれることもないので、何事にも集中して取り組むことができますし、強いメンタルの持ち主でもあります。自分でも生命力や体力が人並み以上であることを自覚してはいますが、あまりにもそれを当てにし過ぎると思わぬ失敗にもつながってしまいますし、「見栄っ張り」だと思われてしまう可能性もありますので、注意してください。

2:生命線が薄い

生命力が弱いですが、その自覚があるせいで、自分に自信を持つことができなくなってしまっています。ネガティブさや消極的な感情が、周囲にも勘付かれてしまうため、暗い性格だと思われてしまうことも多いです。後ろ向きな気持ちは身体にまで影響をもたらしますし、元々の生命力の弱さも相まって、大きな病気につながってしまうこともありますので、まずは免疫力アップを意識して生活すると良いです。また、消極的な性格であるため、前に前にと行動するわけではありませんが、皆の後ろからサポートすることができる「縁の下の力持ち」でもあります。

 

生命線のカーブ

1:大きくカーブしている

ぐっと大きくカーブしていればいるほど行動力がある証です。失敗する可能性などを考えて足を止めてしまうことはなく、思うがままに行動していくタイプです。他の人には出来ないような大胆な行動は、カリスマ的な魅力を放ちます。しかし、「アクティブな人物」と捉えられる一方で「考えなし」と思われてしまう可能性もありますので、行動の成果はきちんと出したいものです。また、何事も物おじせず行動するため、恋愛や性にも積極的です。

2:小さくカーブしている

消極的ではありますが、自分のペースを熟知しているので、たとえ人よりも遅いとしても一歩一歩着実に物事を進めていくタイプです。失敗は1に比べて少ないです。ただ、消極的なあまり他の人に対して意見することができず流されてしまいがちです。根が優しいため、人の意見を無碍にできないのが原因ではありますが、だからこそ人と争いになることもありません。周囲に嫌われにくいというのは大きな強みにもなります。また、消極的なため恋愛や性に対しては淡白です。

 

生命線の数が複数本ある場合

1:生命線が2本ある

人の倍の生命力の持ち主です。また、身体に宿る能力が人並み以上なのも特徴的です。例えば、顔の造詣の美しさであったり、体力であったり、指先の器用さ・・・など身体のある1パーツの能力が抜きんでています。それを強みとして世界に羽ばたいていけるほどの実力も持っているので、「地元と都会」というように2つの生活の拠点を持つ生活スタイルとなります。恵まれた能力があるおかげで人を羨むこともなく、穏やかな性格の持ち主でもあります。

2:生命線が2本あり、1本は普通だが1本はとぎれとぎれ

1がくっきりした2本の生命線であるとしたら、こちらは1本だけしか生命線がくっきりしていません。この場合は、人の1.5倍の生命力の持ち主となります。普通より少し元気、といった感じですが、スタミナ勝負となれば周囲に勝つことは簡単です。人よりも少し多めの努力を心掛けるようにすれば、周囲と差をつけて能力を伸ばしていくことができます。

3:生命線が3本

非常に珍しい手相となります。人の3倍の生命力の持ち主です。周囲の人たちがへこたれてしまうような場面でも、あなた一人がぴんぴんとしている・・・という場面に心当たりがある方も多いでしょう。1よりもさらに一歩進めたような強い生命力を持っており、持っている能力も1以上となります。誰もがうらやむ才能をいくつも持っているうえに生命力も強いので、超人的な人物としてファンも多くつきます。生まれ持った才能におごらず、努力を続けていく姿勢を心がけてください。

 

生命線のカーブが途中まで張り出している(生命線を3等分して考えます)

1:上から3分の1まで張り出している

30代になるころまでが体力・生命力のピークとなります。仕事が軌道に乗り出すころでもあるため「せっかくのピークがここで終わっちゃうの!?」と思われる方も多いかと思いますが、考え方を変え、このときまでに人生の基礎を完璧に積み上げておくことを意識して行動していくようにしましょう。備えさえあれば、40代になり体力が落ちてきてしまっても対処することができます。

2:上から3分の2まで張り出している

60代までが体力・生命力のピークとなります。一番の働き盛りの頃であり、人生が大きく変動する時期でもあります。この時期に体力がしっかりとあるのは強みにもなります。「あれがしたい、これがしたい」と頭に浮かぶことに片っ端からチャレンジしていったとしても体力が尽きることはありません。晩年に悔いが残らないよう、自分がしたいことにどんどん挑戦してみてください。

3:下から3分の1まで張り出している

60代以降、晩年が体力のピークとなります。通常晩年は体力が衰えてしまう人が多いですが、この手相の方の場合、そういったことは起こりません。むしろそれまで病弱だった人でも、今までのことが嘘のように元気になるという場合も多いです。老後は時間に余裕が出てくるころです。この時間を有意義に過ごせるよう、持ち前の体力を武器に楽しい老後生活を送ってください。

 

副生命線がある場所(生命線を3等分して考えます)

★副生命線・・・生命線に沿うように並んでいる線。最初から最後まで沿っているわけではなく、一部分だけ。生命線に最初から最後まで沿っている線の場合は、「生命線が2本」というように考える。

1:上から3分の1だけ副生命線がある

30代までは人並み以上に体力がありますが、それ以降は人並みです。そのため30代までで周囲と差をつけるようにすれば、30以降で落ちてしまう体力もカバーすることができます。若いうちに人生プランをしっかりと練りそれに沿った行動をすれば、効率的に動くことができます。また、30代以降は自分の体力を当てにした無茶な行動は控えましょう。

2:生命線を3等分した時、真ん中の部分にのみ副生命線がある

30~60代に人並み以上の体力がその身に宿ります。30代まで、また60代以降は人並みの体力です。人によっては運動不足などで体力が落ちてきやすい時期でもありますが、この手相の方の場合はむしろ今まで以上の体力を感じ、毎日はつらつと過ごすことができます。60代以降も今の体力が続きそうな気がしてしまうかと思いますが、晩年は自分の体力に対して調子に乗らないようにしましょう。

3:下から3分の1だけ副生命線がある

60代までは人並みの体力ですが、60代以降、晩年から人並み以上の体力が出てきます。身体に老いを感じ体力がなくなっていく方が多い中、この手相の方は、自分の体力がどんどん強まっていくことを自分でも感じることができます。人並みの体力である60代までに日々の生活を見直して、晩年に向けて体の基礎を作りなおしていくことをオススメします。

 

生命線に空白がある場合(生命線を3等分して考えます)

1:上から3分の1のところに空白がある場合

30代までに一度体力が弱まってしまいます。周りが元気で溢れている年頃であるために、自分の体力の減少をより強く感じてしまい、自分に対しての歯がゆさを感じてしまうかと思います。ですがこの時期を過ぎれば体力は自然と戻っていきますし、今までのブランクもきちんと取り戻すことができます。焦りを感じ過ぎず、時が過ぎるのを待つ余裕を持ちましょう。

2:上から3分の1のところに空白がある場合

30~60代までに一度体力が弱まってしまいます。風邪などすぐに治るはずの病気が治りづらかったり・・・と若いころとのギャップに戸惑ってしまうかと思いますが、「今はそういう時期だ」と自らの現状を受け入れる心の広さを持ち、どんと構えましょう。60代以降の晩年には体力が戻り、楽しい老後を過ごすことができます。

3:上から3分の1のところに空白がある場合

60代以降、晩年に体力が弱まってしまいます。元々多くの人が体力が弱まってしまう時期ではありますが、この手相の場合はそれに拍車をかけてしまいますので、注意は必要ではあります。日々の生活を見直し、より健康を意識して暮らしていきましょう。また人と会う機会を多く設けるなどして、心の健康にも目を向けてみてください。

 

線に何らかの異変がある場合

1:ギザギザがある

呼吸器が弱いです。喘息持ちだったり、ちょっとのことで風邪をひいてしまったりすることが多く、咳に悩まされてしまいます。ただ、このギザギザが生命線の始点付近だけの場合は、幼少期のみ呼吸器が弱く、それ以降は健康的に暮らしていくことができます。ただ、最初から最後までギザギザしているという方は、一生虚弱体質となってしまいます。周囲の人たち以上に健康に気を配りましょう。

2:生命線が直線

生命線が直線となると、その分金星丘(親指の付け根)も狭くなってしまいます。金星丘もまた生命力を司っておりますので、金星丘の狭さから生命力の弱さがうかがえます。生きていこうとする力が弱いため、後ろ向きな考えが目立つようになります。消極的なので、恋愛でも大きな一歩を踏み出すことができません。まずは、マインドチェンジから始めていくことが必要です。

3:とぎれとぎれ

生殖器・消化器・呼吸器が弱いです。この3つが弱いと、生きていくうえでの気力も大幅に弱まってしまいますし、身体づくりの基礎となる部位でもあるため、そこが弱いとなると体力も人よりも少ないです。まずはこの3つの器官を強めていけるよう、食生活など日々の生活を見直しましょう。

4:波状

生殖器・呼吸器が弱いのは3といっしょですが、大きな違いは「呼吸器以外の内臓」が弱いということです。呼吸器が人並みに強いのは嬉しいですが、引き換えにそれ以外の内臓が弱いのは大きなウィークポイントとなってしまいます。体力がないため疲れやすく、スタミナのなさが目立つので日々の暮らしで精一杯となります。まずは体を丈夫にすることが必要です。

5:鎖状

非常にナイーブであり、その繊細さが身体にもあらわれているため消化器が弱いです。些細なことで神経が敏感となってしまうので、気が休まる暇が少ないです。人の目が気になりそれがストレスとなってしまっているかと思いますが、これは周囲を見渡せる視点を持っているからこそです。その客観性を元に、将来を見通してみましょう。

6:生命線の終点付近に枝線が4、5本出る

身体のどのパーツが弱い、とはっきり決まっているわけではなく、晩年、急激に体力が弱まってしまいます。そのときダメージを受けてしまう部位は、それまでの生活スタイルなどに影響を受けています。どこにも影響が出てほしくないと思うのであれば、若いうちから健康志向を意識して生活することが必要です。

 

その他(これまでの項目に当てはまらない手相)

1:障害線や障害マーク

障害線は占いたい線(この場合は生命線)を横切る短い線、障害マークは〇や×などのマークが占いたい線上にある状態のことです。これらの障害線や障害マークがあるときというのは、生命線が司るもの、つまり生命力に陰りがあるときです。事故や病気など、予想しづらいような大きなトラブルの前兆ですので、注意深く生活してください。

2:生命線の末端が月丘に伸びている

一所にとどまることなく、様々な場所を転々として生きていく人生を過ごします。だからといって生命力が弱いわけではなく、むしろどこでもやっていくことができるので生命力は強いですし、順応性もあります。人当たりが良いので、営業マン向きです。また、親から離れることで運気が上昇しますので、自立を心掛けてください。出張や転勤なども多く、変化の多い人生ですが、非常に充実します。

3:途中で大きく切り替わる

一度途切れて大きく切り替わった生命線は、その手相の持ち主の人生が大きく変わることを示しています。人生の大きな転機が訪れることを示しています。また、その変化に置いてきぼりになることなく、きちんと変化を受け入れて生きていけるタフさもありますので、しっかりと食らいついていきましょう。人生を大きく変えるとやっかみも増えますし、わがままだと思われてしまいかねませんが、周囲の評価を気にせず自分のやりたいことを貫き通してください。

4:途中から生命線が2本になる・もしくは二股になった生命線のうちの1本が月丘に伸びる

「海外に出ていく線」として有名です。あなたの能力や魅力は国内だけでおさまるものではなく、国外にまで及びます。海外で高い評価を受けることができ、自分の生きる場所はここだと心の底から思うことができます。どこでも生きていくことができる強さは、豊富な生命力があってこそです。

5:先端が二股

手首に向かって根を張るような二股の生命線は、まるで木のように安定した人生を示しています。人としての基盤、人生の基礎がしっかりしているので、失敗を恐れることなく新しい事へチャレンジしていくことができます。自分を信じることを忘れずに、意欲的に生活していきましょう。

6:生命線から立ち上がる線がある

別名「努力開運線」と呼ばれています。生命力があふれているからこそ、他のことに気をそらされることなくコツコツと集中して物事に取り組むことができます。その努力は失敗につながってしまうこともありませんし、着実に成功への道を歩んでいきます。また、その努力から開運もできます。すべては強い生命力があるからこそです。

7:薄い線が途中で濃くなる

最初はどこか頼りないような印象の弱く薄い線が、途中で強く太くなるときは、生命力が人生の半ばで強まることを示しています。幼少期は病弱で悩んでいたという方も、この手相であれば、途中から巻き返しが可能です。ただ、「強い線が途中で弱くなる」という逆パターンの場合は、途中で生命力が弱まり虚弱体質になることを示していますので、注意が必要です。

8:短くてもよいので、運命線につながる線がある

運命線は中指の付け根に向かっている縦の線です。生命線から派生した線がこの運命戦につながっているという場合は、「社会と関わりを持つこと」で生命力を強めることができます。自分が誰かの役に立っているのだという自己肯定は、自分を大切にするきっかけになります。自尊心も人並みに持つことができるようになり、精神的に良い影響を及ぼして身体も健康になります。

9:生命線が長いあまり、手首にまで届く

生命線が長い時点で、生命力が強いことは言わずもがなですが、手首まで生命線が続くというのは極めてまれです。この場合は人との関わりを重んじて1日1日を大切にすることができる謙虚さを持ち合わせています。そのためストレスもなく、心身ともに健康です。心身の健康は体力の強化にもつながるので、じっくりと夢をかなえていくことができます。ただ、周囲を大切にするあまり事故アピールができない場面も多々あります。嫌なことは断る勇気も持ちましょう。

手相一覧

 

手相占いとは?

 

ライターの最新記事

あなたにおすすめの無料占い

あなたにおすすめのコラム

    • 手相占い

    手相占いとは?

あなたにおすすめの公開占い







ページ上部移動する